畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2019年10月7日(月)

2019年10月5日(土)、看護医療学科の海外インターンシップ研修の成果発表会を行いました。

 

▼発表前の様子(午前中、河野学科長からの差し入れをいただきながら、パワーポイントの修正をしました。)

看護医療学科 海外インターンシップ2019 in オーストラリア 帰国後に報告会を開催!1-1

 

12時からL301講義室で、2019年海外インターンシップ研修報告会を行いました。

 

▼2019年海外インターンシップ研修報告会スタート

看護医療学科 海外インターンシップ2019 in オーストラリア 帰国後に報告会を開催!2-1

 

発表内容は、主に8日間で訪れた施設(Blue Cross Livingstone GardensLa Trobe大学BECCオースティン病院)やJulieさんの講義についての概要と学びについて発表を行いました。Blue Cross Livingstone Gardensでは、「個別性を大切にし、患者さんの生活や価値観を尊重すること、時代背景を捉えて支援すること、世代間交流について」、La Trobe大学では、「日本のような受け身という授業形態とは違い、学生が主体となった授業であるという違いについて」、BECCでは、「身体拘束や認知症の患者に対してのケアについて」、オースティン病院では、「多民族国家であることから、イスラム教徒の礼拝のためのスペースや、手を洗う場所が完備されているなど、スピリチュアルを大切にすることの取り組みについて」、Julieさんの講義では、「ACPや緩和ケア、終末期ケアについて」の学びを発表しました。

 

▼訪問先にて

看護医療学科 海外インターンシップ2019 in オーストラリア 帰国後に報告会を開催!3-1

 

この報告会に学長、学科長をはじめ、看護医療学科の先生方、昨年度に海外インターンシップ研修に参加した先輩を含む学部生、合計24名の方々にご参加いただきました。たくさんの方にご参加いただき、嬉しく思いました。発表は緊張しましたが、私たちが8日間で学んだことを伝えることができたと思います。

 

▼質疑応答の様子

看護医療学科 海外インターンシップ2019 in オーストラリア 帰国後に報告会を開催!4-1

 

発表終わりには、質疑応答の時間を設け、冬木学長を含む3人の先生方から質問・コメントをいただきました。学長から、「オーストラリアと日本の違いについて気づいたことは何か」という質問をいただき、その時は、気づいたことはいろいろあったけれど、言葉にすることがなかったため、改めて考えるきっかけになりました。一番驚いたことは、「オーストラリアでは、家族サービスを大切にしていることで、平日はスーパー以外の店は開店するのが遅く、閉店するのが早いこと」が日本とオーストラリアの生活スタイルの相違点だと回答しました。

 

この報告会をもって海外研修を無事終えることができました。

研修を通して、高齢者との世代間交流の実際と意義、メルボルンの高齢者ケアや緩和ケア、オーストラリアの保健・医療・福祉制度について学ぶことができました。

海外研修で学んだこと、経験したことをこれからの学習に活かしていきたいです。

 

                        看護医療学科2回生 胡内千智

 

【関連記事】

看護医療学科 海外インターンシップ2019 in オーストラリア 現地レポートvol.6(教員総括)

看護医療学科 海外インターンシップ2019 in オーストラリア 現地レポートvol.5

看護医療学科 海外インターンシップ2019 in オーストラリア 現地レポートvol.4

看護医療学科 海外インターンシップ2019 in オーストラリア 現地レポートvol.3

看護医療学科 海外インターンシップ2019 in オーストラリア 現地レポートvol.2

看護医療学科 海外インターンシップ2019 in オーストラリア 現地レポートvol.1

2019年10月7日(月)

9月25日(水)~28日(土)にかけてスペインのテネリフェで開催された21st conference of the European Society for Cognitive Psychologyにおいて、宮脇裕さん(博士後期課程)と私(林田一輝:博士後期課程)が演題発表をしてきましたので、ここに報告させていただきます。

 

IMG_377vreervgrevrevc

 

本大会はヨーロッパで2年に1度行われる歴史ある学会であり、認知科学や神経科学を主に扱っています。

学会会場はビーチの真横にあり、日本人の私には独特の雰囲気に感じましたが、リラックスしながら議論を促進させることが目的であったようです。

 

今回の学会では様々な内容のセクションが組まれていましたが、身体性やagencyのみを取り上げたシンポジウムがいくつもあり非常に興味深く拝聴させていただきました。特に「Acting in a Complex World – Emerging Perspectives on Human Agency。」と題されたセッションのシンポジストは、社会性の心理学をagencyの観点で研究しているWilfried Kunde教授のグループで構成されており、日頃より論文を参考にしている方々の講演を聴くことができました。どのシンポジストもイントロダクションからリサーチクエッションへの流れが明確で、20分の講演時間で提示される結果のスライドは1つか2つであり、複雑な内容をいかにシンプルに伝えるかという点で非常に勉強になりました。

 

私は「Diffusion of responsibility and the outcomes on sense of agency」という題でポスター発表をさせていたただきましたが、まさに社会性とagencyに着目した内容であり、Kunde教授のグループの数人の方に聴いていただけました。特に私が修士の頃より注目しているRoland Pfister博士に直接発表を聴いていただいたことは相当な報酬となりました。その他の一般演題でもagencyの発表はいくつもあり、質問にいけないほど活発に議論されているものもありました。今回の学会に参加して自身の取り組んでいる研究領域が注目されているのは確かですが、研究として取り扱うことが本当に難しいものだと痛感しました。相応の成果を出し、研究領域の発展につながるよう尽力していきたいと思います。

 

IMG_379154yhytgj6uytg

宮脇 裕さん(博士後期課程:右)

「Cue integration strategy for self-other sensory attribution in motor control」

林田 一輝さん(博士後期課程:左)

「Diffusion of responsibility and the outcomes on sense of agency」

2019年10月7日(月)

2019年10月5日(土)9:30~16:00、看護医療学科4回生97名が各教員のゼミに所属し半年かけて頑張ってきた「卒業研究」(看護医療学科4年次科目)の発表会が開催されました。

 

皆さん、こんにちは。看護医療学科4回生です。本日は、卒業研究発表会の報告をいたします。看護医療学科では、3回生前期から卒業研究の授業で講義を受けたあと、12月頃にゼミ担当教員(1ゼミの学生4-5人)が決定し、4回生の9月末頃まで研究活動に取り組んでいます。文献研究が中心になりますが、今までの講義や臨地実習で見たこと知ったことが実際にはどのように研究され、成果として公表されているのかを分析し、論文を作成しています。本日はその研究成果を発表しました。

 

【ブロック2:林・須藤・小林ゼミ】

卒業研究が始まったころは、論文の作成をどのように進めていけばよいのか全く分からない状態でした。しかし、ゼミの先生から丁寧なアドバイスをいただき、同じゼミのメンバーとともに、それぞれ異なる論文テーマについて、多角的な視点から意見交換を行い、励まし合いながら取り組むことができました。その成果もあり、卒業論文を無事完成させることができました。     

                                                              発表会では、それぞれが異なったテーマで、これまでの学習や実習を通した経験をもとに個性のある素晴らしい発表会になっていたと感じました。

                                                              今回の卒業論文を通して、半年間一つのテーマに沿って研究をした学びから、自分の求める看護師としてのありかたについて考えることが大切であると感じることができました。これから働いていく中でも、日々の経験からの学びを活かし、自身の看護観につなげていくとともに、患者さんに寄り添える看護師を目指していきたいです。

 

vfv fd

 

林ゼミ:荒川佳美・石田智香・佐々木樺李乃・高松里菜

 

【ブロック3:岡・乾・秋山ゼミ】

gvergvregbvergvwrsgvwresdgvf

 

実習中で忙しいにも関わらず、先生方や3回生の皆さんもたくさん出席してくださり、ありがとうございました。ゼミの所属が1月に決まり、そこから就職活動やインターンシップ実習、国家試験勉強と平行しながら、週に1回担当の先生のゼミ室に集まり、卒業研究を進めてきました。検索ヒットした大量の論文を分析したり、海外の英語論文を訳せず読むのに時間がかかったり等、研究を進めていくうえで困難なことも数多くありました。そのたび担当の先生やゼミの仲間に助けてもらいながら、卒業研究を終了することができました。

 

私たちのゼミでは、「抗がん剤の曝露と対策」「看護師のバーンアウトの要因と課題」「自殺の現状と自殺に影響を及ぼす要因」「摂食障害の実態」というテーマについて研究し、発表を行いました。今回の発表に向けてパワーポイントを作成し、先生やゼミの仲間にチェックして頂いたりもして、一生懸命取組んできた研究成果を今日発表することができ、嬉しく思います。

 

fsevdrjsdfrv

 

この卒業研究で自分自身やゼミの仲間が研究したテーマ、今日の他のゼミの発表で学んだことは、来年から看護師として働くなかで、役立てていきたいと思います。

                   乾ゼミ:岸田真歩・藤本祐美・湊本みのり・吉田美緒

 

 

2019年度卒業研究発表会を開催!~看護医療学科4-1

 

今年度、着任後はじめての卒業研究指導でしたが、1人ひとりの問いを大切に、個人のチカラを信じることをモットーに、無事この日迎えることができたことをとても嬉しく思います。学生同士で文章チェックをするなど、学び合う仲間として良い関係の中でゼミが運営できました。 ゼミ生一人ひとりの今後のご活躍を祈っています。

 

 ゼミ担当教員 上仲久

 

合計21のゼミ生たちが発表を終えました。在学中に学んだことを卒後に臨地の場で活用して、将来は看護実践の場の変改をもたらす看護職となってほしいと願います。今回の卒業研究から学会発表に繋げるなどさらに自己研鑽に励んでくださいね。

 

【関連記事】

平成30年度卒業研究発表会を開催!~看護医療学科 山崎・林田・對中・大友・文ゼミ

平成29年度卒業研究発表会を開催!~看護医療学科

2019年10月7日(月)

こんにちは!第17回畿央祭実行委員のアリーナ部署です。

今回は後期になってからのアリーナ部署の活動をお伝えします!

 

今年は夏休みに活動したおかげで去年よりも早めに準備が進んでおり、残りは主にスタンプラリーのカード作りとなっています。

 

▼今年のスタンプラリーのカード

アリーナ部署1-1

 

その他にも、各遊びの備品などを最終確認し、足りないものを作るなど着々と準備を進めています。残り少なく限られた時間ですが、みんなで協力して最後まで頑張ります!

アリーナ企画に来てくれた子供たちを笑顔にハッピーにできるように実行委員一同頑張りますので、ちびっ子たちは是非アリーナに遊びに来てください!待ってます!!

 

第17回畿央祭実行委員 アリーナ部署長

健康栄養学科2回生 川端ひとみ

人間環境デザイン学科2回生 梅林沙采

 

畿央祭『繋〜つながり〜』特設ページ

●これまでの実行委員Blogはこちらから!

2019年10月5日(土)

第17回畿央祭実行委員の舞台部署です。

舞台部署は今年、今まで冬木ホールで行っていたパフォーマンスを冬木ホール前で行うという新たな挑戦をします!その名も…“スマイルステージ”です!

入口に近く、休憩所も兼ねており飲食も可能です。ぜひ、お立ち寄りください!

 

舞台部署1-1

 

また、例年通り野外ステージでもパフォーマンスを行います!

吉本芸人をはじめとした圧巻のパフォーマンスはもちろん、舞台部署が全員で作成したバックパネルにもご注目ください!!

 

第17回畿央祭実行委員 舞台部署長

健康栄養学科2回生 奥修市郎 穂住俊輝

 

畿央祭『繋〜つながり〜』特設ページ

●これまでの実行委員Blogはこちらから!