畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2008年6月19日(木)

Spring Carnivalや畿央祭など、学内イベントでいつも会場を盛り上げてくれるダンス部が、

関西最大級の超ビッグホールでも迫力あるダンスを披露しました!

 

————————————————————————————————–

 

ダンス部(Afro-izm Republic)です。

6月8日(日)に畿央大学として、なんばHatchにて行なわれたOSAKAN FESTA08に参加しました。

 

20080619-3.jpg

 

OSAKAN FESTA’08とは…、関西最大規模の若者による、若者のための祭典!!

私達ダンス部は『ダンスって楽しいんだ!』という思いを伝えるために熱意のあるダンスサークルが集まり企画したDANCE Generationというコンセプトをもとに、この舞台に出演しました。

 

20080619-1.JPG

 

当日は2000人を越える人たちが来場し、ハンパない1日になりました!

 

20080619-2.JPG 

2008年6月16日(月)

6月10日、教育学部の1回生を2回生・3回生がもてなす「新入生歓迎会」が開かれ、笑顔一杯の明るい雰囲気のなかで学年を超えた約100名の学生の交流が行われました。 

 

この日は教育学部らしく、体育館でコミュニケーションゲームから始まりました。

 

宿泊研修でも同じようなプログラムがあったので1回生も指導できるまでになったことでしょう。

 

20080610-1.JPG

 

 

心と体をほぐしたあとは、食堂地下でお菓子とジュースのパーティー。

 

初めての先輩後輩でもおしゃべりがはずみ、さらに一番の楽しみ、ビンゴゲームで盛り上がりました。時計や文房具などの景品があたった学生は飛び上がって大喜び。カラオケカードがあたったときは歌も飛び出しました。午後9時終了という時間ではまだまだ時間が足りない、という余韻が残ったイベントでした。

 

20080610-2.JPG

 

教育学部新入生歓迎会は、昨年度に続いて学生自身の企画運営で行ったもので、新入生歓迎会は教育学部以外の学科でも実施されています。今年度は理学療法学科の2回生が新設の看護医療学科の新入生歓迎会を企画するなど、さらに学生間の交流が広がっています。
 
20080610-③.JPG 

2008年6月16日(月)

教育学部現代教育学科地域教育コース2回生が、アセンブリの時間を使って「畿央大学・地域かるた」づくりに取り組んでいます。

6月12日には、読み札と絵札作成のネタ集めをしました。 

 

 

学内にある鹿の彫刻について調べています。

 

鹿の彫刻 

 

畿央大学のすぐ近くのケーキ屋さん「hinata」で店長さんにインタビューさせていただきました。地域の人に来ていただける、日なたのようなあたたかく優しい雰囲気のお店を目指して「hinata」と名付けたそうです。あすかルビーや大和高原たまごなど、地域の産物を使ったケーキ作りについてお話をうかがうことができました。 

 

hinata

 

別のグループは、マンホールの図柄などから地域の人々の特徴をつかもうと、大学の周辺を歩き回りました。マンホールから見えてくる暮らしのライフライン・・・小学3、4年生の社会科の授業のネタをさっそくかるたに保存できました。 


マンホール

 

どんな「かるた」が出来るのか、完成が楽しみです!

2008年6月11日(水)

 

20080613-1.JPG

 

看護医療学科では、3年後に開始する「離島・へき地体験実習」(4年次前期)の準備を既に始めています!

 

この実習は、過疎、交通遠隔地、医療・福祉格差などの困難を抱えながら、豊かな自然・文化・コミュニティーの中で生活が営まれている「離島・へき地」を実習地としています。学生達は現地で生活する人々とふれ合い、その生活を体験するなかから、「人と環境」、「人と暮らし」を見つめるのです。そこから地域における医療・保健・福祉の現状と可能性や看護職の役割を考える事を目的とした地域密着型体験実習なのです。

 

同実習担当教員は電車を乗り換え、船に乗り、バイクに乗り・・・良い実習にするぞ~と日夜駆け回っています。また、基礎・成人・母子・老年・精神・地域、それぞれの担当教員達もよりよい実習に向けて頭を捻り、準備を着々と進めています。

乞うご期待!

20080613-2.JPG

 
 


  

 

2008年6月10日(火)

kango.jpg

今年一期生を迎えた看護医療学科では、実習室の整備も一段落し、学生達が看護技術演習に取り組んでいます。

 

この演習では、看護の対象であるひとを理解するための多様な視点および看護援助の基盤となるケアの考え方や、あらゆる看護場面に共通する看護の専門的技術について学びます。

また、技術演習においては、グループワークや討議法などによって、技術の根拠を考えたり、お互いに行った技術の振り返りをして、学生同士の学びを共有しています。最初はぎこちなかった学生達の白衣姿も様になってまいりました。授業の空き時間にも一生懸命自己学習している姿が見られます。

 

頑張れ!看護一期生!