畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

TASK(健康支援学生チーム)活動レポート

2018年5月28日(月)

こんにちは!健康支援学生チームTASK理学療法学科の礒兼実沙です。2018年5月17日(木)に新入生を迎えて勉強会&新歓を行いました。

 

 TASKThink, Action, Support for Health by Kio Universityの略称で、学科の枠を越えて協力し合いながら、地域住民の方々や畿央生の健康支援を目的として活動しています。

  

今回の勉強会はこれからTASKでよく使用する機器の説明を新入生に向けて行いました。種類はFRT(Functional Reach Test)骨密度長座体前屈垂直飛びの4種類です。1回生は先輩の説明をしっかり聞いてくれていたと思います。これからTASKでの活動で使っていく機器なので、しっかり覚えてくれたら嬉しいですね(^^)

 

2回生も初めての後輩に対して、「先輩」という意識をもって機器の説明をしてくれました。

 

TASK5月勉強会&新歓ブログ1-1

▲骨密度計の説明中

 

TASK5月勉強会&新歓ブログ2-1

▲FRT(ファンクショナルリーチテスト)の説明中

 

TASK5月勉強会&新歓ブログ3-1

▲長座体前屈の説明中

 

勉強会の後は新食堂をお借りして新歓をおこないました。立食だったので1・2・3回生全員と交流することができて、とても楽しい交流会になりました!人数が多くて全員とお話しができなかったのが残念ですが、これからのTASKの活動がすごく楽しみになりました。

 

TASK5月勉強会&新歓ブログ4-1

▲TASKの一文字!

 

TASK5月勉強会&新歓ブログ5-1

▲最後はみんなでTASKの「T」(^^)/

 

理学療法学科3回生 礒兼実沙

  

●TASK関連の情報はTASK(健康支援学生チーム)活動レポートで、詳しくご覧になれます。

2018年4月27日(金)

こんにちは!健康支援学生チームTASK理学療法学科の礒兼実沙です。2018年4月25日(木)に重心動揺をテーマに勉強会を行いました。

 

TASKThink, Action, Support for Health by Kio Universityの略称で、学科の枠を越えて協力し合いながら、地域住民の方々や畿央生の健康支援を目的として活動しています。

 

ニューロリハビリテーション研究センターの施設を利用させていただき、重心動計を使って目を開けたときと閉じたときの重心の揺れ方を比較しました。

 

TASK4月勉強会1-1-down

 

また、椅子から立ち上がるときの重心の移動についても確かめました。ゆっくり立つときと早く立つときを実際にやってみて違いを感じたり、膝の角度でも立ちにくさが変わったりすることを体験しました。介助をするときに役立ててほしいですね。

 

支持基底面と重心線の関係を知ることができました。

 

TASK4月勉強会3-1

 

▼最後はみんなでTASKのT(^^)/

TASK4月勉強会4-1

 

 理学療法学科3回生 礒兼実沙

 

●TASK関連の情報はTASK(健康支援学生チーム)活動レポートで、詳しくご覧になれます。

2018年4月16日(月)

こんにちは。健康支援学生チームTASK、健康栄養学科3回生の杉本佳奈です。平成30年4月14日(土)、畿央大学体育館にて広陵町の住民の方対象の「健康・体力測定会」を行いました!

 

TASKはThink,Action,Support for Health by Kio Universityの略称です。学科の枠を超えて協力し合いながら、地域住民の方々や畿央生の健康支援を目的として活動しています。

 

この測定会は、畿央大学と広陵町が連携して行っている「広陵町×畿央大学KAGUYAプロジェクト」の一環として、年に2回実施されているものです。測定内容は、体組成、骨密度、血管機能、腹囲、握力、長座体前屈、ファンクショナルリーチテスト、立ち上がり歩行測定、足趾握力、膝伸展筋測定の10項目です。

たくさんの方々に来ていただきました。

 

▼ファンクショナルリーチテスト

TASK広陵町測定会1-1

 

▼足趾握力測定

TASK広陵町測定会2-1

 

今回の測定会は、たくさんの住民の方々とお話しながら測定することができ、とても楽しかったです。住民の方々も「次回の測定会に向けて改善していこう!」と質問などもしてくださり、授業で習ったことを活かしつつアドバイスをすることができて、とてもいい経験になりました。次回は半年後の10月です。また元気な住民の方々にお会いしてお話しできることを楽しみにしています。

 

▼TASKの「T」で記念撮影!

TASK広陵町測定会3-1

 

健康栄養学科3回生 杉本佳奈

 

●TASK関連の情報はTASK(健康支援学生チーム)活動レポートで、詳しくご覧になれます。

 広陵町×畿央大学「KAGUYAプロジェクト」ホームページ 

2018年2月20日(火)

TASKが広陵町にある特別養護老人ホーム大和園で行われた「認知症カフェ」にボランティアとしてお邪魔しました!この認知症カフェは広陵町×畿央大学「KAGUYAプロジェクト」の一環で行われており、大学教員(看護医療学科山崎先生)も関わっておられます。

 

TASKThink,Action,Support for Health by Kio Universityの略称です。学科の枠を越えて協力し合いながら、地域住民の方々や畿央生の健康支援を目的として活動しています。

 

今回は脳トレ・シナプソロジー・ちらし寿司づくりを行いました!

 

脳トレは「心理学」の本を使って介護福祉士の方たちが説明し、自分がどれに当てはまるのかを高齢者の方々が一生懸命考えていました。

 

TASKvol.53~認知症カフェ1 更新

▲脳トレの場面

 

シナプソロジーは頭を使いながら運動をするという、認知症予防の体操です。椅子に座って足踏みを行ったり、「あんたがたどこさ」「もしもしかめよ」を歌いながらリズムに合わせて膝をたたいたり、後出しじゃんけん、などなど今回はとても盛沢山に行いました!高齢者の方々は「難しい」とおっしゃっていましたが、一生懸命運動しておられました!

 

TASKvol.53~認知症カフェ2 更新

▲シナプソロジーの様子

 

最後のちらし寿司作りでは、牛乳パックを横に二等分し、そこに三種類のしゃりを重ねて入れ、色とりどりのちらし寿司を作っていました!

女性が多かったこともありますが、独自の作り方や寿司酢の配合を教えて頂き、楽しくサポートできました。

 

最終編集

▲みんなで作ったちらし寿司

 

最後には今回作ったちらし寿司の寿司酢の配合をメモして「家に帰ってからも作ろう!」と意気込んでいる方が多かったです!

 

今回の認知症カフェに参加することにより、高齢者の目線に立って、したいこと、したいけどできないこと、できないことを観察し、できないところをお手伝いして高齢者の方がより楽しめるようにすることが大切であるということが改めて感じられました。

 

皆さんも認知症カフェに参加しませんか?

 

看護医療学科2回生 野口美波

看護医療学科3回生 島野綾子・桑垣友梨

 

●TASK関連の情報はTASK(健康支援学生チーム)活動レポートで、詳しくご覧になれます。

●広陵町×畿央大学「KAGUYAプロジェクト」ホームページ 

2017年12月27日(水)

こんにちは!健康支援学生チームTASK人間環境デザイン学科2回生の竹葉海翔です。

2017年12月21日(木)に「家庭内事故を防ぐための住まいづくりの工夫」をテーマに勉強会を行いました。

 

TASKThink, Action, Support for Health by Kio Universityの略称で、学科の枠を越えて協力し合いながら、地域住民の方々や畿央生の健康支援を目的として活動しています。

 

今回は人間環境デザイン学科の学生が中心になって、

・玄関・アプローチ

・階段廻り

・お風呂場

・キッチン

の4つの場所について、グループごとに事故が起こりやすい場所の問題点とそれに対する改善点を話し合ってもらうグループディスカッションをしました。

 

TASKAAAAA

 

ディスカッション後に発表してもらい、解決案内装のデザインの工夫などを説明して理解してもらいました。家の内装は誰にとっても身近なことなので、今回の内容が今後自分の知識の一つとして活用してもらえたらなと思います。

 

TASKAAA

▲最後は全員でTASKのT!!

 

人間環境デザイン学科2回生 竹葉 海翔

 

●TASK関連の情報はTASK(健康支援学生チーム)活動レポートで、詳しくご覧になれます。