畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

就職レポート【健康栄養学科】

2018年12月27日(木)

就職活動を終了したばかりの学生のリアルな声を紹介する「就活レポート」、第525弾!

健康栄養学科4回生 前原 好花さん

病院 内定

 

【その病院に決めた理由】

理由は2つあります。1つ目は疾病治療の基礎として栄養管理が重要視されていることです。そのような現場での栄養管理を通して、疾病の治療や回復に貢献したいと考えました。2つ目は教育研修制度が充実していることです。いつまでも学び続ける姿勢を忘れたくないと考える私にとって、スキルアップのために最適な環境であると考えました。

 

【就職活動を振り返って】

病院就活に「焦りは禁物」だと改めて感じました。病院就活を始める頃には、国家試験に向けた勉強や研究で忙しくなるだろうと考えていたので、専門分野の勉強は3回生の冬頃から始めました。そのため、翌年の春から夏にかけて周りの企業就活が次々と終わっていく中で、それほど焦ることもなく、自分のペースで物事を進めていくことが出来ました。

 

【就職活動でPRしたポイント】

臨床栄養の授業で実施した栄養管理や塾講師のアルバイト経験をもとに、それらを実施するにあたっての工夫やそこから学んだこと、それを実際の現場でどのように生かすべきかなどの考えを中心にアピールしました。また、面接では第一印象が大事であると考えたため、「また会いたいと思ってもらえるような人物像」を頭に思い浮かべながら面接に臨みました。

 

 

【キャリアセンターと就職サポートについて】

谷口さんには、履歴書の添削を何度もしていただきました。自分ではこれでよいと思っていても、客観的に見ると変だとかこっちの表現の方がよいというのがいくつもあるので、それらのご指摘を頂きとても助かりました。

 

連結写真

 

 

【後輩へのアドバイス・メッセージ】

病院就活は情報収集をする機会がなかなか少ないために、不安になることも多々あると思います。ですが、ただ周りと物事を進める順序が違うだけです。やるべきことに優先順位をつけ、今目の前にあることに必死になってください。そして、就活はゴールではなく通過地点であることを頭の片隅に置いて、就職を通してその先自分が何をしたいのか、どうなっていたいのかを熟考した上で就職活動を進めてくださいね!応援しています。

 

 

 

2018年11月2日(金)


就職活動を終了したばかりの学生のリアルな声を紹介する「就活レポート」、第488弾!

健康栄養学科4回生 宮前 明日香さん

奈良県・栄養教諭 合格

 

ブログ写真

 

 

 

【教師を目指そうと思ったきっかけ】

管理栄養士の臨地実習で、子どもと熱心に向き合われている姿や仕事に誇りを持って取り組まれている栄養教諭の先生の姿を見て、このような人になりたいと思いました。また、子どもも食べることもとても好きだったことから、栄養教諭を目指しました。

 

【ボランティア・教育実習を経験して】

ボランティアでは子どもたちとの関わり方や普段の様子を見ることができました。特に子ども食堂のボランティアでは食べること・料理を作ることを通して、マナーや食の知識が子どもにより差が大きいことを理解し、子どもたちと一緒に食を考えるという経験ができました。

教育実習では自分の授業を行わせていただき、指導における多くの課題・改善点を知ることができただけでなく、私の魅力を活かした指導を学ぶことができました。

 

【畿央大学での大学生活について】

他大学と比べて、学校の規模が小さく、先生・学生同士の距離が近いところが魅力だと思います。健康栄養学科は3回生までクラスごとで実験や実習などの授業を受けることが多く、顔見知りの人たちの中で楽しく、様々な考えに刺激を受けながら、栄養について学ぶことができました。

 

【畿央大学の教員採用試験対策について】

3回生の前期まで教員採用試験について何もしていなかったのですが、10月から試験対策や面談があったことで素早く勉強に取り掛かることができました。面接対策ではたくさんの先生に見ていただくことで、自分について深く考える機会になりました。また、教育学部の人たちと一緒に試験対策をできたことは、とても刺激になり、「私も頑張ろう」と最後まで思えました。

 

【理想の教師像】

気軽に「先生」と声をかけてもらえる栄養教諭です。そのために、直接会話をすることや、他の先生や子どもたちと積極的に関わることはもちろん、おいしく安全で、誰かと話したくなるような楽しい給食を作れるようになりたいです。

 

【後輩へのメッセージ】

採用人数が少なく、何を勉強すれば良いか分からず、採用試験は不安になります。上手くいかないこともたくさんあります。でも、友達や先生と話したり、息抜きをしたりして無理をしすぎないことが大切だと私は思います。一人だと思わず、ぜひ周りの人に相談してみてください。応援しています。

 

 

 

 

2018年10月31日(水)

就職活動を終了したばかりの学生のリアルな声を紹介する「就活レポート」、第486弾!

健康栄養学科4回生 山田菜美さん

福井県・栄養教諭 合格

 

ブログ写真

 

【教師を目指そうと思ったきっかけ】

私は高校の頃から食に関わる職業に就きたいと考えていました。具体的に考えるようになり、子供も好きだということから食育を行える栄養教諭になりたいと強く思うようになりました。

 

【学校インターンシップ・教育実習を経験して】

授業が忙しかったこともあり、三回生の後期からボランティアに行き始めました。実際の現場に入る機会はなかなかないため、多くのことを学ばせていただきました。教育実習では初めて一人で授業を行わせていただき、大変な点も多くありましたがそれを上回るやりがいを感じることができました。

 

【畿央大学での大学生活について】

大学が大きすぎない分、他学科生や先輩後輩、先生方との距離が近いように思います。私は部活に入っていたので他学科の友達が多くでき、色々な人と関わることができたため刺激を多くもらうことができました。

 

【畿央大学の教員採用試験対策について】

対策講座や面接練習などとても充実しています。面接練習も手厚くしていただき、最初は緊張して早口になってしまったりしましたが、練習するにつれ面接が楽しいと思えるようにまでになりました。

 

【理想の教師像】

親しみも持てる栄養教諭になりたいと思います。美味しく安全な給食を提供し、多くの児童とふれあい、なんでも相談できるような教師を目指します。児童が食に興味が持てるような工夫も多くしていきたいです。

 

【後輩へのメッセージ】

管理栄養士になるための勉強と教職の勉強の両立はとても大変ですが、栄養教諭になりたい気持ちがあるならあきらめずに頑張ってほしいです。専門科目の勉強は管理栄養士国家試験にも役立ちますし、教職教養はしっかり対策講座をしてくださいます。一般教養はセンター試験を受けていたのであればある程度の基礎はあるので大丈夫だと思います。たまには息抜きをしつつ、教師を目指す友達と励ましあいながら頑張ってください!応援しています!

 

 

 

2018年10月4日(木)

就職活動を終了したばかりの学生のリアルな声を紹介する「就活レポート」、第479弾!

健康栄養学科4回生 三木恵実さん

保育園 内定

 

【その園に決めた理由】

管理栄養士をいかした職に就きたいと考えていました。調理師としてではなく、食育や毎日の献立作成に関わることができる園だったからです。事前訪問で調理室の先生方や保育士の方と一人一人お話しする機会を与えて頂き、園の雰囲気がとても良いと感じたからです。

 

【就職活動を振り返って】

初めから保育園で働きたいと考えていましたが、面接をすることに慣れておきたかったので企業の面接をいくつか受けていました。そのため保育園での面接では自分の考えていることをしっかりと話すことができました。また、面接を一緒に受けた学生たちとコミュニケーションを取ることで、他大学の状況や情報交換をして社会勉強にもなりました。保育園はたくさんのところに園見学に行きました。そこで、子供たちと一緒に昼食を食べてお話を聞くことでより、保育園の管理栄養士として働きたいと思うことができました。

 

【就職活動でPRしたポイント】

大学で取り組んだメニュー開発や中学・高校・大学と続けていた部活のことを中心に、保育園では子供が好きということもアピールしました。ゼミで研究している“アレルギー対応の給食“についてもこれからいかしていきたいと考えていることを伝えました。

 

【キャリアセンターと就職サポートについて】

何度も履歴書の添削をお願いしていましたが、毎回しっかりと時間を取ってもらっていました。私の伝えたいと思っていることを理解してくださって、文章にするお手伝いをしていただきました。小さな不安や、気になることはすぐに解決してくれていました。保育園が決まった後も、より良い通勤経路を考えてくれました(笑)

 

連結写真

 

 

 

【後輩へのアドバイス・メッセージ】

たくさんの職業、企業があるので今まで知らなかった世界を知ることができて楽しかったです。保育園を希望する人は、企業に希望する学生よりも遅く決まることが多いので就活をしている期間が長いと思いますが、気負いせずに自分のペースで頑張ってください。周りでは情報が回りますが、自分にとってプラスな情報を取捨選択していきましょう!就活中も友達とランチに出かけて、気の済むまでおしゃべりをして気晴らしをすることも大切です。不安なことや心配なことも家族・先生・友達に相談して、上手く就活を乗り越えましょう。

 

 

2018年10月4日(木)

就職活動を終了したばかりの学生のリアルな声を紹介する「就活レポート」、第478弾!

健康栄養学科4回生 高橋直也さん

食品商社 内定

 

【その企業に決めた理由】

私がこの会社に決めた理由は食品商社なのでより多くの商品に携わることができると考えたからです。また、提案営業にとても力を入れている会社なので大学で学び得た管理栄養士の知識を活かせると考えました。

 

【就職活動を振り返って】

私は20社ほど受けました。エントリーシートはほとんどキャリアセンターの谷口さんに添削してもらい、何回もやり直しました。グループディスカッションや面接は場数が重要だと考え、序盤は練習のつもりで挑戦しました。自分の内容はあまり気にせず、選考の雰囲気や周りの就活生を意識していました(どんな雰囲気なのか、人事は何を見ているのか、他の就活生はどんな発言をしているのか、どんな学生が選考を通過してるのかなど)。このように最初は選考を通過することよりも、「学ぶこと」を意識していました。そのおかげか、最初から緊張せず就職活動を行うことが出来ました。

 

【就職活動でPRしたポイント】

私は主にアルバイト経験を中心に私が周りにどのような影響を与え、どんな成果を出したのかをPRしました。また、営業志望で就職活動を行ってましたので面接の際は元気と笑顔は誰にも負けないという思いで挑みました。

 

【キャリアセンターと就職サポートについて】

私は3社から内定を貰うことが出来ました。3社ともキャリアセンターの方のサポートがあったからこそ貰うことが出来たと考えてます。より良い就職活動をするには絶対にキャリアセンターの力が必要だと思います。感謝でいっぱいです。ありがとうございました。

 

連結写真

 

 

【後輩へのアドバイス・メッセージ】

就職活動は頑張った人ほどしんどい思いをすると思います。大きな壁にぶち当たり、途中で心が折れそうになることもあると思いますが、これからの人生を大きく左右する時期です。自分に自信を持って最後まで諦めずに頑張ってください。きっと、自分にあった良い会社と出会えるはずです