畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
就職レポート【健康栄養学科】

就活レポート~就職活動の現場から~No.479(保育園)

2018年10月4日(木)

就職活動を終了したばかりの学生のリアルな声を紹介する「就活レポート」、第479弾!

健康栄養学科4回生 三木恵実さん

保育園 内定

 

【その園に決めた理由】

管理栄養士をいかした職に就きたいと考えていました。調理師としてではなく、食育や毎日の献立作成に関わることができる園だったからです。事前訪問で調理室の先生方や保育士の方と一人一人お話しする機会を与えて頂き、園の雰囲気がとても良いと感じたからです。

 

【就職活動を振り返って】

初めから保育園で働きたいと考えていましたが、面接をすることに慣れておきたかったので企業の面接をいくつか受けていました。そのため保育園での面接では自分の考えていることをしっかりと話すことができました。また、面接を一緒に受けた学生たちとコミュニケーションを取ることで、他大学の状況や情報交換をして社会勉強にもなりました。保育園はたくさんのところに園見学に行きました。そこで、子供たちと一緒に昼食を食べてお話を聞くことでより、保育園の管理栄養士として働きたいと思うことができました。

 

【就職活動でPRしたポイント】

大学で取り組んだメニュー開発や中学・高校・大学と続けていた部活のことを中心に、保育園では子供が好きということもアピールしました。ゼミで研究している“アレルギー対応の給食“についてもこれからいかしていきたいと考えていることを伝えました。

 

【キャリアセンターと就職サポートについて】

何度も履歴書の添削をお願いしていましたが、毎回しっかりと時間を取ってもらっていました。私の伝えたいと思っていることを理解してくださって、文章にするお手伝いをしていただきました。小さな不安や、気になることはすぐに解決してくれていました。保育園が決まった後も、より良い通勤経路を考えてくれました(笑)

 

連結写真

 

 

 

【後輩へのアドバイス・メッセージ】

たくさんの職業、企業があるので今まで知らなかった世界を知ることができて楽しかったです。保育園を希望する人は、企業に希望する学生よりも遅く決まることが多いので就活をしている期間が長いと思いますが、気負いせずに自分のペースで頑張ってください。周りでは情報が回りますが、自分にとってプラスな情報を取捨選択していきましょう!就活中も友達とランチに出かけて、気の済むまでおしゃべりをして気晴らしをすることも大切です。不安なことや心配なことも家族・先生・友達に相談して、上手く就活を乗り越えましょう。

 

 

【所属カテゴリ】就職レポート【健康栄養学科】

ブログトップへ