畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
就職レポート【看護医療学科】

就活レポート ~就職活動の現場から~ No.422(病院)

2017年8月17日(木)

就職活動を終了したばかりの学生のリアルな声を紹介する「就活レポート」、第422弾!

看護医療学科4回生 富本 尚寛 さん

病院内定

 

【その病院に決めた理由】

高度救命救急センター24時間365日受け入れることが可能であること、脳卒中センターやリハビリテーション科があり、連携をして早期のリハビリで機能回復や合併症予防ができ、切れ目なく医療が提供できる病院だから働きたいと思いました。また、病院見学会で病棟の雰囲気が良かったことや看護師さんが熱心であったことも理由の一つでした

 

【就職活動を振り返って】

早い時期から就職活動を始めていましたが中々内定を貰うことが出来ない、周りが次々決まり焦りがありましたが、支援センターや先生に相談に乗っていただき、もう一度自分はどのような人間なのか振り返りました。自分がどんな人間なのか周りに聞くことで長所や短所が分かり、自己分析ができました。

 

【就職活動でPRしたポイント】

・自分の強みである粘り強さとコミュニケーション能力

・笑顔で自分はどのような人間かを伝えました。

・アルバイトなどの経験をして学んだこと

 

【キャリアセンターと就職サポートについて】

最初はあまり行くのを渋っていましたが、文章の添削や面接練習など何度も付き合ってもらい、たくさんのアドバイスをしていただきました。そのおかげで、不安が自信にかわり、緊張せずに本番に望むことができました。本当に辻谷さんには感謝しています。

 

ブログ用

 

【後輩へのアドバイス・メッセージ】

保健師選択していると授業や実習と研究で地味に忙しいので領域実習が終わり次第すぐにでも就職活動を始めることをお勧めします。最後の学生生活を楽しみながら頑張ってください!

 

 

【所属カテゴリ】就職レポート【看護医療学科】

ブログトップへ