健康科学研究所開設記念シンポジウムを開催しました。

2007/10/16更新

10月13日、畿央大学冬木記念ホールにおいて、脳科学の立場から健康にアプローチするシンポジウム「健やかに生きるために ~脳とこころの科学からの新たな挑戦~ 」が、約300名の参加を得て開催されました。これは、「畿央大学 健康科学研究所」を本年4月に開設したことを記念して企画されたものです。開会にあたって冬木智子学長、森友彦研究所長の挨拶のあと、近畿経済産業局、奈良経済同友会からご祝辞を賜りました。

 

特別講演では、世界的な脳科学者である伊藤正男先生(理化学研究所脳科学総合研究センターディレクター)が「脳科学のめざすところ」とのテーマでお話をされました。難しい脳の機能についてわかりやすい表現で説明され、「こころ(意識)」の解明に向けての研究の現状など、脳科学の基本から最先端の内容までが紹介されました。質疑応答では臨床の現場へのアドバイスが求められるなど、熱のこもったやり取りも見られました。

 

特別講演のあとには、健康科学部の森岡周教授の司会で、金子章道健康科学研究科長・「光と脳と健康」、森友彦研究所長・「食品のテクスチャーに期待される健康機能の課題」、山本隆客員教授・「おいしく味わうことは健康の源」と、それぞれのテーマで、研究分野と脳機能との関連について話題提供が行われました。

 

休憩時間には、本学が導入した脳イメージング装置(fNIRS)の紹介ビデオが流されました。ご覧になりたい方は、下のボタンよりアクセスしてください。メディアプレーヤーが入っているPCでストリーミング鑑賞できます。

 

終了後、本学の設備の見学会が行われ、また、関連企業や研究所、他大学、医療機関等からの参加者と本学教員との交流会が行われました。会場では参加者同士の情報交換や、今後の活動に向けて議論が盛り上がる光景が見られました。

 

学内における研究活動の要となり、産業界や行政、他大学・研究機関との共同研究を推進し、社会に貢献するために開設された健康科学研究所の、貴重な一歩を踏み出すことのできた一日でした。

 

photo01

 

 

学生・教職員専用

畿央大学
twitteryoutube
〒635-0832 奈良県北葛城郡広陵町馬見中4-2-2 TEL.0745-54-1601 FAX.0745-54-1600

Copyright(c) Kio university All rights reserved.