畿央大学特別公開講座(1月26日)のご案内を掲載しました。

2007/12/26更新

テーマ トランス脂肪酸問題の最前線
日 時 2008年1月26日(土)13:00~14:30
講 師 九州大学・熊本県立大学名誉教授、加工油脂栄養研究会会長
菅野道廣
プロフィールはこちら(PDF)

トランス酸は加工油脂をつくるときに生産されます。液体状の魚油や植物油を固体状のマーガリンなどの脂に変化するときにできるものです。WHO(世界保健機構)はトランス酸を過剰に食べると狭心症などの動脈硬化になる可能性が高まると警告しました。そこで、世界中にショックがひろがりました。しかし、過剰な反応もあり、間違った情報も流されています。

実はトランス酸を日本人はあまり摂取していません。しかし、食事の仕方によってはとる量が増える可能性も指摘されています。栄養指導には必須な知識です。菅野先生は日本の脂質研究者のトップレベルの学者で、10数年前からこの問題に取り組んでこられました。最新の情報をわかりやすくお話し頂きます。正しい知識を得るまたとないチャンスです。ぜひ、御来聴願います。

 

申込方法

(1)お名前 (2)年齢 (3)ご住所(郵便番号から) (4)電話番号(連絡先)(5)メールアドレスを明記の上、1月23日(水)までに官製ハガキ・ FAX・メールのいずれかでお申込ください。受講料は無料です。

 

宛先 〒635-0832 奈良県北葛城郡広陵町馬見中4-2-2 畿央大学企画部 公開講座係
FAX 0745-54-1600   メール kikaku@kio.ac.jp

 

※受講証は発行致しませんので、直接会場にお越しください。
※駐車場には限りがございますので、なるべく公共交通機関をご利用ください。

 

お問い合わせ

畿央大学企画部 公開講座係
TEL 0745-54-1603   メール kikaku@kio.ac.jp

学生・教職員専用

畿央大学
twitteryoutube
〒635-0832 奈良県北葛城郡広陵町馬見中4-2-2 TEL.0745-54-1601 FAX.0745-54-1600

Copyright(c) Kio university All rights reserved.