橿原市・橿原商工会議所連携「橿原産しょうが給食献立開発プロジェクト」コンペが行なわれました。

2014/07/23更新

橿原市立保育所・幼稚園児童向け給食献立メニュー10作品が勢ぞろい!

 

畿央大学と橿原市・橿原商工会議所との連携事業は平成21年度に開始し、今年で6年目を迎えています。昨年度は橿原産しょうがを使ったレシピ開発プロジェクトで7品が商品化され販売になりました。

今年26年度は、その産官学連携で産まれたしょうが7商品の販路拡大と、橿原のしょうがを市民の皆様にもっと知ってもらうために就学前児童の給食献立に取り入れることを目的に「橿原産しょうが給食献立開発プロジェクト」を実施しています。

 

2014(平成26)年7月19日(土)健康栄養学科(指導教員:浅野恭代教授、金一玲助手)学生33名、10グループによるコンペが開催されました。

まず14時~プレゼンテーション、15時~試食審査、16時30分~結果発表と表彰式が行なわれました。

 

syouga2014-1 

橿原からは審査員として、吉廣清治橿原物産協会会長、石井誠一橿原商工会議所専務理事、竹本恵子橿原市福祉部副部長、藤井寛市民文化部副部長、岡橋守幸ワーキンググループリーダー、松田弘子料理研究家他5名、また畿央大学からは冬木副学長、永渕先生、浅野先生らに審査していただきました。

 

syouga2014-2

 

学生たちは、朝早いグループは9時過ぎから下ごしらえに入り、14時からのプレゼンを行い、15時からは調理したての試食4人前と展示用の1人前を作りました。子ども向けですので、しょうがの辛味を控えており、大人が食べるとどれも美味しいメニューでした。

プレゼン、ネーミング、献立のストーリー性、未就学児にとっての食べやすさ、給食の大量調理に向いているか、しょうがの風味があるか、など3点満点で評価されました。

 

syouga2014-3 

見事しょうが給食導入賞に輝いたのは、Dグループ(2回生の岡田千波、千葉彩乃、成田優華)の作品「うさぎのお月見給食」です。

9月頃に子どもたちに提供できるということで、月に見立てた黄色いターメリックライスと野菜の煮もの、サラダを組み合わせた献立です。
審査員には実際に給食を作っていただく保育所幼稚園の統括技能員
2名の方に入ってもらっており、現場の意見も反映されています。

 

syouga2014-4 

今年4月から始まり保育所見学会、調理勉強会を3回実施した「しょうが給食献立開発プロジェクト」はこれで終了となり、みんなも笑顔そのものです。

関係者のみなさま、ご支援・ご協力ありがとうございました。
大学が夏休みの
9月中旬ごろには実際の給食として導入されますので、みんなで行って子どもたちと一緒に食べてみたいですね。

 

 

【関連記事】

橿原市・橿原商工会議所との連携「橿原産しょうがを使った給食献立開発」事業がスタート!

「橿原産しょうがを使った給食献立開発」~保育所見学ツアーを実施!

「しょうが給食献立開発」第1回勉強会を行いました。

「しょうが給食献立開発」第2回勉強会を行いました。
「しょうが給食献立開発」第3回勉強会を行いました。

学生・教職員専用

畿央大学
twitteryoutube
〒635-0832 奈良県北葛城郡広陵町馬見中4-2-2 TEL.0745-54-1601 FAX.0745-54-1600

Copyright(c) Kio university All rights reserved.