第15回畿央大学公開講座を開催します。

2017/02/01更新

畿央大学では、健康と教育のスペシャリストを育成しています。

第15回畿央大学公開講座では、2日間に分けて「健康と教育」に関連した3つの公開講座を開催します。

なお、講座Bは、2/13(月)午前11時から電話でのみ、お申し込みを受け付けます。

 

 

畿央大学公開講座【受講料 無料】
 

講座A

先着50名

2/24(金) 10:00~11:30 (受付9:30~)  会場:P302講義室

 「長引く腰痛の科学的なリハビリとは?」

 ニューロリハビリテーション研究センター 助教 大住 倫弘 

腰痛によって仕事や日常生活あるいは趣味活動が制限されてしまいます。近年、腰痛に対するリハビリでは「運動すること」と「痛みのしくみを知ること」が効果的であるとされています。本講座では、4つのコンテンツに沿って、腰痛のしくみを分かりやすく解説した上で、どのような運動をすれば良いのかを最新の知見に基づいて講義形式で説明します。腰痛をお持ちでない方でも予防的観点から聴講して頂けると思います。

講座B

先着20組

受付は電話のみ

3/4(土) 10:00~11:30 (受付9:30~)  会場:KB01講義室

 小学4~6年生対象 (必ず保護者が同伴してください)

「親子で体験 ロボットを使って速さを学ぼう」

 教育学部現代教育学科 准教授 奥田 俊詞

健康科学部看護医療学科 教授 福森 貢

簡単なプログラミング言語を使ってロボットの動きを制御します。指定されたとおりにロボットを動かすための、プログラムを考えてもらいます。その活動の中で速さの活用が求められるのです。速さの問題は公式を当てはめればいいと思われがちですが、物理的な理解のためには速さの概念が必要であると言われています。本講座では、その学習を親子で体験してもらいます。体験前と体験後に速さの問題を解いてもらい、体験による理解の程度を確認することも行います。

講座C

先着100名

3/4(土) 10:00~11:30 (受付9:30~)  会場:KB03講義室

「子どもがちゃんと見えていますか」

~保護者として、保育者として、子育て・保育セミナー~

教育学部現代教育学科 准教授 永渕 泰一郎 

子育てをしているときに「どうしてこの子は・・・するの!」と悩んだりイライラしたりしていませんか。保育をおこなっているとき、子どもの援助で悩んでいませんか。発達の特徴や育ちが見えてくると「育児が楽しい!」「子どもってすごい!」と思えるようになります。そのためには、子どもの心に耳を傾けなければなりません。育ちの見通しも伝授!子どもが見える話です。

 

チラシPDFはコチラ

 

  • 申込方法

希望される講座名(A,C)、氏名(ふりがな)[講座Bのみ保護者氏名も必要]、住所、電話番号(連絡先)、を明記のうえ、E-mail、または電話でお申込ください。(先着順)

※講座Bは、2/13(月)午前11時から電話(0745-54-1601)でのみ、申込み受付します。

 

  • 宛先

〒635-0832 奈良県北葛城郡広陵町馬見中4-2-2 畿央大学教育推進部 公開講座係
E-mail:uketsuke@kio.ac.jp
TEL:0745-54-1601 

  

※受講証の発行は致しません。当日直接本学にお越しいただき、公開講座受付で会場をご確認ください。 
※公共交通機関を利用してご参加ください。

 

  • お問い合わせ

畿央大学教育推進部 TEL:0745-54-1601

学生・教職員専用

畿央大学
twitteryoutube
〒635-0832 奈良県北葛城郡広陵町馬見中4-2-2 TEL.0745-54-1601 FAX.0745-54-1600

Copyright(c) Kio university All rights reserved.