ニューロリハビリテーション研究センター シンポジウム企画×プロジェクト研究報告会

 2018/11/06更新

畿央大学ニューロリハビリテーション研究センター

シンポジウム企画 × プロジェクト研究報告会

身体性・社会性システムからニューロリハビリテーションを考える

 

neurotop

 

畿央大学ニューロリハビリテーション研究センターでは、ニューロリハビリテーションに応用するためのプロジェクト研究を進めて参りました。今回、数年間で得られた研究成果を皆様と共有するために、このようなシンポジウムを企画させて頂きました。今回のシンポジウムでは、諸外国で報告された最新のニューロリハビリテーションのエビデンスを網羅的に共有しながら、当研究センターのプロジェクト研究で得られた成果を報告させて頂きます。

 

日 時 平成31(2019)年3月2日(土)10:00~16:00
場 所 畿央大学 P201講義室
参加費

一般2,000円(本学学部生、本学大学院生、本学教職員は無料)

申込方法

【一般の方】

申込フォームよりお申込みください。

 

【本学学部生・大学院生の方】

soumu@kio.ac.jp に「シンポジウム参加希望」と明記のうえ、

学籍番号・氏名を記載してメールでお申込みください。

当日のプログラム

プログラム      ※ 30分講義+質疑5分+予備時間5分
10:00~ オープニング
10:00~

社会におけるコミュニケーションの役割

ニューロリハビリテーション研究センター 教授 松尾 篤

10:40~

発達性協調運動障害の病態分析から見える必要なニューロリハとは?

ニューロリハビリテーション研究センター 助教 信迫 悟志

11:20~

痛みと情動とリハビリテーション

ニューロリハビリテーション研究センター 准教授 前岡 浩

12:00~

昼休憩

13:00~

疼痛に対するニューロリハの“具体的”な効果

ニューロリハビリテーション研究センター 助教 大住 倫弘

13:40~

社会心理学的知見から考える運動学習戦略の検証

ニューロリハビリテーション研究センター 准教授 冷水 誠

14:20~ 休憩
14:30~

姿勢、歩行制御の障害を理解するための行動および神経生理学的分析

ニューロリハビリテーション研究センター 准教授 岡田 洋平

15:10~

身体意識の視点から神経障害の種々の病態を捉える

ニューロリハビリテーション研究センター センター長・教授 森岡 周

15:40~16:00 全体討論&クロージング

 

お問い合わせ

 畿央大学総務部   TEL:0745-54-1602

※個人情報については、本イベントの受付整理以外には使用いたしません。

学生・教職員専用

畿央大学
twitteryoutube
〒635-0832 奈良県北葛城郡広陵町馬見中4-2-2 TEL.0745-54-1601 FAX.0745-54-1600

Copyright(c) Kio university All rights reserved.