10月4日(日)オープンキャンパスプログラムを掲載しました。

2009/09/10更新

2009年10月4日(日)13:30~17:00
受付13:00~/事前予約不要・入退場自由

公募推薦入試小論文対策講座も同時開催!

 

入試ガイダンスや対策講座など、間近に迫った公募推薦入試の耳より情報満載!2010年度入学願書も配布します。また体験授業やキャンパスツアーなど通常のイベントも実施しますので、受験生・保護者の方はもちろん1・2年生の方もぜひご来場ください。
☆参加者には2010年度入学願書・最新の赤本・オリジナルグッズなどをプレゼント!

 

○タイムスケジュール(予定)

opencampus

※イベント内容および開催時間は変更になる場合がありますのでご了承ください。

公募推薦入試小論文対策講座について

 

公募推薦入試では、学科試験を課す「基礎学力方式」のほかに、小論文のみで合否判定を行う「小論文方式」も実施します。この2方式は下記のように実施する時間帯が異なるため、併願することができます。また合否判定は1回の試験ごとに行うので、公募推薦のチャンスは3日程で最大6回! 小論文方式の受験を考えている人はもちろん、少しでも興味を持った人はぜひ受講してください。

 

各日程の試験時間と実施する方式

日程 試験日 10:00~11:30 13:30~15:00
A日程 11月14日(土) 小論文方式/デッサン方式 基礎学力方式
B日程 11月15日(日) 小論文方式/デッサン方式 基礎学力方式
C日程 11月22日(日) 小論文方式/デッサン方式 基礎学力方式

 

※畿央大学が発行している「入学試験問題集」に過去問題が掲載されていますので参考にご覧ください。お持ちでない方は資料請求フォームからお取り寄せください。

 

学科別体験授業のテーマ・概要

 

理学療法学科

リハビリの効果を上げるリラクセーションスキル 東山明子(教授)

リハビリには心身の苦痛がともなう場合が多く、身体の機能回復が必ずしも順調に進むとは限りません。スポーツ心理学のメンタルトレーニングには、行動に変化をもたらして患者にとっても理学療法士にとっても楽しいリハビリの時間が持てるヒントがあります。リハビリの効果を上げるために役に立つ技術として、また、理学療法士として仕事をする人自身が楽しく意欲的に働ける方法として、誰でもすぐできてかつ効果のある方法を紹介します。

 

看護医療学科

ちょっとだけ「お年寄り」を体験! ―高齢者擬似体験 金武直美(准教授)

老年看護学では、老化や疾患・障害によって日常生活に支障がある高齢者にどう関わるか、どう援助していくかを学んでいきます。でも健康な若い人にとって、老化や障害はなかなかイメージできませんよね。看護学生達はまず老化や障害を擬似的に体験することから始めるのです。みなさんもお年寄りにどんな身体的変化が起こっているのか、ちょっとだけ体験してみませんか?そこからケアのヒントが出てくるんです!

 

健康栄養学科

じん臓のはたらきと栄養 金内雅夫(教授)

『まん性じん臓病』という病気をご存知ですか?放置したままにしておくと、末期じん不全となって、人工透析や腎移植を受けなければ生きられなくなってしまいます。いま日本では1,330万人の方がこの病気であるとされていて、私たちの健康をおびやかす『新たな国民病』といわれています。じん臓の働きはどうなっているのか、じん臓を守るために食事や栄養がなぜ大切か?いっしょに考えてみましょう。

 

人間環境デザイン学科

脳トレのひみつ 金敷大之(准教授)

脳トレの中の代表的なものを実際に体験してみましょう。そして、心理学が心を調べる方法について知りましょう。…心理学は、ふだん、あなたが知らず知らずのうちになんとなくそうしていることを、少しいじわるして、邪魔します。その邪魔が、見る・聞く・話す・考える…などの心のはたらきのどこに、どのように影響しているのか考えるのです。もちろん、こうして得られた研究成果は、「邪魔を取ってスムーズに心がはたらくようにする」という点で、ユニバーサル・デザインに生かされます。

 

現代教育学科

学校の外も『学校』!?~教育にかかわるヒト・モノ・コト~ 宮村裕子(講師)

教育というと、誰でもまず思い浮かべるのが「学校」。
この学校が成り立ち、うまく機能していくためには、どんな仕組みがあるのでしょうか。
そして、学校の敷地の外にも、子どもや大人がかかわる教育の世界が広がっています。
学校を支える、さまざまなヒト・モノ・コトの存在を通して、教育学にふれてみましょう。