畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

「公募推薦入試ポイント」シリーズ最終回(第5回)

2015年10月26日(月)

ポイントシリーズ推薦入試編もいよいよ最終回となりました。今日は奨学生制度について紹介しましょう。

 

公募推薦入試はA~C日程のすべての日程で入学試験成績優秀者特別奨学生の選考を兼ねています。とは言っても特別な申請が必要なわけではなく、原則として合格者の成績の上位約10%程度を奨学生として認定し、合否発表の際にあわせて通知するものです。給付金額は年間430000円で、返還の必要はありません。

 

また本学から概ね100km以上離れた遠隔地の高校出身の受験生については、成績の上位20%程度を遠隔地出身学生支援特別奨学生として認定します。給付金額は240000円です。ただし保護者の引っ越し等により一人暮らしの事実がなくなれば、奨学生の資格を失います。

 

奨学生選考試験を兼ねるのは、公募推薦入試、一般入試前期日程、センター利用入試前期日程です。受験生のみなさん、果敢にチャレンジしてください!

 

さて、公募推薦入試A・B日程の出願は今週金曜日の消印有効です。但し持込であれば31日(土)の17時まで願書を受け付けています。まだ考え中の人はお急ぎください。また C日程だけの出願は6日(金)の消印有効で、持込であれば7日(土)まで受付可能です。ただし、A日程またはB日程(または両方)をセットで申し込むときは、31日(土)の持込に間に合わないと、C日程以外は受験できなくなりますから注意してくださいね。締切日に遅れないよう早急にご検討ください!

ブログトップへ