畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

「AO入試のすすめ」5回目

2018年7月27日(金)

台風の影響もあるのか、日差しが痛いぐらいの猛暑は少しやわらぎましたが、蒸し暑い日が続いています。朝晩だけでももう少し涼しいとカラダも楽なのですが、夜中も蒸し暑いですね。快適な睡眠は、温度よりも湿度が重要のようです。温度はそれほど下げなくても、湿度を50~60%にすることで体温を冷やしすぎずに体感温度が下がり、快適に眠れるようです。受験生にとって大事な夏休み。睡眠をしっかりとって、勉強に励んでいただきたいです。

 
今回の「AO入試のすすめ」は2次選考の小論文について説明します。

 
小論文は90分で1200字の出題ですが、学科別の出題なので形式も様々です。いくつかの設問に分かれているようなケースではトータルの文字数が1200字程度となります。テーマについてはある程度ヤマをはることも可能かもしれませんが、必ずしも学科と直接関係のある話題とは限りません。普段から自分のめざす学科に関する社会問題や職業などについて、なるべく幅広く関心を持ちましょう。そして自分の意見や考えをしっかり持っておくことが大切です。文章にまとめてみることも効果的です。

 
そして、小論文を書き終えたら誰かに見てもらうことが大事です。小論文は形式ももちろん重要ですが、やはり内容が一番。テーマにそっていることと、自分の言葉で書くことに気をつけてください。小論文の過去問は6月、7月のオープンキャンパスで配布しましたが、8月11日(土)・12日(日)のオープンキャンパスのAO入試説明会でも配布します。

 
次回「AO入試のすすめ第6回」では面接についてアドバイスします。

ブログトップへ