畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

一般入試のススメ第3回

2018年12月15日(土)

今日は一般入試のススメその3です。

 

畿央大学の一般入試は3科目か2科目を選択しますが、倍率や合格最低点を見ると3科目型の方が少し低くなる傾向があります。とは言っても得意科目を3科目そろえるのは結構大変です。『2科目だったらなんとかなるのだけど…』という人はたくさんいるのではないでしょうか。そんなときは3科目型の入試(3科目型A方式・S方式)と2科目型の入試(2科目型A方式・S方式・T方式)を併願することを考えてみましょう。

 

畿央大学の一般入試前期日程は1日5方式を実施しますが、実際の試験は1回受験するだけですべての方式の併願が可能です。仮に3科目型A方式と2科目型A方式の2つに出願していれば、2回判定してもらえることになります。このときに仮に1科目失敗したとすると、3科目型A方式の合格は厳しくなるかもしれませんが、2科目型A方式は3科目中良かった2科目で判定してもらえるので、チャンスは残ります。

 

一般入試は方式が多いので少しややこしくみえますが、自分に有利になるよう方式を組み合わせることで、合格に近づくことができます。じっくりと作戦を練ってみてください。

 

次回は入試方式ごとにもう少し詳しくポイントをご紹介します。

 

さて、明日はオープンキャンパスですね。9月のオープンキャンパスでは「推薦入試対策講座」を行いましたが、今回は一般入試対策講座を実施します。本学を会場にして、本番さながらの緊張感の中で受講していただけますので、初めての人にも9月に続いて2回目の人にも役に立つと思います。講師は駿台予備学校のベテラン教員で、英語・数学・国語の3科目を実施しますが、例年合否を分けている大切な科目です。ぜひこの機会を活用し、一般入試の傾向対策を万全にしてください。

 

対策講座のほか、入学センタースタッフによる入試ガイダンスや個別相談も用意していますので、「オープンキャンパスに行ったことがなかった」という人もぜひご来場ください。また会場では2019年度赤本(数量限定)も配布予定です。気楽にご参加ください!

ブログトップへ