畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

AO入試のすすめ(第4回)

2019年8月9日(金)

「AO入試のすすめ」4回目は、2次選考の小論文について説明します。

 
小論文は、90分で1200字の出題ですが、学科別の出題なので形式も様々です。設問が2問に分かれている場合は、合わせて1200字程度となります。当日のテーマを予想するのはなかなか難しいと思いますので、普段から自分のめざす学科に関する社会問題や職業などについて広く情報を収集して知識を増やしておくことが大切です。本や新聞、インターネットを活用すると良いでしょう。

 

さらに、その事柄に対して自分の意見や考えをしっかりと持っておくことが重要です。それを文章にまとめて小論文として書いてみることと、書き終えたら誰かに見てもらうこと。この繰り返しが小論文対策として有効ではないでしょうか。小論文は形式はもちろん重要ですが、やはり内容が最も大事なことは言うまでもありません。出題のテーマにそっていることと、自分の言葉で書くことに気をつけてください。

 

小論文の過去問は、6月・7月にも配布しましたが、8月10日(土)・11日(日)のオープンキャンパスのAO入試説明会でも配布します。

 
次回は面接について説明します。

 

ブログトップへ