畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

推薦入試ポイントシリーズ その3

2019年10月30日(水)

畿央大学の公募推薦入試は11月9日・10日・17日の3日間で、最大3回、希望の学科を受けることができます。まだまだ実力の不安定なこの時期、受験機会を増やせば当然、合格の可能性も高くなります。昨年の結果をみても、2日以上受けた人の合格率は1日だけ受けた人よりもかなり高くなっています。第一志望の方はぜひ複数日程にトライすることをおすすめします。

 

また、1学科分の検定料で2学科まで同時に出願が可能です。つまり一度試験を受けると2学科の合否通知を受け取ることができます。「理学療法学科にしようか看護医療学科にしようか悩んでいる」人や「とりあえず畿央大学のいずれかの学科にいきたい」人などにはチャンスが倍になるわけです。3回の入試日程と3つの方式、2学科出願を上手に活用して、少しでも可能性の高い受験作戦をたててください。

 

さらに公募推薦入試は奨学生の選考を兼ねています。特別な申請が必要なわけではなく、合格者の成績上位10%程度を奨学生として認定し、合否発表の際にあわせて通知するものです。給付金額は年間430000円で、返還の必要はありません。さらに遠隔地の高校出身の受験生については、成績の上位20%程度を遠隔地出身学生支援特別奨学生として認定します。詳しくは募集要項をご覧ください。

 

公募推薦入試A・B日程の出願は今週金曜日が締切日です。余裕を持って出願をすませてくださいね。また C日程だけの出願は8日(金)が締切です。遅れないよう早急にご検討ください!

ブログトップへ