畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2019年12月26日 一覧

2019年12月26日(木)

一般入試前期日程・センター試験利用入試前期日程の出願が始まりました。年内の出願は少ないと思いますが、締切間際になってあわてることのないよう、余裕を持って出願することをお勧めします。郵送は来年でも構いませんが、ネット出願と書類の準備はできたら年内に済ませておきたいですね。

 

さて今日はセンター試験利用入試のススメ。センター試験利用入試はセンター試験の結果だけで判定しますから、個別の試験を受験する必要がありません。入試日程の重複を気にせずにすみますし、遠方の会場へ行くわずらわしさもありません。検定料も一般入試よりも安いので便利な入試方式と言えます。募集人員は少ないですが、実際の合格者数は2~5倍ぐらい出るのが普通。場合によっては10倍近くになることがありますから、募集人員はあまり気にしなくても良いでしょう。

 

前期は科目数も2~4科目まで用意されているので、国立系の方も私立専願の方にも受験しやすくなっています。また畿央大学の場合、同じ日程の一般入試を受験していればセンター試験利用入試3方式分は検定料(15,000円×3)が免除されますから、あわせて出願するのを忘れずに。ただし前期日程ではセンター試験の受験前に出願が締切られますので注意してくださいね。