畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

名誉学園長ブログ「ほほえみ」

2008年9月19日(金)

 
20080919学長.JPG                       

先日、桜井女子短期大学の教職員の集いが開かれました。桜井女子短期大学は畿央大学の前身であり、懐かしい方々との心なごむひとときを過ごすことができました。

 自宅から三輪山の中空高くのぼる秋の満月を仰ぎみる今宵。しみじみと生命の深い営みと、美しさにひとしおの感慨を覚えます。私たちはすべて、ふるさとの想い出を抱いています。そして、そこから生まれてきた人生の絆によって、今、結ばれて生きているのではないでしょうか。

 

 「誰か故郷を想わざる」の歌を思わず口ずさむような、よき秋の会合に、心より感謝したいと思います。

桜井女子短期大学教職員の集いの記事はこちら

2008年2月27日(水)

学長ブログ.jpg

 学長室の窓からはキャンパスを笑顔で語り合いながら行きかう学生たちの姿が見えます。私も仲間に入って話かけたいと思うこともよくあります。そこでこのブログを利用して、人や自然とのふれあいの中で感じることを語らせてもらうことにしました。これを目にするかたが微笑んで読んでくれることを楽しみにしながら。
  実業界において専門職に従事する世界的な女性の奉仕団体があります。その活動の一つに毎年日本の高校に留学している生徒を招待し、日本の食文化を体験して頂くことにしています。今年はフランス、アメリカ、オーストリアからの留学生を招待しました。メインテーブルについた私の横がフランスの女子生徒でした。日本語も通じるし、その明るく優しい表情にすっかり心が通じ、又日本の献立メニューも、全部お箸で上手に頂いていました。その後、席を座敷に移し会員達とお茶席でお茶を頂く時は、私の隣はアメリカの男子生徒でした。正座をして姿勢よく坐り、この人も実に穏やかな姿でした。私が「脚をくずしてよろしいよ」と話しても、「ハイ」と言ってそのままおとなしくお抹茶を頂き最後まで同席していました。
  たまたま新聞に、高校生の百人一首のカルタ会の写真が掲載されていました。女子高生がカルタの札を前に、全員あぐらをかいて坐っている光景に唖然とした朝でした。
  国際化が進む現在、日本人として、世界に文化水準の基本が問われ、情操の豊かさや人格形成を問われる時代であることを痛感します。
                                                           

畿央大学 学長 冬木 智子