畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

名誉学園長ブログ「ほほえみ」

2011年11月21日(月)

2011年10月23日(日)、畿央祭の2日目に合わせて、「桜井女子短期大学」の1972年卒業生の方の同窓会が、学生食堂の地下で開催されました。

卒業生61名のうち、参加されたのは12名。
残念ながら、同窓会補助の対象となる20名参加には及びませんでしたが、畿央大学の前身ともいえる「桜井女子短期大学」の大先輩方に新しくできたキャンパスに来ていただくことが出来ました。

桜井女子短期大学児童教育科卒業生の植田三代子さんにレポートをいただきました。 

1972卒同窓会.JPG
「やあ!○○ちゃん、懐かしいなあ」と歓喜の声が湧き上がりました。
40年ぶりの再会です。
学長先生を囲んでの同窓会は、あっという間に40年前にタイムスリップしました。
学長先生が「サミュエル・ウルマン」の詩の朗読しくださいました。それは『青春』の詩でした。還暦を迎えた私たちですがまだまだ青春が続いていることを再確認し合いました。
今、還暦を迎える私たちは、青春の第2ステージです。この第2ステージのお手本は、いつも若々しく知的で自己を磨きながら、自分の夢を追いかけ実現された学長先生です。
桜井女子短期大学で学べたこと、学長先生に出会えたこと、すばらしい仲間と出会い学べたことを誇りに思いながらの同窓会でした。
また、皆さんとの再会を楽しみにしています。

桜井女子短期大学児童教育科1972年卒業 植田三代子(旧姓:川畑)

 

2011年9月9日(金)

P1000468.JPG

平成23年9月8日(木)、冬木智子学長先生がお誕生日を迎えられました。一昨年に米寿を迎えられましたので、何回目のお誕日かはご想像下さい。

教職員を代表して、KIO会(畿央大学教職員の親睦会)幹事の大磯さんより学長先生への感謝の言葉をお伝えし、金内先生から誕生祝いのお花が贈呈されました。

P1000464.JPG

学長先生から、作家でありデザイナーの宇野千代さんがご存命中に、学長先生が東京の宇野さんに直接お電話をされた際の内容から、一言メッセージを頂きました。
「千代さんが『私は125歳まで生きますから』と言われた言葉に感銘を受けました。その言葉に込められた、『私はいつまでも長生きでありたい』という、千代さんのお気持ちが今とても共感できます。私自身も元気で美しく歳を重ねていきたいと願っております。」

「私は幸福を撒き散らす、花咲かばあさんになりたい。」という宇野千代さんの名言がありますが、学長先生におかれましても、いつまでもお元気で、畿央大学版、宇野千代さんでいらして頂きたいです。

P1000470.JPG

2011年7月4日(月)

2011(平成23)年8月28日(土)に開催される「第3回やまとフォーラム」。今年はシンガーソングライターで浄土真宗本願寺派・教恩寺住職、”歌う尼さん”やなせななさんによるコンサート&トークを予定しています。7月4日(月)、会場の事前下見と打ち合わせで来学されました。

冬木智子学長(左)と歓談するやなせななさん(右) DSC_0003.JPG

冬木学園の誕生から畿央大学ができるまでの沿革、やなせななさんが生まれ育った高取町にまつわる思い出話や、奈良、京都、浄土真宗までさまざまな話題に花が咲きました。学長との面談を終えて、やなせななさんは「教え子3人が学長先生を頼ってきた出発点から、今の畿央大学につながっているのはすごい」と感動されていました。会場の下見と打ち合わせ、当日の段取りも決まり、あとはフォーラム当日を迎えるだけです。

8月28日(日)「第3回やまとフォーラム ― 教育・文化・健康 ―」のご案内
http://www.kio.ac.jp/event/110828.html

2011年6月10日(金)

幼稚園1.JPG
6月9日、畿央大学付属幼稚園の園児70名が、園外保育で「大学見学」に来ました。
カワイイ園児たちの到着を学生スタッフ13名がお出迎え。

 

真っ先に、学長室にご挨拶に来てくれました。

 

幼稚園2.JPG
幼稚園では「園長先生」ですが、大学では「学長先生」なのです。
広くてきれいな学長室に入ると、いつもと同じ優しい園長先生が歓迎してくださいました。
この日はお休みした人がなかったので、園長先生にほめてもらいました。

 

学内を見学した後、小体育館でお弁当を食べ、学生スタッフによる手遊びやペプサートを楽しんでいました。
 幼稚園5.JPG
教育実習やインターンシップで付属幼稚園に行っていた学生は、懐かしい園児たちに「せんせい」と慕われて、とても嬉しそうでした。

2011年6月9日(木)

2011(H23)年6月9日、大学ヘルスチーム菜良の健康栄養学科学生10名がサークルKサンクスとコラボで開発・販売となった新商品を携えて学長室を訪れました。

畿央大学はデザートパン・菓子部門を担当し、“パンプキンパイ”と“パイシュー(ブルーベリージャム&レアチーズクリーム)”を開発しました。
6月6日(月)奈良県庁で荒井正吾知事を交えメディア各社を集め記者会見を行い、翌7日から7月4日までの約1か月間の限定発売となっています。
学生たちの創作した商品を手にされた冬木智子学長からは、
「いかにも美味しそうです。美味しくなければ人は買ってまで食べようとはしません。そして美味しく食べれば健康になります。健康栄養学科のみなさんが考えてくれたことを誇りに思います。」とお褒めの言葉をいただきました。

サークルKサンクス.jpg

【関連記事】

◆大学ヘルスチーム菜良がサークルKサンクスから新商品発売!
 http://www.kio.ac.jp/information/2011/06/k-2.html
◆ヘルスチーム”菜良”がサークルKサンクスと連携 vol.3
 http://www.kio.ac.jp/information/2010/11/kvol3.html
◆ヘルスチーム”菜良”がサークルKサンクスと連携 vol.2
  http://www.kio.ac.jp/information/2010/09/k-1.html
◆産学官連携ヘルスチーム”菜良”がサークルKサンクスと連携して製作開始!
 http://www.kio.ac.jp/information/2010/08/k.html