畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

名誉学園長ブログ「ほほえみ」

2010年12月14日(火)

小柴先生1.jpg

 

2010(平成22)年12月11日11時過ぎ、第3回FEPホール企画『小柴昌俊先生特別講演会』ご講演のため、宇宙ニュートリノ検出のパイオニア的貢献により2002年にノーベル物理学賞を受賞した東京大学特別栄誉教授小柴昌俊先生が畿央大学に来られました。冬木智子学長もこの日を待ち望んでおられ、すぐに学長室にお通しして話がはずみました。

 

小柴先生3.jpg

 

朝早くから東京杉並下井草のご自宅からお一人で畿央大学までお越しいただいたことに、学長が感謝の言葉を述べられました。学長からは60数年前に3人の教え子から始まった冬木学園、畿央大学の学部構成や最近の状況をお話し、また小柴先生からは幼少期はお父様が軍人で将校だったため転属によって日本各地を転々とされたことや今でも健康の秘訣は何でも食べることじゃないかな、といった尽きることない話が続きました。小柴先生は1926年のお生まれで今年84歳になられるのですが、学長が実は私の方が4歳お姉さんなんですよ、と言われると小柴先生はとても驚かれていました。

 

小柴先生.jpg

 

その後、健康栄養学科長北田善三教授にも同席していただき、ご歓談ののち、ご一緒にお食事をとられ、学長も小柴先生のご講演を最後まで聴講されました。
 

2010年11月18日(木)

橿原商工会議所とのコラボ「万葉人からの贈り物プロジェクト」で誕生した
本葛ボーロをご覧いただきました。

 

2010(平成22)年11月15日、今年2月から勉強会、見学会、試作会、学内コンペ、試食会、商品化会議を幾度も重ねてきて、ようやく商品化なり橿原の新しいお土産ものとなった本葛ボーロ”千の香り”のご披露のため、健康栄養学科北田学科長、浅野先生、学生代表が冬木智子学長を訪ね、今までの経緯や商品コンセプトを説明しました。

 

学長ぼうろ.jpg

 

学長は、「たいへん良いものをお創りいただき、ありがとうございました。先日の畿央祭のお茶席でも頂戴しており、その由来や商品名については覚えています。吉野特産の葛を使われたのは本学の学生ならではの、ほんとうに良いアイディアです。また、橿原の今井町のシンボルマークとKIOのロゴがよくマッチしたデザインの包装で、人間環境デザイン学科の学生の発想も素晴らしいものがあります。この商品を創られたのは4回生のみなさんと聞いています。こうして学生のみなさんが母校である畿央大学を盛りたてて、卒業していただけることは学長として嬉しいかぎりです。社会人となっても母校のことは忘れず、そして立派にご活躍されることを願っています。」とお話されました。

 

学長ぼうろ1.jpg

2010年10月25日(月)

2010(平成22)年10月23日9時30分、第8回畿央祭開会セレモニーが催され、冒頭に冬木智子学長がご挨拶されました。

 

今年の畿央祭のテーマは”ホーム(HOME)”、私たちはみな一人で生きているのではなく、お父さん、お母さんや家族の方々に支えられて生きています。勉学のため一日の大半を過ごすこの畿央大学においても先生方や先輩、友達に囲まれ、そして励まされ支えられています。開学8年目を迎える本学の歴史をつくってきた卒業生の方々、見守ってくださっている地域のみなさんを温かくお迎えできる畿央祭にしてください、とお話していただきました。

 

畿央祭学長.jpg

 

午前中は冬木記念ホールでの畿央大学付属幼稚園児たちによる合唱と和太鼓演奏を鑑賞され、園長として幼児たちの成長ぶりに拍手をおくられていました。

 

畿央祭学長6.jpg

 

畿央祭学長10.jpg

 

 

午後には「同窓会サロン」で、久しぶりに来ていただいた卒業生たちと語らい、まさに”HOME”な雰囲気の中、笑顔が絶えませんでした。

 

 

 

サロン向かいの「首・肩クイックマッサージ」では卒業生の西沼さんと並んでリフレッシュ!

 

 

 

 

 

 

そして、茶道部お茶席では北田健康栄養学科長とご一緒にお抹茶とお菓子をいただきました。

 

健康栄養学科が橿原商工会議所とコラボした”万葉人からの贈り物”コンテストで、茶道部の4回生が所属するグループがグランプリを受賞し、商品化された本葛ボーロ”千の香”が、今回のお茶席の主菓子として出されていました。学長は『夢をカタチに!』をよく実践してくれました、と称賛されていました。

 

畿央祭学長8.jpg

2010年9月15日(水)

 第3回 桜井女子短期大学教職員の集い -桜井女子短期大学教職員の里帰り-

 

 2010年9月12日(日曜日)に、橿原ロイヤルホテルにおいて桜井女子短期大学教職員の集い(第3回)が開催されました。
桜井女子短期大学は、1966年に開設され、7,429名もの卒業生を輩出してきました。2003年には、畿央大学へと改組転換され、畿央大学短期大学部へと名称変更がなされました。そして、2006年に、畿央大学教育学部へと発展的に解消を遂げました。桜井女子短期大学という校名はなくなりましたが、教育学部のなかにその精神は引き継がれ、存続しております。

 conv0002.JPG

 

 元管理厚生課長であった石若宗男先生の幹事代表挨拶からこの集いは始まりました。

岩城啓子先生の司会によって集いは順調に進行しました。

 

 

 

 

 

conv0003.JPG その後に、冬木智子理事長からご挨拶がなされ、懐かしく馴染みの皆様方に集まってもらえて、感動されたことが語られ、皆様方が心を一つにして尽力してくれたことでいまの学園があるとも語られました。また、広陵町の造成地を岡井豊治先生とはじめて見に来た時に、二上山を臨める場所でもあったので、「大学を創る地はここである」と購入を即決したこともお話になられました。さらに、「幸せ」というものは、人と人との出会いのなかで生じるものであり、人と人とが触れ合うその絆のなかにある、とも語られました。

 

 

 

その後、各テーブルでの歓談に移りました。

桜井女子短期大学の思い出などを旧教職員たちどうしで歓談いたしました。岡井豊治先生の叙勲の証書と勲章のご披露もありました。

 

 

 

 

conv0005.JPG

 

最後に、この集いを閉めるにあたって、冬木美智子事務局長からご挨拶がなされました。畿央大学の突出した就職率、そして教職採用試験での並はずれて高い合格率等が紹介されました。ますますの発展を遂げているこの状況は、桜井女子短期大学という礎があってこそである、とのことが語られました。

 

この桜井女子短期大学教職員の集いは、これからも折に触れて活動を続けるということで幹事を選出し、万歳三唱を最後に閉会いたしました。
集いに参加された方々のご健康とご活躍をお祈りし、そして冬木学園のさらなる発展と繁栄を願っております。

 

conv0007.JPG

 

2010年6月21日(月)

6月17日、奈良県桜井市役所で行われた桜井市地域包括センター主催の健康教室で冬木智子学長が桜井市在中の65歳以上の高齢者とそのご家族113名を対象に「生きる」~いつまでも美しく楽しく過ごすには~というテーマで、講演されました。

 

桜井健康教室.JPG

 

幼小の頃、自宅近くの山の辺の道から見た茜色から薄墨色に変化していく西の空と二上山。いつかあの美しい国に行ってみたいという憧れから八十有余年。
3人の教え子が訪問がきっかけで自宅を開放することとなり、冬木文化服装学院が誕生してから畿央大学を開設された、現在に至るまでの一貫したゆるがない教育理念をお話されました。

 

桜井健康教室1.JPG

 
 

参加者の中には冬木文化服装学院の卒業生もおられ、久々の再会に感動されていました。

 

「徳をのばす」「知をみがく」「美をつくる」という学園建学の精神のもと、学長が今も持ち続けておられる憧れは参加された方々に生きる夢を与えたことでしょう。