畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

看護医療学科

2019年8月27日(火)

看護医療学科ではオーストラリアビクトリア州のメルボルンで「海外インターンシップ」を行っています。今年度で4回目の研修になりますが、2018年8月24日(土)から31日(土)の日程で、2回生8名が参加しています。現地の大学の講義に参加したり、高齢者施設を見学したり、オーストラリアの緩和ケアや認知症ケアなどについて学ぶことを目的にしています。また、看護分野のグローバル化に対応するためのコミュニケーションスキルを身に付けることも目的の一つです。

 

3日目:8月26日(月)

今日はBlue Cross Livingstone GardensBeacon Street Children’s Centre)の施設を見学する予定だったのですが、施設でインフルエンザが流行してしまい、急遽、施設見学からフィールドワークに変更になりました!!

 

hrhy45rh4grtd

▲パッフィンビリー鉄道の機関車

 

各グループでいろいろな場所を巡り、メルボルン動物園に行く人もいましたが、私はパッフィンビリー鉄道に乗りに行きました。(パッフィンビリー鉄道は知らない人も多いかもしれませんが、蒸気機関車に乗ることができる郊外の鉄道です!)

 

看護医療学科 海外インターンシップvol.2 2-1

▲メルボルン動物園

 

この2つ以外にも行った場所はあるのですが、今回はこの2つのスポットについて書かせていただきます。

 

パッフィンビリー鉄道では、写真のような橋の上を渡ったりもしました。メルボルンの気候は日本とは真逆の冬なので、今は肌寒いのですが、森の中は特に寒くて、日本の真冬のようでした。最後に機関車の運転手と記念撮影をする機会もあり、メルボルン郊外の景色も楽しみました。

 

gvtれhbんrtんrtydf

▲橋を渡り森の中に入っていく機関車

 

メルボルン動物園では、キリンやゾウ、シマウマもいました!日本の動物園とあまり変わらない部分も多くありましたが、違いと言えば…動物たちは人間と目が合ったら、すぐに逃げて行ってしまいました(日本の動物園の動物のように人間に馴れていない気がしました)。

 

collage

 

あっ!オーストラリアといえば…、コアラとカンガルー!!

残念ながら、カンガルーはいませんでした(なぜだかわかりませんが)。

ですが、コアラはもちろんいましたよ!ただ、コアラはユーカリの木に登っていて、写真を撮ろうにも、どこにいるのか探さないと見つからなかったです。

 

えtgrthんrhytjhん4えrtd

▲木の中にようやく見つけたコアラ

 

現地時間18時からは市立図書館のグループスタディルームを借りてカンファレンスを行いました。各自、今日の目標は何だったのか、どこに行き、何を学んだのかを発表し、学びを整理しました。「積極的に会話を試みたり、メルボルンの街並みに親しんだりできました」という振り返りもありました。声をかけると愛想のよい対応が返ってきたり、道に迷ったときに道案内をしてもらったりしたことから、他者に対する優しさを感じることができました。そして、自ら積極的に英語でコミュニケーションを図ることの目標は、道に迷ったときや電車のホームを確認したりする際に訪ねるなど、全員が達成できていました。

 

このカンファレンスでは、学んだことだけではなく、明後日にLa Trobe大学で発表するプレゼンテーションの最終確認も行いました。そして、明日の学習目標の確認や学内で学習した世代間交流の意義などの復習を行い終了しました。

明日はいよいよ施設見学です。学内での準備を有効に活用し、積極的に知りたいことを質問していきたいです。

 

jつj56えj465tyj

▲カンファレンスの様子

 

看護医療学科2回生 小山美咲

 

【関連記事】

看護医療学科 海外インターンシップ2019 in オーストラリア 現地レポートvol.1

2019年8月26日(月)

昨年に続いて、看護医療学科ではオーストラリアビクトリア州のメルボルンで「海外インターンシップ」を行っています。今年度で4回目の研修になりますが、2018年8月24日(土)から31日(土)の日程で、2回生8名が参加しています。大学の講義に参加したり、高齢者施設を見学したり、オーストラリアの緩和ケアや認知症ケアなどについて学ぶことを目的にしています。また、グローバル化に対応するためのコミュニケーションスキルを身に付けることも目的の一つです。

 

1日目:8月24日(土)

看護医療学科の海外インターンシップin Australiaが、今日から始まりました!!

 

看護医療学科 海外インターンシップ1-1

 

18時の関西国際空港発の飛行機に乗り、21時に香港国際空港に到着しました。

乗り換えまでの時間が長かったため、みんな買い物や軽く食事を済ませて休憩していました。

 

飛行機の中では機内食で夕食を済ませました!

チキンやビーフのどちらかを選ぶことができ、飲み物の種類もたくさんありました!

映画を観ることや音楽を聴くこともでき、充実した時間を機内で過ごせてよかったです!

 

看護医療学科 海外インターンシップ2-1

▲野菜中心の機内食

 

2日目:8月25日(日)

11時にメルボルン国際空港に到着し、バスで《スタンフォードプラザメルボルン》のホテルまで30~40分程度かけて、街並みを楽しみながら移動しました!

 

看護医療学科 海外インターンシップ3-1-down

 

ホテルに到着して、チェックインまで時間があったためメルボルン市内の中心区域を無料で走るトラム(路面電車)に乗ってフリンダース・ストリート駅まで行き、Mykiというメルボルンのすべての公共交通機関に使えるカード(日本のICOCAのようなもの)にお金をチャージしに行きました。

 

看護医療学科 海外インターンシップ5-1

▲フリンダース・ストリート駅の外観

 

再度ホテルへ戻り、チェックイン終了後各自で自由行動の時間としてスーパーやコンビニエンスストアに行ったりして、日本に置いているものとの違いなどを見ました。また、雑貨屋や服屋の散策も行いました!

 

看護医療学科 海外インターンシップ6-1

▲宿泊しているホテル

 

看護医療学科 海外インターンシップ7-1

▲スーパーの野菜売り場

 

看護医療学科 海外インターンシップ8-1

▲クラッシックな建築物

 

インターンシップ2日目にしてとても充実した時間を過ごすことができてよかったです!

 

看護医療学科2回生 京川瑞生 

 

●過去の看護医療学科の海外インターンシップの記事はコチラから

2019年8月19日(月)

令和元年8月18日(日)、新生児蘇生法(NCPR)専門Bコースの講習会を開催しました。

看護医療学科の学生を対象にしたこのNCPR一次コースは、今回で5回目の開催となります。

 

bvれfdvげr

 

「すべての分娩に新生児蘇生法を習得した医療スタッフが新生児の担当者として立ち会うことができる体制」の確立をめざし、日本周産期・新生児医学会では、2007年から新生児蘇生法(NCPR)普及事業をスタートしました。

 

今回、私たちが開催した一次コースは、看護学生等を対象にした一次コースというもので、出生時に胎外呼吸循環が順調に移行できない新生児に対して、いかにして心肺蘇生法を行うべきかを学ぶことを目的としたものです。この講習会受講後に試験を受けて合格すると、所定の手続きを経て「新生児蘇生法修了認定」の資格を得ることができます。本講習会によって、標準的な新生児蘇生法の理論と技術に習熟することにより、児の救命と重篤な障害の回避が期待されます。内容は、「臨床知識編」「実技編」で構成される「基本的な新生児蘇生法の習得」を目的とした講義と実践です。

 

講習会は、小児外科の小角卓也先生と看護医療学科講師の鷲尾弘枝がインストラクターとして講義を行いました。

新生児蘇生法(NCPR)専門コース(Bコース)の講習会2-1

 

朝9時30分から、助産専攻科の実習室で、講義の前にまずプレテストからスタートです。

2回生なので、基礎知識も十分ではないため、プレテストを前にみんな少しパニック気味です!

 

▼プレテスト前の様子

ぷれ

 

そのあと、いよいよ講習会開始です。

私がスライドを使用した講義を45分くらい行ったあと、必要な物品の説明をしました。

 

verfvervrevwre

 

 

そして、実際のケース事例をもとに3名ずつの学生でシナリオによる実践練習をしていきます。事例演習では、「2015年版 NCPR アルゴリズム」を基本として、最初は60秒、そして、その後は30秒ごとに評価し、蘇生を行います。

ntyn ytngrytnb yrn bry

 

みんな、知識・技術を身につけようと、小角先生の説明に真剣そのもので聞き入っています。

そして、最後は本番の試験です。

 

▼試験直前の様子

新生児蘇生法(NCPR)専門コース(Bコース)の講習会10-1

 

<講習会後の学生の感想>

・先生から優しくわかりやすく教えていただき、楽しく新しい知識を得ることができました。

・実技を通して、緊張感を持ちながら楽しく知識や技術を身につけることができました。

・先生2人が優しく、楽しく学び知識を身につけることができました。

・新しい知識を身に着けることができて、楽しかったです。

・実技では難しかったけど、みんなで協力することでだんだん上手になりました。

・シミュレーションを用いての学びは、とても分かりやすかったです。

 

新生児蘇生法(NCPR)専門コース(Bコース)の講習会11-1

 

みんな頑張ったね。参加してくれた2回生18名が全員試験に合格してくれていることを心から祈っています。本当にお疲れ様でした!

 

看護医療学科 講師 鷲尾弘枝

 

【関連記事】

平成30年度 新生児蘇生法(NCPR)一次コースの講習会を受講!~看護医療学科

新生児蘇生法(NCPR)講習会を受講!~看護医療学科

新生児蘇生法(NCPR)一次コース講習会を開催!~看護医療学科

2019年8月6日(火)

2019年7月23日(火)から26日(金)にかけてスウェーデンのストックホルムで開催されたThe 20th Biennial School Nurse International Conferenceに参加発表してきました。

 

廣金先生学会1-2

 

本学会は、学校を場として子どもたちの健康を支援している世界のスクールナースや研究者が参加し、研究報告はもちろんのこと、活動報告もおこなわれる隔年開催の学会です。

WHO子どもと思春期の健康部門の方の講演では、最新のデータを基に世界の子どもたちの健康の現状の報告があり、WHOがSchool Healthを強化していることをお話しくださいました。開催国のスウェーデンでは、学校にスクールナースの他、スクールカウンセラー、スクールサイコロジストなどが常駐しており、こころの問題などを抱えた子どもたちの癒しのためにセラピードックが飼われているとのこと!病院などの治療場面以外にもセラピードックが活躍していることを初めて知り、感動しました。

 

廣金先生学会2-1

 

大会2日目に演題“Basic nursing education aimed at developing practical nursing competency in support of school children in need of medical care.” のポスター発表を行いました。特別支援学校で医療的ケアを行うスクールナースの教育ニーズを調査したものです。参加者の方からは、重要なテーマだと言っていただけ、今後の研究の励みになりました。

 

廣金先生学会3-1

 

今大会では2021年7月の次期開催国の審議があり、複数の候補からなんと日本が選ばれました。“Japan!”と発表されたとき会場では大きな歓声があがり、東京オリンピック発表のロゲ会長の“Tokyo!”のときを彷彿とさせる歓喜に包まれました。

 

廣金先生学会4-1

 

翌日、次期大会長の弘前大学名誉教授面澤和子先生のプレゼンテーションがあり、私もI LOVE JAPANのTシャツを着て、日本から参加した研究者や養護教諭、インターナショナルスクールのスクールナースの方々と日本の旗を振って歓声に応え、貴重な経験ができました。

2年後に向けて、また頑張っていきたいと思います。

 

看護医療学科 准教授 廣金和枝

2019年8月6日(火)

令和元年7月4日(木)に外部講師の江口美智子先生をお招きし、「側方介助と肩甲難産時の分娩介助」を教わりました。江口先生は、大阪の産婦人科病院の師長をされており、経験された分娩介助件数は2500件以上にのぼります。今回は、江口先生のキャリアの中で工夫されてきた分娩介助の方法を教えていただきました。

 

熟練助産師から「側方介助と肩甲難産時の分娩介助」について学ぶ1-1-tile

 

私たちは分娩介助を始めたばかりで、応用のイメージがまだついていませんでした。児と産婦の安全を一番に考え、介助の手技1つ1つに根拠を持つことが大切であるとわかりました。また、安全・安楽に分娩介助をするためには、腰を十分に落として手に力がかかるように考えていく必要があると学びました。

 

熟練助産師から「側方介助と肩甲難産時の分娩介助」について学ぶ5-1-tile

 

演習の中で、産婦さんが努責や呼吸法をコントロールできない際の分娩介助を行いました。最初は、私たちの今の力では児の娩出をコントロールできず、出てくるスピードに驚きました。児の娩出をコントロールするためには、両手の調和を考え、児を安全に娩出することが大切であると学びました。

 

熟練助産師から「側方介助と肩甲難産時の分娩介助」について学ぶ9-1

 

私たちはまだ分娩介助の練習が始まった段階であり、イメージがつきにくかった部分もありましたが、今回の演習を受けて基礎的な技術を身に付け、応用にも臨機応変に対応できるように日々練習を積み重ね、安全で安楽な分娩介助ができるように頑張っていきたいと思います。

 

 

最後になりましたが、江口先生、臨床から参加いただきました木内助産師、安住助産師、ご指導いただきありがとうございました。

 

 

助産学専攻科8期生 田中魅紅・谷田佳世

 

【関連記事】

外部講師に学ぶ分娩介助「安産にむけての準備とケア」~助産学専攻科

「周産期災害演習」を実施!~助産学専攻科

熟練助産師による分娩介助の特別講演!~助産学専攻科

フリースタイル分娩を学びました!~助産学専攻科