畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

看護医療学科

2008年6月11日(水)

 

20080613-1.JPG

 

看護医療学科では、3年後に開始する「離島・へき地体験実習」(4年次前期)の準備を既に始めています!

 

この実習は、過疎、交通遠隔地、医療・福祉格差などの困難を抱えながら、豊かな自然・文化・コミュニティーの中で生活が営まれている「離島・へき地」を実習地としています。学生達は現地で生活する人々とふれ合い、その生活を体験するなかから、「人と環境」、「人と暮らし」を見つめるのです。そこから地域における医療・保健・福祉の現状と可能性や看護職の役割を考える事を目的とした地域密着型体験実習なのです。

 

同実習担当教員は電車を乗り換え、船に乗り、バイクに乗り・・・良い実習にするぞ~と日夜駆け回っています。また、基礎・成人・母子・老年・精神・地域、それぞれの担当教員達もよりよい実習に向けて頭を捻り、準備を着々と進めています。

乞うご期待!

20080613-2.JPG

 
 


  

 

2008年6月10日(火)

kango.jpg

今年一期生を迎えた看護医療学科では、実習室の整備も一段落し、学生達が看護技術演習に取り組んでいます。

 

この演習では、看護の対象であるひとを理解するための多様な視点および看護援助の基盤となるケアの考え方や、あらゆる看護場面に共通する看護の専門的技術について学びます。

また、技術演習においては、グループワークや討議法などによって、技術の根拠を考えたり、お互いに行った技術の振り返りをして、学生同士の学びを共有しています。最初はぎこちなかった学生達の白衣姿も様になってまいりました。授業の空き時間にも一生懸命自己学習している姿が見られます。

 

頑張れ!看護一期生!

2008年4月3日(木)

看護医療学科の開設に合わせて、新しい校舎が誕生しました!
その名は、「K棟」。
ズバリ由来は、「看護」→「KANGO」→「K棟」です(笑)

 

ブログ20080402.jpg

4月からそれぞれの校舎の名称も変更することになりました。
▼第一講義棟 ⇒ 「L棟」
▼第二講義棟 ⇒ 「E棟」
▼第一実習棟 ⇒ 「C棟」
▼第二実習棟 ⇒ 「D棟」
…などなど。英語の意味については、いろいろ想像を巡らせてみて下さい☆

6年目の畿央大学は「キャンパスがキレイ!」とよく言われますが、
K棟は正真正銘、ピッカピカです。

新たな学科と新たな校舎を加えて、新しい畿央大学がスタートします!