畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

健康栄養学科

2019年3月6日(水)

2019年2月16日(土)から3月7日(木)にかけて、1・2回生あわせて17名の畿央生がカナダのヴィクトリアでの短期語学留学プログラムに参加しています。2週間にわたりホームステイをしながら語学学校で過ごしたあと、3日間バンクーバーを観光して帰国する予定です。参加学生からのレポート、第13弾をお届けします!

 

こんにちは!健康栄養学科1回生の三宅麻奈夏です。2週間のヴィクトリアでの生活が終わり、3泊4日のバンクーバーでの生活の始まりです。

まず、ホストファミリーとお別れをして、フェリーでバンクーバーへ。行きに乗ったフェリーとは違い、フェリーの中にファストフード店があったり、服を売ってたりもしました。4日間は本当にフリータイムで、自分たちのやりたい事を存分にできるのでとてもワクワク。友だちの三好さんもとっても嬉しそう!

 

現地リポートvol.13 1-1

 

下は、初日にホテルの周辺を散策した時の写真です。ここは広場みたいになっていて、ギターを弾いて歌っている人の周りに人が集まって一緒に歌っていました。夜の暗さに明かりが照らされていて綺麗でした。日本ではない初めて見るものがたくさんでとても新鮮です。でも、ヴィクトリアとは雰囲気が違って、バンクーバーの夜は少し怖かったです。

 

現地リポートvol.13 2-1

 

2日目は、夕日を見に、海まで行きました。この極寒の中、海に入っているおじいさんもいて、見ている方が寒かったです。やっぱり海は偉大です。何歳になっても、はしゃげます。カナダに来て楽しいことばかりで、あと少しで帰国となるのが惜しいです。残りの2日間も目一杯楽しみたいと思います!

 

現地リポートvol.13 3-1

 

健康栄養学科1回生 三宅麻奈夏

 

【関連記事】

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.12~Pink Shirt Day!

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.11~授業レポート!その2

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.10~授業レポート!

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.9~ホームステイレポート!その3

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.8~ホームステイレポート!その2

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.7~ホームステイ&放課後レポート!

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.6~ホームステイレポート!

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.5~ホームステイ編!その2

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.4~ホームステイ編!

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.3~出発編!その3

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.2~出発編!その2

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.1~出発編!

2019年3月4日(月)

2019年2月19日(火)~22日(金)まで、長野県北安曇郡白馬村の白馬五竜スキー場にて、「スポーツ実習B・Ⅱ」が開講されていました。受講する1回生116名、助力(2・3回生)24名、教員12名あわせて152名が参加しました。実習4日目の様子を学生目線でお届けします!!

 

4日目:2/22(金)

 

冬のスポーツ実習2019(in 白馬村)レポート vol.4 1-1

 

実習最終日がやってきました!

この日は実習で一番天気が良くきれいな景色を見納めることができました。

インストラクターの方に丁寧に教えてもらったおかげで私たちはリフトの乗り降りも緊張していた初日とは比べ物にならないぐらい上手にできるようになり、スキーやスノーボードを滑れるようになりました!

 

冬のスポーツ実習2019(in 白馬村)レポート vol.4 2-1

 

白馬五竜スキー場での最後のお昼ご飯を食べ、レンタルしていたスキーやスノーボードの板や小物を返し、宿に戻り帰りの準備をしました。

この4日間、お世話になったご主人や女将さんに全員でお礼の気持ちを伝え、バスに乗り込みました。ご主人や女将さんは、バスが出てもずっと私たちに手を振ってくれていました。旅館でのご飯は本当においしくて全員残さず食べていました。本当にありがとうございました

 

次の目的地に向かっている途中できれいな景色を見ました。

 

冬のスポーツ実習2019(in 白馬村)レポート vol.4 3-1

 

バスに乗っていた人みんながこの景色を携帯に収めました。大学の近くでは見ることができない景色に私たちは見とれていました。

 

スイス村に到着!

お土産を買ったり食べ物を食べたりしました。

私たちはいちごのソフトクリームを食べました!おいしかったです。

 

冬のスポーツ実習2019(in 白馬村)レポート vol.4 4-1

 

このスイス村の次の休憩場所はもう長野県ではないので、私たちは最後に長野のおいしい空気を吸いこんで帰りました。

 

冬のスポーツ実習2019(in 白馬村)レポート vol.4 5-1

 

スポーツ実習では学部関係なくたくさんの友達ができます。そして実習を通してとても仲良しになれます。サークル以外でこんなに他学部と触れ合う機会は少ないと思います。

また、こんなにも学べて楽しかったのはインストラクターのみなさん、旅館のご主人や女将さん、スキー場の方々、バスガイドさんや運転手さん、助力の先輩方、先生方のおかげです。

 

冬のスポーツ実習2019(in 白馬村)レポート vol.4 6-1-down

 

とても貴重な経験ができました。4日間ありがとうございました!!

 

現代教育学科1回生 谷田沙有加、谷口由唯、谷野仁美

健康栄養学科1回生 三角遥菜

 

【関連記事】

冬のスポーツ実習2019(in 白馬村)レポート vol.3

冬のスポーツ実習2019(in 白馬村)レポート vol.2

冬のスポーツ実習2019(in 白馬村)レポート vol.1

2019年3月4日(月)

2019年2月16日(土)から3月7日(木)にかけて、1・2回生あわせて17名の畿央生がカナダのヴィクトリアでの短期語学留学プログラムに参加しています。2週間にわたりホームステイをしながら語学学校で過ごしたあと、3日間バンクーバーを観光して帰国する予定です。

参加学生からのレポート、第10弾をお届けします!

 

こんにちは!健康栄養学科1回生の西沙耶香です。

カナダでの留学生活が始まり、2週間が経ちました。初めての経験の日々ですが、不安・緊張の連続だった1週目が終わり、2週目はホームステイ・バス通学・学校生活にも慣れてきて、楽しく過ごしています。

 

今週私のクラスではプレゼンテーションが行われました。与えられた熟語について正しい答え、誤った答えを書き、どちらが正しいかを尋ね、例文をあげるというものでした。英語での発表は緊張しましたが、自分も学べて良い経験でした。授業を受けていて、(文法も重要ですが)世界の人々と話すには正しい発音と積極的に会話をすることが何よりも重要だと感じました。

 

現地リポートvol.10~授業1-1

 

放課後にはヴィクトリアの街を散策しました。2週目には、ソフトクリームをチョコレートに入れて固まらせたアイスクリーム屋さん「CHOCOLATS FAVORIS」、チャイナタウンの「BubbleTea」、ケーキ屋さん、お寿司屋さん「AZUMASUSHI」などに行き、とても充実した日々を過ごしました。

 

現地リポートvol.10~授業2-1

 

しかし、金曜日には「Global village Victoria校」を卒業です。最初は緊張をしたり、慌てたりとあまり話せなかったのですが、クラスメイトと毎日話すことで最初より話したり、聞き取ることができるようになり、会話をすることが楽しくなりました。また、国籍・年齢を問わず仲良くなれたので卒業がとても寂しいです。国籍が違っても、英語を共通語にすると会話できるので、もっと英語を学んで様々な国の人々と流暢に話せるようになりたいと思いました。

 

現地リポートvol.10~授業3-1

 

また、金曜日は学校でのお別れでもあり、2週間お世話になったホストファミリーともお別れです。

ホストファミリーは美味しいご飯を食べさせてくれたり、休日や夕食後にボーリングや買い物、教会などに連れて行ってくれたり、聞き取れなかったら分かりやすいように言い換えてくれたりしました。ホストファミリーのおかげで学べたこともたくさんあるので、感謝の気持ちでいっぱいです。学校でもホームステイでも素敵な出会いができて、あっという間の2週間でしたが、とても濃い時間を過ごせました。

 

バンクーバーに移動して、残りの留学生活も楽しみながら学んでいきたいと思います。

 

健康栄養学科1回生 西沙耶香

 

【関連記事】

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.9~ホームステイレポート!その3

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.8~ホームステイレポート!その2

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.7~ホームステイ&放課後レポート!

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.6~ホームステイレポート!

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.5~ホームステイ編!その2

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.4~ホームステイ編!

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.3~出発編!その3

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.2~出発編!その2

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.1~出発編!

2019年3月1日(金)

健康栄養学科の学生プロデュースによる料理教室

今回のメニューは、「大和いっぱい豆乳シチュー」

 

畿央大学は奈良県中央卸売市場と連携して6年目になります。今年度は、8月10月に引き続いて3回目となる料理教室を平成31年2月23日(土)に開催しました。今回は参加希望者が50名にものぼったため抽選となり、15名の方が当選し参加されました。中には、親子で参加されている方もおられ、和気あいあいとした雰囲気の料理教室となりました。

 

IMG_5907-vert

 

はじめに、今回の食材を提供していただきました株式会社ならにっか常務取締役である西川尚之氏からご挨拶と大和野菜についての説明がありました。続いて、畿央大学健康栄養学科の教員(指導教員:玉井先生、上西梢先生)と2回生5名が「大和いっぱい豆乳シチュー」の調理方法について説明・実演を行いました。その後、3つの班に分かれそれぞれの班でシチューを調理しました。

 

ならいちばのキッチン・第11回料理教室4-1-side

 

お鍋ではなくフライパンで調理しましたが、背の低いこども達には調理面が見やすく調理できたようです。調理中は「玉ねぎは私が入れる」とこども達の元気のいい声が飛び交っていました。学生たちは調理の進行を確認しつつ、しっかりと説明&アドバイスを行いました。参加者からは「外は寒いけれど、温まる美味しいシチューでした」「次回の実施はいつですか?」との声をいただきました。

 

ならいちばのキッチン・第11回料理教室6-1

 

奈良県中央卸売市場(最寄駅:近鉄橿原線筒井駅徒歩10分)は毎月最終土曜日に食祭市を実施しています。食祭市は8時半~12時に一般の方を対象に開催されています。毎回「当日の目玉商品」が設定され、良いモノをお安くお買い求めいただけます。また、食に関するさまざまなイベントが楽しめますので、是非みなさんもお越しになってください。

 

奈良県中央卸売市場HPはこちら

 

~本学健康栄養学科の取り組み~

ヘルスチーム菜良

COOKPAD

 

【過去の記事】

ならいちばのキッチン・第10回料理教室

ならいちばのキッチン・第9回料理教室

ならいちばのキッチン・第8回料理教室

ならいちばのキッチン・第7回料理教室

ならいちばのキッチン・第6回料理教室

ならいちばのキッチン・第5回料理教室

ならいちばのキッチン・第4回料理教室

ならいちばのキッチン・第3回料理教室

ならいちばのキッチン・第2回料理教室

ならいちばのキッチン・第1回料理教室

2019年2月25日(月)

2019年2月16日(土)から3月7日(木)にかけて、1・2回生あわせて17名の畿央生がカナダのヴィクトリアでの短期語学留学プログラムに参加しています。2週間にわたりホームステイをしながら語学学校で過ごしたあと、3日間バンクーバーを観光して帰国する予定です。

参加学生からのレポート、第7弾をお届けします!

 

健康栄養学科1回生の山越です。ヴィクトリアに着いて3日間の充実した休日を終えた後、学校が始まりました。

3日間英語を話すこと聞き取ることに精一杯だったので、「日本の友達と日本語でたくさん話せる!」とワクワクしていました。けれど学校に行くと母国語を話してはいけない、“English only”というルールがあり初日から大パニック。

授業もすべて英語で行われているため、聞き取ることに精一杯でした。初日の授業は午後だけだったのですが、とても疲れたので放課後に友達とカフェしたりと、ゆったりとした時間を過ごしました。また通学している道がとてもきれいなので、初日からたくさんヴィクトリアの街中をカメラに収めました。

 

短期語学留学vol.8 1-1

 

English onlyにも少しずつ慣れ、英語を使って様々な国から来ている生徒と話すことが楽しくなりました。心にも余裕ができ、木曜日に初めて放課後のアクティビティとしてカーリングをしました。初めてするスポーツでとても難しく、こけてばかりでしたが、ゲームをしているうちにどんどん楽しくなって、知らない間に国籍関係なく盛り上がり、とても楽しい放課後になりました。

 

短期語学留学vol.8 2-1

 

学校ではまだまだ英語を聞き取れないことや自分の意見をうまく伝えることができないこと、授業でつまずくことはたくさんありますが、質問をしたらわかりやすく説明してくれる先生や、困っていたら簡単な英語になおして伝えてくれる生徒がたくさんいて、とても楽しいです。学校に通い始めたことで少しずつですが英語を話すことに自信がつき、ホストファミリーと今日あった出来事や明日の予定など積極的に話すことができるようになりました。また放課後に友達とヴィクトリアの街を散策したり、ホームパーティーをしたりととても充実した1週間を過ごせています。

マクドナルドで注文をするのに15分かかったり、タピオカのお店で店員さんの言っていることがわからずタピオカ入りが飲みたかったのにタピオカが入っていなかったり、お金の種類が未だにわからず買い物がスムーズにできなかったりとまだまだ難しいことはたくさんありますが、残り1週間のヴィクトリアでの生活を楽しみたいです。

 

短期語学留学vol.8 3-1

 

健康栄養学科1回生 山越悠衣 

 

 

【関連記事】

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.6~ホームステイレポート!

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.5~ホームステイ編!その2

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.4~ホームステイ編!

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.3~出発編!その3

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.2~出発編!その2

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.1~出発編!