畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

人間環境デザイン学科

2018年10月26日(金)

人間環境デザイン学科の加藤ゼミです。

すっかりお馴染みになりました畿央祭(学園祭)での茶室展示は今年で8年目を迎えることができました。ここ数年は2つの茶室を加藤プロジェクトゼミで制作しています。学生主導で、発想から制作まで総勢22名によって進められました。

 

今年は「角々庵(かくかくあん)」とネーミングされ、三角と四角の幾何学デザインとなっています。

 

畿央祭・ウェルカムキャンパス企画展示「角々庵」~人間環境デザイン学科1-1

 

今年度の2つの作品はディティールをしっかりと考えたため、完成度が高いものとなりました。

 

▼四角の茶室 制作メンバー

畿央祭・ウェルカムキャンパス企画展示「角々庵」~人間環境デザイン学科2-2

 

▼作品写真

畿央祭・ウェルカムキャンパス企画展示「角々庵」~人間環境デザイン学科3-1

 

【四角庵メンバーのコメント】

「ねじる構造」は、1分の1スケールの難しさから構造的に保てるのか、段ボールの部材同士をどうくっつけるのか、実際に組み立ててみないとわからない点が多くありました。頭の中のイメージだけでは実現することが難しく、完成できるか不安でしたが、チームの皆に助けてもらいながら作り上げることができて良かったです。

(四角庵リーダー)人間環境デザイン学科3回生 青木紗耶

 

この茶室を作るにあたって、一番の課題は強度でした。材料は全て段ボールでしたので荷重に耐えられず、その対策が難しかったです。皆で、継ぎ目に部材を入れる等の意見を出して改良し、なんとか2日間維持できました。全員の知恵と協力があって茶室が完成して嬉しかったです。

人間環境デザイン学科3回生 丸山瑞季

 

 

 

 

▼三角の茶室 制作メンバー

畿央祭・ウェルカムキャンパス企画展示「角々庵」~人間環境デザイン学科4-2

 

▼作品写真

畿央祭・ウェルカムキャンパス企画展示「角々庵」~人間環境デザイン学科5-1

 

【三角庵メンバーのコメント】

華やかな組子のデザインに目がいきがちですが、この茶室の正八面体の構造を製作するのに一番苦労しました。頂点をつなぐ角材の角度が複雑で、何度も計算しなおし、かつ模型で試しながら完成させました。プロゼミでの原寸大のものづくりを通して普段授業で取り扱う1/50や1/100模型とは異なる発見がたくさんあり、より多様な視点で今後の課題に取り組んでいけるのではないかと感じています。完成した茶室を見てたくさんの方々から温かいお言葉をいただきました。ありがとうございました。

(三角庵リーダー)人間環境デザイン学科3回生 森本美里

 

 

子ども達も自由に入れるようになっているため、今年も一部破損するなどアクシデントがありましたが、各リーダーが献身的に補修して事なきを得ました。

 

畿央祭・ウェルカムキャンパス企画展示「角々庵」~人間環境デザイン学科6-1

 

人間環境デザイン学科准教授 加藤信喜

 

【過去の茶室記事】

2011年 浮游庵 fu-you-an(浮く茶室)

2012年 PET庵(ペットボトル茶室)

2013年 「段庵」(ダンボール茶室)

2014年 「蹴鞠庵」(サッカーボール型茶室)

2015年 「ゲル庵」(モンゴル移住民の移動式住居)

2016年 「紙庵」(トイレットペーパーと古新聞の茶室)

2017年 「紐庵」(紅白の毛糸と木材を組み合わせたの茶室)

2018年9月13日(木)

畿央大学の短期語学留学プログラムは、毎年夏休み期間中に行われます。英語学習はもちろんのこと、英国文化に触れることができ、博物館見学や美術館での美術鑑賞、サッカー観戦、コンサートなど課外アクティビティを自分で計画して、イギリスでの生活を満喫することもできます。

【畿央大学夏期短期語学留学プログラム2018概要】

場  所:イギリスのカンタベリー(ロンドンの南、車で2時間程の場所にあります)

研修場所:コンコルドインターナショナルスクール

期  間:2018年9月1日から20日間

内  容:2週間英語学習(ホームステイ滞在)、その後5日間のロンドン文化体験(観光等)

では、夏期短期語学留学の日々の様子を参加学生にリポートしていただきます。

 

 

こんにちは、カンタベリーに留学中の人間環境デザイン学科1回生の豊島かれんです。

こちらでの生活についてリポートさせていただきます。

 

あっという間に語学学校に通い始め、ホームステイが始まってから1週間が経ちました。最初はイギリスの生活に慣れるまで日本の生活との違いの困惑もあり、大変でしたがはや1週間が経ち、慣れてきたように思います。

今回は語学学校のことや、課外での活動について話したいと思います!

私たちはConcorde Internationalという語学学校に通っていて、私は午前中のみ授業を受けています。

 

夏期短期語学留学1-1

 

クラスは少人数で先生はフレンドリーな方ばかりです。他の国の学生もいて一緒に英語でゲームをしたり、クイズもしたりしてとても楽しく授業を受けていて、たくさん発言をして楽しい会話をするような感覚です。理解できなかった英語は他の留学生が簡単にして絵やジェスチャー・単語で教えてくれ、そして先生が分かるまでしっかり教えてくれるのでとても助かります。

やはり自分で文章を考えて話すことはまだまだ難しいですが、1週間でリスニング力がかなり身についた気がします!

 

学校はカンタベリーのほぼ中心地にあるので、午後は昼食を食べ、観光・買い物をして過ごしています。カンタベリーはとても過ごしやすい街です。

 

▼カンタベリーのメインストリートから少し歩いて見つけたお気に入りの場所

夏期短期語学留学2-1

 

▼メインストリートでの路上ライブ

夏期短期語学留学3-1

 

そして、ホストファミリーはとても優しく、毎日たくさん話しかけてくれて本当の娘のように一緒に過ごしてくれます。またイタリア人留学生2人も一緒なので夕食後はゲームをしたり話したりします。ボードゲームやジェンガは言葉の壁があっても世界共通で楽しめるものなのでワイワイできて本当に楽しいです♪

 

カンタベリーでの生活は残りの1週間!ホストファミリーや他国の留学生との別れはとてもさみしいですが、たくさんのことを学んで吸収して、悔いのないよう頑張ります。

 

人間環境デザイン学科1回生 豊島かれん

 

 

【関連記事】

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2018 現地リポートvol.5(Week1編)

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2018 現地リポートvol. 4 (ホームステイ編2)

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2018 現地リポートvol. 3 (ホームステイ編)

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2018 現地リポートvol. 2(現地オリエンテーション編)

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2018 現地リポートvol.1 (イギリス出発編)

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2018 現地リポートvol.0(事前オリエンテーション編)

2018年9月10日(月)

9月1日(土)から20日間、

イギリスで行われる夏期短期語学留学プログラムに参加!

 

畿央大学の短期語学留学プログラムは、毎年夏休み期間中に行われます。英語学習はもちろんのこと、英国文化に触れることができ、博物館見学や美術館での美術鑑賞、サッカー観戦、コンサートなど課外アクティビティを自分で計画して、イギリスでの生活を満喫することもできます。

【畿央大学夏期短期語学留学プログラム2018概要】

場  所:イギリスのカンタベリー(ロンドンの南、車で2時間程の場所にあります)

研修場所:コンコルドインターナショナルスクール

期  間:2018年9月1日から20日間

内  容:2週間英語学習(ホームステイ滞在)、その後5日間のロンドン文化体験(観光等)

では、夏期短期語学留学の日々の様子を参加学生にリポートしていただきます。

 

 

2018年9月2日(日)の現地オリエンテーションの後、昼食に向かいました。昼食が終わると、ホテルに戻りバスに乗り込みました。バスに揺られること約2時間。今回2週間滞在するカンタベリーに到着。ここで皆と各ホームステイ先に分かれました。

 

夏期短期語学留学vol.4 1-1-down

 

ホストファミリーとの顔合わせはかなり緊張しましたが、とても優しく応じてくれました。学校までのバスルートを確認したのち、いよいよホストファミリーのお宅へ。広いお庭に小さな小屋がある素敵なおうちでした。日本から持ってきたお土産を渡すと、とても喜んでいただけました。そして、一緒に折り紙で鶴を折りました。少々難しかったようですが、なんとか完成することができました。

そうこうしているうちに、ディナータイムになりました。その日の夕食のメニューは、スパイシーなチキンとライス、そしてサラダです。慣れないフォークとナイフでの食事はかなり時間が掛かってしまいましたが、とても美味しい食事でした。行ったことのない国での食事は味が自分に合うか不安でしたが、美味しい食事ばかりで安心しました。

まだまだうまく英語では会話できませんが、日本に帰るまでに今よりも何倍も上達できるように日々頑張りたいと思います!

 

夏期短期語学留学vol.4 3-1-side

 

人間環境デザイン学科2回生 橋本菜緒

 

【関連記事】

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2018 現地リポートvol. 3 (ホームステイ編)

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2018 現地リポートvol. 2(現地オリエンテーション編)

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2018 現地リポートvol.1 (イギリス出発編)

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2018 現地リポートvol.0(事前オリエンテーション編)

2018年9月6日(木)

奈良県立野外活動センターで、1泊2日のキャンプ!

 

こんにちは!「夏の学習キャンプ2018」統括、現代教育学科2回生の長あかりです。

学習キャンプは学習という名前ですが、ペンを手にして勉強するのではなく!様々な経験や活動を楽しみながらも、自然と学びを得ることができるキャンプです。その企画・運営は1・2回生の学生スタッフが行っています。

 

 

今年は平成30年8月16日(木)〜17日(金)に奈良県立野外活動センターにて学習キャンプを行いました。参加者の人数は例年ほど伸びなかったのですが、10人の参加者と26人の学生スタッフの合計36人で、例年よりも深い関わりができたキャンプとなりました。

 

今年のテーマは「colorful」!

学習キャンプを通してスタッフも含め36名それぞれの個性=色を見つけようという意味が込められています。

  

〈1日目〉入所式・アイスブレイク・昼食・サンセット・夕食・キャンプファイヤー

入所式で施設の使い方についての説明を受けた後はアイスブレイクを行いました。アイスブレイクでは、緊張をほぐしてお互いのことを知り、楽しめる活動をしました。

 

夏の学習キャンプ1-1-side

 

その後、昼食にお弁当を食べ、午後の活動のサンセットへ!

サンセットでは班に分かれ、自然に触れたり仲を深めたりしながらお題をクリアしてビンゴを目指しました。

 

夏の学習キャンプ3-1-side-down

 

そして、野外炊飯!焼きそばを作りました。どの班もおいしくできました。

 

夏の学習キャンプ7-1-side-down

 

夕食後には、前日が雨だったためプレイホールでキャンドルサービスをおこないました!

このときには、いつも学習キャンプがお世話になっている野外活動のプロ!吉藤先生のギターで歌を歌ったりゲームをしたり、そして統括・副統括のお話を聞いたりと…。

 

夏の学習キャンプ10-1-side

 

外に出ると、テーマ「カラフル」を漢字にした「彩」の火文字が…

 

夏の学習キャンプ12-1

 

〈2日目〉朝食・朝プロ・昼食・昼プロ・退所式

2日目は朝食前にテーマソングを歌い元気よく始まりました!

朝食後は朝プロで昼食の食材をかけて様々なゲームをしました。朝からかなり盛り上がり、さらに仲も深まりました。

 

夏の学習キャンプ13-1-side

 

昼食は朝プロで勝ち取った食材を使って野外炊飯です。オクラ入りのハヤシライス、トマト入りのシチュー、ナス入りのカレーと面白い組み合わせになりましたが、意外とおいしい!? 加えて、1日目の野外炊飯で作って冷やしていたカラフルゼリーも映え、おいしくいただきました。

 

夏の学習キャンプ15-1-side

 

夏の学習キャンプ17-1

 

お腹がいっぱいになったあとは、最後の企画、昼プロ

前半は紙でステンドグラスを作りました。完成した作品を太陽にかざすと…

 

夏の学習キャンプ18-1-side-down

 

後半は腰につけた風船の数でバトル!

最後に全力で走りまわって楽しくすべての企画が終わりました。


全ての企画を終えた後は退所式で2日間の活動を振り返るムービーをみんなで見ました。

そして!!1日目のサンセットのお題で参加者の皆さんに押してもらった手形が…

こうなりました!

参加者皆さんの手形と活動の様子をカラフルに詰め込んだパネルの完成です。2日間を通して、自分の色を見つけることはできたでしょうか?

 

夏の学習キャンプ22-1-down

 

最後になりましたが、学習キャンプに参加していただいた皆さん、2日間ありがとうございました。また、学習キャンプのために協力していただいた先生方、学生支援センターの職員の方々、施設の方々にも本当にお世話になりました。たくさんの方々のおかげで学習キャンプを行うことができているのだと統括をさせていただいて強く感じることができました。そして、約3カ月間準備をしてきた26名のスタッフの皆さん、お疲れ様でした。

参加者の皆さんもスタッフも、学習キャンプで感じたことや学んだことをこれからにつなげていってください。これからの学習キャンプもよろしくお願いします。

 

夏の学習キャンプ実行委員会 統括

現代教育学科2回生 長あかり

 

【関連記事】

夏の学習キャンプ2017 in 国立曽爾青少年自然の家 レポート!

夏の学習キャンプ2016 in 吐山 レポート!

畿友会主催「冬の学習キャンプ2015」を開催しました!

2018年8月31日(金)

9月1日(土)から20日間、

イギリスで行われる夏期短期語学留学プログラムに参加!

畿央大学の短期語学留学プログラムは、毎年夏休み期間中に行われます。英語学習はもちろんのこと、英国文化に触れることができ、博物館見学や美術館での美術鑑賞、サッカー観戦、コンサートなど課外アクティビティを自分で計画して、イギリスでの生活を満喫することもできます。

【畿央大学夏期短期語学留学プログラム2018概要】

場  所:イギリスのカンタベリー(ロンドンの南、車で2時間程の場所にあります)

研修場所:コンコルドインターナショナルスクール

期  間:2018年9月1日から20日間

内  容:2週間英語学習(ホームステイ滞在)、その後5日間のロンドン文化体験(観光等)

では、夏期短期語学留学の日々の様子を参加学生にリポートしていただきます。

 

 

こんにちは!人間環境デザイン学科2回生の福嶋南帆と、現代教育学科4回生の岡下公香です。2018年夏期短期語学留学プログラムの行先はイギリスのロンドン!

今年度は14日間のカンタベリーでの英語学習とホームステイ、5日間の観光で構成されています。ホストファミリーやクラスメイトとの交流、現地の文化の体験、観光、ショッピングなど楽しみがたくさんです。

 

夏季短期語学留学プログラムでは事前にオリエンテーションを受け、留学についての心得や現地のマナー、注意点を確認する機会を設けています。今年は空いた時間に参加者で集まって対話練習会も開きました。対話のコツを聞き、細かな質問をみんなで共有できたのでとても身になりました。参加者同士で少し仲良くなれて、楽しかったです!

(初回しか参加できなかったのが心残りです…)

 

今回のリポートは、事前に行われたそれぞれのオリエンテーションについてお伝えしたいと思います。

 

第1回オリエンテーション〔5月23日(水)〕

一緒に参加する仲間たちへの挨拶と留学内容の説明が行われました。

今年は20名で参加するので教室の椅子が足りないというハプニングもありましたが、仲間がたくさんいることで心強く感じられました。

必要な書類を自分でまとめる必要があるので、少し緊張しました。

 

第2回オリエンテーション〔6月12日(火)〕

England1

 

JTBの方から、現地での生活について、特に服装や持ち物に関して詳しく説明していただきました。パスポートや保険等の必要な書類を用意するなど、少しずつ留学に向けて準備を進めました。

 

第3回オリエンテーション〔6月26日(火)〕

持ち物や現地での生活や注意事項、語学学校の授業について説明を聞きました。

観光客をだます巧妙な手口の話は知らなかったら本当に騙されそうでした。

安全に楽しくプログラムを終えるためには普段以上の自己管理が大切だと分かりました。

 

第4回オリエンテーション〔7月17日(火)〕

Eng2

 

ロンドン在住の田代先生にお越しいただき、イギリスの文化や現地での安全についてお話を聞きました。

ホームステイをさせていただくなかで、ホストファミリーとのコミュニケーションの大切さや、その方法について教えていただきました。また、イギリスでの危機管理について、自分の身を守る方法や荷物等の管理についても教えていただきました。イギリスで楽しく元気に過ごすためにも、事故にあったり怪我をしたりしないような自己管理をしっかりしていきたいと思います。

 

Eng3

 

第5回オリエンテーション(最終)〔8月23日(木)〕

最終オリエンテーションではJTBガイアレックの方から最終の連絡事項の確認の他に、現地の最新情報と観光する地域に関する諸注意がありました。

ハリーポッターで有名なキングスクロス駅周辺が(夜間は)あまり安全ではないことに驚きました。ただ、安全に気を付けながら、みんなと一緒に行きたいと思います。

 

短期語学留学に参加するにあたって、全5回のオリエンテーションで安全管理やイギリスの文化、留学までの準備事項、海外での電子機器の取り扱い方などについて、細かく説明していただきました。引率してくださる先生やJTBの方、イギリス在住の田代さんや大学の先生方など、たくさんの方々がサポートしてくださり、たくさんあった不安や疑問が解消されました。また、一緒に参加する学生と顔を合わせ、話をする良い機会にもなりました。

いよいよ短期語学留学が始まります!全員元気に帰ることが出来るよう、オリエンテーションで学んだことを忘れずに、有意義に過ごしたいと思います。

 

人間環境デザイン学科2回生 福嶋南帆

現代教育学科4回生 岡下公香