畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

人間環境デザイン学科

2018年3月7日(水)

2018年2月17日(土)から3月8日(木)にかけて、2回生7名と1回生9名あわせて16名の畿央生がカナダのビクトリアでの短期語学留学プログラムに参加しています。2週間にわたりホームステイをしながら語学学校で過ごしたあと、3日間バンクーバーを観光して帰国する予定です。

 

参加学生からのレポート、第11弾をお届けします!

 

短期語学留学vol.11-1-1

 

こんにちは!人間環境デザイン学科1回生の浅田明香です。留学2週目の学校生活の様子をレポートします。

2週目はピンクシャツデーというイベントがありました。このイベントは世の中のいじめの原因となる差別や偏見のない社会を目指す活動運動のことです。その昔、ピンクのシャツを着て登校した男の子が、周囲から同性愛者だといじめられたことがきっかけで、その男の子を守るため学校中のみんなでピンクのシャツを着始めたのが、このピンクシャツデーの始まりだそうです。このピンクシャツデーの日はクラスのみんなでいじめについて話し合い、ピンクのシャツを着て写真を撮りました。

 

授業では慣れない英語に苦戦していますが、日が経つにつれて英語にも慣れ、学校生活が楽しくなってきました。最終日が近づいてきましたが、日本に帰りたくないと思うほどクラスメイトとの仲が深まっています。さまざまな国の仲間たちとの出会いは一生の宝物です。

 

短期語学留学vol.11-2-1

 

ホストファミリーはとても優しく話しかけてくださり、はじめは「OK」や「YES」しか言えず、言いたいことも伝えられず、辛いこともありました。しかし、日が経つにつれて少しずつですが自分の意見が通じるようになり、相手が言っていることも分かるようになってきています。しんどいと思うこともありましたが本当にこの留学に参加してよかったと思います。

 

残りの数日間もいろいろな経験をして楽しみたいと思います!

 

人間環境デザイン学科1回生 浅田明香

【関連記事】

畿央大学短期語学留学プログラム 2018(カナダ) 現地リポートvol.10~ホームステイ&放課後レポート!

畿央大学短期語学留学プログラム 2018(カナダ) 現地リポートvol.9~ Pink Shirt Dayに参加!

畿央大学短期語学留学プログラム 2018(カナダ) 現地リポートvol.8~語学学校での様子をレポート!

畿央大学短期語学留学プログラム 2018(カナダ) 現地リポートvol.7~ホームステイレポート!

畿央大学短期語学留学プログラム 2018(カナダ) 現地リポートvol.6~カーリングも体験!

畿央大学短期語学留学プログラム 2018(カナダ) 現地リポートvol.5~授業と放課後!

畿央大学短期語学留学プログラム 2018(カナダ) 現地リポートvol.4~ホームステイ開始!

畿央大学短期語学留学プログラム 2018(カナダ) 現地リポートvol.3~初めての登校日!

畿央大学短期語学留学プログラム 2018(カナダ) 現地リポートvol.2~ホームステイ先に到着!

畿央大学短期語学留学プログラム 2018(カナダ) 現地リポートvol.1~出発前レポート! 

2018年3月5日(月)

2018年2月17日(土)から3月8日(木)にかけて、2回生7名と1回生9名あわせて16名の畿央生がカナダのビクトリアでの短期語学留学プログラムに参加しています。2週間にわたりホームステイをしながら語学学校で過ごしたあと、3日間バンクーバーを観光して帰国する予定です。

 

参加学生からのレポート、第8弾をお届けします!

 

短期語学留学8-1-1

 

こんにちは!人間環境デザイン学科1回生の饗庭美咲です。カナダのビクトリアから留学やホームステイについて報告します!

 

私にとって初めての海外留学です。最初の頃は慣れないことばかりでしたが、数日経つとビクトリアでの生活にも慣れてきて、クラスメイトやホームステイ先でのルームメイトとも仲良くなることができています。

 

学校にはブラジル・コロンビア・ロシア・メキシコ・韓国などの様々な国から来たクラスメイトがいます。クラスメイトと会話することで、カナダ以外の国についても学ぶことができるので毎日が新鮮で楽しいです。休憩や昼食の時間もクラスメイト同士が会話をしていて、教室はいつも元気で和やかな雰囲気です。

 

短期語学留学8-2-1

 

ホストファミリーはとても優しく、私の下手な英語をしっかり聞いてくれます。夕食後には1日の出来事を話したり宿題を一緒にしたりします。ホストファーザーには、飲食店などで支払うチップについて教えてもらいました。チップは日本にはない仕組みなので、聞いていて驚くことばかりでした。ホストファミリーやルームメイトから教えてもらうことが多く、充実した日々を過ごしています。

 

短期語学留学8-3-1

 

現地では英語を書くことより話すことのほうが何倍も多く、うまく伝えられない度に話す力や説明する力がまだまだ未熟だなと感じています。しかし、相手が話している内容を理解したり、上手にコミュニケーションがとれたりするとすごく嬉しいです。

 

残りの留学生活も悔いのないように過ごしたいです。そしてカナダで学んだことは忘れずに、これからも英語を勉強していきたいと思います!

 

人間環境デザイン学科 1回生 饗庭 美咲

 

 【関連記事】

畿央大学短期語学留学プログラム 2018(カナダ) 現地リポートvol.7~ホームステイレポート

畿央大学短期語学留学プログラム 2018(カナダ) 現地リポートvol.6~カーリングも体験!

畿央大学短期語学留学プログラム 2018(カナダ) 現地リポートvol.5~授業と放課後!

畿央大学短期語学留学プログラム 2018(カナダ) 現地リポートvol.4~ホームステイ開始!

畿央大学短期語学留学プログラム 2018(カナダ) 現地リポートvol.3~初めての登校日!

畿央大学短期語学留学プログラム 2018(カナダ) 現地リポートvol.2~ホームステイ先に到着!

畿央大学短期語学留学プログラム 2018(カナダ) 現地リポートvol.1~出発前レポート!

2018年2月28日(水)

こんにちは。冬の学習キャンプ2017統括の乾桃萌です。今年度も昨年に引き続き「冬の学習キャンプ(冬キャン)」を平成30年2月11日(日)、12日(月)の2日間にわたって畿央大学の学内にて開催しました。

学習キャンプは、在学生が企画・運営し、参加者を募ってキャンプをするという畿友会(学生自治会)主催の公式行事です。11名のスタッフと22名の参加者が集い、33名での学習キャンプとなりました1年の間に夏と冬の2回開催され、学年問わず全ての学部・学科の学生が参加することができ、交流を深め、将来に役立つスキルや学びを身につけることを目的としています。夏は国立曽爾青少年自然の家をお借りして開催しました。(夏の学習キャンプ2017はコチラ!)

 

今回は「星飛(スタート)」というテーマのもと2日間のキャンプを企画しました。

これには

・夢をかなえる第一歩になるように…

・いつもの自分から更にステップアップした姿に…

・何か新しいことを始めるきっかけに…

というようなたくさんの思いが込められています。

 

【キャンプ1日目】

まずは開会式を行いました。スタッフ紹介や、テーマを発表したりみんなでテーマソングを歌ったり、就寝時に使う寝袋の使い方をレクチャーしました。

 

冬の学習キャンプ1-1-side

 

みんなの緊張がほぐれていないようなのでアイスブレイクも行いました!凍った氷のような緊張(アイス)をこわす(ブレイク)活動です。少し変わった自己紹介の方法でグループの仲間に覚えてもらったり、お題付きのしっぽとりゲームをしたりして身も心も緊張がほぐれました。

 

冬の学習キャンプ3-1-down

 

続いてみんなで夕食です。スタッフも一緒にアイスブレイクで仲良くなった人たちと楽しく話しながら食べました。普段の学食では食べられないオードブルが食べられるのも、冬キャンならではの魅力かもしれません。

 

冬の学習キャンプ5-1

 

夕食が終われば学習キャンプ発足時からお世話になっているキャンプのプロ、吉藤先生の企画です!今回は参加者のほとんどが教育学部ということもあり、将来使える野外活動やアクティビティの技を教えていただきました。体を動かしたり歌を歌ったり、あっという間に時間は過ぎてしまいました。

 

冬の学習キャンプ6-1-down

 

1日目の最後は星空観察です。今年は奥田先生が理科室に星空のスクリーンを作ってくださり、星座の出方や神話についてお話いただきました。

 

冬の学習キャンプ8-1-down

 

【キャンプ2日目】

夜の間に降り積もった雪のおかげで寒さもありましたが、元気に活動を始めます!

 

冬の学習キャンプ10-1

 

2日目の最初はアサキタによる目覚めの活動です。アリーナ全体を使った大きなすごろくで身も心も目覚めることができたでしょうか。マスのお題には「2倍速ラジオ体操」「腹筋10回」と体を動かすものからクイズのように頭を動かすものまで、さまざまです。

 

冬の学習キャンプ11-1-side

 

しっかり目覚めたところで朝食を済ませたら、次はキカクーズによる企画がスタート。今回は「みんなにとってのわくわくとは?」について班ごとに話し合い、表現する活動です。活動は前後半に分かれており、まずは「わくわく」について班の中で話し合い、どのように表現するか考えていきます。その後昼食をはさみ、実際に「わくわく」を表現していきます。

まずは班で「わくわく」について話し合いました!

 

冬の学習キャンプ13-1-down

 

次に、いろいろな材料と道具を使いながら「わくわく」を表現していきます。最後の班ごとの発表に向けて協力して制作していきます。

 

冬の学習キャンプ16-1-side

 

そして、完成!どの班も全員で協力してすばらしい「わくわく」を表現することができました。↓↓

 

冬の学習キャンプ18-1

 

冬の学習キャンプ19-1

 

2日間の最後にフィードバックをしてこのキャンプを振り返ります。どのような活動が印象的だったか、どんなところに感動したかを川柳にして、みんなで発表しあい、2日間を振り返る活動です。そのあとの閉会式ではみんなでテーマソングを歌い、2日間の活動を振り返る動画を見ました。来年からの活動も楽しみになりました。

 

冬の学習キャンプ20-1

 

参加してくださったみなさん、協力してくださった先生方、本当にありがとうございました!

学習キャンプは年々形を変えてみんなが楽しみ、かつ学びのある活動になるような場所を作っていきます。今回のキャンプを通して、参加してくださったみなさんやスタッフが何かを「スタート」するきっかけになればいいなと思います。

来年からも学習キャンプをよろしくお願いいたします。

 

2017冬の学習キャンプ 統括

教育学部現代教育学科2回生 乾 桃萌

 

【関連記事】

夏の学習キャンプ2017 in 国立曽爾青少年自然の家 レポート!

夏の学習キャンプ2016 in 吐山 レポート!

2018年2月20日(火)

現役(在学中)合格では、5人目の快挙!

 

インテリアコーディネーター(IC)は住まい手にとって快適な住空間をつくるために適切な提言・助言を行うプロのことで、公益社団法人インテリア産業協会が資格認定を行っています。

 

資格試験の難易度は高く、在学中に合格するには通常の勉強や実習に加えて大変な勉強と努力が必要となります。その難関に人間環境デザイン学科4回生の久吉茜さんが挑戦し、見事合格しました!おめでとうございます!

 

インテリアコーディネーター合格1

 

【久吉 茜さんのコメント】

今回、第35回インテリアコーディネーター試験に合格することが出来ました!1次試験は学科試験で3回生のときに受験し、1回で合格することが出来ました。きっと「毎週学校の図書館で3時間勉強する」と決めてコツコツと頑張ったからだと思います。二次試験は製図と論文の試験でしたが、1次試験の合格通知が届いてから二次の勉強を始めたので、問題に慣れることが出来ず、残念な結果となってしまいました。

4回生になり(1次が免除され)二次試験のみ受験となったので、就職活動の終了と同時に、改めて勉強を始めました。卒業ゼミの加藤先生に細かいところまで添削して頂き、試験直前の11月には卒業制作と両方を見てアドバイスして頂くこともありました。試験当日は予想外の問題や量の多さに驚かされましたが、私の開き直りが功を成したのかもしれません。卒業制作と試験対策の両方に協力してくださった加藤先生には本当に感謝しています。苦労して取得した資格なので、社会に出てからも活かせるように頑張ります。

 

【加藤准教授のコメント】

インテリアコーディネーターは女性が多く受験者も女性がほとんどです。資格試験はかなり難しく、ほぼ4人に1人しか(1次2次とも)合格できません。畿央大学でも2012年に現役で初めて合格者が出て、それから現在まで合計4名しか誕生していませんでした。

久吉さんは卒業作品の制作も含め、自宅近くのシャッターアートなど様々な活動を積極的に進めてきました。非常にバードなスケジュールの中、受験勉強時間をつくって合格されるには大変な努力があったと思います。

 

【関連記事】

駒川商店街でシャッターアートに挑戦2!~人間環境デザイン学科

駒川商店街でシャッターアートに挑戦!~人間環境デザイン学科

畿央大学で初のエクステリアプランナー2級合格!~人間環境デザイン学科

「インテリア設計士2級」に23名全員が合格!~人間環境デザイン学科

「バーンデザイン」農業小屋アート~人間環境デザイン学科

2018年2月5日(月)

人間環境デザイン学科では2・3回生が合同で地域の課題解決などに取り組む「プロジェクトゼミ」を開講しています。加藤プロジェクトゼミでは平成29年度最後のプロジェクトとして、大学に隣接する大型商業施設エコール・マミ(通称エコマミ)様へのデザイン提案を行いました。いただいた3つの課題に、2・3回生総勢21名が6班に分かれて取り組みました。

 

【1】 バレンタイン装飾(北側セントラルコート)

加藤ゼミ最終画像7

 

天井バトンから吊り下げる「ディスプレイ班」と「床置きディスプレイ班」に分けて実施しました。エコマミキャラクターであるマーミン・ミーマン家族が気球に乗って空を飛んでいるというイメージです。一方床置き班はピンクの鳥居をくぐって木の幹のパネルにハート形のメッセージを届ける、というストーリーになっています。

 

●ディスプレイ 上班班長・前田千央璃さんのコメント

今年は昨年と違い、上下班を分けて製作を行うことになり、私たちは上の装飾を担当しました。上のテーマは「気球に乗せて想いを届けよう」です。バレンタインということで、「みんなの想いが届きますように」という気持ちを込めて作りました。スケールが大きいものへのチャレンジだったため、製作も難しく強度も心配されましたが、カラフルな気球がセントラルコートに彩りを加えられたと感じております。皆さんもぜひ、上下のバレンタイン装飾で写真を撮って楽しんでいただけたらなと思います!

 

●ディスプレイ 下班班長・川本浩輝さんのコメント

お客様が通るホールに置かせていただくので、出来る限り「参加型」のオブジェを製作したいと思い考案しました。テーマがバレンタインなのでなかなか伝えられないことを家族、想い人や友達へとメッセージを書けたら良いなと思い、考えついた作品です。上に吊るされている作品同様楽しんでいただければ幸いです!

 

【2】 北館2階キッズパーク改善案

既存のキッズパークについて、周りの環境と調和し小さなお子様が安心して遊べ、「走り回らない」「さわがない」が自然に行えるようなデザインが求められました。

 

▼エコマミの担当者さまにプレゼンテーションする様子

 

IMG_7910 - コピー

 

キッズパークA案

加藤ゼミ最終画像4(キッズパークA)

 

●キッズパークA班 班長・島田実保さんのコメント

今回キッズパークの改善案を提案して、子供が騒がずに遊ぶという矛盾したことに苦戦しました。班で話し合うに連れていかに騒がずに遊ばせるかという問題をうまく解決できたと思います。とても良い経験になりました。

 

キッズパークB案

加藤ゼミ最終画像3(キッズパークB)

 

●キッズパークB班 班長・青木紗耶さんのコメント

子供が楽しみつつも自然とうるさくならないようにするという矛盾した課題の中で、案を考えることに苦戦しました。また、実際に存在する場所の改装は初めての経験だったため、どこから考えればいいのかわからず、自分たちにできるのかという不安もありました。その中でも、様々な視点から考え、皆で意見を出し合えたことはいい経験になったと思います。

 

【3】 北館2階現プリクラ区画の店舗提案

現在プリクラを並べている区画に、自由に業種を決めデザイン提案を行いました。

プリクラ区画A案

加藤ゼミ最終画像2(プリクラA)

 

●現プリクラ区画A班 班長・安田理恵さんのコメント

今回洋菓子店を計画しましたが、初期段階では駄菓子屋を計画していました。しかし、エコマミにもっとワクワクするお店を作ろうと考え、ハニーデュークスを参考に可愛い洋菓子店に決まりました。1番苦戦したことは模型作りでした。スケールが小さいので小物を作ることは困難になり、壁に描くことになりました。通った際に印象の残る、つい写真が撮りたくなるお店になったと思います。

 

プリクラ区画B案

加藤ゼミ最終画像1(プリクラB)

 

●現プリクラ区画B班 班長・矢野眞子さんのコメント

商業施設の一画に設けられたスペースに業種から決めて店舗設計するという課題は、初めての経験でありとても悩まされました。しかし、分からないなりにも意見を出し合い、コンセプトを大切にしつつ改善を重ね、納得のいく作品を作り上げることができました。最後には、エコマミの方にも「いい雰囲気の空間を作れている。」と言っていただくことができ、大変嬉しかったです。今回の経験を、これからの活動にも活かしていきたいと思います。

 

加藤ゼミ最終画像5

 

バレンタインデコレーションには皆さんの願いをハート型メモに書き込むことができます。

2月14日(水)までですので、皆さんもメッセージを書きに来てください!

 

▼ハート型メモがなくなるほど、たくさんの方からメッセージを寄せていただいています!

 

IMG_7911

 

【過去のエコールマミさんへの提案】

2016年度 エコール・マミで、バレンタインディスプレイを担当!~人間環境デザイン学科加藤ゼミ

2015年度 エコール・マミに改修提案とディスプレイ展示!

2015年度 エコール・マミ改修を提案!~人間環境デザイン学科プロジェクトゼミ(加藤ゼミ)

2014年度 エコール・マミに改修提案とディスプレイ展示!~人間環境デザイン学科加藤ゼミ

2013年度 さらに発展・エコマミ提案★人間環境デザイン学科加藤プロジェクトゼミ

2012年度 4年目のエコマミ提案★人間環境デザイン学科 加藤プロゼミ

2010年度 エコール・マミ 改善案 -人間環境デザイン学科 加藤プロジェクトゼミ報告-