畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

人間環境デザイン学科

2019年9月9日(月)

明日香村国際サマーワークショップ2019 

International Summer Workshop in Asuka 2019

 

人間環境デザイン学科では、2年次配当「海外インターンシップ」の一環として『明日香村国際サマーワークショップ2019』を開催しています。畿央大学(人間環境デザイン学科)学生2・3回生22名と台湾の高雄大学の学生12名が明日香村に集い、空き家の利活用提案や町並み調査などを行っています。8月25日(日)から8月31日(土)まで、明日香村で約1週間過ごす中で、旧集落における課題に向き合い、地域活性化につながる提案を行います。

 

●6日目:8月30日(金)

今日1日で提案資料を完成させなければなりません!さっそく作業の開始です。

朝から夕方までチームごとに分かれ、発表に向けての課題に取り組みました。

 

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.6 1-1-down

 

先生方からお菓子の差し入れがありました。ありがとうございます!

 

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.6 3-1

▲差し入れの様子。

 

22新聞

▲昨日のワークショップの様子が奈良新聞で掲載されていました。

 

お昼には、毎回楽しみにしていたお弁当です!今日で食べるのも最後です…

 

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.6 5-1

▲ゆいの屋さんのお弁当。

 

台湾の方と日に日にコミュニケーションが深まってきています。思っていることが伝わると嬉しくなります。

 

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.6 6-1

 

進んで行くにつれ、問題点が見つかり、改善したり提案したり時間に追い込まれながらもなんとか完成させることができました。ほとんどの人が最終バスのギリギリまで作業をしていました。

 

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.6 7-1

▲先生に確認をしてもらっています。

 

提案発表は模造紙やパワーポイントで発表します。明日の発表にて、6日間で学んだ明日香村の歴史や街並みや法令をふまえて、これからの明日香村の改善案を提案したいと思います。発表が楽しみです!!

 

人間環境デザイン学科3回生  福嶋佳奈子

 

主催:畿央大学 

共催:国立高雄大学(台湾)、明日香村商工会、大和飛鳥ニューツーリズム

後援:明日香村役場

 

【関連記事】

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.5~人間環境デザイン学科

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.4~人間環境デザイン学科

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.3~人間環境デザイン学科

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.2~人間環境デザイン学科

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.1~人間環境デザイン学科

2019年9月8日(日)

明日香村国際サマーワークショップ2019

International Summer Workshop in Asuka 2019

 

人間環境デザイン学科では2年次配当「海外インターンシップ」の一環として、ただ今『明日香村国際サマーワークショップ2019』を開催しています。畿央大学(人間環境デザイン学科)学生2・3回生22名と台湾の高雄大学の学生12名が明日香村に集い、空き家の利活用提案や町並み調査などを行っています。8月25日(日)から8月31日(土)まで、明日香村で約1週間過ごす中で、旧集落における課題に向き合い、地域活性化につながる提案を行います。

 

●5日目:8月29日(木)

前日同様、岡地区と栢森地区で合計6チームに分かれて作業をしました。分からないところは先生に質問しながら進めていきます。

 

明日香村国際サマーワークショップ5 1-1-down

▲先生に指導してもらいました。

 

明日香村国際サマーワークショップ5 4-1

▲発表用パース作成の様子。

 

発表を明後日に控え、提案作業も終盤に差しかかっています。細かいところの設定を決めたり、発表用のパースを描いていたりしました。

 

明日香村国際サマーワークショップ5 5-1

▲ディスカッションの様子。

 

言語が違い、ディスカッションではうまく意思が伝わらず戸惑うこともありました。しかし通訳だけに頼るのではなくて、漢字や英語・スケッチなどを用いて、自分のアイデアや意思を相手側に伝えようとする姿が多く見られました。とても集中していて、昼までの時間はとても短く感じました。

 

明日香村国際サマーワークショップ5 6-1-side

▲昼食のお弁当。

 

昼食のお弁当は今までで1番豪華で3色丼と味噌汁に餃子・バナナ・サラダがついたものでした。毎日のお昼ご飯が楽しみとなっています。

 

明日香村国際サマーワークショップ5 8-1

▲木造建築の講義の様子。

 

午後からは、台湾の陳先生と日本の奈良女子大学の瀧野先生に木造建築についての講義していただきました。陳先生には台湾の古くから伝わる木造建築や住宅について、瀧野先生には奈良の伝統木造建築や木構造の歴史などについて教えていただきました。台湾と日本の伝統的な工法の中には似ているものもありました。

 

明日香村国際サマーワークショップ5 9-1

▲講義後、学生からの質問に答えている様子。

 

疑問に思ったことを先生方に質問しました。講義終了後は、発表に向けて約1時間のグループワーク作業を行いました。作業は明日で終わりなので、少しでも進めようとみんな真剣に取り組んでいました。

明日1日で終われるのか…少し心配ですが、精一杯頑張ります!

 

人間環境デザイン学科4回生 外尾華奈子・3回生 阿部きらり

 

主催:畿央大学 

共催:国立高雄大学(台湾)、明日香村商工会、大和飛鳥ニューツーリズム

後援:明日香村役場

 

【関連記事】

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.4~人間環境デザイン学科

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.3~人間環境デザイン学科

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.2~人間環境デザイン学科

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.1~人間環境デザイン学科

2019年9月4日(水)

8月31日(土)から19日間

イギリスで行われる夏期短期語学留学プログラムに参加!

 

畿央大学の短期語学留学プログラムは、毎年夏休み期間中に行われます。英語学習はもちろんのこと、英国文化に触れることができ、博物館見学や美術館での美術鑑賞、サッカー観戦、コンサートなど課外アクティビティを自分で計画して、イギリスでの生活を満喫することもできます。

 

【畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019概要】

場  所:イギリスのカンタベリー(ロンドンの南、車で2時間程の場所にあります)

研修場所:コンコルドインターナショナルスクール

期  間:2019年8月31日から19日間

内  容:2週間英語学習(ホームステイ滞在)、その後5日間のロンドン文化体験(観光等)

では、夏期短期語学留学の日々の様子を参加学生にリポートしていただきます。

 

こんにちは。人間環境デザイン学科2回生の八田采芽です。私たちは現在イギリスの南東部の街カンタベリーで、ホームステイをしながら語学学校に通っています。

ホームステイ初日は、学校への行き方や家のルールなどを教えてもらいました。私がお世話になっているお家は、よく留学生を受け入れているようで、今はイタリアの留学生と共に生活しています。ホームステイをして感じたことは、生活様式が全然違うということです。上下足は分離されていないし、お風呂に浸かる習慣もなく、洗濯の頻度も違います。私は、英語を学ぶことはもちろん、違う文化を体験したくてこのプログラムに参加したのですが、やはり戸惑うこともしばしばです。しかし、新しい発見も同時にあるので、日々を楽しんでいます。

そして、こちらに来てから、人と話せる幸せをとても感じます。私は英語が得意ではないので、ホストファミリーとの会話もスムーズにいかないことも多々あります。しかし、伝わった時や笑いあえた時の喜びは日本だけにずっといては感じ得ないものだったと思います。

せっかくの機会なので、楽しみつつ、たくさん学んで日本に帰りたいと思います!

 

▼滞在しているホストファミリーと

ヒト1

 

▼食事は基本ワンプレート。卵を何個も使った贅沢なオムレツはとっても美味しかった!

ひと2

 

健康科学部人間環境デザイン学科 2回生 八田采芽

【関連記事】

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol. 4

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol. 3

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol. 2

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol. 1

2019年9月3日(火)

8月31日(土)から19日間

イギリスで行われる夏期短期語学留学プログラムに参加!

 

畿央大学の短期語学留学プログラムは、毎年夏休み期間中に行われます。英語学習はもちろんのこと、英国文化に触れることができ、博物館見学や美術館での美術鑑賞、サッカー観戦、コンサートなど課外アクティビティを自分で計画して、イギリスでの生活を満喫することもできます。

 

【畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019概要】

場  所:イギリスのカンタベリー(ロンドンの南、車で2時間程の場所にあります)

研修場所:コンコルドインターナショナルスクール

期  間:2019年8月31日から19日間

内  容:2週間英語学習(ホームステイ滞在)、その後5日間のロンドン文化体験(観光等)

では、夏期短期語学留学の日々の様子を参加学生にリポートしていただきます。

 

こんにちは、人間環境デザイン学科の島本侑奈です。イギリスに来てロンドンのホテルで1泊しました。今日はロンドンからバスで約1時間のところに位置するカンタベリーまで移動しました。それぞれのホストファミリーが迎えに来て下さり、ホームステイ先での生活が始まりました。留学するのは初めてで、家族以外の人と一緒に生活をするのも初めてなのでとても緊張していましたがホストファザーもホストマザーもとても親切で安心しました。家に着いてハウスルールについて説明してもらい、夕食を一緒に食べました。その後お土産を渡すととても喜んでくれました。色々話しかけてくれましたが英会話がとても速く、知らない単語がたくさんあってなかなか聞き取ることが出来ませんでした。言いたいことがあっても言葉に詰まってしまってあまり会話をすることが出来ませんでした。でも私が分かるようにゆっくり簡単な言葉で話し、拙い英語を理解してくれようとしてくれ、嬉しかったです。2週間という短い時間なので出来る限りたくさん会話をして、来た時よりも少しでも多くの知識を得て日本に帰りたいと改めて思いました。明日からは学校が始まるので頑張りたいです。

 

▼ホストマザーとホームステイ先にいた犬

犬1

 

▼ホストマザーはたくさん話してくれます。犬も人懐っこくてとても可愛いです。

犬2

 

健康科学部人間環境デザイン学科 1回生 島本侑奈

【関連記事】

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol. 3

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol. 2

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol. 1

2019年9月2日(月)

明日香村国際サマーワークショップ2019

International Summer Workshop in Asuka 2019

 

人間環境デザイン学科では2年次配当「海外インターンシップ」の一環として、ただ今『明日香村国際サマーワークショップ2019』を開催しています。畿央大学(人間環境デザイン学科)学生2・3回生22名と台湾の高雄大学の学生12名が明日香村に集い、空き家の利活用提案や町並み調査などを行っています。8月25日(日)から8月31日(土)まで、明日香村で約1週間過ごす中で、旧集落における課題に向き合い、地域活性化につながる提案を行います。

 

●4日目:8月28日(水)

明日香村サマーワークショップ4日目となった今日は、奈良市の東大寺今井町の街並みを見学し、日本の伝統的な木造建築や町並みについて学びました。

 

AM10:00-PM1:30 東大寺

東大寺では、僧侶の方に案内していただきました。

 

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.4~人間環境デザイン学科1-1

▲僧侶の方の説明の様子

 

大仏殿の裏側や蓮華座の周りにも上がらせていただき、普段では行くことの出来ない場所を見ることが出来て、貴重な体験をさせて頂きました。現存する大仏殿は、正面の幅57.5m、奥行き50.5mありますが、国家事業として創設された大仏殿は当時、その1.5倍もの大きさであったと伺い、その壮大さに驚きました。

蓮の花びらには当時の職人達が一つ一つ大仏様を彫り込んでいます。この絵は宇宙を表しており、宇宙までも大仏様の慈悲で包んでいる様子を表しているそうです。他にもこの絵には、「人は誰でも修行を積めば悟りを開いて仏になれる。」という意味もあるそうです。

ちなみに花びらで絵のない部分は、修復された部分となっています。

この花びらの絵を細かく解読しようと思えば、論文を書き上げられるくらい奥深いそうです。

 

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.4~人間環境デザイン学科2-1

▲蓮華座の花びらの一部(レプリカ)

 

PM2:00-PM4:30 今井町

今井町の歴史を聞いた後に、実際に町屋を見せて頂きました。今井町は平成5年に重要伝統的建造物群保存地区に指定されており、歴史的な建物が多く残っています。説明によると他の地域より瓦葺きの建物がほとんどを占めていたことだけでなく、住人一人ひとりが防災についての役割を持っていたそうです。ハード面だけでなくソフト面の防災も緻密に行われて、今の今井町の美しい街並みが残っている事に感銘を受けました。

 

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.4~人間環境デザイン学科3-1

▲街並みの説明 

                                

また、模型を使って今井町特有の木造構造を三井田先生に解説していただきました。

今井町では大きな家がコーナーのように、隅にあるものも多く、入母屋型が多いのが特徴です。梁は小屋ばりが多く、長い木を使わなくても作れるようになっています。

他には、一階と二階の壁面が揃っていないことも特徴的です。今井町では、一階の壁面が出ているものが多く、これは店屋が多かったため、店部分である一階部分を広くしたのでは?と三井田先生が仰っていました。京都や奈良は一階と二階の壁面は揃っているので、今井特有の景観と言えます。

 

 

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.4~人間環境デザイン学科4-1

▲構造の説明の様子

 

説明を受けた後は、住民の方と一緒に今井町を歩きながら、主に旧米谷家や、旧南町にある恒岡醤油店などを解説して頂きました。

 

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.4~人間環境デザイン学科5-1

▲恒岡醤油店での説明の様子

 

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.4~人間環境デザイン学科6-1

 ▲旧米谷家での説明の様子

 

明日は課題制作最終日なのでコミュニケーションをしっかり取って良いものをプレゼンテーションしていきたいです。

 

 

DIS

▲東大寺大仏殿前での記念撮影                                    

 

人間環境デザイン学科2回生 麻田彩香 追田奈菜 中山瑞貴

 

主催:畿央大学 

共催:国立高雄大学(台湾)、明日香村商工会、大和飛鳥ニューツーリズム

後援:明日香村役場

 

【関連記事】

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.3~人間環境デザイン学科

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.2~人間環境デザイン学科

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.1~人間環境デザイン学科