畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

人間環境デザイン学科

2020年11月24日(火)

人間環境デザイン学科の加藤です。

インテリア関係の資格試験には大きく3つありまして、インテリアプランナー、インテリアコーディネーター、インテリア設計士があります。その中で最も歴史のある資格試験がインテリア設計士です。今年で60回目となり、半世紀を優に超えています。

 

インテリア設計士は、一般社団法人日本インテリア設計士協会が認定する資格で、生活者が安全に快適な住生活ができるよう、インテリアに関する計画・設計並びに生産・施工・監理に関して、高度な知識・技術・技能があることを証明するものです。(一般社団法人 日本インテリア設計士協会HPより)

 

畿央大学では2009年から受験し始め、今年度で12年目となります。インテリア設計士試験会場は奈良では畿央大学を毎年使っておりましたが、今年はコロナ禍により困難になってしまいました。また、当初は7/4(土)・5(日)で開催する予定でしたが、3か月以上の延期となり、大阪会場(中央工学校OSAKA)にて10/17(土)・18(日)と2日間にわたって行われました。

 

2020年インテリア設計士資格試験1-1

 

遠隔授業でインテリア設計製図を指導するのは大変でしたが、畿央大学ではいつも以上の学生がチャレンジしました。11/21(土)に合格発表があり29名が合格、今年度の合格率は96.7%でした。試験内容は初日の午前中が学科試験、午後から製図試験になり、次の日も終日製図というハードなものです。

過去畿央大学12年間の累計では、毎年20名を超える畿央生が受験し今年度を含めますと合計258名が受験しました。その内、合格者は240名で合格率は93%というハイレベルに達しています。全国平均合格率は約7割という中で、畿央生の頑張りには目を見張るものがあります。今後とも継続してほしいものです。

 

◎合格者は下記の29名です。(敬称略)

稲田千絵・井戸上希星・畝森初音・大井嵩士・大下恵莉・奥野晧晴・門田真奈・金岡梨桜・久米亜衣子・佐々木柊真・白石望友・吹田絹果・竹田光花・月岡菜桜・辻澤未来・殿村梨花・豊田純菜・中村理紗・永田貴哉・西浦奈々帆・西尾幸記・西岡祐大・畠中詩奈・東田遥香・八島美来・山本陽菜・山田茜・吉川理那・吉田流奈

 

皆さん、本当におめでとうございました。

 

人間環境デザイン学科 教授 加藤信喜

 

【過去の成績】

2019年度 インテリア設計士2級試験結果

2018年度 インテリア設計士2級試験結果

2017年度 インテリア設計士2級試験結果

2016年度 インテリア設計士2級試験結果

2015年度 インテリア設計士2級試験結果

2014年度 インテリア設計士2級試験結果

2013年度 インテリア設計士2級試験結果

2012年度 インテリア設計士2級試験結果

2011年度 インテリア設計士2級試験結果

2010年度 インテリア設計士2級試験結果

2009年度 インテリア設計士2級試験結果

2020年11月19日(木)

KCV53とは、大学最寄の近鉄「五位堂」駅から畿央大学正門までの通学路のゴミ拾いをするボランティア活動です。

 

2014年5月30日が記念すべき第1回目でした。5月30日に始めたきっかけは、この日が「ごみゼロの日」だったからです。積み重ねて300回、雨の日も風の日も・・・とは違って雨の日は中止をして緩やかに続けてきました。ところがです。今年度は思いもよらずコロナ禍になってしまいました。昨年度(2020年3月末)までに291回まで進んでいましたが、前期は遠隔授業が主だった為、活動が停滞することとなってしまいました。

後期になって対面授業が増えました。1回生数人に手伝ってもらいながら9月後半から再開し、一時は目標の300回を半ば諦めていたのですが、救世主1回生の活躍で到達することができました。記念すべき300回目は2020年11月16日(月)の朝9時に五位堂駅に総勢12名が集まりました。この日は晴天に恵まれ最高のゴミ拾い日でした。

 

▼ゴミ袋とゴミ拾い用のトングをもって活動スタート!

IMG20201116090230

 

▼まずは駅前の階段、スロープに落ちているゴミ拾いから

IMG20201116090258

 

▼駅前のベンチには毎日のように捨てられるゴミもていねいに片付け

IMG20201116090309

 

▼今年は使い捨てマスクもよく落ちています。

IMG20201116090801

 

▼この日は紅葉も楽しめました!

IMG20201116091148

 

▼一番多く捨てられているのは、タバコの吸い殻。歩きタバコ、ポイ捨てはやめましょう!

IMG20201116091701

 

▼側溝に落ちているゴミも忘れずに・・・

IMG20201116091821

 

▼大学に近づけば近づくほど、拾えるゴミは少なくなっていきます。

IMG20201116092337

 

▼あともう少し!

IMG20201116093009

 

▼大学に到着!後期から活動をしている分、ゴミは少なめ。ゴミ袋にはKCVマーク。

IMG_0999

 

▼最後に全員で記念撮影!

1118_kcv01

 

また、参加してくれた教員・学生一同から300回を記念としてプレゼントもいただきました。ありがとうございます。

IMG_1016

 

▼「KCV53 300回達成おめでとうございます!立体表現2A班一同より」とメッセージが入っていました。

IMG_1018

 

実は「KCV53ひとり」という状態もありましたが、300回まで続けてこられたのも学生たちのボランティア精神があったからです。これからも続けてほしいものです。

 

【KCV53に参加した人間環境デザイン学科学生からのコメント】

私は1回生の時も加藤先生とKCVを行っていました。五位堂から畿央大学までのゴミ拾いはとても清々しい良い活動で、これからも行っていければと思います!

2回生 奥野皓晴

 

はじめて参加したときは特に駅前のベンチの近くにたくさんのゴミがあったので驚きました。参加したときは毎回ゴミがあったので、もしこの活動がなかったら駅前はゴミで溢れてしまうのだろうと思いました。300回おめでとうございます!

1回生 青木佑夏

 

数回でしたがKCV53に参加して、自分たちの周りの環境を考えるいい機会になりました。これからもこの活動を続けられたらいいなと思います。

1回生 阿舍利陽菜

 

KCV53は、早起きする習慣がつく、自分が通学する道がきれいになるというような良いことが多くある活動だと思いました。活動中に声を掛けて下さる方がいることや、道が綺麗になったのを見ることで参加して良かったと思えます。300回、おめでとうございます。

1回生 今村水紀

 

300回記念、おめでとうございます!ゴミ拾いのボランティアは、小学生の時以来で新鮮でした。普段大学までの道を歩いている時は意識していなかったものの、実際に自分がゴミ拾いをしていると意外と沢山落ちていることに気がつきました。

道が綺麗になるとゴミを捨てる人がいなくなるのではと思うので、これからもこの活動を続けられると良いなと思います。

1回生 上出那奈実

 

コロナ禍の中、300回目のボランティアに参加できたことは光栄に思います。もしこの活動に参加できていなければ、五位堂からのゴミの量に気づけなかったと思います。私たちが街を綺麗にしていることを実感できて良かったです。

1回生 岡村夢真也

 

「KCV53」300回達成おめでとうございます。私はほんの数回しか参加していないですが、みんなと一緒に朝からゴミ拾いをし、道が綺麗になっていくのが嬉しかったです。これからもまだ続けられたらいいなと思っています。

1回生 奥野菜花

 

通学路には結構ゴミが散乱していて、こういうボランティアでゴミを拾っているおかげで綺麗な通学路になっているのだなと思いました。

1回生 角野歩希

 

【撮影のため同行した職員からのコメント】

コロナ禍に突入して加藤先生や畿央生が大学に来れない間に、通学路(特に五位堂駅周辺)には目に見えてゴミが増えていきました。皆さんの地道な取り組みが快適なまちづくりにつながっていることを実感しながら、微力ながら不定期にゴミ拾いをしていました。今後もぜひ活動を続けていただければ幸いです。

広報センター 伊藤 誠

 

 

・・・皆さん、ありがとうございました。通常のKCV活動は、毎週月曜日の午前9時に五位堂駅をスタートしています!学生の皆さん、今後ともご協力をお願いします。

 

人間環境デザイン学科 教授 加藤信喜

 

【マーク】

「K」は畿央大学・広陵町・香芝市の共通の頭文字、「C」はクリーン活動、「V」はボランティア、「53」はゴミを表しています。

畿央大学の最寄り駅は五位堂駅で、駅からの通学路は香芝市、校舎が建っているのは広陵町になります。このマークはゴミ袋にもプリントされていて、見た通りゴミ拾いをしているデザインです。胴体は広陵町と香芝市の合体地図になっています。

 

kcv53rogo

 

 【KCV53のこれまでの活動の様子】

2018年11月23日(祝・金)、第200回KCV53活動の様子

2016年9月23日(金)、第100回KCV53活動の様子

2014年5月30日(金)、加藤ゼミ生「第1回KCV53」活動の様子

2020年11月5日(木)

1回生の皆さんを応援する”新入生応援!やさしさを「チカラ」に変える”プロジェクト”。「D棟への行き方がわからない」という声があった…ということで、本学卒業生でもある人間環境デザイン学科の小松先生にご協力いただき、D棟へのアクセスをご紹介します!

 

【1】正門を通って坂を登ったら、モニュメントの前を右にへ!

 

1105_01

 

【2】渡り廊下の左側にあるドアを入って、C棟を通り抜けてください!

 

1105_02

 

【3】C棟を通り抜けると目の前にP棟が見えるので、そこを右へ!

 

1105_03

 

【4】ここを奥に行くと、D棟はあと少し! ※初めて来る人は、ここで引き返しちゃうみたいです…

 

1105_04

 

⑤駐輪場をこえて、左手にある建物がD棟です!

 

1105_05

 

新入生の皆さん、D棟2階の共同研究室でお待ちしています!

人間環境デザイン学科 助手

小松 智菜美

2020年11月5日(木)

1回生の皆さんを応援する”新入生応援!やさしさを「チカラ」に変える”プロジェクト”。後期からは1回生クラス担任以外の先生方もご紹介します。今回は人間環境デザイン学科の小松先生です!

 

教員紹介「小松先生」1-1

 

【1】氏名および研究分野・担当科目

小松 智菜美(こまつちなみ) 人間環境デザイン学科 助手 

 

普段は先生方の授業のお手伝いや、授業の準備をしています。景観まちづくり演習、アパレル材料学実験、2・3回生のプロジェクトゼミでは、授業に参加して先生方のサポートをしています。

2組担任の村田先生と一緒に、被服学・生活科学に関する研究も進めています。私は畿央大学の11期生で、卒業研究では広陵町や大和高田で盛んに栽培されている綿についての研究を行いました。綿は途切れることなく永遠に糸を紡ぐことができるのが特徴です。その特徴を生かし、クンスト編みと呼ばれる特殊な編み物の技法でウエディングドレスを制作しました。綿の特徴を生かして想いを込めたウエディングドレスは、実際に兄の結婚式でお嫁さんに着てもらったのも良い思い出です。

 

▼卒業式当日、村田先生と

1105_01

 

▼卒業制作 ※画像をクリックで卒業制作ギャラリーへ

04_IMG_7582

 

【2】モットーや好きな言葉、大切にしていること

大切にしていることは、毎日丁寧に暮らすことです。特に片付けや整理整頓をきっちりすることを心がけています。これは学生時代に村田先生のアパレル構成実習の授業で、“後片付けまでが授業”と学んだことがきっかけです。自分の使った場所を整理整頓して一日を終えることができれば、次の日もとても気持ちよくスタートできます。

 

【3】趣味・特技など

ディズニーが好きでよく遊びに行きます。特にディズニーシーの建物やキャラクターが好きです。今年はなかなか気軽に遊びに行けませんが、動画をみてディズニーに行った気分になっています。D棟の共同研究室からディズニーの音楽が聞こえてきたら、犯人は私です…(笑)

 

教員紹介「小松先生」3-1

▲写真左:夜のディズニーシーは雰囲気があって好きです。

 写真右:ホテルミラコスタに宿泊したときの景色です。

 

【4】先生から見た畿央大学(または所属学科)や畿央生の印象は?

デザイン学科の先生は常にワクワクした気持ちを持っている先生ばかりです。皆さんからどんな素敵な作品が生まれるのか、どんな面白いアイディアが出てくるのか、そして皆さんと一緒にどんなものが作れるのかとても楽しみにしています。“楽しんで勉強する”ということを、一番近くにいる先生方から学ぶことが出来ると思います。

 

【5】1回生(畿央生)にメッセージを!

学内で1回生の皆さんと顔を合わせる機会も増えてきましたね。すっかり畿央生になった皆さんの姿を見ることができて嬉しく思います。私の後輩でもあるデザイン学科の皆さんとこれからたくさんのお話をできるのをとても楽しみにしています。「こんな状況だから出来ない」なんて思わずに、「この状況だから出来ること」をぜひ見つけて下さい。皆さんのワクワクしたお話を、気長に待っていますね。気軽にD棟に遊びに来てください!

 

「D棟への行き方がわからない」という声があったということで、小松先生にご協力いただき「D棟への行き方」を紹介します!

▼画像クリックで別記事へ!

1105_00

2020年10月26日(月)

人間環境デザイン学科の加藤ゼミです。2・3回生合同の加藤プロジェクトゼミでは2011年から茶室を作っており、毎年畿央祭(学園祭)において展示しています。

 

早いもので茶室づくりも10年目となりましたが、今年はまさか新型コロナウィルスによって社会がこんなにも混乱するとは夢にも思っていませんでした。畿央祭も中止となりました。年度初めは茶室制作も難しいのではと思っていましたが、幸いにも後期から対面授業も一部再開してなんとか制作することができました。

 

1028_01

 

毎年、茶室のテーマを設定しており、2020年は「禍庵(かあん)」と決まっていました。鴨長明の方丈記からデザインのヒントを得て茶室づくりを始めていきました。

 

▶2020年コンセプト~茶室「禍庵(かあん)」《転生愚離茶・テンセグリティ》

 

IMG20201026144517

 

ゆく川の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。淀みに浮かぶうたかたは、かつ消え、かつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。世の中にある人とすみかと、またかくのごとし。

 

↑これは有名な鴨長明が書いた「方丈記」の冒頭です。

「方丈記」が書かれた背景には災厄に悩まされた乱世があります。晩年、長明は一丈四方(方丈)の小さな庵で余生を送ります。今年の茶室はテンセグリティ構造で成立しています。テンセグリティとはTension(張力)とIntegrity(統合)の造語であり、バックミンスター・フラーによって提唱されました。「転生愚離茶」というのはテンセグリティの当て字です。まるで重力を無視して浮いているように見える二畳茶室になっています。


設置するにあたり、現場は全然うまくいかず、翌日の遅くまでかかってしまいました。

 

人間環境デザイン学科 加藤ゼミ3-1

 

完成時は浮いたような構造(テンセグリティ)が一瞬は成立していたのですが、次第に崩れて、天井部が下がってしまいました。2日目には床にまで天井部が落ちてしまい、テンセグリティが成立していませんでした。

コロナ禍のためすぐに学生は集まれませんので、急遽、リーダーの勝屋君が応急処置で直してくれました。面皮柱を立て、なんとかテンセグリティ構造が成立しました(写真一番上)。

 

 

▶禍庵 1/10模型

人間環境デザイン学科 加藤ゼミ2-1

 

1/10模型と原寸(1/1)の違いを思い知らされましたが、試行錯誤しながら完成させることができました。

 

【禍庵制作メンバーのコメント】

今回、テンセグリティという変わった構造を軸に作ってみましたが、やはり絶妙なバランス、サイズで作らないといけなく、難しかったです。

思っていた形にはならなかったですが、構造体への理解がより一層深まりました。次回何かを制作する時にこの失敗と学びを活かし、取り組みたいと思います。

(禍庵リーダー)人間環境デザイン学科3回生 勝屋翔太

 

失敗はつきものですが、その失敗がかえって作品の質を上げることもあるのです。禍庵は片流れ茶室の美しさをたたえ、面皮柱はインテリアのポイントになっています。

コロナ禍でも全員の力を結集して作ることができたのは本当に良かったと思っています。

完成した茶室は10月30日(金)までエントランスホールに展示していますので、登学された方はぜひ実物をご覧ください。

 

人間環境デザイン学科 教授 加藤信喜

 

▼テンセグリティを実感できる動画(クリックで開始)

 

【加藤プロジェクトゼミメンバー】

勝屋翔太  米田雄人 麻田彩花 梅林沙采 川西梨々花 佐々木優帆 中林ゆき 前田瑠唯 西田瞬 井戸上希星 島本侑奈 殿村梨花 中井竜大 東田遥香 山口瑞生

 

kaan2020

禍庵20201030

 

 

【過去の茶室記事】

2011年 浮游庵 fu-you-an(浮く茶室)

2012年 PET庵(ペットボトル茶室)

2013年 「段庵」(ダンボール茶室)

2014年 「蹴鞠庵」(サッカーボール型茶室)

2015年 「ゲル庵」(モンゴル移住民の移動式住居)

2016年 「紙庵」(トイレットペーパーと古新聞の茶室)

2017年 「紐庵」(紅白の毛糸と木材を組み合わせたの茶室)

2018年 「角々庵(かくかくあん)」(三角と四角の幾何学デザインの茶室)

2019年 「吊庵(つりあん)」(吊る茶室)