畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

人間環境デザイン学科

2019年9月3日(火)

8月31日(土)から19日間

イギリスで行われる夏期短期語学留学プログラムに参加!

 

畿央大学の短期語学留学プログラムは、毎年夏休み期間中に行われます。英語学習はもちろんのこと、英国文化に触れることができ、博物館見学や美術館での美術鑑賞、サッカー観戦、コンサートなど課外アクティビティを自分で計画して、イギリスでの生活を満喫することもできます。

 

【畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019概要】

場  所:イギリスのカンタベリー(ロンドンの南、車で2時間程の場所にあります)

研修場所:コンコルドインターナショナルスクール

期  間:2019年8月31日から19日間

内  容:2週間英語学習(ホームステイ滞在)、その後5日間のロンドン文化体験(観光等)

では、夏期短期語学留学の日々の様子を参加学生にリポートしていただきます。

 

こんにちは、人間環境デザイン学科の島本侑奈です。イギリスに来てロンドンのホテルで1泊しました。今日はロンドンからバスで約1時間のところに位置するカンタベリーまで移動しました。それぞれのホストファミリーが迎えに来て下さり、ホームステイ先での生活が始まりました。留学するのは初めてで、家族以外の人と一緒に生活をするのも初めてなのでとても緊張していましたがホストファザーもホストマザーもとても親切で安心しました。家に着いてハウスルールについて説明してもらい、夕食を一緒に食べました。その後お土産を渡すととても喜んでくれました。色々話しかけてくれましたが英会話がとても速く、知らない単語がたくさんあってなかなか聞き取ることが出来ませんでした。言いたいことがあっても言葉に詰まってしまってあまり会話をすることが出来ませんでした。でも私が分かるようにゆっくり簡単な言葉で話し、拙い英語を理解してくれようとしてくれ、嬉しかったです。2週間という短い時間なので出来る限りたくさん会話をして、来た時よりも少しでも多くの知識を得て日本に帰りたいと改めて思いました。明日からは学校が始まるので頑張りたいです。

 

▼ホストマザーとホームステイ先にいた犬

犬1

 

▼ホストマザーはたくさん話してくれます。犬も人懐っこくてとても可愛いです。

犬2

 

健康科学部人間環境デザイン学科 1回生 島本侑奈

【関連記事】

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol. 3

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol. 2

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol. 1

2019年9月2日(月)

明日香村国際サマーワークショップ2019

International Summer Workshop in Asuka 2019

 

人間環境デザイン学科では2年次配当「海外インターンシップ」の一環として、ただ今『明日香村国際サマーワークショップ2019』を開催しています。畿央大学(人間環境デザイン学科)学生2・3回生22名と台湾の高雄大学の学生12名が明日香村に集い、空き家の利活用提案や町並み調査などを行っています。8月25日(日)から8月31日(土)まで、明日香村で約1週間過ごす中で、旧集落における課題に向き合い、地域活性化につながる提案を行います。

 

●4日目:8月28日(水)

明日香村サマーワークショップ4日目となった今日は、奈良市の東大寺今井町の街並みを見学し、日本の伝統的な木造建築や町並みについて学びました。

 

AM10:00-PM1:30 東大寺

東大寺では、僧侶の方に案内していただきました。

 

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.4~人間環境デザイン学科1-1

▲僧侶の方の説明の様子

 

大仏殿の裏側や蓮華座の周りにも上がらせていただき、普段では行くことの出来ない場所を見ることが出来て、貴重な体験をさせて頂きました。現存する大仏殿は、正面の幅57.5m、奥行き50.5mありますが、国家事業として創設された大仏殿は当時、その1.5倍もの大きさであったと伺い、その壮大さに驚きました。

蓮の花びらには当時の職人達が一つ一つ大仏様を彫り込んでいます。この絵は宇宙を表しており、宇宙までも大仏様の慈悲で包んでいる様子を表しているそうです。他にもこの絵には、「人は誰でも修行を積めば悟りを開いて仏になれる。」という意味もあるそうです。

ちなみに花びらで絵のない部分は、修復された部分となっています。

この花びらの絵を細かく解読しようと思えば、論文を書き上げられるくらい奥深いそうです。

 

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.4~人間環境デザイン学科2-1

▲蓮華座の花びらの一部(レプリカ)

 

PM2:00-PM4:30 今井町

今井町の歴史を聞いた後に、実際に町屋を見せて頂きました。今井町は平成5年に重要伝統的建造物群保存地区に指定されており、歴史的な建物が多く残っています。説明によると他の地域より瓦葺きの建物がほとんどを占めていたことだけでなく、住人一人ひとりが防災についての役割を持っていたそうです。ハード面だけでなくソフト面の防災も緻密に行われて、今の今井町の美しい街並みが残っている事に感銘を受けました。

 

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.4~人間環境デザイン学科3-1

▲街並みの説明 

                                

また、模型を使って今井町特有の木造構造を三井田先生に解説していただきました。

今井町では大きな家がコーナーのように、隅にあるものも多く、入母屋型が多いのが特徴です。梁は小屋ばりが多く、長い木を使わなくても作れるようになっています。

他には、一階と二階の壁面が揃っていないことも特徴的です。今井町では、一階の壁面が出ているものが多く、これは店屋が多かったため、店部分である一階部分を広くしたのでは?と三井田先生が仰っていました。京都や奈良は一階と二階の壁面は揃っているので、今井特有の景観と言えます。

 

 

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.4~人間環境デザイン学科4-1

▲構造の説明の様子

 

説明を受けた後は、住民の方と一緒に今井町を歩きながら、主に旧米谷家や、旧南町にある恒岡醤油店などを解説して頂きました。

 

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.4~人間環境デザイン学科5-1

▲恒岡醤油店での説明の様子

 

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.4~人間環境デザイン学科6-1

 ▲旧米谷家での説明の様子

 

明日は課題制作最終日なのでコミュニケーションをしっかり取って良いものをプレゼンテーションしていきたいです。

 

 

DIS

▲東大寺大仏殿前での記念撮影                                    

 

人間環境デザイン学科2回生 麻田彩香 追田奈菜 中山瑞貴

 

主催:畿央大学 

共催:国立高雄大学(台湾)、明日香村商工会、大和飛鳥ニューツーリズム

後援:明日香村役場

 

【関連記事】

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.3~人間環境デザイン学科

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.2~人間環境デザイン学科

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.1~人間環境デザイン学科

2019年9月2日(月)

明日香村国際サマーワークショップ2019 

International Summer Workshop in Asuka 2019

 

人間環境デザイン学科では、2年次配当「海外インターンシップ」の一環として『明日香村国際サマーワークショップ2019』を開催しています。畿央大学(人間環境デザイン学科)学生2・3回生22名と台湾の高雄大学の学生12名が明日香村に集い、空き家の利活用提案や町並み調査などを行っています。8月25日(日)から8月31日(土)まで、明日香村で約1週間過ごす中で、旧集落における課題に向き合い、地域活性化につながる提案を行います。

 

●3日目:8月27日(火)

この日は、2日目に決めた岡地区チームと栢森地区チームに分かれてそれぞれ調査へ。

 

①   岡地区→集落街道再生計画

②   栢森地区→空き家の利活用提案

 

AM9:30 栢森地区チーム 空き家周辺を散策

 

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.3~人間環境デザイン学科1-1

▲栢森地区チーム散策の様子

 

栢森地区チームは、空き家の利活用提案の参考に栢森周辺を散策することに。

散策中に気づいたことは、栢森の家の外壁には防虫・防腐の効果を持たせる焼き板が使用され、岡地区とはまた違った印象を持ちました。

 

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.3~人間環境デザイン学科2-1-down

▲梁について説明をしている様子

 

AM10:00 岡地区チーム 岡地区を散策

岡地区では岡本邸を訪問し、岡本邸の歴史や以前計画していた改修工事の過程のお話をお伺いした後に、つばいちカフェに行き古い家の改修例とさるすべりを見学しました。

 

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.3~人間環境デザイン学科4-1-down

▲岡本邸を見学 管理人さんの説明を聞く様子。

 

PM13:00 各チーム議論と作業の開始

両チーム散策終了後は、チームに分かれてそれぞれの課題についての議論と作業を開始。

議論をしていく中で、意見を伝える手段として絵を用いてみたり写真を見せてみたりそれぞれの手段で伝え合うと、日本と台湾の違いや共通点など様々な発見があり、とても良い時間を過ごせました。

 

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.3~人間環境デザイン学科6-1

▲岡地区チーム 各チームに分かれて議論する様子

 

 

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.3~人間環境デザイン学科7-1

▲栢森地区チーム 各チームに分かれて議論する様子

 

この日初めて、各チームの課題についての議論を本格的に始め、お互いの意見を伝える難しさや相手の意見を読み取る難しさを感じましたが、より一層相手のことを理解しようという気持ちが高まり、集中した議論になったのではないかと思います。

1日中、チームでの議論を中心に活動しましたが、どのチームも集中し初日よりもお互いに緊張感が薄れたような気がします。

 

3日目の最後は、

「お疲れ様。」

「辛苦了(xīn kǔ le シンクーラ)」

日本と台湾それぞれのねぎらう挨拶の言葉で終了しました。

明日は明日香村を離れて東大寺、今井町へ見学に!とても楽しみです。

 

人間環境デザイン学科3回生 岩城柚葉 

 

主催:畿央大学 

共催:国立高雄大学(台湾)、明日香村商工会、大和飛鳥ニューツーリズム

後援:明日香村役場

 

【関連記事】

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.2~人間環境デザイン学科

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!~人間環境デザイン学科

2019年8月29日(木)

明日香村国際サマーワークショップ2019 

International Summer Workshop in Asuka 2019

 

人間環境デザイン学科では、2年次配当「海外インターンシップ」の一環として『明日香村国際サマーワークショップ2019』を開催しています。畿央大学(人間環境デザイン学科)学生2・3回生22名と台湾の高雄大学の学生12名が明日香村に集い、空き家の利活用提案や町並み調査などを行っています。8月25日(日)から8月31日(土)まで、明日香村で約1週間過ごす中で、旧集落における課題に向き合い、地域活性化につながる提案を行います。

 

●2日目:8月26日(月)

この日は、明日香村役場の方から明日香村の概要と抱えている課題などについてお話をしていただきました。

 

明日香村国際サマーワークショップ2 1-1

 ▲明日香村の説明をしていただいている様子

 

明日香村の位置、地勢、明日香村の特殊な法律、人口推移、文化財や今後の課題まで詳しく説明していただきました。明日香村全域で村の魅力を体感できる「明日香まるごと博物館づくり」を進めているそうです。

 

今回のワークショップは主に以下の2地区に分かれて進めていきます。

①    岡地区→集落街道再生計画

②    栢森地区→空き家の利活用提案

 

AM11:00 岡地区の街並み散策

とてもいい天気で散策日和でした。建物の色味や街並みはとても落ち着いていて、外観にもまとまりがある印象でした。1つの建物でも屋根の高さに変化があり、面白みを感じました。建物の中は日中でも風が通り、とても涼しく快適に過ごせました。住民の方からも当時のお話を聞くことができました。

 

明日香村国際サマーワークショップ2 2-1-down▲格子や貴人口などについて説明している様子

 

PM1:00 栢森地区の空き家見学

奥明日香といわれる栢森地区にある空き家を見学しました。大和棟の屋根裏に入り、珍しい屋根構造を見ることができました。

 

明日香村国際サマーワークショップ2 4-1

 

屋根裏に登り、どのような空間かを確認した後、台湾の学生達と広い屋根裏の空間をどんな風に活用できるかを話し合いました。言語に戸惑うこともありましたが、漢字や英語を用いて、意見をたくさん伝い合いました。

 

明日香村国際サマーワークショップ2 5-1

▲土間玄関から屋根裏へ登る様子

 

明日香村国際サマーワークショップ2 6-1

空き家全体を見るために少し裏山へも登りました。

 

PM3:00 班わけ

明日香村国際サマーワークショップ2 7-1-down

 ▲話し合いの様子

 

岡地区と栢森の空き家を見学した後、岡と栢森の2チームに分かれ、それぞれどのような方向性で課題を進めていくかを話し合いました。

 

PM3:30 石舞台見学

少し時間ができたので、石舞台を見学することになりました。台湾の学生達は初めての石舞台にとても興奮していて楽しそうでした。

 

明日香村国際サマーワークショップ2 9-1-down

 

PM4:30 入村式  

これから5日間、家族として暮らすホストファミリーと顔合わせをしました。私はギャラリーでしたが、ホストファミリーはとても優しそうで少し羨ましく思いました。これを機に台湾の学生達が明日香での暮らしや文化に少しでも興味を持ってくれると嬉しいです。

 

明日香村国際サマーワークショップ2 11-1

 

この日から本格的にはじまったサマーワークショップ。

お互い言語が違う中で話し合うのは難しいことですが、考え方の違いや新しいアイデアを共有できることはとても新鮮でワクワクします。明日からのディスカッションもとても楽しみです!!

 

人間環境デザイン学科3回生 辻沙希

 

主催:畿央大学 

共催:国立高雄大学(台湾)、明日香村商工会、大和飛鳥ニューツーリズム

後援:明日香村役場

 

【関連記事】

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!~人間環境デザイン学科

2019年8月28日(水)

明日香村国際サマーワークショップ2019

International Summer Workshop in Asuka 2019

 

人間環境デザイン学科では2年次配当「海外インターンシップ」の一環として、ただ今『明日香村国際サマーワークショップ2019』を開催しています。畿央大学(人間環境デザイン学科)学生2・3回生22名と台湾の高雄大学の学生12名が明日香村に集い、空き家の利活用提案や町並み調査などを行っています。8月25日(日)から8月31日(土)まで、明日香村で約1週間過ごす中で、旧集落における課題に向き合い、地域活性化につながる提案を行います。

 

●1日目:8月25日(日) 

この日は翌日からスタートするワークショップに向けて、石舞台古墳近くの創作料理屋さん「ポカフレール」にて歓迎会とお互いの大学生活の紹介を行いました。

 

明日香村国際サマーワークショップ1-1-down

▲明日香村の森川村長よりご挨拶をいただき、明日香村の課題や取り組みについてお話していただきました。

 

明日香村国際サマーワークショップ3-1

▲冬木学長にもお越しいただき、ご挨拶をしていただきました。

 

その後、高雄大学と畿央大学の学生がそれぞれ授業で取り組んできたことや大学生活についての発表を行いました。海外の建築学生の活動の様子や作品を見たり聞いたりする機会は少ないため、皆さんとても真剣に発表を聞いていました。

 

明日香村国際サマーワークショップ4-1

▲畿央大学の紹介の様子 人間環境デザイン学科での活動や設計演習での作品を紹介しました。

 

明日香村国際サマーワークショップ5-1

▲高雄大学の紹介の様子 面白い作品をたくさん紹介してくれました。

 

明日香村国際サマーワークショップ6-1

▲高雄大学からお土産を頂きました。

 

大学紹介が終わるとお待ちかねの夕食です。

高雄大学と畿央大学の学生が同じテーブルで会話を楽しみながら交流を深めました。

 

明日香村国際サマーワークショップ7-1

▲交流しながらの夕食

 

ポカフレールでは明日香村産の旬の食材を使用しているとのことで、野菜や五穀米など色鮮やかなプレートをいただきました。

 

明日香村国際サマーワークショップ8-1

▲彩も鮮やかな旬野菜プレート

 

翌日からのワークショップも充実したものになるよう、国際交流も楽しみながら真剣に取り組んでいきたいです。

2日目からの様子もどんどんアップしていきますので、お楽しみに!

 

主催:畿央大学 

共催:国立高雄大学(台湾)、明日香村商工会、大和飛鳥ニューツーリズム

後援:明日香村役場

 

人間環境デザイン学科4回生 外尾華奈子・3回生 饗庭美咲