畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

人間環境デザイン学科

2019年3月4日(月)

2019年2月19日(火)~22日(金)まで、長野県北安曇郡白馬村の白馬五竜スキー場にて、「スポーツ実習B・Ⅱ」が開講されていました。受講する1回生116名、助力(2・3回生)24名、教員12名あわせて152名が参加しました。実習4日目の様子を学生目線でお届けします!!

 

4日目:2/22(金)

 

冬のスポーツ実習2019(in 白馬村)レポート vol.4 1-1

 

実習最終日がやってきました!

この日は実習で一番天気が良くきれいな景色を見納めることができました。

インストラクターの方に丁寧に教えてもらったおかげで私たちはリフトの乗り降りも緊張していた初日とは比べ物にならないぐらい上手にできるようになり、スキーやスノーボードを滑れるようになりました!

 

冬のスポーツ実習2019(in 白馬村)レポート vol.4 2-1

 

白馬五竜スキー場での最後のお昼ご飯を食べ、レンタルしていたスキーやスノーボードの板や小物を返し、宿に戻り帰りの準備をしました。

この4日間、お世話になったご主人や女将さんに全員でお礼の気持ちを伝え、バスに乗り込みました。ご主人や女将さんは、バスが出てもずっと私たちに手を振ってくれていました。旅館でのご飯は本当においしくて全員残さず食べていました。本当にありがとうございました

 

次の目的地に向かっている途中できれいな景色を見ました。

 

冬のスポーツ実習2019(in 白馬村)レポート vol.4 3-1

 

バスに乗っていた人みんながこの景色を携帯に収めました。大学の近くでは見ることができない景色に私たちは見とれていました。

 

スイス村に到着!

お土産を買ったり食べ物を食べたりしました。

私たちはいちごのソフトクリームを食べました!おいしかったです。

 

冬のスポーツ実習2019(in 白馬村)レポート vol.4 4-1

 

このスイス村の次の休憩場所はもう長野県ではないので、私たちは最後に長野のおいしい空気を吸いこんで帰りました。

 

冬のスポーツ実習2019(in 白馬村)レポート vol.4 5-1

 

スポーツ実習では学部関係なくたくさんの友達ができます。そして実習を通してとても仲良しになれます。サークル以外でこんなに他学部と触れ合う機会は少ないと思います。

また、こんなにも学べて楽しかったのはインストラクターのみなさん、旅館のご主人や女将さん、スキー場の方々、バスガイドさんや運転手さん、助力の先輩方、先生方のおかげです。

 

冬のスポーツ実習2019(in 白馬村)レポート vol.4 6-1-down

 

とても貴重な経験ができました。4日間ありがとうございました!!

 

現代教育学科1回生 谷田沙有加、谷口由唯、谷野仁美

健康栄養学科1回生 三角遥菜

 

【関連記事】

冬のスポーツ実習2019(in 白馬村)レポート vol.3

冬のスポーツ実習2019(in 白馬村)レポート vol.2

冬のスポーツ実習2019(in 白馬村)レポート vol.1

2019年3月1日(金)

人間環境デザイン学科で取得をめざす資格として「インテリアプランナー」があります。

インテリアプランナーは、インテリア設計等に建築士の業務と共通部分を持ちつつ、高度な専門知識・技能を有する者として、試験・登録・更新講習制度により、その能力を審査・証明されたプロフェッショナルです。

インテリアプランナー試験は難易度が高く、試験は学科試験と設計製図試験があり、学科試験に合格した方のみが設計製図試験を受けることができます。

平成28年度から、インテリアプランナーの称号の他に、新しい称号として「アソシエイト・インテリアプランナー」が設けられました。アソシエイト・インテリアプランナーは、インテリアプランナーの学科試験合格者が登録できる資格で、インテリアプランナーになる前段階の称号です。年齢制限や実務経験は不要で、もちろん学生も挑戦が可能です(合格率約6割)。登録者の平均年齢としては26歳ぐらいですが、約70%が学生です 。

アソシエイト・インテリアプランナーに登録した後の次の目標はインテリアプランナー試験(設計製図試験)合格になるわけですが、難しすぎて本学の学生は敬遠しがちでした。畿央大学では、過去25名のアソシエイト・インテリアプランナー合格者を輩出していますが、今まではアソシエイト・インテリアプランナー止まりだったのです。ちなみに平成30年度設計製図試験の課題は「本に囲まれて暮らす住戸のインテリア」で合格率は約27%でした。

一級建築士でさえ、たまに落ちるという難関のインテリアプランナー試験に、今年初めて畿央大学から合格者が出ました。

 

 

その方は・・・3回生の森本美里さんです。

 

 

co20190301

 

【森本さんのコメント】

インテリアプランナー試験に合格できました。6時間にもおよぶ製図試験は図面だけでなく、パースや家具スケッチなどの課題もあります。最初は時間内に仕上げることができませんでしたが、毎日1枚の図面を仕上げるという目標をたて、練習し、本番に挑みました。難しい試験ではありますが、挑戦してみる価値はあると思います。受験を考えている人はぜひチャレンジしてみてください。

 

 

畿央大学には、インテリアプランナー登録資格制度があり、所定科目の単位を取得することによって(設計製図試験に合格すれば)実務経験年数0年で登録することができます。森本さんは3回生終了時で既に所定単位数を取得しているため、登録さえすれば「インテリアプランナー」になれるわけです。

森本さん、本当におめでとうございます!

 

人間環境デザイン学科 准教授 加藤信喜

 

【関連記事】

アソシエイト・インテリアプランナーに10名が合格!~人間環境デザイン学科
「インテリア設計士2級」に21名全員が合格!~人間環境デザイン学科
畿央大学で初のエクステリアプランナー2級合格!~人間環境デザイン学科

「インテリア設計士2級」に23名全員が合格!~人間環境デザイン学科

2019年2月26日(火)

大学近隣の地域と連携して課題解決に取り組む、人間環境デザイン学科2・3回生合同の「プロジェクトゼミ」。

陳ゼミでは2018年5月より、広陵町箸尾の教行寺に設置する縁台・屏風の作成を行ってきました。このプロジェクトは、「近隣住民のコミュニティの場として縁台を提案し、箸尾の地域を活性化させたい」という思いから始まりました。縁台の座面と屏風に広陵町の竹を使用し、地域に馴染むとともに住民の方に愛されるデザインをめざしました。

 

箸尾縁台プロジェクト1-1-side

 

▼教行寺で現地を測量している様子です。暑い日でしたが、協力して行いました。

 

箸尾縁台プロジェクト3-1

 

▼奈良県産の桧の部材が届き、防腐剤を塗装するところから縁台の制作が始まりました。

 

箸尾縁台プロジェクト4-1

 

▼無事に塗装が終わり、乾燥させました。

 

箸尾縁台プロジェクト5-1

 

▼竹の座面をのせる部材を加工し、土台に固定しています。木材が割れないように慎重に作業しました。

 

箸尾縁台プロジェクト6-1-side

 

▼座面を紐で土台に固定します。竹の太さにばらつきがあり、枠にピッタリはまる組み合わせを考えるのに苦労しました。

 

箸尾縁台プロジェクト8-1

 

▼縁台が完成しました!

 

箸尾縁台プロジェクト9-1

 

▼竹の屏風を製作しています。竹を斜めにカットして、やすり掛けを行いました。その後、穴を開けて横紐を通し、結んで固定。微妙に長さの違う竹を組み合わせることに苦戦しました。

 

箸尾縁台プロジェクト10-1-side

 

▼7月になり、縁台5台と屏風3台が完成しました!

 

箸尾縁台プロジェクト12-1

 

▼当初設置予定だった7月28日(土)大和鉄道開通100周年イベントは残念ながら台風の影響で中止になりましたが、9月22日(土)~23日(日)に開催された広陵かぐや姫まつりに出展することができました。

 

箸尾縁台プロジェクト13-1-side

 

2018年11月から教行寺に設置スタートしました。

門前の縁台は、近隣の住民や通りすがりの人が少し休憩する場として利用できるように設置しました。門の横のコーナーに置くことで、前面道路との距離を取ることができ、視線も遮られるのでゆっくり落ち着いて座ることができます。

境内の縁台は、遊具で遊ぶ子供を見守る保護者の利用を想定して設置しました。腰掛けるだけでなく、子供たちの荷物置き場として活用することもできます。カウンターに見立ててままごと遊びをする子供の姿も見られたようです。

 

箸尾縁台プロジェクト15-1-side

 

箸尾の縁台作りを通して、ものづくりの楽しさを感じることができました。景観に馴染むように試行錯誤してデザインしたものを形にすることができ、さらに実際に利用されている様子を見ることができ、達成感があり嬉しかったです。

また、意匠だけでなく構造による強度や接合部、組み立て方を考えながら設計することの大切さを学びました。竹の加工や麻紐を使用した固定が難しかったので、今後も研究をすすめていきたいです。

 

箸尾縁台プロジェクト17-1-side

 

 

人間環境デザイン学科3回生 梅野奈々・外尾華奈子・古市桃子

              藤江誠・石田蓮貴・荒木智哉

 

【関連記事】

今井町“みんなでつくろう!”床几プロジェクト~人間環境デザイン学科

「バーンデザイン」農家小屋アート!第3弾~人間環境デザイン学科加藤ゼミ

竹取公園ツリーハウス『みんなのひみつきち』披露式典~人間環境デザイン学科プロジェクトゼミ~

2019年2月22日(金)

2019年2月19日(火)~22日(金)まで、長野県北安曇郡白馬村の白馬五竜スキー場にて、「スポーツ実習B・Ⅱ」が開講されています。受講する1回生116名、助力(2・3回生)24名、教員12名あわせて152名が参加しています。

実習3日目の様子を学生目線でお届けします!!

 

3日目:2/21(木)

昨日よりは肌寒い環境でしたが、2日目同様天気にも恵まれました!

 

冬のスポーツ実習vol.3 5-1

 

本格的な練習が始まり、それぞれスキーやスノーボードにも慣れ、グループによってはゴンドラに乗って上からの景色を見たり、そこから滑ったりできるグループもでてきて、それぞれ自分達の成長を実感することができました。

 

冬のスポーツ実習vol.3 2-1-down

 

初心者グループの私たちは、講習初日は転んでばかりでしたが、インストラクターの「れみちゃん」さんの指導のおかげでターンも出来るようになりました!コツコツ練習したら誰でもスノーボードが出来るということを実感しました!

 

冬のスポーツ実習vol.3 3-1

 

実習前は他学部の人達と仲良くできるか不安でしたが、ストレッチの前にじゃんけん大会で盛り上がるなど、3日目にもなると皆で楽しく過ごすことができました。

実習最終日、みんなが怪我無く楽しめますように☆

 

kkk

 

理学療法学科1回生 宇野流弥、川端一穂、多賀井日菜、谷口真由香

 

【関連記事】

冬のスポーツ実習2019(in 白馬村)レポート vol.2

冬のスポーツ実習2019(in 白馬村)レポート vol.1

2019年2月21日(木)

2019年2月19日(火)~22日(金)まで、長野県北安曇郡白馬村の白馬五竜スキー場にて、「スポーツ実習B・Ⅱ」が開講されています。受講する1回生116名、助力(2・3回生)24名、教員12名あわせて152名が参加しています。

実習2日目の様子を学生目線でお届けします!!

 

スポーツ実習vol.2 1-1

 

2日目:2/20(水)

初日は大雨でしたが、僕らの強い思いがゲレンデの神様に届いて、快晴となりました☼

さぁ畿央大学がゲレンデへの駆け出します!

 

スポーツ実習vol.2 2-1

 

周りを見渡せば雪に縁のない田舎者の僕達が初めて見る大雪原でした!

初めてスキーブーツを履いたり、ボードに触れてみたり、初めての体験ばっかりでした。

担当インストラクターのいなぞうさんに、転倒の仕方を基礎の基礎からご指導いただきました!

午前中は慣れずにいた動作も、午後になれば段違いにレベルアップしました!フリー滑走でもスノボの経験のある友達に教えてもらったりして、スキルも上がりましたが友情がまた一段と深まりました。

 

スポーツ実習vol.2 3-1

 

僕達はとてつもない恩人方にささえられ、無事に2日目を生き延びることができました。

明日も楽しみながら成長して、4年後にはインカレに出場できるぐらいまで頑張りたいといます(笑)

 

スポーツ実習vol.2 4-1

 

人間環境デザイン学科1回生 正楽仁哉、森田舜

 

【関連記事】

冬のスポーツ実習2019(in 白馬村)レポート vol.1