畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

現代教育学科

2021年6月8日(火)

「マミポコ・親子ひろば」は、近隣の未就園児とその保護者の皆さんに遊びと交流の場を提供する取り組みです。親・子・大学生のコミュニケーションの場として、自由遊び、手遊び、絵本の読み聞かせや体操遊びなどを提供し、元気いっぱい活動をしてきました。

現在はコロナ禍により対面での実施が難しいため、「おうちでできる簡単な遊び」を企画・製作しました。是非おうちでお子様と一緒に楽しんでください!

 

【第1回:5/27(木)】

〇手遊び「かたつむり」

〇ふれあい遊び「ロンドン橋」

〇タッチ遊び「あめふり」

 

 

親子一緒にお家で楽しめる遊びを考え、動画配信することになりました。まだまだ皆さんと会うことが難しい中で、少しでも明るく楽しい気持ちになっていただければと思います。

是非ご覧ください!

 

〈準備の様子〉 ※感染対策を徹底したうえで、練習や準備作業をしています。

 

2021年度「マミポコ・親子ひろば」前期 第1回1-1-down

 

▼こんな感じに出来上がります!

 

2021年度「マミポコ・親子ひろば」前期 第1回3-1

 

〈撮影の様子〉

 

2021年度「マミポコ・親子ひろば」前期 第1回4-3-down

 

2021年度「マミポコ・親子ひろば」前期 第1回7-1

 

これからも、より安心安全に楽しく活動できるような内容を考えていきたいと思います。

子ども達や保護者の方々の笑顔を見られることを楽しみにしています!

動画は順次配信していく予定ですので、チェックしてください!

 

現代教育学科3回生 荒井斗子 岡村遥佳

【関連記事】

「マミポコ親子ひろば」の取り組みはコチラ!!

2021年5月17日(月)

畿央大学では入学後の不安を払拭し、担任や同級生との絆を深めるため、「新入生宿泊研修」を学科ごとに入学式直後に行っています。今年度は2020年度に引き続き十分な感染対策を講じたうえで、その代わりとなる「新入生学科別研修会」を学内で開催しました。今回は現代教育学科の研修会の様子を報告します!

 

2021年4月7日(水)と8日(木)の2日間にわたって新入生向けの学科別研修が行われました。平時であれば、1泊2日の宿泊での研修ですが、現状ではできません。教育学部は人数も多い(193名)ので、密を避けるためにコース別に2日にわけて実施しました。時間も可能な限り圧縮して、充実した内容にすることをめざしました。

 

新入生学科別研修会レポート~現代教育学科1-1

 

10時に集合した学生たちは、まずMicrosoft Teamsの使い方を練習しました。今後、ますます必要になってくるオンラインでのコミュニケーションが円滑に行えるようにするための練習です。最初は戸惑っている様子でしたが、さすがにデジタル・ネイティブの世代、すぐに慣れて使いこなしています。

 

新入生学科別研修会レポート~現代教育学科2-1

 

学科別研修担当の奥田先生からの説明の後、クラスごとに別れてTeamsを使いながら自己紹介などを行います。この時間の進行は、同じコースの先輩学生が担当してくれました。同時に1回生からの、履修や大学での勉強の仕方など、さまざまな質問にも答えます。高校までとは異なる大学での勉強について不安を抱いていた1回生も、先輩の経験談やアドヴァイスを聞いて、安心して大学生活に進むことができるようです。

 

新入生学科別研修会レポート~現代教育学科3-1

 

お昼休みは、個別に昼食をとります。先輩への質問や聞きたいことなどはまだあるようですが、会話は昼食を摂った後に行いました。感染防止のために、話をせずに食べる時間とコミュニケーションの時間を分けています。

 

午後は、4、5名の小グループに別れて学内で脱出ゲームを行いました。グループでクイズに答えながら、課題をクリアしていくゲームです。グループ内でのコミュニケーションを進めることと、教室をいくつか巡ることで学内の地理に親しむことも目的です。グループ内での距離や密になることに配慮しながら、知恵を出し合ってクイズを解いていきます。先輩たちはこの活動では、ヒントを出して1回生の課題のクリアを助けます。

こういった研修に先輩が参加してくれるのは畿央大学の良いところではないでしょうか。忙しい中、手伝ってくれた上級生に感謝です。

 

新入生学科別研修会レポート~現代教育学科4-1

 

予想以上に難しい問題で、最後まで解けたグループは少なかったですが、本来の目的である1回生同士のコミュニケーションの醸成は達成できたようです。これから始まる大学生活に備えて、友人や仲間づくりの第一歩になった2日間でした。

 

現代教育学科 教授 竹下幸男

 

【関連記事】

2021年度 新入生学科別研修会レポート~健康栄養学科

2021年度 新入生学科別研修会レポート~理学療法学科

2021年度 新入生学科別研修会レポート~人間環境デザイン学科

2021年度 新入生学科別研修会レポート~看護医療学科

2021年4月6日(火)

皆さん、こんにちは! 畿友会(学生自治会)広報部の太田です。

 

先日、令和3年4月2日(金)、2021年度 畿央大学入学式が行われました。

新入生の皆様、ご入学おめでとうございます。

 

感染症対策として保護者の皆さまの参加はかないませんでしたが、無事に入学式ができたことを嬉しく思います。

入学式当日は、私たち畿友会も運営のサポートとして参加させていただきました。

 

畿友会(学生自治会)だよりvol.65~入学式レポート!1-1

 

新入生の表情は緊張や不安の中にも、期待や希望があったように思えます!早速、友達になって写真を撮る新入生の方々も見受けられました!

 

畿友会(学生自治会)だよりvol.65~入学式レポート!2-1-down

 

しばらくの間は、新しい環境で慣れないことだらけの大変な日々になるかもしれませんが、畿友会でもサポートができるよう、活動してまいります。

新入生の皆様と、畿友会でともに活動できることも楽しみにしております!

 

畿友会(学生自治会)だよりvol.65~入学式レポート!4-1

 

それでは心躍る良きキャンパスライフへ、いってらっしゃい!

 

畿友会 広報部

現代教育学科3回生 太田秀生

2021年3月19日(金)

皆さん、こんにちは!畿友会(学生自治会)広報部の本城です。

さて、去年1年間は新型コロナウイルスの影響もあり、活動が制限され、大学にも思うように登学できない状況でしたが、皆さんはどのようにお過ごしでしょうか?

畿央大学では、そんな暗い雰囲気を明るくしてくれるような大切なイベントである卒業式が令和3年3月16日(火)に行われました!

4回生の皆さん、ご卒業おめでとうございます!

 

0319_01

▲式典前の様子(感染対策のためにマスク着用、アルコール消毒しております。)

 

私たち畿友会は当日の運営スタッフとして、大学職員の皆さんと一緒に卒業式がスムーズに進行するようにサポートしました。具体的には正門前での卒業生誘導対応や、今年からはじまったフォトスポットでの撮影対応などです。畿央大学では女子学生が多い(7割以上!)こともあり、袴やドレスに身をまとった先輩方がキャンパスを華やかに彩っているところを見ることもできました♡

 

畿友会(学生自治会)だよりvol.64~卒業式レポート!3-1

▲在校生、教職員から卒業生へメッセージ

 

感染拡大予防の観点から今年度は在学生や保護者の皆さんには参加していただけませんでした。そこで、畿友会では先輩方の門出を祝うために事前に在学生や教職員から一言メッセージをいただき、卒業式当日に貼り出しました。ご協力いただいた皆さま、ありがとうございました!

 

4回生の皆さん、改めてご卒業おめでとうございます。

畿央大学で学んだことを活かして、今後のご活躍をお祈りしています!

 

畿友会では、学校の運営を中心とした活動や、様々な学生参加型のイベントの企画などを行っております!コロナ禍で入りそびれた現1回生の皆さんも、ぜひ参加お待ちしております!

 

畿友会広報部

現代教育学科2回生 本城七海

2021年3月18日(木)

海外への渡航が困難な状況で、留学などに代わる学習をどのように行うかは、この新型コロナウイルスの感染状況下における大きな課題です。そこで畿央大学では今年度オンライン留学を実施しました。

 

オンライン留学1-1

 

オンライン留学はZoomを使って海外の学校の授業を受けるプログラムです。例年、夏の短期語学留学でお世話になっているイギリス、カンタベリーのコンコルド・インターナショナルのオンライン授業に参加しました。コンコルドに限らず、世界各地の多くの学校は、昨年のロックダウンを契機にオンラインでの授業を始めています。畿央大学では昨年12月から募集を開始し、1回生を中心に希望者11名が受講しました。

 

1日3時間5日間のプログラムを休まずに受講し、修了証を受領した人には3万円の奨励金が畿央大学から支給されます。これにより、1週間のコースを数千円の個人負担で受講できる仕組みです。月曜からであれば好きな1週間を選んで受講することができ、2月8日開始の最初の受講者から3月1日開始の最後の受講者まで、全員が無事に終了しました。

 

現地イギリスでの午前中の授業を受講しますが、日本時間では夕方6時から授業が始まります。1クラスの受講生は4、5名程度。世界のどこからでも参加可能で、オンライン上とはいえ貴重な国際交流の機会になります。以下は参加者のレポートの一部です。

 

 

 

【参加学生によるリポート】 

○ネット上ではあるが、肌で英語を感じ取れるような要素も多かった。

 

○今のようなご時世の中、英語で会話を行うことができる機会を持つことができて本当に良かったと感じている。

 

○思っていたよりもみんながオープンに話すことができる環境で、先生だけでなく、他の国からのメンバーとも楽しく話すことができた。

 

○オンライン留学は、自分の英語力を試したいという目的のために留学をする人にとっては、今の英語力で留学したらこんな感じになるというのが分かり、それをせずに現地で初めて留学を体験するよりも、費用の面でも心の面でも非常にいいと感じた。

 

○みんなの発想の豊かさ、すごさに驚いた。コロナ禍で大学に通って対面授業で友達と意見交換をして学ぶことができず、もどかしかった。だから、私にとって考えを伝え合えるこのような機会があったことはとても嬉しかった

 

○オンライン留学で学んだことは、まず、どんなことでも何か機会があれば挑戦してみるべきだということである。これはオンライン留学という機会に疑問を抱きながらも、受講してみるとたくさんの勉強になったからだ。これから何か機会があったとしたら、できるだけ挑戦しようと感じた。

 

人とコミュニケーションを取ることが難しくなっている現在、オンライン上ではあっても英語を使って世界の人々と話ができる貴重な機会だと分かります。受講前は、果たしてオンラインでの留学がそれほど意義あるものになるのか半信半疑だった人も多かったようです。しかし、実際に経験してみると、全員が十分に満足し、楽しく受講を終えることができました。5日間とはいえ密度の高い英語の学習ができたようです。何より、今後さらに英語を学ぶ意欲が高まったことが良い点です。このような結果を受けて、渡航が難しい状態であれば実際の留学に代わるプログラムとして、現地での留学が可能になった時には渡航前の予備的なプログラムとして、オンライン留学の持つ可能性が多くあることがわかります。次回、実施される際には、さらに多くの人が参加されることを期待しています。

 

このプログラムの実施中は、イギリスでは三度目のロックダウン下にありました。コンコルド・インターナショナルも我々のオンライン留学が終了した翌週から対面授業が再開された模様です。今回、オンラインで受講した人たちをはじめ、希望する人が自由に渡航でき、現地での対面授業を受けることができる日が一日も早く訪れることを願っています。

 

 

現代教育学科 教授 竹下幸男

 

【関連記事】

短期語学留学 (イギリス)

短期語学留学 (カナダ)