畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

現代教育学科

2020年3月8日(日)

畿央大学の短期語学留学プログラムは、毎年春休みと夏休み中に行われます。春期実施分では、英語学習はもちろんのこと、カナダの文化に触れることができ、博物館見学や美術館での美術鑑賞、アイスホッケー観戦、コンサートなど課外アクティビティを自分で計画して、カナダでの生活を満喫することもできます。

 

【畿央大学春期短期語学留学プログラム2020概要】

場  所:カナダのビクトリア(バンクーバーの西、フェリーで1時間半程の場所にあります)

研修場所:グローバルビレッジ イングリッシュセンター ビクトリア

期  間:2020年2月22日から20日間

内  容:2週間英語学習(ホームステイ滞在)、その後5日間のバンクーバーでの文化体験、観光等

 

参加学生からのレポート、第8弾をお届けします!

 

こんにちは。現代教育学科1回生の大原百葉です。現在3週間の短期語学留学のためカナダに滞在しています。今回は2週目の様子を報告します。

カナダに来て約2週間がたちました。最初は英語も上手く話せなかったりよく道に迷ったりしていましたが、だんだんと慣れてきて店員さんやバスの運転手、さらには通りすがりの人までも会話できるようになりました。

初めての授業の時も緊張して自分の言いたいことを上手く伝えることができませんでした。ですが2週目には自分の意見や考えを伝えられるようになり、さらに同じクラスの友達に文法や英語を説明することもできるようになりました。午前の授業は毎週毎週色々な人と話すことができるので、とても楽しいです。休み時間には違う国の友達と、その国について色々お話ししたり、写真を見せてもらったりするので、英語力向上に繋がっています。

 

カナダ短期語学留学2020 現地リポートvol.8~1-1

 

放課後はいつも友達と学校周りを散策したり、バスに乗って少し遠い所へ冒険したりしています。最近ではBreakWaterというとても海の景色がよく見えるところへ行きました。長い橋があってたくさんの観光客やエクササイズとして走っている人たちがいました。この日は快晴でとてもよくきれいに見えました。そのあとはFisherman’s Whalfへ移動して、タコスという料理を食べました。中にはハリバットというカナダの魚が入っており、とても美味しくて感動しました。

 

カナダ短期語学留学2020 現地リポートvol.8~2-1-side

 

ホストファミリーはとても優しく、毎日学校の様子や日本のことなど聞いてくれます。英語の映画やテレビなどたくさん見せてくれるので、初めて来たときはさっぱり分からなかったけど、だんだんテレビの内容も分かってきて嬉しく感じています。カナダ留学はあと1週間、ホームステイは残り1日となってしまいました。もうすぐでお別れと思うと悲しいですが、最後まで楽しんで過ごしたいと思っています。

 

現代教育学科 1回生 大原百葉

 

【関連記事】

カナダ短期語学留学2020 現地リポートvol.7~WEEK1編2

カナダ短期語学留学2020 現地リポートvol.6~WEEK1編

カナダ短期語学留学2020 現地リポートvol.5~ホームステイがスタート

カナダ短期語学留学2020 現地リポートvol.4~ホームステイ先に到着

カナダ短期語学留学2020 現地リポートvol.3~出発編(羽田からビクトリアまで)

カナダ短期語学留学2020 現地リポートvol.2~出発編(羽田からバンクーバーへ)

カナダ短期語学留学2020 現地リポートvol.1~出発編(事前準備)

2020年3月4日(水)

こんにちは!冬の学習キャンプスタッフ、現代教育学科2回生の市川日菜です。

「冬の学習キャンプ2019」の様子をお届けします!

 

私たちは令和2年2月23日(日)、24日(月)に「冬の学習キャンプ2019」を開催しました。

学習キャンプは、在学生が企画・運営し、参加者を募ってキャンプをするという畿友会(学生自治会)主催の公式行事です。

今回は参加者8名、スタッフ8名の計16名という少人数でのキャンプになりました。また、例年では畿央大学のみで行うキャンプですが、新しいことに挑戦したいという思いから、奈良県の王寺町にある菩提キャンプ場をお借りして1日目は菩提キャンプ場、2日目は畿央大学で開催しました。

 

今回のキャンプは「防災」を中心とし、「LEAD」というテーマのもと2日間のキャンプを企画しました。

これには、L(Learn)防災について学んでほしい

     E(Enhance)防災について得た知識をさらに高めてほしい

     A(Action)災害の時を想定して行動してほしい

     D(Deliver)このキャンプで学んだことを共有、伝えてほしい

 

そしてこのキャンプの経験を生かして「災害が起こった時にみんなをリード(LEAD)できる存在になってほしい」という思いが込められています。

 

【キャンプ1日目】

まず畿央大学でアイスブレイク(凍った氷のような緊張をこわす活動)を行い、その後菩提キャンプ場に移動して自炊①、企画①、自炊②、キャンプファイヤーを行い、再び畿央大学に戻って畿央大学の奥田先生による天体観測を行いました。また就寝の際には災害時を想定して段ボールとアルミブランケットで寝ました。

自炊①ではご飯、豚汁、蒸しパンをすべてポリ袋で作りました!昼食をすべてポリ袋で作ることができることに参加者さんは驚いていました。また、自炊の時に水制限をすることで普段いかに水を使用しているのか身をもって体験することができました。企画①では段ボールオーブンの製作を行い、自炊②では企画①で作った段ボールオーブンを使用してピザを焼きました。

 

冬の学習キャンプ1-1-down

 

【キャンプ2日目】

朝ごはんは各自非常食を持ち寄り自分のものを紹介しながらわいわい食べました。その後企画②ではHUGという避難所運営ゲームをしました。このゲームでは自分が避難所の運営をする側となり、次々に避難所に来る人を部屋に振り分けていくゲームです。

 

冬の学習キャンプ3-1

 

小学校を避難所と想定したゲームなので、将来役に立つ時がくるかもしれません。みんな頭を悩ませながら真剣に頑張っていました。

 

冬の学習キャンプ4-1

 

2日間の最後にフィードバックをしてこのキャンプを振り返りました。今回のテーマに沿って振り返ってもらい、みんなで共有しました。

 

冬の学習キャンプ6-1

 

参加してくださった皆さん、協力してくださった先生方、本当にありがとうございました。

今年は例年とは大きく変わったキャンプとなりました。しかし楽しみや学びがある点は変わることなく、素晴らしいキャンプになったと思います。今回のキャンプを通して防災について考え、実際に災害が起きたときにみんなをリードする存在になってほしいと思っています。

来年からも学習キャンプをよろしくお願いします。

 

2019年冬の学習キャンプスタッフ

現代教育学科 2回生 市川日菜

【関連記事】

畿友会主催「冬の学習キャンプ2018」を開催しました!

「夏の学習キャンプ2018」を開催しました!

「冬の学習キャンプ2017」を開催しました!

夏の学習キャンプ2017 in 国立曽爾青少年自然の家 レポート!

夏の学習キャンプ2016 in 吐山 レポート!

畿友会主催「冬の学習キャンプ2015」を開催しました!

2020年2月27日(木)

2020年2月18日(火)~21日(金)まで、長野県北安曇郡白馬村の白馬五竜スキー場にて、学生137人、助力(支援学生)26人、教員12人の合計175人で、「スポーツ実習B・Ⅱ」が開講されました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2月19日(水)の様子

スポーツ実習2日目。天気にも恵まれた中でついに始まったスポーツ実習!高まる気持ちとともにウェアに着替えてゲレンデへ、まずは開講式です!

 

スポーツ実習2日目1-1 

 

ほとんどの班が未経験者ばかりの中、インストラクターの方々が道具の使い方から基本的な動きまで分かりやすく教えて下さり、昼休憩の頃にはコツを掴んで滑ることができるようになりました。

フリー滑走では今日教わったことを意識しながら友達と一緒に滑り、充実した時間を過ごすことができました。

 

スポーツ実習2日目2-1

 

宿泊先のお風呂と夕食が疲れ切った体と心に沁みました。食後には太田旅館の下川さんから講習を受けたり、全員でストレッチをしたり、先輩方にマッサージもして頂きました。これで明日の筋肉痛もコワくない!?(笑)

 

スポーツ実習2日目3-1-down

 

そして夜には部屋のみんなでいろいろな話をしました。

明日も怪我に気をつけて、さらに上達できるように頑張りたいと思います!!

 

理学療法学科 1回生 大澤一輝

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2月21日(金)の様子

スポーツ実習がおわって。

オリエンテーションの時、班に知ってる子が少なく他学部もいたので仲良く出来るか不安でした。しかし助力の方が企画してくださったレクリエーションや、自己紹介などでみんなと打ち解けることができ、楽しい4日間を過ごすことができました。

 

スポーツ実習4日目1-1

 

スノーボードでも班の人たちと協力しながら練習し、上達することができました。今回の色々な人との出会い、技術の上達など全て良い経験になりました。

 

スポーツ実習 かねかく-1-down

 

現代教育学科 1回生 藤田健人

 

【関連記事】

冬のスポーツ実習2020(in 白馬村)レポートvol.2~助力が見たスポーツ実習

冬のスポーツ実習2020(in 白馬村)レポート vol.1

2020年2月25日(火)

畿央大学の短期語学留学プログラムは、毎年春休みと夏休み中に行われます。春期実施分では、英語学習はもちろんのこと、カナダの文化に触れることができ、博物館見学や美術館での美術鑑賞、アイスホッケー観戦、コンサートなど課外アクティビティを自分で計画して、カナダでの生活を満喫することもできます。

 

【畿央大学春期短期語学留学プログラム2020概要】

場  所:カナダのビクトリア(バンクーバーの西、フェリーで1時間半程の場所にあります)

研修場所:グローバルビレッジ イングリッシュセンター ビクトリア

期  間:2020年2月22日から20日間

内  容:2週間英語学習(ホームステイ滞在)、その後5日間のバンクーバーでの文化体験、観光等

 

参加学生からのレポート、第4弾をお届けします!

 

Hello there. 教育学部現代教育学科2回生の米本駿介です。今回は、Victoriaにある語学学校が始まるまでのことについて書きたいと思います。

 

無事にホームステイ先の家に着きました。着いたのは夜で、着いてすぐに家のルールについて教えてもらい、その後晩御飯を食べました。ルールを聞いたとき、日本の文化と違うなと思ったことがあります。皆さんは、朝・昼・夜の三食を食べますよね?しかし、カナダでは、平日は三食食べますが、休日はブランチと夕食と二食しか食べません。ブランチとは、brunchと英語では書き、これはbreakfastとlunchの合成語で、時間としてはお昼近くに食べますが、この食事には朝食と昼食の食事が含まれていています。要するに、朝・昼の二食分がブランチの一食になるということです。

 

カナダ短期語学留学プログラム2020 vol.4 学校が始まるまで編1-1

▲今回食べたブランチの写真です。少しスパイスをかけて食べるとよりおいしかったです。

 

食事が終わると次は、家の周りにあるショッピングセンターやジム、バスの定期券を買いに行きました。ショッピングセンターはとても大きくてびっくりしました。移動中に気づいたのは日本製の車がたくさん走っていたことです。そのことが気になりホストファーザーに聞いてみると、どうやら日本の車はカナダでは人気があるらしいです。また、ファーザーは続けて「僕も以前mazdaの車に乗っていたんだ。日本の車はとても質が高い」と褒めていたので、思わず僕は自分のことではありませんが「Thank you!」と言いました(笑)

また、同じく驚いたことがあります。それは、バスの定期券が薬局で購入できることです。このことについて初めてホストファーザーから教えてもらったとき、「本当?」と何度も聞き返したくらいびっくりしました。こちらでは、バスに乗ってどこかに行くときにビクトリア市内なら片道の料金は一律2.5カナダドルです。日本のお金で換算すると約210円ほどです。個人的にすごく安いと思いました。

 

カナダ短期語学留学プログラム2020 vol.4 学校が始まるまで編2-1

▲これがバスの券になっています。1日に学校までの行きと家に帰ってくる2回バスを使うので、写真は5日分になっています。

 

 

家では、ホストファミリーや同じく留学生のメキシコ出身のサンティアゴ君と話したりしています。まだ、カナダに着いてあまり時間は経っていませんがこれから始まる学校生活を通じて英語力を向上させていきたいと思います!! では、さようなら ((´∀`*))

 

カナダ短期語学留学プログラム2020 vol.4 学校が始まるまで編3-1

▲ホストファザーとサンティアゴ君と僕とスリーショット

 

現代教育学科 2回生 米本駿介

 

【関連記事】

カナダ短期語学留学2020現地リポートvol.3~出発編(羽田からビクトリアまで)

カナダ短期語学留学2020現地リポート vol.2~出発編(羽田からバンクーバーまで)

カナダ短期語学留学2020現地リポートvol.1~出発編(事前準備)

2020年2月23日(日)

畿央大学の短期語学留学プログラムは、毎年春休みと夏休み中に行われます。春期実施分では、英語学習はもちろんのこと、カナダの文化に触れることができ、博物館見学や美術館での美術鑑賞、アイスホッケー観戦、コンサートなど課外アクティビティを自分で計画して、カナダでの生活を満喫することもできます。

 

 

【畿央大学春期短期語学留学プログラム2020概要】

場  所:カナダのビクトリア(バンクーバーの西、フェリーで1時間半程の場所にあります)

研修場所:グローバルビレッジ イングリッシュセンター ビクトリア

期  間:2020年2月22日から20日間

内  容:2週間英語学習(ホームステイ滞在)、その後5日間のバンクーバーでの文化体験、観光等

 

参加学生からのレポート、第3弾をお届けします!

 

こんにちは!教育学部現代教育学科1回生の幸田侑希です。今回は、羽田空港からVictoria到着までをレポートしていきます。

 

 

目的地のVictoriaまでは、伊丹空港から経由地の羽田空港まで約1時間、そこから国際線に乗り換えてVancouverまで約7時間飛行機に乗ったあと、バスでフェリーターミナルへ向かい、そこからフェリーで1時間半移動してやっとVictoriaに到着します。

今までにここまで長いフライトを経験したことがないという人も多く、Vancouver到着時にはみんなぐったり顔になっていました。それだけでなく、日本とVancouver,Victoriaの間には17時間も時差があるため、昼間なのにとても眠気を感じました。

 

Vancouverに着いたら即座に私たちはバスに乗って、Victoria行きのフェリー乗り場へ向かいました。フェリー搭乗までかなり時間があったので、近くの売店で飲み物を買ったり、夕陽の沈んでいく海の写真を撮ったりして各々自由な時間を過ごしていました。

 

カナダ短期語学留学プログラム2020 vol.3 出発編1-1

 

フェリーといえば船酔いが心配でしたが、ほとんど揺れることがなく、船酔いにはなりませんでした。そのため、中の売店を散策したり、寒い風が吹く中、デッキに出て海を見たりして移動時間も楽しむことができました。

 

カナダ短期語学留学プログラム2020 vol.3 出発編2-1

 

そして現地時間19時半に、Victoriaに到着しました!去年は雪が降るほど寒かったようですが、今年はそこまでの寒さはなく、この時期の奈良の夜の気温とほぼ同じように感じます。

 

2/22~3/6まではVictoriaでのホームステイ、3/7~3/11まではVancouverでのホテルステイが待っています。人生初のホームステイなので、現地の人たちがどんな生活を送っているのかを14日間のホームステイで知りたいと思っています。また、2/24からは語学学校でのレッスンも待っています。これからできるだけたくさんの経験をし、多くの人と関わりながら英語を楽しく学んでいきたいです!

 

 現代教育学科 1回生 幸田侑希

 

【関連記事】

カナダ短期語学留学2020現地リポート vol.2~出発編(羽田からバンクーバーまで)

カナダ短期語学留学2020現地リポートvol.1~出発編(事前準備)