畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

イベントレポート

2020年2月25日(火)

2020年2月18日(火)~21日(金)まで、長野県北安曇郡白馬村の白馬五竜スキー場にて、学生137人、助力(支援学生)26人、教員12人の合計175人で、「スポーツ実習B・Ⅱ」が開講されました。

今回は健康助力(アシスタント)として参加した学生からのレポートをお伝えします。

 

冬のスポーツ実習 健康助力4-1

 

【健康支援担当】

私たち理学療法学科2回生9名は健康助力として、スポーツ実習に参加しました。

主な役割は、実習生の健康状態のチェック、ストレッチ指導、テーピング処置など体調面のサポートです。

事前に健康栄養学科の前原先生による勉強会に参加して、スキー・スノーボードで起こりやすい疾患について学習しました。テーピング処置では、ほとんどの健康助力がテーピングを巻くのが初めてだったので、甲子園メディカルトレーナーでもある理学療法学科の福本先生に1から指導していただき、事前に何度も練習して実習に臨みました。

 

冬のスポーツ実習 健康助力2-1-down

 

スキー・スノーボードを初めて体験する実習生の多くは筋肉痛を訴えていたので、どのストレッチを行えば筋肉痛が改善するかを考えて実施しました。また、足首の捻挫などに対してテーピング処置を行いました。

 

冬のスポーツ実習 健康助力3-1

 

みんなが楽しんでストレッチをしてくれていたため、私たちも楽しみながら指導することができました。

毎朝回収する健康チェックシートには「助力さんのおかげで体の痛みがマシになりました」や「テーピングを巻いてくれたおかげで痛みはなかった」などを書いてくれていて、すごく嬉しくやりがいを感じました。

 

この実習に参加して、

・相手の痛み・つらさを感じ取ることの困難さ

・テーピングなどの技術の大切さや難しさ

・教育助力や先生たちとのチーム連携の大切さ

を学ぶことができ、とても貴重な体験をさせていただきました。

 

健康助力の全員が実習後「助力になってよかった!」と思いました。この実習で学んだことを活かしていきたいと思います。ありがとうございました。

 

冬のスポーツ実習 健康助力5-1

 

理学療法学科2回生 宇野流弥、江田朱里、川端一穂、木本茉佑、

小林美翔、鶴岡美玖、徳田篤人、藤田亜美、吉田昇弘

 

【関連記事】

冬のスポーツ実習2020(in 白馬村)レポート vol.1

●昨年の冬のスポーツ実習の様子はコチラから!

2020年2月21日(金)

2020年2月18日(火)~21日(金)まで、長野県北安曇郡白馬村の白馬五竜スキー場にて、学生137人、助力(支援学生)26人、教員12人の合計175人で、「スポーツ実習B・Ⅱ」が始まりました。

初日の様子を、学生の声でお伝えします。

 

———————————————

1日目:2/18(火)

今日はいつもより朝早く起きました。

バスの中でおもしろい自己紹介をして、とても楽しかったです。長時間のバスはとても疲れましたが、友達とおしゃべりしたり、スキーやスノーボードのビデオを見たりしてあっという間に過ぎました。

長野県に近づくにつれて雪景色が広がっていて、私のワクワクも高まりました。今年初めて見た雪はとても綺麗で、奈良県民の私はテンションが上がりました。

 

スポーツ実習(初日)2-1

 

スキーウェアを着たり靴を履いたりするだけでも、明日のスキー実習がより楽しみになりました。

 

スポーツ実習(初日)3-1

 

晩ご飯をみんなで配膳しました。晩御飯はとてもおいしく、話したことのない子ともたくさん話せて嬉しかったです。

 

スポーツ実習(初日)4-1

 

明日の実習にむけてしっかりストレッチをして寝ます。

 

スポーツ実習(初日)1-1

 

現代教育学科1回生 中井あすか・尾崎佳世

 

●昨年の冬のスポーツ実習の様子はコチラから!

2020年2月20日(木)

畿央大学の短期語学留学プログラムは、毎年春休みと夏休み中に行われます。これから行く春期実施分では、英語学習はもちろんのこと、カナダの文化に触れることができ、博物館見学や美術館での美術鑑賞、アイスホッケー観戦、コンサートなど課外アクティビティを自分で計画して、カナダでの生活を満喫することもできます。

 

【畿央大学春期短期語学留学プログラム2020概要】

場  所:カナダのビクトリア(バンクーバーの西、フェリーで1時間半程の場所にあります)

研修場所:グローバルビレッジ イングリッシュセンター ビクトリア

期  間:2020年2月22日から20日間

内  容:2週間英語学習(ホームステイ滞在)、その後5日間のバンクーバーでの文化体験、観光等

 

昨年10月に募集を開始し、参加者14名がこれまで4回のオリエンテーションを重ね、現地での生活(特に安全について)やホームステイ先でのマナー、緊急時の対応や現地で必要な英語表現などを学んできました。日本で学んだことを現地で実際に使う経験がこれから始まります。

 

これから2週間の語学研修と5日間の自由時間について参加学生から順次レポートしてもらいます。まず、第1弾は、出発までに行ったオリエンテーションの内容を紹介してもらいます。

 

現代教育学科 准教授 深田將揮

 

【学生からのレポート:出発編】

こんにちは!現代教育学科2回生の西廣柊志です。今回は留学前に行ったオリエンテーションについて書きます。

 

○第1回オリエンテーション

初めての参加者全員の対面!少しずつみんなの仲が良くなって一丸となって留学に行けるといいなと思います。

オリエンテーションの内容は、主にJTBの方に来ていただいて、留学関係の書類をたくさんいただき、説明していただきました。その他、引率をしてくださる現代教育学科の深田先生から今後の予定を聞きました。

 

○第2回オリエンテーション

留学先での具体的なスケジュールやどんな感じの生活をするのか等、たくさんのお話を聞きました。自分がカナダに行った時にどのような生活を過ごすのか想像できて、とてもワクワクする反面、母語が全く通じない環境に行くことに対しての不安も募りました。

 

○第3回オリエンテーション

現地での入国の仕方や持ち物などカナダ行きに必要なことをたくさん聞きました!

現地での通信環境には、モバイルWi-Fiかsimカードが必要になります。忘れないように申し込まないとカナダで誰とも連絡が取れません。テストの一ヶ月前でしたがテスト勉強と並行して手続きをしました。

オリテではあまり時間がなかったのですが、自分の自己紹介の動画をLINEのノート機能を使ってみんなで共有しました。自撮りで動画を撮ったのが、とても恥ずかしかったです。それぞれ英語の話し方や内容の違いがとてもあって面白いなぁ、と思いながら動画を見ていました。1人1人個性があってすごく楽しい留学になる予感がしました。

 

春期短期語学留学vol.1 出発編1-1

▲LINEのノート機能を使ってお互いの自己紹介(英語)を共有しました

 

○第4回オリエンテーション

オリエンテーションの最終日。最終確認やホストファミリーの確定など、約3時間かかってたくさんのことを行いました。出発まであと1週間になりました。みんなどこに行くかなど、とてもワクワクしています!残り一週間で全て準備を完了します。

 

春期短期語学留学vol.1 出発編2-1-down

▲最終のオリエンテーションの様子

 

カナダではホームステイ先の家族と積極的に交流して、英語を使ったコミュニケーションをする機会をたくさん作っていきたいです。どうしても通じない部分はあると思いますが、積極的に頑張ることを目標にして、有意義な時間を過ごしていきます。それでは行ってきます!!

 

現代教育学科 2回生 西廣柊志

 

【関連記事】

●過去のイギリス短期語学留学の記事はコチラから!

●過去のカナダ短期語学留学の記事はコチラから!

2020年2月19日(水)

畿央大学と御所市高齢者対策課地域包括支援センター、住民が共同で運営している「金曜カフェ~つどい~」「Kioオレンヂ喫茶(カフェ)分かち合いin御所」(認知症カフェ)が2020年2月14日(金)に開催されました。「Kioオレンヂ喫茶(カフェ)分かち合いin御所」は、御所市認知症啓発事業として畿央大学健康科学部看護医療学科老年看護学教員と御所市高齢者対策課地域包括支援センター、住民が共同して行っているものです。当日の様子をレポートさせていただきます。

 

 

今回は、地域の方17人、地域のボランティア4人、大学教員2人、オレンジプロジェクトの学生6人、社会福祉士の大学院生(見学者)1人、が参加しました。今回は、御所市(上田洋品店跡)で行われる最後のカフェ(延べ、27日間開店)になりました。そして、私たちオレンジプロジェクトの記念すべき第一回の活動日でした。

今回は午前の部に参加させていただきました。

 

<午前の部>

~ミニ講義~

畿央大学の島岡助手による認知症サポーター養成講座が行われました。テーマは、「認知症を学び地域で支えよう」です。講義を聴いて印象に残っているのはデンマークのサポート制度についてです。高齢者の難聴が認知症に影響を及ぼす可能性があるということで、デンマークでは高齢者の補聴器の使用率が高く、補聴器の使用者の特徴にあわせた機能を追加することなどのアドバイスを、補聴器の使用歴が長い高齢者ボランティアが行うということに驚きました。補聴器についての助言をメーカーの人に聴くのではなく、実際に使用している人に聴くということは、これから補聴器を使用する人が相談しやすいということだけでなく、補聴器についてアドバイスをする人にとって人の役に立っている、社会に貢献しているという満足感を得ることができると思いました。こういった補聴器の使用のサポート体制は、加齢による老人性難聴が原因で日常生活に困難が生じることを防ぎ、これから補聴器を使用する人、これから使用する人に助言をする高齢者ボランティア両者のQOLを高めることにつながると思いました。

御所市の「金曜カフェ~つどい~」で講義の前に住民の方が百歳体操を行っていました。地域の人が集いやすい場所で、互いに健康を維持し支えようとする取り組みをおこなうことは認知症であろうとなかろうと社会から孤立しないため、お互いのQOLを高めるには大切な活動だと学びました。

 

「Kioオレンジ喫茶(カフェ)分かち合いin御所」1-1

▲ミニ講義の様子

 

~フリートーク~

御所市の住民の方とフリートークをさせてもらいました。最初は緊張していましたが、参加してくださったかたが日常の生活での不安や趣味だったことをたくさん話してくださいました。多くの人と話し関わることで、自分とは違う生活の様子を知ることができました。話してくださっていることに対して相槌を打ちながら聴き、自分から発言をするということはあまりありませんでしたが、フリートーク後に「話を聴いてくれてすっきりできた」と言っていただきました。自分がその人の話に対して相槌を打ち聴こうとする態度をとることが大切だと改めて実感することができました。

 

「Kioオレンジ喫茶(カフェ)分かち合いin御所」2-1

▲カフェで住民さんとの交流

 

初めてオレンジプロジェクトに参加させていただき、少ない時間でありましたが学ぶこともありました。今回で御所市でのオレンヂカフェの開催が最後ということで、1回しか参加できませんでしたがありがとうございました。

 

「Kioオレンジ喫茶(カフェ)分かち合いin御所」3-1

▲ボランティアさんと集合写真

 

看護医療学科2回生 東條真納美

 

<午後の部>

午後は「認知症について語る会」を行いました。参加者は、認知症の方のご家族、地域包括支援センター職員、介護関連施設の職員、ボランティアの方、畿央大学(老年看護学)の教員、見学者2人などで、9人が集いました。

今回は、認知症のご家族を介護しておられた方の話が中心となりました。独居生活をされていた認知症の方のご家族が、真夜中に何度もご本人から電話がかかってその都度車で駆けつけたり、タクシーで迎えに行き受診したりしたご苦労を語られていましたが、その方のお顔には最後まで義父を看取った満足感のようなものを感じました。このように自分の介護経験を振り返り誰かに話すことで、ご家族にとっても心の整理になる。認知症カフェはいろんな職種や立場の違う方々が集い、認知症のことを真剣に話し合う場だからこそ、安心して介護の苦労も話すことができるのだと改めて実感しました。

 

6年間、御所市と共同・連携して行ってきた「Kioオレンヂ喫茶(カフェ)分かち合いin御所」は今回をもって一旦終了となります。これまで参加してくださった皆様、ボランティアの方々、長い間本当にありがとうございました。

 

次年度からは、オレンジプロジェクトメンバーが中心となり、広陵町地域包括支援センターと協働で広陵町内にオレンジカフェ(認知症カフェ)を企画・運営する予定です。お近くの方や認知症にご興味のある方はぜひ立ち寄りください。私たちと一緒に認知症について考えましょう。

 

看護医療学科 助手 島岡昌代

 

【関連記事】

・過去の「御所コミュニティカフェの取り組み」記事を読む

2020年1月27日(月)

エコキャンパス推進活動にご協力ください!

 

毎年1月20日ごろは大寒(だいかん)といわれ、寒さが一年のうちで最も厳しいとされています。昔から寒気を利用した食物(凍り豆腐、寒天、酒、味噌など)を仕込む時期にもあたります。

 

エコキャンパス1-1

 

日頃はエコキャンパス推進活動にご協力いただきありがとうございます。

本学のエコキャンパス推進委員会では、建学の精神のもと学生教職員による環境負荷低減に向けた取り組みを行っています。特に、年2回夏季と冬季には、エコキャンパス推進委員会メンバーによるエコパトロールを実施しています。

 

エコキャンパス2-1

 

令和2年1月9日(木)から16日(木)の間、冬季エコパトロールで学内の温湿度やエアコン使用状況を点検したところ、概ねエコに協力してもらっている様子がうかがえました。出入り口ドアの開け放しや、退室時の消灯などに気をつけて頂き、引き続きエコキャンパス推進活動にご協力くださいますようお願い致します。

 

さて、この寒い時期を乗り切るためのレイヤリング(重ね着)についてお話しします。大事なことは「肌に密着」「締め付けない」「空気の層を作る」「暖かい空気を逃がさない」ことです。まず、1枚目は伸縮性があって肌に密着すること、2枚目は肌着との間に若干の隙間ができるサイズ、綿やウールなどの素材で裏起毛であればgood、3枚目はニット素材、スウェット素材、フリース素材といった空気をたくさん含むことが重要です。アウターは裏地や表地の生地の織が密なもの、裏地が付いているもので暖かさを逃さないことが大切です。あとは首、手首、足首の三つの首を冷やさないことが防寒対策の秘訣です。

 

エコキャンパス3-1-side

 

立春と節分

春の気配が立ち始める立春(2月4日ごろ)までもう少しです。旧暦では立春から1年が始まり、立春の前日である大晦日が節分(2月3日ごろ)となりました。まだまだ寒い日が続きますが、体調管理をしてこの寒い時期を元気に過ごしましょう!

 

エコキャンパス推進委員会

現代教育学科講師 生野勝彦

 

【関連記事】

平成30年度 冬季エコパトロールを行いました~エコキャンパス推進委員会

平成30年度 夏季エコパトロールを行いました~エコキャンパス推進委員会

平成29年度 夏季エコパトロールを行いました~エコキャンパス推進委員会

平成28年度 冬季エコパトロールを行いました~エコキャンパス推進委員会