畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

イベントレポート

2019年11月4日(月)

こんにちは!第17回畿央祭実行委員、広報部署長の石橋・緒方です!

畿央祭にご来場いただきましたみなさま、ありがとうございました!

 

土曜日は雨の予報でしたが、晴れ間も見え、無事2日間終えることができました!みなさん畿央祭を楽しんでいただけましたか?私たち実行委員はとっても楽しめました!

 

IMG_4861

 

広報部署はどの部署よりも活動を始めた日が早かったのですが、最初は会議の参加人数も少なく、とてもまとまりがありませんでした。しかし、畿央祭が近づいていくうちにだんだんまとまっていき、当日にはみんな率先して仕事をしてくれました!

 

希望の部署じゃなかった子も多くいると思います、でも、一生懸命仕事をしてくれて、たくさん笑顔が見られて本当にうれしかったです。「広報部署はいってよかった」「部署長のおかげで実行委員してよかったなと思いました」と言ってくれて、とても嬉しかったです。部署長として頼りないところや、不慣れなところ、みんなに的確に指示できなかったことなど、たくさん迷惑をかけてしまいました。なのに、頑張ってついてきてくれてありがとう!こんなに素敵なパンフレットが作れたのは、広報部署のみんなのおかげです!ありがとう!

 

第17回畿央祭実行委員会Blog Vol.34~畿央祭を終えて広報部署3-1

 

休憩時間などに学科を超えて楽しく話している姿を見ていると、今年のテーマである「繋」ができているなと実感しました。私自身も、幹部のみんなや実行委員のみんなとたくさんができました。正直大変なこともたくさんあり、やめたいと思ったことは何回もありました。でも、今は部署長をして本当によかったなと思っています。

 

第17回畿央祭実行委員会Blog Vol.34~畿央祭を終えて広報部署4-1

 

こんなに素敵な畿央祭ができたのは、実行委員のみんな、学生支援センターの方々、地域の方々、桜井誠文堂のみなさん、つなぎをデザインしてくださったもーちゃんさんのおかげです。本当にありがとうございました!

 

それでは、次回からは統括のみなさんの感想をお送りいたします!お楽しみに!

 

第17回畿央祭実行委員 広報部署長

現代教育学科2回生 石橋愛 緒方優美子

 

【関連リンク】

第17回畿央祭・ウェルカムキャンパスを開催しました!

畿央祭フォトレポート(facebook)

●第17回畿央祭実行委員Blogはコチラから!

2019年11月3日(日)

こんにちは!第17回畿央祭実行委員学内企画部署長の杣友亮太、大西竜平、川西梨々花です。

学内企画部署では、昨年と同様にお化け屋敷スタンプラリーを担当させていただきました。準備では、通路造りや黒幕の作成や机などの運び仕事などたくさんの力仕事がありました。知らない他学科の人たちとも協力し合い1つのものを作っていくうちに仲良くなっていき、スムーズに準備を行うことができました。たくさんの出来事がありました。では、これから畿央祭当日のことを振り返りたいと思います。

 

第17回畿央祭実行委員会Blog Vol.33~畿央祭を終えて学内企画部署1-1

 

【スタンプラリー】

昨年と同様、旧食堂にてスタンプラリーを行いました。去年よりもたくさんの子供たちに参加してもらうことができました。景品をもらって喜ぶ子供たちを見ていると私たちも嬉しく楽しくスタンプラリーをすることができました!

 

第17回畿央祭実行委員会Blog Vol.33~畿央祭を終えて学内企画部署2-1

 

【お化け屋敷】

今年は「昨年よりも怖い」、「すごいクオリティー」などと言っていただき、噂が広まって昨年よりもお客様の総数が200名も増加し、畿央祭2日間で700名以上のお客様にきていただけて大盛況でした!

 

 P1810475

 

スタンプラリーに参加していただいたお客様、お化け屋敷にご来場いただいたお客様、学内企画部署一同より心から感謝申し上げます。

 

 

今年は経験のある2回生、とても賑やかな1回生のおかげでとっても楽しく思い出に残る学内部署になりました。私たち自身みんなを引っ張る立場なのに曖昧な指示や頼りない部分があったのに、ついてきてくれた学内企画の実行委員に感謝の思いです。ありがとうございました。

 

第17回畿央祭実行委員会Blog Vol.33~畿央祭を終えて学内企画部署3-1

 

学内企画は夏休みから作業を開始し、暑い中たくさんの人たちが参加してくれて嬉しかったです。畿央祭準備期間も朝早くから夜遅くまで大変なのに、みんなで協力することでたくさんの繋がりができて、良い雰囲気の学内企画になったと思います。お化け屋敷に来てくださったお客様の楽しそうな反応やスタンプラリーで子供たちが喜ぶ姿を見られたことはきっと、学内企画の実行委員が一生懸命頑張って作業したおかけだと思っています。

 

学内企画部署長をさせていただいて、たくさんの学びや経験をすることができました。多くの人と関わりこのメンバーで学内企画部署、畿央祭を実施することができて、大学生活で最高の思い出になりました。本当に幸せな日々でした。今年のテーマである「繋〜つながり〜」のように、たくさんの関わりの中で新たな繋がりや深まった繋がりがあり、たくさんの繋がりができたと思います。その中で協力し合うことで最高の畿央祭になりました。

 

学内企画部署のみんな!最高のメンバーでした。たくさんの思い出をありがとう!そして、お疲れ様でした。

 

第17回畿央祭実行委員会Blog Vol.33~畿央祭を終えて学内企画部署4-1

               

                     第17回畿央祭実行委員 学内企画部署長

現代教育学科2回生 杣友亮太

看護医療学科2回生 大西竜平

人間環境デザイン学科2回生 川西梨々花

 

【関連リンク】

第17回畿央祭・ウェルカムキャンパスを開催しました!

畿央祭フォトレポート(facebook)

●第17回畿央祭実行委員Blogはコチラから!

2019年11月2日(土)

こんにちは!第17回畿央祭実行委員模擬部署長、看護医療学科2回生の小山美咲・健康栄養学科2回生の後藤百与です! 

 

畿央祭にご来場いただきましてありがとうございました。畿央祭はいかがでしたでしょうか?怪我や事故なく無事に終えることができて本当に良かったです。私たち部署長も楽しく活動させてもらえました(^^)!

 

第17回畿央祭実行委員会Blog Vol.32  ~畿央祭を終えて模擬部署1-1

 

模擬部署は今年、畿央祭前日まで集まって活動することはありませんでした。そのため、実行委員としての実感も湧きにくく、実行委員同士が協力してテントの組み立てや当日の巡回ができるか不安な部分も多くありました。しかし…前日準備から実行委員は協力して作業ができ、去年よりも人数が大幅に少ないのにも関わらず、スムーズに作業が終わりました!他学年、他学科を越えて、また、他の部署からのヘルプの実行委員とも手を取り合って、繋がって作業をこなすことができました。今年のテーマであるが畿央祭を通じて感じることができたように思います。

 

▼作業の様子

 

第17回畿央祭実行委員会Blog Vol.32  ~畿央祭を終えて模擬部署2-1

 

 

また、私たち部署長は初めての経験ばかりで戸惑うことが多かったのですが、2人で協力し合い、無事に畿央祭を終えることができてほっとしています。多々至らないところもあり、迷惑ばかりかけてしまいましたが、実行委員のみんなにいっぱい助けられました。「模擬部署でよかった!」「2人が模擬部署長でよかった!」と言ってくれる実行委員がいて、本当に嬉しかったです。こんな部署長についてきてくれてありがとう。

 

また、畿央祭を盛り上げるために模擬店を出店してくださった各団体さんにもとても感謝しています。畿央祭に関わらせていたいただく中で、たくさんの人に出会い、支えられ、たくさんのことを学ぶことができ、貴重な経験をさせていただきました。ありがとうございました。

 

第17回畿央祭実行委員会Blog Vol.32  ~畿央祭を終えて模擬部署3-1

 

正直、本当に大変だったし、本当にしんどかったです。もちろん2人とも辞めたいと思ったこともありました。学生支援センターの方に、「畿央祭が成功するのは模擬部署にかかっている」などと言われたときはものすごくプレッシャーを感じました。それでもみんなで乗り越えることができて、あっという間に過ぎ去ってしまい、今では少し寂しい気持ちもありますが、学生生活の忘れられない最高の思い出になりました!

 

第17回畿央祭実行委員会Blog Vol.32  ~畿央祭を終えて模擬部署4-1

 

学生支援センターの皆さん、桜井誠文堂のみなさん、つなぎをデザインしてくださったもーちゃんさん、アスカ美装さん、そして、畿央祭実行委員のみんな、畿央祭に関わってくださったすべての方々に感謝でいっぱいです。本当にありがとうございました!感謝してもしきれないです。

 

第17回畿央祭実行委員会Blog Vol.32  ~畿央祭を終えて模擬部署5-1

 

畿央祭最高でした!家族みたいな幹部のみんなありがとう!!!!

今年度の反省点を踏まえ、来年の畿央祭ももっと最高な畿央祭になりますように…。

この畿央祭での繋がりがこれからも続くと信じています。

 

第17回畿央祭実行委員 模擬部署長

看護医療学科2回生 小山美咲

健康栄養学科2回生 後藤百与

 

【関連リンク】

第17回畿央祭・ウェルカムキャンパスを開催しました!

畿央祭フォトレポート(facebook)

●第17回畿央祭実行委員Blogはコチラから!

2019年11月1日(金)

こんにちは!第17回畿央祭実行委員、展示部署長の小山と渋川です。みなさん畿央祭お疲れ様でした☺

天気が心配でしたが、畿央祭を開催している時間は驚くほど晴れ、どのイベントや模擬店も大盛況でした。 

今年の展示は去年同様、看板ステンドグラスを作り、新しい試みとしてペーパーフラワーアートを行いました。どの展示物もたくさんの思いの詰まった良い作品になりました。

 

▼ペーパーフラワーアート

第17回畿央祭実行委員会Blog Vol.31  ~畿央祭を終えて展示部署1-2

 

▼ステンドグラス

第17回畿央祭実行委員会Blog Vol.31  ~畿央祭を終えて展示部署2-1

 

▼ステンドグラス(夜)

第17回畿央祭実行委員会Blog Vol.31  ~畿央祭を終えて展示部署3-1

 

▼看板

第17回畿央祭実行委員会Blog Vol.31  ~畿央祭を終えて展示部署4-2

 

今年の展示部署は人数が少なく、3つの作品を完成させるために6月頃から本格的に活動を始めました。活動日が多く、大変なこともたくさんありましたが、だからこそメンバーとの距離も縮まり、とても温かい部署になったと思います。来年も素敵な部署になり、素敵な作品が出来ることを楽しみにしています!!

 

第17回畿央祭実行委員会Blog Vol.31  ~畿央祭を終えて展示部署5-1

 

畿央祭を通してたくさんの素晴らしい出会いがあり、というテーマがこの上なくぴったりだったと感じています!

 

tenji2019

 

実行委員をはじめこれまで畿央祭に関わって下さったすべての方、遠いところご来場いただいたみなさまには本当に感謝しています。本当にありがとうございました。

   

   第17回畿央祭実行委員 展示部署長

 現代教育学科2回生 小山夢乃 渋川雅

 

【関連リンク】

第17回畿央祭・ウェルカムキャンパスを開催しました!

畿央祭フォトレポート(facebook)

●第17回畿央祭実行委員Blogはコチラから!

2019年10月30日(水)

2019年10月19日(土)畿央祭初日に、畿央祭・ウェルカムキャンパスの看護医療学科・看護実践研究センター共催企画として、がんカフェ「きらめき」を開催しました。

 

3回目の今年は、がんになっても働くことについて知ろう・語ろう ―治療と仕事の両立支援―」をテーマにして、「両立支援コーディネーター」として、第一線で活躍されている開業保健師の藤吉奈央子さんを講師にお招きしました。

 

▼ご講演頂いた開業保健師の藤吉奈央子さん

がんカフェ「きらめき」1-1

 

日本では、2人に一人ががんになり、3人に一人ががんで亡くなっており、もはや他人事ではない病気です。

がんの治療は手術による入院期間が減ってきており、通院による化学療法や放射線療法を継続していく必要があります。医療の進化に伴い、働きながら治療を継続することも可能な時代となっています。

 

IMG_4576

 

藤吉保健師からは、ご本人からの相談内容から、「がん=仕事を辞める」という選択を早まることは、経済的な損失だけでなく、やりがいや生きがいを喪失し、その後のQOLに影響することから、会社だけでなく社会全体で意識を変えていく必要性や治療をしながら仕事を続ける上での会社での受け入れ方について説得力ある内容でお話していただきました。参加された方々は「両立支援コーディネーター」の存在や活動を知らなかった方がほとんどで、真剣にメモを取られ、終了後も熱心に質問されていました。

 

また、地域の皆様・保護者の皆様を中心として、また本学の卒業生を含め40名近くの来場者があり、リピーター来場も増えてきました。

 

がんカフェ「きらめき」3-1-side

 

IMG_4581-horz

 

そして、今年も学生によるアロマハンドマッサージが大好評でした! 担当した学生からは、以下の感想が寄せられました。

 

がんカフェ「きらめき」5-1

 

【学生の感想】

今回がんカフェに参加された方や学生にアロママッサージをさせていただきました。マッサージを受けられた方全員が、「気持ちよかったです。」と言ってくださり、こちらも参加させていただいてよかったなと思いました。マッサージ中はお話もさせていただき、短い時間ではありましたが参加者の方々には満足感を得てもらえたのではないかなと思います。

4回生 足立将希

 

練習のときに緩和ケア病棟でも導入されているリラックス効果を目的としたマッサージだと教えてもらいました。マッサージを行った来場者の方も「ポカポカした」「気持ちよかった。いい香りですね。」と話しながら表情も徐々に穏やかになっていく様子が伝わりました。看護師として、これから臨床に出た際にも、この経験を生かしていきたいと思います。

4回生 畑中陽太郎

 

自分自身や身内が “がん” と宣告された時、今までの生活とがんと宣告されてからの生活との変化について「相談できる場所と力になってくれる人がいる」と知っておくことは、がんになっても、なった後でも「一人ではない」という安心感に繋がるということを学びました。またアロママッサージを通して多くの方に感謝の言葉と笑顔を頂いたことで、人を癒し、癒されることの素晴らしさを実感しました。

2回生 濱岡咲良

 

初めてアロママッサージを行って、一般の方や先輩方と交流することができ、良い経験になりました。

2回生 徳田真奈

 

今後も当事者の方と住民の方との交流の場となるよう継続して開催していきたいと考えます。

                                           

看護医療学科教授 松本泉美

看護医療学科助教 中西恵理

 

【関連記事】

認知症啓発日本縦断イベント「RUN伴」応援企画 in 畿央祭!~看護医療学科

畿央祭ウェルカムキャンパス がんカフェ「きらめき」を開催!~看護医療学科