畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

イベントレポート

2021年4月6日(火)

新入生・新2回生向けのクラブ・サークル歓迎イベント!

 

こんにちは!学生自治会「畿友会運営委員会」です!

今日から対面によるブース形式で、直接クラブ・サークルに所属している先輩から話が聞ける企画「クラブ・サークルと繋がろう」が始まりました。

初日の様子をご紹介します!

令和3年4月5日(月)はクラブ・サークルを合わせて14団体に参加していただきました!

またのべ約500名の1、2回生が参加してくれました!!

 

▼ブースの様子

0407_01

 

 

次回のクラブ・サークル紹介は 

 

4/8(木)10:30~13:00

4/9(金)11:30~13:30

 

【参加団体一覧】

 club04089-4

 

是非参加をお待ちしております!!

 

【場所】

サンクンガーデン(正門を入って左にあります!)

C棟エントランス前

※雨天時はサンクンガーデンとホール1F廊下を使用します。

 

【感染対策に関する注意事項】

・必ずマスク着用の上、参加してください。

・当日は参加直前の検温を実施します。検温場所を2か所(正門左とホール1階入口前)設置していますので、必ずその場所で検温してから参加してください。37.5℃以上もしくは平熱より1℃以上高い場合、参加できません。

・備品等の共有物に触れる際は手指消毒をお願いします。

 

畿央大学では、クラブ・サークルをはじめとした多くの課外団体があります。コロナの関係で、2回生もクラブ・サークルについてわからないことも多いと思います。

1回生はもちろん、2回生も是非この機会にクラブ・サークルの雰囲気や様子を聞いてみませんか??

多くの皆さんの参加をお待ちしております!!

 

畿友会 広報部

現代教育学科 3回生 下岸あすか

2021年4月6日(火)

皆さん、こんにちは! 畿友会(学生自治会)広報部の太田です。

 

先日、令和3年4月2日(金)、2021年度 畿央大学入学式が行われました。

新入生の皆様、ご入学おめでとうございます。

 

感染症対策として保護者の皆さまの参加はかないませんでしたが、無事に入学式ができたことを嬉しく思います。

入学式当日は、私たち畿友会も運営のサポートとして参加させていただきました。

 

畿友会(学生自治会)だよりvol.65~入学式レポート!1-1

 

新入生の表情は緊張や不安の中にも、期待や希望があったように思えます!早速、友達になって写真を撮る新入生の方々も見受けられました!

 

畿友会(学生自治会)だよりvol.65~入学式レポート!2-1-down

 

しばらくの間は、新しい環境で慣れないことだらけの大変な日々になるかもしれませんが、畿友会でもサポートができるよう、活動してまいります。

新入生の皆様と、畿友会でともに活動できることも楽しみにしております!

 

畿友会(学生自治会)だよりvol.65~入学式レポート!4-1

 

それでは心躍る良きキャンパスライフへ、いってらっしゃい!

 

畿友会 広報部

現代教育学科3回生 太田秀生

2021年3月22日(月)

2021年3月18日(水)、3月から始まるオープンキャンパスに向けて、学生スタッフ向けの事前研修会を開催しました。春休みのため参加できない方も多数いましたが、約30名が大学に集まりました。

 

畿央大学のオープンキャンパス運営を支えているのは主に1・2回生ですが、2020年はコロナ禍で中止になったり、感染予防のため学生スタッフの数も大きく制限されてしまいました。今年から初めてスタッフとして参加する学生さんのために、この研修会が企画されました。

 

はじめに、入学センターからオープンキャンパスの大まかな流れを説明した後、2回生のリーダースタッフが自己紹介を行いました。都合がつかなかった1名はZoomで登場!一年前には考えられない光景でした。

 

0322_01-2

 

全体会のあとは、学科にわかれての交流会とキャンパスツアーのレクチャー。先輩スタッフからキャンパスツアーの回り方やよくある質問について情報交換を行いました。

新2回生(現1回生)が多く初めは緊張している様子でしたが、少しずつ打ち解けていく様子がうかがえました。

 

0322_02

 

例年に比べると対面授業が少なかった影響もあり、まだ授業で入ったことのない施設もあったようです。キャンパスツアーの研修…というよりは話そのものにも興味津々の様子でした。

 

最後には参加日程ごとに分かれて自己紹介や質疑応答を行いました。短い時間ではありましたが、他学科の学生と交流を持つ機会にもなったのではないでしょうか。

 

0322_041

 

畿央大学は4月以降もオープンキャンパスを随時開催していきます。大学選びや進路研究に役立つプログラムを多数準備して、皆さんの来場をお待ちしています!

 

➡オープンキャンパス日程一覧へ

 

オープンキャンパスの様子は「1分でわかる畿央大学ムービー」でご確認ください!

※画像をクリックでYouTubeにつながります。

 

▼畿央大学のオープンキャンパスってどんな感じ?|1分でわかる畿央大学#36

OC4

 

▼100人に聞きました!データで見るオープンキャンパス|1分でわかる畿央大学#46

oc_data

2021年3月19日(金)

皆さん、こんにちは!畿友会(学生自治会)広報部の本城です。

さて、去年1年間は新型コロナウイルスの影響もあり、活動が制限され、大学にも思うように登学できない状況でしたが、皆さんはどのようにお過ごしでしょうか?

畿央大学では、そんな暗い雰囲気を明るくしてくれるような大切なイベントである卒業式が令和3年3月16日(火)に行われました!

4回生の皆さん、ご卒業おめでとうございます!

 

0319_01

▲式典前の様子(感染対策のためにマスク着用、アルコール消毒しております。)

 

私たち畿友会は当日の運営スタッフとして、大学職員の皆さんと一緒に卒業式がスムーズに進行するようにサポートしました。具体的には正門前での卒業生誘導対応や、今年からはじまったフォトスポットでの撮影対応などです。畿央大学では女子学生が多い(7割以上!)こともあり、袴やドレスに身をまとった先輩方がキャンパスを華やかに彩っているところを見ることもできました♡

 

畿友会(学生自治会)だよりvol.64~卒業式レポート!3-1

▲在校生、教職員から卒業生へメッセージ

 

感染拡大予防の観点から今年度は在学生や保護者の皆さんには参加していただけませんでした。そこで、畿友会では先輩方の門出を祝うために事前に在学生や教職員から一言メッセージをいただき、卒業式当日に貼り出しました。ご協力いただいた皆さま、ありがとうございました!

 

4回生の皆さん、改めてご卒業おめでとうございます。

畿央大学で学んだことを活かして、今後のご活躍をお祈りしています!

 

畿友会では、学校の運営を中心とした活動や、様々な学生参加型のイベントの企画などを行っております!コロナ禍で入りそびれた現1回生の皆さんも、ぜひ参加お待ちしております!

 

畿友会広報部

現代教育学科2回生 本城七海

2020年12月18日(金)

2020年12月12日(土) 13:30から開催された奈良県認知症ケア専門士会オンラインセミナーに参加しました。セミナー当日は清水寺のお坊様 大西英玄様(現住職のお孫さん)の講演があり、コロナ禍で、家族が認知症や終末期であって面会も付き添うことが出来ない状況下での死生観について、宗教家の視点で熱く語っていただきました。

今回はその内容について学生の視点でレポートします。

 

2020ninchisyoukea151

 

まず、講演の第1部では、「生きる」とはどういうことなのか、「死ぬ」ということはどういうことなのかについての説明がありました。日頃、あまり日常的に考えることのないテーマでしたので、自分自身とても考えさせられました。主に死生観に関する話でしたが、その内容は幅広く、認知症ケアや終末期ケアに関する内容も例示して説明されていました。大西様の説明では「生きるとは苦しみと苦難とともにある」のだから、ただ楽しいことだけでなく辛く苦しいこともあるのだと説かれていました。本当に苦しいときはごまかしが効かないのだということ、苦悩や苦しみも含めて純粋に対峙しすべてを大切にすることが必要だと思いました。

 

また、生老病死などの厳しい現実、困難の中、人のために懸命に何かに尽くす過程において、自分が何者か、自分の使命に気づくと話をされていました。この苦しみは本当の喜びを形に変えたものであり、この苦しみはあなたの努力の糧になり、いつか必ず役に立つものであるとも話されていました。 

仏教用語。避けることのできないこの世での人間の4種の苦悩。生まれること、老いること、病気をすること、死ぬこと。四苦。

 

「次にする」ことや、「また今度」は、誰にも保障されていないということ、このことは「終末期ケア」の原点であり、特に高齢者の場合は「この人には次はないのかもしれないと思い、今すべきことを後回しにせずその時(今)する」ことだと思います。認知症の人は、今この時の記憶はありますが、数分後には忘れてしまうこともあります。終末期の患者さんは、明日は命が続いているかわからないこともあると思います。今を大切にする(生きる)、このことはどの世代の人もあてはまることだと思いました。

 

第15回 奈良県認知症ケア専門士会オンラインセミナー2-1

▲オンラインセミナーの様子(講演者:大西英玄様)

 

そして、「死ぬということはさまざまな苦しみを経て純粋に立ち戻る」ということ。そしてこの苦しみや苦悩は「死んでいくための予行演習なのだ」と話されていました。苦難の中、共に生きることが共に死ぬことにつながり、人との出会いは、縁によるもので、その縁の中で一人一人が懸命に生き続けることで、自らの果たすべき責任を果たしていくことだと話されていました。そのご縁、人との出会いのくり返しが死生の循環でもあり、この出会いは一生に一度の出会いでもあり、互いに誠意を尽くすことが重要だと述べられ、それは医療職、介護職の患者さんへの一回一回のケアへの考え方にもつながることだと思いました。

 

宗教家としてのスピリチュアルな視点で哲学的に講演していただいたので、私にとってはあまり日常的に考えることがない難しい内容でもありましたが、非常に心に染み入るお話しで心が洗われた気持ちになりました。多くの人は自分だけが苦しんでいる、不幸だと思いがちですが、人は死に向かって死ぬための予行演習としてその苦しみを体験しているのだと学びました。結局、「生きることは、死に向かって苦しみを体験している」「死ぬことは、生きているということを実感している」ことで生老病死ということなのだと思いました。

 

そして、世の中の嫌なことや苦手なことは、自分が(原因を)作っているため、今を生きるためには、①苦しくても嫌われても相手に伝え続ける(自分から変わる)、②悟りというのは、本当に大切なことを失ってから初めて気づくことを「失う前に気づくこと」だと教えていただきました。これらのことは、自分の死生観、看護観にも通じることであり、看護をするうえでも大切な看護の哲学的視点であるため、今後も自分の死生観を培っていく必要があると思います。また、今のコロナ禍の状況を苦しみととらえるのではなく、自分の責任を果たしていくための過程ととらえて生きていきたいと思いました。

 

第15回 奈良県認知症ケア専門士会オンラインセミナー3-1

▲オンラインセミナー受講の様子(掲載に関して許諾を得ています)

 

第2部では、Zoomのトークルームでグループワークを行いました。今回参加した方々を4人ごとのグループに分け、コロナ禍での困っていることを発言し、話し合いました。奈良県内だけでなく、広島、大阪や東京から、認知症ケア専門士、急性期看護師、認知症患者のご家族、精神福祉士、グループホームのケアマネージャーなどの参加があり、さまざまな立場の悩みを共有し、理解し合う、現場の声を伺った貴重な体験でした。この場で共有していただいた課題解決(苦悩)も生きていることそのものであり、またそれぞれの立場で責任を果たそうとしているのだと思いました。このように患者さんを中心に様々な職種の人が思うように悩みを打ち明ける会議も、解決策を練る上で大切だと思いました。

 

今回のオンラインセミナーは座学の授業や演習ではなかなか学習することのできない内容ばかりでとても新鮮でした。コロナ禍だからこそ、今時間のあるうちに役に立つ知識や知見を情報収集していき、これらの学びを今後の学習にも活用していきたいと思います。

 

看護医療学科2回生 白川桃子

 

●日本県認知症ケア専門士会公式HPはコチラから!

●日本県認知症ケア専門士会公式Facebookはコチラから!

●奈良県認知症ケア専門士会公式Facebookはコチラから!

 

認知症ケアサークル「畿央大学Orange Project®」に関連するブログ記事

KIO Smile Blog

 

【関連記事】

奈良県認知症ケア専門士会第14回研修会 講演会&VR認知症体験レポート~看護医療学科

2019年度 奈良県認知症ケア専門士会総会&第13回研修会を開催しました!~看護医療学科

畿央祭教員企画「第12回奈良県認知症ケア専門士会研修会」~看護医療学科