畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

被災地支援の活動

2015年3月16日(月)

こんにちは!

被災地支援サークルHOPEFULの教育学部1回生のゆうしです!!

 

春休みを利用して2015年2月21日(土)に福島県会津若松市で行われた『みんなで外遊びプロジェクト』にHOPEFULメンバーのやっすー、こうだいと一緒に参加してきました!

 

『みんなで外遊びプロジェクト』は、特定非営利活動法人 寺子屋方丈舎 によるプロジェクトです。外遊びの中でお互いが人に頼む、また人から頼られる経験を積んで仲間づくりの大切さを理解することや、プロジェクト終了後も一緒に遊べる子どもたちの関係を作ることをめざした活動です。

 

青森県から来ている子どもや福島県内でも比較的に放射能の影響が大きかった大熊町から来ている子どもなど、参加者は様々でした。

朝、会津若松駅で子どもたちを迎え入れてバスに乗り、今は使われていないスキー場へ到着!

 

写真 2

 

そこではまずお互いに呼び合う名前の名札を作成し、スタッフも子どもたちと同じように名札をつけました!

 

写真 1

 

名札を作り終えてからはスキー場へ出てみんなで雪遊び!

雪合戦やそりすべり、みんなでおおきなかまくらを作ったりとそこでは子どもたちの笑顔が溢れていました。

また、私自身も気づかないうちに子どもたちと一緒にはしゃぎ笑顔になっていました。

 

写真 4

 

お昼休みを挟んで 体育館でおにごっこをしたり、部屋ではUNOやトランプもしました。

時間はあっという間に過ぎてしまい1日しか遊べないのがとても寂しいと思っていたら、子どもたちも別れ惜しそうに挨拶にきてくれて、とても嬉しくもありました。

また機会があれば寺子屋方丈舎さんが企画してくださるプロジェクトに参加したいです。

 

写真 3

 

今回の企画に参加したことで、僕は多くのことを得ることができたと思います。

まだまだできることがたくさんあること。子どもたちとの触れ合い方、配慮すべきこと、意識しなければならないことがたくさんあるんだなと思いました。うまく言葉にできない大切な感情が自分の中に増えた気がします。

 

ぜひ少しでも興味を持たれた方や、子どもと触れ合ってみたい、ボランティアをしてみたいと思った方は参加してみてほしいと思います!

 

【関連記事】

「みんなで外遊びプロジェクトin春休み」に参加!~被災地支援サークルHOPEFUL

2015年3月4日(水)

3月3日(火)、被災地支援サークルHOPEFULのメンバー10人で大阪の阿倍野にある 大阪市立阿倍野防災センターへ行ってきました!

 

写真 2 (2)

 

地震の疑似体験や防災についての知識を学ぶことで、実際に自分たちの身や大切な人たちを守れるように工夫をされた施設です。

60分間の体験コースでは、火災が起きた時の避難の仕方や消化器の使い方震度7の体験コーナーなど、普段では経験することのない貴重な経験になりました!

 

写真 3-horz

 

最後の振り返りではみんなそれぞれの思いを言い合って、「知るだけで終わるのではなく、自分から周りの人へ発信することが大切」なんだという思いを確認し合いました。

 

例えば【家族で避難場所を決めておく】【避難する時に持ち出すリュックを用意しておく】など、小さなことでも自分ができることをすることが一人でも多くの命を守る手段につながることに気付きました。

 

ボランティアだけでなく、防災についての知識を学ぶとても良い機会になりました。

 

写真 5

 

被災地支援サークルHOPEFUL

 現代教育学科2回生 荒井 章恵

2014年12月22日(月)

こんにちは!学生広報スタッフで被災地支援サークルHOPEFULの、みーです!

HOPEFULでは8月に「絵葉書プロジェクト」を行いました。

 

このプロジェクトは、福島県の仮設住宅に住んでおられる方に絵葉書を送る活動です。

 

新しい画像

▲一枚一枚手描きしました!

 

福島大学災害ボランティアセンターの方々に託した絵葉書の半分は福島県二本松市の杉内多目的運動広場 応急仮設住宅のみなさんに届けられ、今回はその残りが国見町上野台応急仮設住宅に届けられたとの報告を受けました!

 

新しい画像 (1)

▲福島大学災害ボランティアセンターの学生と、国見町上野台応急仮設住宅の方々

 

国見町上野台応急仮設住宅の方々は、

「あらーいいこと!」

「(すべて手描きと知って)そうなの!?すごいねー!ありがたい!」

と喜んでくださったようです。

 

絵葉書プロジェクトは、「遠く離れた奈良県から、自分たちにできることはないだろうか」と考え、立ち上げました。

遠方からではありますが、福島県のみなさんを想う気持ちが届いていればいいなと思っています。

先日はクリスマスカード作りを行いました。今後も継続的に、奈良県からできる活動を続けていきます。

 

クリスマスカードが届けられる様子や、HOPEFULの今後の活動については、このブログやHOPEFUL facebookページで報告させていただきます!

ぜひ、ご覧ください!

 

【関連記事】

清掃活動&被災地に送るクリスマスカード制作!~被災地支援サークルHOPEFUL

学生広報スタッフBlog vol.139~福島に届け!「絵葉書プロジェクト」

2014年12月18日(木)

こんにちは、被災地支援ボランティアHOPEFULのむかです。

今回HOPEFULのメンバー4人と関西大学の学生1人で、12月7日(水)に広島県の土砂災害の復興を目的とする「広島たすけ隊」の一員として、広島県の梅林小学校で被災地の子どもたちを笑顔にさせてあげようという目的のチャリティーイベントに参加させていただきました。

 

僕たちはビニール袋とストローと紙コップで作った「べろべろアニマル」という製作を子どもたちと一緒に作りました。

現地の人たちに頂いたビーズと紐で、アクセサリー作りもさせていただきました。

僕は初めて被災地にお手伝いに行かせてもらった立場なので、緊張感を持ってボランティアに臨みました。

広島に到着してすぐ、被災した山奥に案内していただきお線香をあげさせていただきました。現場は土砂が流れた跡は撤去されていたのですが、広大な更地が広がっていました。半分以上土砂で埋まっている家、原形をとどめられていない車などがあって自然の力を肌で感じ、恐怖を覚えました。

 

新しい画像-horz

 

しかし、緊張感もイベントが始まると薄れていきました。イベントに参加してくれた子どもたちは、被災したことなど嘘のように満面の笑みで活動してくれて、僕たちも自然と笑顔になってしまっていました。子どもたちの保護者の方ともお話しさせていただくことができて、会う人会う人に、「ありがとうね、とっても子どもたち喜んでるよ。」と言ってくださりました。その言葉だけで「あぁ、今日来てよかったな。」って思えました。

 

イベントの後半、体育館で被災地各地にボランティア活動をしながら周っているロックバンド「おかん」のチャリティーコンサートがありました。

実際に被災地を周った人たちにしか歌えない歌で胸が熱くなり、体育館が温かい雰囲気に包まれました。

 

新しい画像 (2)-horz

 

今回実際に現地へ行かせていただきましたが、テレビで報道しているものより何倍も考えることや感じることで溢れていました。最近、長野県の噴火や地震、衆議院解散などのニュースによって広島県の報道は日に日に減ってきています。しかし、それに反して現地ではまだまだボランティアの手を必要としています。今回の活動に少しでも何か感じてくれればいいなと思います。

 

新しい画像 (4)-horz

 

丸一日の活動でしたがあっという間に時間が過ぎたようでした。

その中で数え切れないほどの学んだこと、考えたこと、感じたことがありました。

広島県の人たちはとても心の温かい人たちばかりで、僕たちが広島県の人たちを元気づけるつもりだったのに広島の方々からの優しさに逆に僕たちが元気をいただいたような気がします。

助けを必要としている人たちの役に立つのなら、どんなに小さくて身近なことでもやり続けていきたいと感じました。

 

被災地支援サークルHOPEFUL

現代教育学科1回生 向田 孝汰

 

【関連記事】

広島土砂災害復興支援の募金を日本赤十字社へ!~被災地支援サークルHOPEFUL

広島土砂災害復興活動への参加レポート!~被災地支援サークルHOPEFUL

広島土砂災害募金活動を行いました!~被災地支援サークル「HOPEFUL」

広島県 土砂災害被害への復興募金活動!~被災地支援サークルHOPEFUL

2014年12月4日(木)

被災地支援サークルHOPEFULのゆっきーです!

 

大学に隣接するエコール・マミさんで行った広島県土砂災害復興支援募金活動で、みなさまからお預かりしていた募金を日本赤十字社奈良県支部に届けてきました。

 

【関連記事】

広島土砂災害募金活動を行いました!~被災地支援サークル「HOPEFUL」

広島県 土砂災害被害への復興募金活動!~被災地支援サークルHOPEFUL

 

写真 2

 

募金は広島県に設置された義援金配分委員会を通じて、被災された方に届けられます。

 

これからも「遠く離れた関西からでも学生ができる支援」を考え、続けていこうと思います。

ご協力してくださった皆様、ありがとうございました。

 

写真 1

被災地支援サークルHOPEFUL

現代教育学科2回生 荒井 章恵