畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

被災地支援の活動

2014年8月30日(土)

こんにちは!学生広報スタッフで被災地支援サークル「HOPEFUL」所属の みー です!

 

HOPEFULは、東日本大震災を契機として畿央大学の学生有志により設立されたサークルで、被災地支援イベントへの参加、企画・運営などの活動をしています。

 

8月の初めには「絵葉書プロジェクト」を行いました。このプロジェクトは、福島県の仮設住宅に住んでおられる方に、絵葉書を送る活動です。

 

image009

 

「遠く離れた奈良県から、自分たちにできることはないだろうか」と考え、立ち上げたプロジェクトです。

一枚一枚手描きした絵葉書は、HOPEFUL主催で8月18日から20日まで、福島県の子どもたちを対象に行われた「のびのびキャンプ2014」にスタッフとして参加した、福島大学の菅野くんに託しました。

 

ehagaki-1

 

現地で絵葉書を手渡すと、菅野くんは「一枚一枚全部手描き!?」と、とても驚いた様子で受け取ってくれました★

 

その菅野くんから、絵葉書について報告がありました!

8月28日(木)、福島県二本松市の杉内多目的運動広場 応急仮設住宅の自治会長さんに、手渡されたとのことです!

 

ehagaki-2

 

自治会長さんは「こういうの嬉しい。みんな喜ぶよ。秋の絵が描かれているのがいいね。遠くから想いを届けてくれてありがとう!」と、受け取ってくださったそうです。

30枚ほどがこの仮設住宅にお住みの方々に配布され、残りは、また別の場所で配布される予定です。

 

奈良から、配布された方々に、絵葉書を通して少しでも気持ちが届けばいいなと思っています!

 

また、今回仲介役となってくれた菅野くんとHOPEFULとは、「のびのびキャンプ」を通してつながりました。支援の中で繋がった仲間も大切に、さらに活動を展開していきたいと思っています★

 

残りの絵葉書が届けられる様子や、HOPEFULの今後の活動については、このブログやHOPEFUL facebookページで報告させていただきます! ぜひ、ご覧ください★

 

【関連記事】

学生広報スタッフBlog vol.137~被災地支援サークル「HOPEFUL」活動報告

2014年8月30日(土)

福島の子ども24名を招いて、2泊3日のキャンプを開催!

10643164_521576691321146_327367504_n

 

こんにちは。のびのびキャンプ2014代表、畿央大学教育学部3回生の永田理奈と申します。

8月18日(月)から20日(水)の2泊3日で、福島県国立磐梯青少年交流の家にて被災地支援「のびのびキャンプ2014」を開催しました。キャンプには福島県の子ども24名、大学生22名(畿央大学20名、福島大学2名)が参加し、3日間を無事に過ごせたことを報告させていただきます。これも多くのみなさまからのご支援、ご協力の賜物と感謝しております。

なお、のびのびキャンプ2014は住友商事様、子どもゆめ基金様から助成をいただき実現しております。

 

「のびのびキャンプ」は東日本大震災が発生した2011年に、短期間で避難所を転々としたり外で自由に遊べない福島県の子どもやその保護者の皆さんのために「大自然の中で”のびのび”と思いっきり遊んでこころとカラダをリラックスしてもらいたい‼︎」という一人の教員の思いから始まったキャンプです。福島県のボランティアグループ「ひらそる」の皆さんから県内の子どもたちに呼びかけていただき、2011年は栃木で、2012年は私たちの大学のある奈良県で、2013年は福島県で開催いたしました。3年間にわたり多くの子どもたちと教職員・学生が交流を深め、言葉では言い表せない感動と強い絆が生まれました。

昨年行われたのびのびキャンプ2013は、初めて学生が主体となって企画・運営を行いました。それを近くで見ていた私たちはキャンプの企画・運営の大変さを知り、教職員の皆さんの手を借りることなく自分たちの手で準備を進めていくことに弱気になったこともありました。それでも、被災地支援サークル「HOPEFUL」として新たな後輩や同期と活動していく中で、

 

「被災地のために、福島の子どもたちのために何かがしたい!」

「今まで築いてきた絆を大切にしたい!」

「子どもたちを笑顔にしたい!」

 

という強い思いが、私たちの背中を押してくれました。

「誰かに見守ってもらえる安心感のなかで、のびのび過ごす」という今までのコンセプトに加えて、今年は「自分と未来」をテーマに福島県のこれからを担っていく子どもたちが自分を見つめ、希望を持って力強く生きていこうと思えるキャンプにしたいというねらいをもって取り組みました。

 

10603736_516840101782406_5427255401990528537_n-vert

 

実際、キャンプが始まると子どもたちは想像以上に助け合って「のびのびキャンプ」を作り上げてくれました。

初めてキャンプを経験する学生が大半を占めているにもかかわらず、子どもたちの声にきちんと耳を傾け、本当は何を訴えたいのだろうか、どのようにすればより良いグループ作りができるのだろうか、楽しい活動になるのだろうか…と夜遅くまで話し合いながら真剣に子どもたちと接していました。日を追うごとにグループでの活動に一体感が生まれたのは、学生が子どもたちのことを思い、真剣に向き合うことができていたからだと思います。

 

10600414_518746754937473_5225024436707694457_n

 

震災から3年。関西では報道の量、関心が薄れているのを感じています。大学でも震災当時に大学生だった先輩たちは卒業しました。「支援の継続」という面で大きな転機を迎えています。しかし震災を、福島を忘れずに私たちから発信していくことが私たちの使命であり、福島の皆さんとの絆を深めていくことにつながるのだと信じています。

 

今回はのびのびキャンプ2012を通してつながった福島大学と共催し、福島県内の子どもの募集や窓口としてお力をお借りしました。キャンプ当日は正規メンバー以外に既に社会人として働いている畿央大学、福島大学、いわき明星大学のOB、OGやひらそるの皆さん、発起人である看護医療学科の堀内先生も遠方からサプライズで応援に駆けつけてくれました。

ひらそる代表の小山さんからは「あたたかい心をお土産にそれぞれの場所に持ち帰れるキャンプ」という言葉をいただきましたが、キャンプを通して生まれた絆が今でも強く存在していることを、大変嬉しく思っています。

 

IMG_6805

 

2012年以降のキャンプの様子は、facebookページでご覧になれます。参加メンバーによるフォトレポートもブログ投稿させていただく予定です。また、10月19日、20日に開催される畿央祭において写真展示も開催する予定ですので、お立ち寄り頂ければ幸いです。

 

最後になりましたが、キラキラした笑顔いっぱいでキャンプを盛り上げてくれた子どもたちと、私たちに大切なお子さまをお預けくださいました保護者の皆様、本当にありがとうございました。

 

これまでに培ってきた絆を大切にして、畿央大学被災地ボランティアサークル「HOPEFUL」は活動を続けます。今後ともよろしくお願いします。

 

被災地支援サークル「HOPEFUL」

のびのびキャンプ2014代表 永田 理奈

 

~ Special Thanks ~

キャンプにはのびのびキャンプ2011以来、ご協力をいただいている「キャンプのプロ」である吉藤先生に帯同していただきました。プログラム企画からリスクマネジメントまで幅広く相談に乗っていただくなど、あたたかく見守っていただきました。吉藤先生なくしてキャンプの成功はあり得ませんでした。ご多忙な中、福島の皆さんのためにお時間をいただき、本当にありがとうございました。

 

P1030748 - コピー

 

■関連リンク

畿央大学の学生による被災地支援「のびのびキャンプ」facebookページ

畿央大学被災地支援サークル「HOPEFUL」facebookページ

(学生団体)福島大学災害ボランティアセンター

 

■関連記事

のびのびキャンプ2014保護者説明会を福島県で開催!~被災地支援サークルHOPEFUL

被災地支援「のびのびキャンプ2014」~キャンプ本番まであと1ヶ月!

学生広報スタッフBlog vol.130~被災地支援「のびのびキャンプ2014」第二回セミナーを開催!

学生広報スタッフBlog vol.129~被災地支援「のびのびキャンプ2014」に向けて!

 

■過去のキャンプ開催記事

学生・教職員有志の被災地支援「のびのびキャンプ2013」を福島県で開催! 

福島の子どもを奈良へ!被災地支援「のびのびキャンプ2012」を開催しました!

学生・教職員有志による東日本大震災支援のための「のびのびキャンプ2011」を実施!

ふくしまの笑顔をつなぐボランティアグループ”ひらそる”によるキャンプレポート

2014年8月11日(月)

こんにちは!被災地支援サークル「HOPEFUL」のみーです!

HOPEFULは、東日本大震災を契機として畿央大学の学生有志により設立されたサークルで、被災地支援イベントへの参加、企画・運営などの活動をしています。
先日、「絵葉書プロジェクト」と「東北の今と今の自分にできること」を考える活動を行いました。

 

絵葉書プロジェクトは、福島の仮設住宅に住んでおられる方に、絵葉書を送る活動です。
遠く離れた奈良県から、自分たちにできる活動はないだろうかと思い立ち上げたプロジェクトでした。

 

hopefull2014-1▲絵葉書の作り方をゆっきーから教えてもらいました

 

hopefull2014-2▲ペンや色鉛筆だけでなく、折り紙で貼り絵をする人も。一枚一枚丁寧に書きました!

 

hopefull2014-3

▲みんなで描いた絵葉書です。

 

4月に新メンバーが入ってから、全体での初めての活動ということもあり、みんなでワイワイしながら活動しました!

出来上がった絵葉書は、HOPEFULが主催して福島県で行う「のびのびキャンプ」で、福島大学の災害ボランティアセンターの学生に託します!
ささやかではありますが、奈良県から東北を想う気持ちが届けられればと思います。

 

hopefull2014-5▲「絵葉書プロジェクト」の後、げんきからみんなに「東北の今」の話をしてもらいました。
今年の2月にきっかけバスで東北3県を回って実際に見たり感じたりした被災地の現状について写真を使って説明してくれました。

実際に残っているものの写真から、悲惨さや被害の甚大さを感じるとともに、自分たちは現実を全然知らないということに気付きました。

また、東北から帰ってから考えた「自分たちにできる防災」についても話してくれました。
災害はいつかは起こるけれど「自分は、きっと大丈夫」と心のどこかで思っている人が多いです。
でも実際は、いつ起こるかわからない、突然大切な誰かを失うことになっても、自分がいなくなっても、おかしくないのが事実です。
このことについて、深く考えることができた時間でした。 

 

hopefull2014-6

▲げんきからの話を受け、急遽うさも自身の経験とみんなへ伝えたいことを話してくれました。

うさは、1回生のときに、1人で海外のボランティアに参加した経験を話してくれました。行ったことのない土地に行くことや、初めて経験することは勇気がいるけど、実際体験してみないと分からない世界があるということを聞き、ニーズのある場所に積極的に出向いて行こうと思いました。

 

hopefull2014-4

 

これからHOPEFULは、2014年8月18日~20日に主催する「のびのびキャンプ2014〜自分と未来〜」をはじめ、さまざまな活動を元気いっぱい行っていきます!
その様子は随時このブログや、HOPEFUL facebookページで報告していきます!
ぜひチェックしてくださいね★

2014年8月1日(金)

こんにちは!被災地支援サークル「HOPEFUL」の長谷川千佳と大東元気です!

 

HOPEFULは、東日本大震災を契機として畿央大学の学生有志により設立されたサークルで、支援イベントへの参加、企画・運営などの活動をしています。その活動の一環として、2014年8月18日~20日に2泊3日で福島県の子どもを対象とする「のびのびキャンプ2014〜自分と未来〜」を福島県磐梯青少年交流の家にて開催します。

 

7月26日(金)、27日(土)に福島県福島市にあるこむこむという施設で「のびのびキャンプ2014保護者説明会」を開催し、代表の永田理奈、副代表の大東元気と長谷川千佳、グループ担当の本田亮介が現地に行ってきましたので報告します!

 

26日(金)の20:00に夜行バスで大阪を出発!

11時間の旅を終え、翌朝7:00に無事、JR郡山駅に到着しました。

 

10537400_678474695571657_3094880883534024421_n[1]

 

ここからは、説明会準備の「永田・長谷川グループ」と、キャンプでお世話になる国立磐梯青少年交流の家への下見と打ち合わせへ行く「大東・本田グループ」に分かれて行動を開始しました。

 

まず、説明会準備グループ! 朝ご飯を食べた後は電車を乗り継いで、福島駅へ向かいます。

そして、福島駅ではキャンプに協力してくださり、一緒にキャンプを行う福島大学災害ボランティアセンターの菅野勇希くんと無事合流! 初対面ながらも、3人で仲良く話しながら説明会を行う”こむこむ”に到着しました。また、施設の中で同じく一緒にキャンプを行う菊池春芳ちゃんとも会えました!

 

着々と準備を進めていく途中で保護者の皆様が何人かいらっしゃって、だんだん緊張が高まっていくなか…

13:20、保護者説明会が始まりました!!

 

nobinobi2014hogosha1

 

保護者説明会では、のびのびキャンプが始まった経緯や目的をはじめ、今回のキャンプのおおまかなプログラム説明、タイムスケジュール、のびのびキャンプ実行委員会の組織図、危機管理体制、今回のキャンプで初めて取り入れるプログラム「思いをかたちに」などの説明を代表の永田が説明しました。

 

nobinobi2014hogosha2

 

今の自分が未来を創る――これからの福島をつくっていくのは今の子どもたちです。「思いをかたちに」では、将来の夢や今の自分の気持ち、将来の自分に向けた手紙を書くなどの活動を通して子どもたちが未来に希望を持っていけるような、そんな活動にしていきたいと考えています。

 

一方、下見・打ち合わせグループ!

説明会準備グループを見送り、大東・本田は国立磐梯青少年交流の家へ向かいます。

途中、山の天気が崩れ、一時的な大雨にも遭遇しましたがなんとか到着。

はじめましてのご挨拶を終え、早速当日の流れや利用場所の確認などの打ち合わせが始まり、打ち合わせ後、職員の方の案内で、下見を行いました。

 

去年開催した「のびのびキャンプ2013」でも利用させていただきました。去年と変わらず、きれいな場所でした。

 

nobinobi2014hogosha3

 

ここは、19日のプログラム、飯盒炊飯を行う野外炊飯場!子どもたちとの活動がとても楽しみです。

 

nobinobi2014hogosha4

 

これは「うるし」です。人によってはさわるとかぶれてしまうことも! 危機管理のための下見でもあります。

 

新しい画像 (5)

 

下見・打ち合わせを終えた大東・本田グループは保護者説明会へ合流! 合流した大東・本田は、保護者の方と子どもたちに自己紹介。そこには1年ぶりに会う子の姿もありました。1年間の成長に密かに感動しておりました大東です(笑)

 

新しい画像 (4)

 

保護者説明会を終え、キャンプに対する期待と緊張、そしていい意味での焦りを感じたのびキャンメンバー。

これからも準備を怠らず、子どもたちと会えるのを楽しみに、子どもたちに楽しんでもらえるように、活動までの日々をがんばっていこうと思います。

のびのびキャンプ2014まで、あと3週間ほどです!!

 

被災地支援HOPEFUL/のびのびキャンプ2014実行委員会

教育学部 3回生 長谷川千佳・大東元気

【関連記事】

畿央大学の学生による被災地支援「のびのびキャンプ」facebookページ

被災地支援「のびのびキャンプ2014」~キャンプ本番まであと1ヶ月!

学生広報スタッフBlog vol.130~被災地支援「のびのびキャンプ2014」第二回セミナーを開催!

学生広報スタッフBlog vol.129~被災地支援「のびのびキャンプ2014」に向けて!

2014年7月18日(金)

こんにちは!被災地支援サークル「HOPEFUL」の若林あずさです。

 

HOPEFULは、東日本大震災を契機として畿央大学の学生有志により設立されたサークルです。支援イベントへの参加、企画・運営などの活動をしています。その活動の一環として、2014年8月18日~20日に2泊3日で福島県の子どもを対象とする「のびのびキャンプ2014〜自分と未来〜」を福島県磐梯青少年交流の家にて開催します。
のびのびキャンプは「放射線の影響により外で満足に遊ぶことのできない福島県の子どもたちに、大自然の中で思いっきり遊んで、心も体ものびのびとしてもらいたい!」という思いで始まったキャンプです。今年で4年目を迎え、現在、学生スタッフを中心に一生懸命準備を進めています。

 

キャンプ本番に向けての事前研修会として、2014年7月12日(土)に第3回目のセミナーを行いました。
このセミナーは、学生スタッフがキャンプ中、子どもたちの命を預かるという自覚と責任を高め、子どもたちが安全に、安心して、楽しくキャンプを過ごすことができるよう準備をするために行っているものです。
今までには、学生スタッフ同士の交流、子どもとのかかわり方についての講義、子どもにこんなことを言われたらどうする?といった具体的場面を想定して対応を考えるロールプレイなどを行ってきました。
3回目となる今回は、キャンプ本番も私たちをサポートしてくださる吉藤先生にゲストティーチャーとして来ていただき、アイスブレイクやキャンプソング、野外活動でのリスクマネジメントについて教えていただきました。

 

nobikyan2014-3-1

 

アイスブレイク・レクリエーションでは初めは座ったままでできるものや身体接触の少ないものから始め、徐々に緊張を解きほぐしていきます。

ずいぶん打ち解けた学生スタッフもはじめは少し緊張していましたが、あっという間に笑顔いっぱいになっていました。慣れてきたら少しずつペアでの遊びやグループでの遊びで交流し、仲を深めていきます。

自己紹介を取り入れたり、みんなで考える活動を取り入れることで、自然と仲良くなれる環境づくりができることを教えていただきました。

キャンプでも、子どもたちの緊張が少しでも早くほぐれ、学生スタッフや新しい友だちと仲良くなれるように一緒に楽しんでいけたらいいなと思います。

 

nobikyan2014-3-2

 

野外活動でのリスクマネジメントについては、みんなで“キャンプ中に起こり得るリスク”についてどんどん挙げていき、それらについてどうしたら防げるのかを考えていきました。

子どもが寝つけない、ホームシックになる、という精神的なものから、危険な動植物、地形など、ソフト面ハード面でのさまざまなリスクが挙がりました。

子どもの精神的なリスクは、初めのアイスブレイクをしっかりと行い、しっかりと関係づくりをするなど“心のリスクマネジメント”によって防ぐことができます。

物的なリスクについては、下見をしっかりと行う、危険なものについて知っておくことが必要です。

リスクマネジメントは想像力をはたらかせ、危険を予知することが最も大切であると教えていただきました。

子どもたちが安心・安全にキャンプを過ごせるよう、しっかり準備しようと気が引き締まりました。

 

nobikyan2014-3-3

 

最後はキャンプファイヤーで歌う「あなたが夜明けをつげる子どもたち」と、最後の閉会式で歌う「めぐり逢い別れ」を教えていただきました。

「めぐり逢い別れ」は去年も閉会式で歌い、子どももスタッフもみんなで歌いながら涙を流した曲です。

去年を思い出して胸がいっぱいになっていた学生もいました。

今年もそんな笑顔と涙でラストを迎えられるようなキャンプにしていきたいと思います。

キャンプ本番まで約1ヶ月!子どもたちの笑顔がいっぱいのキャンプになるよう、みんなで力を合わせてがんばっていきたいと思います!
活動の様子についてはこのブログやFacebookにて随時発信していきます。

これからもHOPEFUL、そしてのびのびキャンプ2014をよろしくお願いいたします。

 

現代教育学科3回生 若林あずさ

【関連記事】

畿央大学の学生による被災地支援「のびのびキャンプ」facebookページ
学生広報スタッフBlog vol.130~被災地支援「のびのびキャンプ2014」第二回セミナーを開催!
学生広報スタッフBlog vol.129~被災地支援「のびのびキャンプ2014」に向けて!