畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

被災地支援の活動

2013年7月1日(月)

こんにちは!のびのびキャンプ2013代表の教育学部3回生・ひちょりこと森本敦です!

2013年6月15日、畿央大学の学生・教職員有志による被災地支援「のびのびキャンプ2013」に向けた第3回目の事前セミナーを行いました。

 

今回は前半に実際にキャンプで行うアイスブレイクとレクリエーションの体験、

そして後半は「キャンプの際のリスクマネジメント」についてのびのびキャンプ2012のプログラムディレクターであり、キャンプのプロ、じゃーじさんこと吉藤行二先生に講義をしていただきました。

 

「アイスブレイク」とは、こどもたちの緊張を解きほぐすために行う簡単なゲームや遊びのこと。初めて出会う見ず知らずの友だちや大学生を目の前にしてしまうと、どうしても緊張して気持ちがこわばってしまいます(これは大学生の立場でもいえることです)。そこで、簡単なゲームや遊び、ふれあいを通して楽しみながら距離を縮めて、あたたかく打ち解けやすい雰囲気をつくり、気持ちを解きほぐしていくことが目的です。

 

今回は今年のキャンプでプログラムの進行を務めてる”ざぶ”こと柴田大貴くんが、私たちにアイスブレイクのレクチャー、体験を行ってくれました。

 

NOBI-1

 

アイスブレイクを楽しみながら、

 

「この場面では学生はどんな配慮をするといいんだろう?」

「率先して盛り上げたり、歌うことが大切」

「場に応じた盛り上がりや、静かにする場面では静かにするなど気をつけないと」

 

など、お互いに確認をしながらアイスブレイク体験を行いました。

 

NOBI-2

 

アイスブレイクはこどもたちの緊張をほぐすだけでなく、初めて出会ったこどもたちのことを知る大切な機会でもあります。学生は楽しみながらも、よくこどもたちのことを見ることによって、どんな性格の子なのか、より深い関係づくりをするためにはどうすればいいのか、と考えることができます。

信頼関係を築く第一歩であるアイスブレイク。こどもたちが安心できる雰囲気作りを心がけるべきだと感じました。

 

NOBI-3

 

そして、後半は吉藤行二先生に「キャンプの際のリスクマネジメント」についてお話していただきました。吉藤先生は昨年まで奈良県立野外センターのセンター長をなさっておられ、現在は中学校で勤務されていらっしゃいます。

 

NOBI-4

 

キャンプのなかで気をつけるべき部分。それは目に見える虫や植物、設備の不備だけに限らず、人間の意識のなかにもあるということを教えていただきました。

 

「これくらいならば大丈夫だろう」

「いつもと変わらないし大丈夫」

 

そんな間違った解釈や、安易な気持ちが事故やトラブルを引き起こす原因です。

私たち学生はキャンプの間、こどもたちの命を預かることになります。常に状況を把握し、判断して行動を行うことで、こどもたちが怪我なく楽しいキャンプを過ごせるのではないかと思いました。

最後に、キャンプで唄う歌のレクチャーもしていただきました!キャンプのときに、こどもたちと一緒に唄うことが待ち遠しいです!

 

セミナーを重ね、徐々にキャンプのビジョンが浮かび上がってきました!こどもたちが全力で楽しめるキャンプに向けて、私たちも全力で準備していきます!

今後もこちらのスマイルブログや畿央大学のびのびプロジェクトfacebookページでも、キャンプの経過をお伝えしていきます。ぜひ、ご覧ください☆

 

 【過去のブログ】

被災地支援「のびのびキャンプ2013」に向けて~第2回事前セミナーを開催!

学生広報スタッフblog vol.72~被災地支援「のびのびキャンプ2013」が始動!

学生広報スタッフblog vol.62~学生が見た「のびのびキャンプ2012」後編

学生広報スタッフblog vol.61~学生が見た「のびのびキャンプ2012」前編

2013年6月11日(火)

こんにちは!今年度の「のびのびキャンプ」の学生代表を務めさせていただく、ひちょりこと現代教育学科3回生の森本敦です!

今年度から学生が主体となり、被災地支援のための「のびのびキャンプ2013」を開催することになりました!不安だったり、わからないことばかりの毎日ですが、福島県のこどもたちの笑顔のために、日々、みんなでがんばっています!

さて、5月25日(土)に引き続き、6月1日(土)の3・4限目に第2回のびのびキャンプ事前セミナーを開講しました。今回はキャンプ中に実際に行うプログラムの説明と昨年度体験学生の体験談、そして教育学部永渕泰一郎先生による「こどもとのかかわりかた」についてのセミナーを行っていただきました。

 

新しい画像

 

 

のびのびキャンプにはさまざまなプログラムがあります。緊張している子どもたちと大学生との出会いの際、ゲームをすることで緊張をほぐす「アイスブレイク」、子どもたちのいろんな姿が垣間見える「飯盒炊飯」、気持ちを伝えあってキャンプの締めくくりをする「メッセージタイム」など、他にもたくさんあります。

他のキャンプと共通するプログラムもありますが、その全てのプログラムのバックグラウンドにあるのは「そばにいる安心感」です。キャンプ中、学生は子どもに近い存在であり、ずっとそばにいる存在です。今年は子ども5人に対して学生が3名つく体制で、こどもたち同士、学生とこどもたちの距離がより近づくことを念頭においたプログラムの構成をしています。

のびのびキャンプ2012に参加した学生の体験談では、運営メンバーでもある二回生、めぐ、りなっぱ、あずの3人が昨年のことを振り返りながら、グループワークも交え、話してくれました!

 

 新しい画像 (1)

 

「子どもたちとかかわることで意外な一面や、自分の課題が見つかった。」

 

「『どんなことをしてあげよう?』という気持ちより、

『相手はどんなことをしてもらいたいんだろう?』と考えることの大切さに気づけた。』

 

「自分の居場所をまず探してしまったけれど、

こどもたちのことを一番に考えて動かなければいけない。」

 

など、さまざまな体験・感想を聞くことができました。

また実際にこどもと接した際、自分ならどうする?といったグループワークを参加者全員で行いました。たとえば、

 

「地震、原発のことをどう思う?」といった質問が来たらどうする?

 

「活動に参加したくない」というこどもがいたらどうする?

 

「○○ちゃんと一緒はイヤだ!」というこどもがいたらどうする?

 

という、キャンプでも実際、起こりうることを想定しながら、話し合いました。

 

 新しい画像 (2)

 

さまざまな学部、学年の学生がいるため、いろんな視点からの考えがたくさん出てきました。最善の答えが存在するわけではないけれど、いろんな人の考えを知って引き出しを増やしておくことで、幅広い対応ができるはずです。とても有意義な時間を過ごすことができました。

 

後半では永渕泰一郎先生に「こどもとのかかわり方」についてのセミナーを行っていただきました。

 

新しい画像 (3)

 

こどもたちの行動の一つ一つには必ず意味があり、そのバックグラウンドを知り、気持ちを大切にしないといけない。学生はプロフェッショナルではないけど、素朴な関わり方をすることによって、こどもたちとの関係を築くことができること。別れの際のケアをきちんとすること。のびのびキャンプのみならず、さまざまな場面でこどもたちとかかわる際に気に留めておくべきことをご教授いただきました。

 

過去2年、私も参加してきましたが、悩むことの連続で、思い返せばいろいろ後悔することや、感じたことがたくさんありました。今回、2回生メンバーがその思いを自分達の言葉で伝えてくれて、きっと新たに参加してくれているメンバーにも伝わったと思います。こどもたちのことを一番に考えて、全力を尽くしてキャンプ作りをするのが私たち学生の役目。もしかしたら、その期間内では充実感や感動を実感することが難しいキャンプかもしれません。しかし、こどもたちのことを大切に思って過ごすことで、キャンプが終わって思い返したとき、自分の成長を感じることができるキャンプでもあると思います。

 

3年目、3回目、まさに集大成となる今年ののびのびキャンプ。偉大な先生方から引き継がせていただくということで、プレッシャーも感じますが、学生主体のよい部分を前面に出して、こどもたちひとりひとりの夏休みの楽しい思い出の1ページが描けるよう、みんなでキャンプをつくっていきます!

 

のびのびキャンプ学生代表 現代教育学科3回生 森本敦

 

【関連URL】

学生広報スタッフblog vol.72~被災地支援「のびのびキャンプ2013」が始動!

畿央大学のびのびプロジェクトfacebookページ

2013年6月7日(金)

  福島と奈良をつなぐ、のびのびキャンプ2013!

最後に全体写真!

 

こんにちは!学生広報スタッフ、現代教育学科2回生の尾西です。 

 

私は今年の夏(8月12日~15日)に開催する「のびのびキャンプ2013」の運営スタッフをしています。今回、同じスタッフの永田さんと一緒に、キャンプのご紹介をしたいと思います!

 

「畿央大学のびのびプロジェクト」は、畿央大学の学生、教職員有志による被災地支援の取り組みです。「のびのびキャンプ」は今年で3年目の開催で、福島県と奈良県をつなぐ子どもたちのための特別なキャンプです。2011年は栃木県で、2012年は奈良県で実施し、大学生と子どもが1対1で過ごすマンツーマンキャンプでした。外出制限があり外で遊ぶことができない子どもたちが、時間や放射能を気にすることなく安心して「のびのび」遊ぶことができるプログラムを組み、実施してきました。

 

 【過去のキャンプの詳細はこちらから!】

  福島の子どもを奈良へ!被災地支援「のびのびキャンプ2012」を開催しました!

  学生広報スタッフblog vol.61~学生が見た「のびのびキャンプ2012」

  学生・教職員有志による東日本大震災支援のための「のびのびキャンプ2011」を実施!

 

2013年度は福島県で開催します。放射線量は極めて低く、自然豊かな地域です。今年の新たな取り組みとして、子ども5人に対して学生3人のグループで活動していくことを計画しています。子ども一人一人に学生がついている時以上に、グループの中で子どもたちは「自分のことは自分でしなければならない」場面が増えてくると思います。その中で子どもたちが安心して自分のことは自分で判断し行動できるよう万全なサポート体制と環境を作り、子どもたちが「自分はこんなこともできるんだ!」という自信を持って帰ってもらえるキャンプを計画しています。また2012同様、ふくしまのボランティアグループ”ひらそる”、福島大学といわき明星大学の学生有志の皆さんとも協働します!

 

そこで、私たちは「のびのびキャンプ2013」を一緒につくりあげていく仲間を集めるために、5月10日(金)と13日(月)の2日間、昼休みに説明会を行いました!

のびキャン① 003 

 

 「のびのびキャンプ」についての説明を一昨年のキャンプの様子がわかるムービーを交えながら、簡単に行いました。

 のびキャン① 004

 

説明会後には4学科、全学年の27名の方から応募があり、とても嬉しく思っています!

 

「のびのびキャンプ」では、キャンプ本番で大切な心構え、共通理解をしておくための事前研修会として、土曜日の3,4限目に計6回のセミナーを行っていきます。

その第1回目のセミナーが、5月25日(土)にありました。初回ということもあり、説明会よりも詳しく、「のびのびキャンプ」が始まった経緯やキャンプ中での学生の役割などについて、話しました。

 

のびのびキャンプの発起人、看護医療学科の堀内先生。すべては、堀内先生が東日本大震災後まもなく福島の友人を訪ねたことからはじまりました。

 

P1050961[1]

 

 

のびのびキャンプ2013学生代表、ひちょりによるキャンプの説明。 

 P1050968[1]

 

まだ緊張した面持ちでいっぱいでしたが、これからよりよいキャンプを作り上げるために、みんなで様々な意見を出し合い、もっと打ち解けあえたらいいな~と思っています。

 

また、現在、キャンプを開催するにあたって、メンバーで協力して募金活動も行っています。

もし、見かけましたら、ご協力よろしくお願いします!

 

●毎週水曜日18時半~ 五位堂駅

●毎週木曜日2限目~  エコール・マミ(大学隣)

 のびキャン① 002-horz

 

今後行うセミナーもブログにアップしていく予定ですので、ぜひチェックしてください!

 

教育学部現代教育学科2回生 尾西 萌・永田 理奈

 

 

●畿央大学のびのびプロジェクトfacebookページ

2013年4月18日(木)

学生広報スタッフblog vol.61~学生が見た「のびのびキャンプ2012」前編 を読む

 

【のびのびキャンプ3日目】

3日目は奈良観光!奈良公園に東大寺、石舞台古墳、万葉文化館へと足をのばしました。

20130419nobi (19)

ペアの学生やグループのお友達と熱心にクイズを解いたり、一緒に買い物をしたり、出店のお菓子を食べたりしているうちに、ペア以外にも同じグループの友達や学生ともだんだんと打ち解けてゆく姿が見られました。私たちグループリーダーはいろんなものに興味深々の子どもたちを連れて、自分たちも知らない道を進まないといけないので大変です。「はぐれないように、でも子どもたちには思うままに動いて欲しい。」と思いながら、なんとか目的地にたどり着いたときにはヘトヘトでしたが、みんなの楽しそうな姿に疲れも吹っ飛びます。

20130419nobi (20)

 

☆昼食は夢風広場でホットドッグと風月さんのお好み焼き、バスの中ではお菓子をいただきました!食事はキャンプの趣旨に賛同して頂いた企業の皆様からご支援いただきました。ありがとうございます!

20130419nobi (29)

 

☆更に日本旅行のカリスマ添乗員、平田さんが登場!バスレクをお願いし、楽しいバス移動となりました。

 20130419nobi (30)

 

☆平田さんと一緒に、石舞台古墳(上)、万葉記念館(下)で記念撮影!

20130419nobi (21)-vert

 

センターへ戻ると大阪龍球会さんによるバスケットボールを使ったパフォーマンス!「かっこいい!」「すごい!」と即席のサイン会ができるほど子どもたちに大人気でした。 

20130419nobi (23)-vert

 

☆夕食にはたきびカレープロジェクトの皆さんによる、本格的なカレーをいただきました!

20130419nobi (31)

 

☆夜ご飯のあとにはキャンプファイヤー!炎が空から降ってきて燃え上がると、楽しいレクリエーションのはじまり!最後にはこのキャンプのイベント計画をしてくれたわっくんによるファイターポイにみんな驚きと感動!

20130419nobi (25)-horz

 

キャンプファイヤーからの帰り道には、2日目に工作したキャンドルで照らされるサプライズが!自分のキャンドルを見つけると、子どもたちはとても嬉しそうにペアの学生とキャンドルを眺めていました。真っ暗の帰り道、はぐれないように手を握りながら帰っていくペアの姿もありました。

この夜の学生スタッフのグループミーティングでは「手を握ると握り返してくれた」「自分から喋ってくれるようになった」「心遣いが嬉しかった」と嬉しそうなペアの学生の声を聞くことができて、私たちまで嬉しい気持ちになりました。

20130419nobi (27)-horz

 

  (続きを読む…)

2013年4月17日(水)

こんにちは!理学療法学科4回生のよこみー、はるちゃんこと横山、山根です。

 

私たちは一昨年と去年の夏に2回、「のびのびキャンプ」に参加させていただきました。のびのびキャンプの概要などは過去のブログをご覧ください。

のびのびキャンプではたくさんの素晴らしい人と出会うことができ、とても貴重な経験をさせていただきました。その感謝の気持ちをこめて、今回のびのびキャンプ2012の報告をさせていただきます。キャンプでは福島の子ども1人に大学生のパートナーがつくマンツーマンスタイルで、そのペアを5グループに分けます。私たち2人はその「グループリーダー」を任されました。

 

【1日目】

畿央大学の教員・学生をはじめとする関西スタッフは前日から準備を始め、ついに子どもたち、福島スタッフが到着。久しぶりな顔やはじめましての顔。子どもたちもスタッフのもドキドキの中、緊張を和らげるアイスブレーキングを行いました。初日は子どもたちもスタッフも探り探りの様子。

 

☆福島の子どもたち、スタッフの到着

20130419nobi1

 

みんな久しぶり!

去年よりも少し大人になった子供たちに再び会うことが出来ました。はじめましての子も沢山いて今年はどの様なキャンプになるだろうとワクワクドキドキしました。

 

 ☆アイスブレーキング

20130419nobi 2

 

 ☆ペア・グループ発表

子供たちはまだまだ緊張した表情。

20130419nobi 3

 

☆旗づくり~初めての共同作業!

去年より人数が多かったのでぎゅうぎゅうになりながらも全員の手が入りました。

子供たちの「今年も友達をたくさん作って楽しみたい!」という気持ちが伝わってくる言葉が沢山見られ、私も「グループリーダーとして頑張らないと!」という気持ちになりました。

 20130419nobi 4-vert

 

☆夕食はグループに分かれてBBQ!美味しいお肉やお野菜にみんな大満足!

率先してお肉を焼いてくれる子、ライトを照らしてくれる子、一人で探検に出かけてしまう子などいろいろな子がいました。

私自身は1日目から要領がつかめずバタバタと走り回っていました。

20130419nobi 6-vert

 

 

夜に子供たちを寝かしにいった後に行うグループ会議では子供たちの様子などを共有し話し合いました。みんなそれぞれ思っている事や困っている事などを相談し合いみんなで解決できる良い場だったと思います。

20130419nobi 8

(続きを読む…)