畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
助産学専攻科 , 畿央の学びと研究

「NCPR(新生児蘇生法)Aコース」受講レポート!~助産学専攻科

2016年3月2日(水)

3月に入り、少し春らしさを感じられる季節となりました。

私たち助産学専攻科の学生は国家試験・卒業研究発表会を終え、3月1日(火)に「NCPR(新生児蘇生法)Aコース」を学生10名が受講しました。

 

IMG_1194

 

NCPRとは「すべての分娩に新生児蘇生法を習得した医療スタッフが新生児の担当者として立ち会うことができる体制」の確立をめざし、新生児蘇生法を新生児科医のみならず、分娩にかかわる産科医、助産師、看護師、さらには医学生、看護学生、救急救命士等にも学んでもらおうというものです。講習会を受講後に、試験に合格し、所定の手続きを経て新生児蘇生法修了認定の資格を習得することができます。

 

講習を受けた後、演習室にてベビー人形を用いながら新生児蘇生法のデモンストレーションを行いました。蘇生時に必要な手技は、インストラクターの佐野先生、豊先生に丁寧に指導をいただきながら練習することができました。しかし、練習とはいえ実際の現場では一刻を争う状況であることを想像すると、緊張を感じることもありました。

 

IMG_1082

 

そして、実施のデモンストレーションでは、設定された出生直後の新生児の状態から、どのような項目を観察し、どのように対応するのかを、アルゴリズムに沿って考えながら、蘇生法を実施しました。

その際、一つ一つの行動に時間がかかってしまい、迅速に行動することの困難さを感じました。その時の自分の判断が、新生児の予後に関わることを考えると、命に関わる職業である助産師としての責任感を改めて感じることができました。また、一人だけで判断するのではなく、最適な対応を行えるよう周囲のスタッフとも連携をはかることが大切だと学びました。

 

IMG_1110 IMG_1195

 

最後にテストを受け、1日が終わりました。

その後、最後のユニフォーム姿をインストラクターの先生方、教員の方々と一緒に写真に収めました。

 

IMG_1225

 

臨床の場では、いつ、どのようなことが起きるか分かりません。

その時の対応として、今回の学びを忘れず、これからも勉強を重ねていきたいと思います。

そして、4月からそれぞれが理想とする助産師になれるよう精一杯頑張っていきたいと思います!

 

IMG_1277

助産学専攻科 鏡味庸華

【助産学専攻科 関連記事】

ベビーマッサージとマタニティヨガの特別講演~助産学専攻科

ICMアジア太平洋地域会議・助産学術集会に参加~助産学専攻科

麻薬取締官に学ぶ麻薬と医療用麻薬の現状~看護医療学科「看護倫理」(看護医療学科との合同講義)

【所属カテゴリ】助産学専攻科畿央の学びと研究

ブログトップへ