畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2008年6月25日(水)

6月21日(土)13:30~ (畿友会主催)

学部、学年関係なく楽しい時間をみんなで過ごすこの企画。

「大学で運動会!?」な~んて思ってしまうかもしれませんが、こういう機会があってこそ学生生活にも華が咲くってもんなんです♪

さて、今年の運動会は天候のことも考えてアリーナ(体育館)で開催されました。

 

 

室内なのでできる競技は限られましたが、みんな楽しく競い合いました!

チームは当日ランダムで振り分けられ、それぞれ赤・青・黄・緑の4チームに分かれて競います。

 

今年の運動会の種目は、まずはビンリレー。

 

 

運動会1.jpg
運動会2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次に障害物競走。 

 

運動会3.jpg
運動会4.jpg
 

続いて2人3脚。

そして最後は綱引き。


運動会5.jpg
運動会6.jpg

 

たった4種目、されど4種目。

各チーム、気合いを入れて若さ全開で全競技に挑みました。

笑いの耐えない素晴らしい雰囲気の中、みんなで汗をかきながら勝利を目指す姿…まさに大学生☆

うんうん♪

「開催してよかったなぁ」と企画した側も大満足!

 

白熱のバトルの結果、青グループが優勝☆Congratulations!

優勝した青グループはもちろんのこと、各グループも素敵な笑顔で溢れていました♪

みんなお疲れ様!

来年は更に楽しく、エキサイティングな運動会にしたいなぁ…と思いつつ、我が大学の雰囲気の良さをしみじみ感じた1日でした。

 

運動会7.jpg

 

いや~…こういう楽しい企画満載の畿央大学。極上ですね♪

 

2008年6月20日(金)

来たる6月14日、人間環境デザイン学科1回生の第10回目景観・まちづくり演習の授業として、奈良県大宇陀のまちづくりの見学会に行ってきました。

 

大宇陀町は、奈良県東北部大和高原の南端部に位置し、宇陀川流域の平地に広がった町です。江戸時代の町並みを多く残し、長い歴史を持つ大宇陀は、散策を楽しみながら歴史のロマンに触れられる町です。今回は、松山地区を中心に見学をしました。

まずは、町の雰囲気を生かした現代の建物として設計された「道の駅」の会議室で、友の会事務局長の裏宗久さんより大宇陀のまちづくりの話を伺いました。

 

20080620-1.jpg

 

次は、外に出て町の雰囲気を楽しみながら、「千軒舎」という旧内藤家住宅を再生・活用している松山地区まちづくりセンターの施設を見学しました。

 

20080620-2.jpg

 

 

この施設に関しては、松山地区まちづくりセンター主査の森本陽子さんに建物の解説をしていただきました。そののち、グループごとに分かれて町のボランティアの方々の説明を受けながら、町並み見学をします。

 

20080620-3.jpg

 

町でも特に史跡として有名なのが黒門(松山西口関門)です。

壁を除いてすべて黒塗りにされていることから、黒門と呼ばれています。

 

20080620-4.jpg

 

最後に、また道の駅にもどって、案内してくれた皆さんにお礼と挨拶をして終わりました。

松山地区の皆さん、ありがとうございました!!

この授業の成果は、景観・まちづくり演習の授業の中で報告します。

2008年6月19日(木)

Spring Carnivalや畿央祭など、学内イベントでいつも会場を盛り上げてくれるダンス部が、

関西最大級の超ビッグホールでも迫力あるダンスを披露しました!

 

————————————————————————————————–

 

ダンス部(Afro-izm Republic)です。

6月8日(日)に畿央大学として、なんばHatchにて行なわれたOSAKAN FESTA08に参加しました。

 

20080619-3.jpg

 

OSAKAN FESTA’08とは…、関西最大規模の若者による、若者のための祭典!!

私達ダンス部は『ダンスって楽しいんだ!』という思いを伝えるために熱意のあるダンスサークルが集まり企画したDANCE Generationというコンセプトをもとに、この舞台に出演しました。

 

20080619-1.JPG

 

当日は2000人を越える人たちが来場し、ハンパない1日になりました!

 

20080619-2.JPG 

2008年6月16日(月)

6月10日、教育学部の1回生を2回生・3回生がもてなす「新入生歓迎会」が開かれ、笑顔一杯の明るい雰囲気のなかで学年を超えた約100名の学生の交流が行われました。 

 

この日は教育学部らしく、体育館でコミュニケーションゲームから始まりました。

 

宿泊研修でも同じようなプログラムがあったので1回生も指導できるまでになったことでしょう。

 

20080610-1.JPG

 

 

心と体をほぐしたあとは、食堂地下でお菓子とジュースのパーティー。

 

初めての先輩後輩でもおしゃべりがはずみ、さらに一番の楽しみ、ビンゴゲームで盛り上がりました。時計や文房具などの景品があたった学生は飛び上がって大喜び。カラオケカードがあたったときは歌も飛び出しました。午後9時終了という時間ではまだまだ時間が足りない、という余韻が残ったイベントでした。

 

20080610-2.JPG

 

教育学部新入生歓迎会は、昨年度に続いて学生自身の企画運営で行ったもので、新入生歓迎会は教育学部以外の学科でも実施されています。今年度は理学療法学科の2回生が新設の看護医療学科の新入生歓迎会を企画するなど、さらに学生間の交流が広がっています。
 
20080610-③.JPG 

2008年6月16日(月)

教育学部現代教育学科地域教育コース2回生が、アセンブリの時間を使って「畿央大学・地域かるた」づくりに取り組んでいます。

6月12日には、読み札と絵札作成のネタ集めをしました。 

 

 

学内にある鹿の彫刻について調べています。

 

鹿の彫刻 

 

畿央大学のすぐ近くのケーキ屋さん「hinata」で店長さんにインタビューさせていただきました。地域の人に来ていただける、日なたのようなあたたかく優しい雰囲気のお店を目指して「hinata」と名付けたそうです。あすかルビーや大和高原たまごなど、地域の産物を使ったケーキ作りについてお話をうかがうことができました。 

 

hinata

 

別のグループは、マンホールの図柄などから地域の人々の特徴をつかもうと、大学の周辺を歩き回りました。マンホールから見えてくる暮らしのライフライン・・・小学3、4年生の社会科の授業のネタをさっそくかるたに保存できました。 


マンホール

 

どんな「かるた」が出来るのか、完成が楽しみです!