畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

TASK(健康支援学生チーム)活動レポート

2020年6月15日(月)

こんにちは、健康支援学生チームTASKの理学療法学科2回生の今井千智です !TASKの2019年最後の活動として12月の勉強会を行いました。

(春休みが終わって大学が始まったら寄稿しよう…と思っていたのですが、気付けば6月になっていました。)

 

TASKは、Think、Action、Support、for Health by Kio Universityの略称です。学科の枠を超えて協力し合いながら、地域住民の方々や畿央生の健康支援を目的として活動しています。

 

テーマは「認知症の予防~みんなで脳の活性化~」でした。今回の勉強会では、特に健康科学部の人たちが将来必ずかかわる「認知症」について学びました。勉強会の最初には、認知症について学び、その後、早期予防として、脳トレを行いました。

 

▼脳トレの様子

 

TASK12月勉強会1-1

 

認知症とは、脳の変性疾患や脳血管障害によって、記憶や思考などの認知機能の低下が起こり、6カ月以上にわたって、日常生活に支障をきたしている状態です。認知症には、脳の働きの低下による中核症状と、環境や体験、気質によってあらわれる周辺症状があります。認知症の予防には、食生活改善、運動習慣の改善、対人接触、知的行動習慣、睡眠習慣などがありますが、最も重要なのは「早期発見」「早期からの予防対策」です。

 

今回12月ということもあり、勉強会のあとにはクリスマス会を行いました。

 

▼クリスマス会の様子

 

TASK12月勉強会2-1

 

たくさん話し、笑いながら今年最後のTASKの活動を楽しみました !

 

▼最後にTASKの「T」で記念撮影!

 

TASK12月勉強会3-1

 

理学療法学科2回生 今井千智

 

TASK関連の情報はTASK(健康支援学生チーム)活動レポートで、詳しくご覧になれます。

2019年12月17日(火)

こんにちは、健康支援学生チームTASK、理学療法学科2回生の福田友紀です。令和元年11月30日(土)に看護医療学科1回生、理学療法学科3回生の実習前検診として、「身体機能測定サポート」を実施しました。

 

TASKThink, Action, Support, for Health by Kio Universityの略称です。学科の枠を超えて協力しあいながら、地域住民の方々や畿央生の健康支援を目的として活動しています。

 

この測定会は畿央大学健康科学部看護医療学科1回生、理学療法学科3回生を対象に、実習前の身体測定として実施しました。測定内容は体組成・骨密度・足趾握力・ヘモグロビン量・長座体前屈・垂直飛びです。

 

今回は、実習前ということで春の測定から健康状態が変化していないかなど、皆さんで結果を見せ合いながら話し合っていました。TASKの測定に初参加のメンバーは、先輩方に教えていただきながら1人1人測定をしていました。

この結果を元に実習に向けて、健康状態を整えていきましょう!!

 

▼長座体前屈の測定の様子

TASK(健康支援学生チーム)活動レポートvol.78~「身体機能測定サポート」1-1

 

▼ 足趾握力の測定の様子

TASK(健康支援学生チーム)活動レポートvol.78~「身体機能測定サポート」2-1

 

▼最後はみんなでTASKのTポーズ!!!

TASK(健康支援学生チーム)活動レポートvol.78~「身体機能測定サポート」3-1

 

理学療法学科2回生 福田友紀

 

TASK関連の情報はTASK(健康支援学生チーム)活動レポートで、詳しくご覧になれます。

2019年12月16日(月)

こんにちは、健康支援学生チームTASKの理学療法学科2回生の髙橋侑希です 。

先日、令和元年11月14日(木)にTASKの11月の勉強会を行いました。

 

TASKは、Think、Action、Support、for Health by Kio Universityの略称です。学科の枠を超えて協力し合いながら、地域住民の方々や畿央生の健康支援を目的として活動しています。

 

テーマは『正しい歩行を身に付けよう』でした。

間違った歩行だと疲れやすく歩かなくなり、筋力が落ちさらに歩かなくなるという悪循環になります。また正しくない歩行は姿勢の崩れの原因になります。今回は間違った歩き方の原因について知り、その改善方法として改善体操も行いました。

 

▼改善体操の様子

TASK(健康支援学生チーム)活動レポートvol.77~11月の勉強会1-1-side

 

歩行は日常生活と密着しているからこそ、少し意識して過ごすだけでも、大きな効果の差につながります。姿勢や着地の仕方、地面のけり方など歩き方に注意して歩いていこうと思います。

 

▼最後はTASKのTポーズ

TASK(健康支援学生チーム)活動レポートvol.77~11月の勉強会3-1

 

理学療法学科2回生 髙橋侑希

 

TASK関連の情報はTASK(健康支援学生チーム)活動レポートで、詳しくご覧になれます。

2019年11月19日(火)

こんにちは。健康支援学生チームTASK、看護医療学科2回生の中岡茉優です。

令和元年10月29日(火)に、「アナフィラキシーショックの対処方法」をテーマに勉強会を行いました。

 

TASKThink, Action, Support for Health by Kio Universityの略称で、学科の枠を越えて協力し合いながら、地域住民の方々や畿央生の健康支援を目的として活動しています。

 

TASK(健康支援学生チーム)活動レポートvol.76~10月の勉強会1-1-side

 

アナフィラキシーショックとは特定のアレルゲンの侵入により、呼吸困難などを伴うショック症状などを呈する病態です。アナフィラキシーショックの症状軽減には、エピペンを用います。エピペンは教育の現場でも用いられることがあります。その効能だけでなく、使用方法についても勉強しました。

今回の勉強会で、医療や教育の現場だけでなく日常生活において身近な人の生命の救助に活かせる学びを得ました。

 

▼勉強会を終えた後にみんなでTASKのT!

TASK(健康支援学生チーム)活動レポートvol.76~10月の勉強会3-2

 

看護医療学科2回生 中岡茉優

 

 TASK関連の情報はTASK(健康支援学生チーム)活動レポートで、詳しくご覧になれます。

2019年10月30日(水)

こんにちは!健康支援学生チームTASK、現代教育学科1回生の北出華倫です。

令和元年10月26日(土)に、畿央大学の体育館で20歳~69歳の地域住民の方を対象に「広陵町身体体力測定会」を行いました。

 

TASKThink,Action,Support,for Health by Kio Universityの略称です。学科の枠を超えながら、地域住民の方々や畿央生の健康支援を目的として活動しています。

 

この測定会は、畿央大学と広陵町が連携して行っている「広陵町×畿央大学KAGUYAプロジェクト」の一環として、年に2回実施されるものです。測定内容は体組成・骨密度・血管機能・腹囲・握力・長座体前屈・ファンクショナルリーチテスト・立ち上がり歩行測定・足趾握力・膝伸展筋測定です。

 

4月に行われた1回目の測定会に引き続き、今回もたくさんの方にお越しいただきました。この半年間、ご自身で継続的に運動に取り組まれてきたという方も多く、前回と比べてどのような変化が出ているかに皆さん注目されていました!

 

 ▼長座体前屈の測定

広陵町身体体力測定会1-1

 

▼FRT(ファンクショナルリーチテスト)

広陵町身体体力測定会2-1

 

 ▼足趾握力(足の指の握力)の測定

広陵町身体体力測定会3-1

 

 私は、身長・体組成、骨密度の測定を担当させていただきました。初めて使う機械ばかりで戸惑いましたが、先輩にフォローしていただき、参加者の方ともお話ししているうちに少しずつ緊張がほぐれていきました。今回は測定するのに必死で積極的にコミュニケーションをとる余裕がなかったので、今後は参加者の表情も見て、自分から声をかけられるように経験を積んでいきたいと思いました!

 

 ▼最後はみんなでTASKの「T」ポーズ!!

広陵町身体体力測定会4-1

 

現代教育学科1回生 北出華倫

 

●TASK関連の情報はTASK(健康支援学生チーム)活動レポートで、詳しくご覧になれます。

「広陵町×畿央大学KAGUYAプロジェクト」