畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

TASK(健康支援学生チーム)活動レポート

2014年9月12日(金)

広陵町さわやかホールに高齢者のみなさんの「輪」ができています!

 

 

広陵町は子どもから高齢者まですべての年代をカバーし、町民の健康と福祉の充実を図るため「総合保健福祉会館さわやかホール」(広陵町笠161番地2、4階建て)という総合施設を運営しています。この建物には、広陵町子ども支援課、保健センター、地域包括支援センター、社会福祉協議会、介護保険事業所、デイサービスセンターなどが1箇所に集約され、総合サービスの拠点になっています。

 

sawayaka1

 

2014(平成26)年9月11日、3階の老人福祉センター生活相談室のスペースを利用して、畿央大学理学療法学科高取克彦准教授と協力学生による「高齢者健康サポート体操教室」(仮称)が開かれました。この3階部分には、大浴場、大広間、視聴覚室、教養娯楽室、機能訓練室などが完備され、公共施設とは思えないほど機能が充実しており、毎日各大字ごとの順番で多くの高齢者のみなさんが利用されています。この日も約30人の同センター利用者があり、体操教室には10時から約30分間、26名の方々が受講されました。

 

 

椅子に座ったままで出来る簡単なストレッチ体操やゲーム感覚の運動が主体で、来場者のみなさんの親睦を深めたり、ただ単にカラオケしてお風呂に入り飲食するだけでなく若い大学生と交流する癒やしの場にもなっています。広陵町内の全戸無線で呼びかけをしていただいたせいか、毎回30名前後の方にお越しいただいており会場が狭いと感じるほどです。

 

sawayaka

 

この日は高取先生と畿央大学健康サポートチームTASK(健康支援学生チーム)メンバー6名で行いましたが、ストレッチ体操やゲームの組立はTASKが考えた学生主体のメニューです。運動だけでなくリーダーと全員の「負けジャンケン」やグーパーストレッチなど脳活性化体操も取り入れており、みなさんの笑いを誘っていました。

 

 

この取り組みは、広陵町地域包括支援センターと畿央大学の連携で、お年寄りの方々の介護予防、認知症予防の簡単な体操を広めようと企画されたものです。授業に影響しない学生の夏休みを利用し、またTASKの自主性と主体性を高める学びの対外的な活動として評価できるものと思っています。

2014年7月10日(木)

TASK〔健康支援学生チーム〕理学療法学科3回小柿が、今月の勉強会について報告したいと思います!!!初めてなので若干緊張していますが皆さんにもっとTASKについて知っていただけるよう精いっぱいお伝えしようと思います(^^)/

 

※TASK(Think, Action, Support for Health by Kio University)は、学科の枠をこえて地域住民の方々や畿央生の健康支援を行っています。

 

6月は体力測定の勉強会でした。そして7月は次回のオープンキャンパスの企画「カラダ」チェックで測定する骨密度、ヘモグロビン、体組成と畿央大学ならではの専門的な項目についての勉強会でした。

2、3回生は経験している人も多く、今回は「今年入ってきたばかりの1回生にまずは機械に慣れてもらおう!」ということでまず、全員の測定から始めました(*’▽’)

女子も男子も体重、体脂肪、筋肉量など友達と比較しながら、また上級生に結果を解説してもらいワイワイと計測を終えました。

隠れマッチョなど体の内部までぜーーーーんぶ丸見えにされちゃってました(笑)

 

DSC_9214

 

そしてその後は健康栄養学科の浅野先生からの解説講座でした!!

浅野先生が私たちに熱心に解説をしてくださいました(*’ω’*)

 

DSC_9210

 

理学療法学科の私にとっては栄養に関する勉強をするチャンスはなかなかないので、とても貴重な経験になりました。

このように学科の枠をこえて健康に関する知識を増やしていけるのも、TASKの良い点ではないかと思っています。

そして次回は理学療法学科の高取先生による「転倒予防体操」の勉強会です!! これもまた楽しみです(^◇^)

皆さんTASKについて興味をもっていただけましたか? 紺のポロシャツを着ているのがTASKのメンバーですので、気軽に話しかけてくださいね♪

 

理学療法学科3回生 小柿 亜香里

 

【関連記事】

TASK(健康支援学生チーム)活動レポート vol.2 ~幼児園での体力測定に協力!

TASK(健康支援学生チーム)活動レポート vol.1 ~第1回勉強会を開催!

2014年7月10日(木)

畿央生が中心となり、体操の動作や音楽づくりが本格化しています!

 

2014(平成26)年6月に宇陀市と包括連携協定を締結した畿央大学では、健幸都市「ウェルネスシティ宇陀市」構想の具体策を実施するため、『子ども元気体操づくり・子ども体力測定』に取り組んでいます。

 

5月24日(土)宇陀市最大の約180名規模の幼保児童を擁する大宇陀幼児園で、隣接する交流ドーム体育館内で25m走・テニスボール投げ・足指握力等の測定を行いました。当日は保護者参観日とし保護者に対して、畿央大学の理学療法学科福本貴彦先生、健康栄養学科柴田満先生による講演会も実施しました。子どもたちは宇陀市内のあちこちから送迎バスに乗って通園しており、また普段から保護者の車に乗っての生活習慣になっているようで、足腰の弱さが体力測定結果に出ています。

この測定結果を踏まえて、体力向上に有効な「幼児向け体操」および体操の「音楽」づくりに取り掛かっているところです。

 

udataisou2014

 

2014(平成26)年7月8日(火)小体育館に、現代教育学科辰巳智則先生、理学療法学科福本貴彦先生、音楽の非常勤講師吉田はるみ先生、教育学部生4名が集まって体操と音楽のラフイメージづくりを行いました。

ホワイトボードに各自が思いついたダンスアイデアと楽曲の骨組みを記録していきます。このダンス・音楽部会は学生7~8名の構成とし、この日は2回目の集まりで4名が参加しました。小さなパーツをいくつか作って組み合わせて、子どもたちと保護者らが無理なく楽しく繰り返し踊れるダンス体操づくりをめざします。

 

udataisou2014-2

 

辰巳先生からは幼児体操の特性について話して頂き、学生たちは思いつきを次々に書きとめ体操の動作として表現してみます。その一部始終をビデオ録画や写真に収めて、次回の打合せに活かしていくことにしています。

 

【関連記事】

2014年5月24日 宇陀市連携「子ども元気体操づくり・子ども体力測定」

TASK(健康支援学生チーム)活動レポート vol.2 ~幼児園での体力測定に協力!

2014年5月29日(木)

TASK〔健康支援学生チーム〕代表、理学療法学科3回生の仲村渠(なかんだかり)からTASKのメイン活動である「ボランティア」に関して報告します!!

※TASK(Think, Action, Support for Health by Kio University)は、学科の枠をこえて地域住民の方々や畿央生の健康支援を行っています。

 

大学での勉強会で学んだことを実践するべく、2014年5月24日(土)に宇陀市連携「子ども元気体操づくり・子ども体力測定」に協力するため、宇陀市の幼児園(幼稚園・保育所)に行ってきました!

理学療法学科の松本先生を筆頭に参加メンバー10名全員で前日から宇陀市に乗り込み、TASK初の学外活動に向けて親睦を深めた上で、不安と期待を持ちながら臨みました。

 

宇陀市は非常に自然豊かで、活動先である幼児園の周りは遠くまで見渡せるほど草原が広がっており、TASKメンバーから歓声があがるほどでした!

 

DSC_0028-horz

 

人工芝のある大きなドームで3歳~5歳児の体力測定を行いました。

約140名の園児達が親御さんに連れられて元気良く集まってきている姿は非常にかわいかったです。

 

園長先生のご挨拶の後に、各組毎に測定種目別に移動し測定が始まりました。

測定した種目は25メートル走、ボール投げ、足指握力でした。

 

新しい画像 (2)

 

僕はボール投げを担当したのですが、普段関わっている大学生たちとは違い、どのように行うのかの指示を伝えることが非常に難しく、しっかり測定できているのか自信が持てない場面が多かったです。

楽しそうにしてくれる子、母親から離れられない子、なかなかボールを離さない子…といろいろな園児達の様子を見ながら、測定者であることを忘れて楽しんでいました(笑)

 

新しい画像 (3)

 

今回のボランティアを通して普段の学生生活では経験できない子供との接し方や測定者としての難しさを学ぶことができました!!

 

DSC_0147-horz

 

地域や大学でのボランティアに他学科と協力しながら活動し学ぶチームとして去年発足したこのTASK。最初の学外活動は非常に有意義なものでした。

新メンバーを迎えて、さらに大きくなったTASKがもっと広く、深く活動していけるように、皆で力を合わせていきたいです!!

 

最後はやっぱりTASKのT~!!このポーズはお決まりになりつつあります!(笑)

 

新しい画像 (4)

 

理学療法学科3回生 仲村渠 亮

【関連記事】

TASK(健康支援学生チーム)活動レポート vol.1 ~第1回勉強会を開催!

2014年5月27日(火)

こんにちは!!!!

TASK(健康支援学生チーム)広報担当の理学療法学科3回生の古川です(^0^)/

(※TASKはThink, Action, Support for Health by Kio Universityの略称です)

TASKでは地域住民の方々や畿央生の健康支援を行っています。普段の授業では学びきれない健康に関する知識を学科の枠を越えて協力し合いながらボランティア活動等を通して学んでおり、そのための勉強会を毎月1回開催しています。

 

今回は2014年5月22日(木)に行った活動についての報告をお送りします!

5月24日(土)に行われる宇陀市内の幼稚園でのボランティアの準備として、長座体前屈、握力測定、足指握力測定、反復横とびの測定の方法を学びました^^

 

まずは、勉強会の担当から学習内容についての説明があり、1~2回生を4つのグループに分け、 説明不足になったところは理学療法学科の松本先生にフォローしていただきながら、 各測定について上回生が実演を交えて測定の意義など詳しく説明するという形で行いました。

 

新しい画像

 

全回生のそろった活動は初めてなので、皆少しドキドキ。

上回生の説明はきちんと伝わったでしょうか・・・?

今回学んだことを次はボランティアの場で実践できるようになってもらえると嬉しいです!

今回は理学療法学科中心の勉強会でしたが、今後は教育や栄養中心の活動も行っていく予定です~!

皆が楽しみながら学べる機会を作っていくのが目標です!!(個人的にですが 笑)

 

今回はほぼ全員参加ということで次回につながる有意義な勉強会になったのではないでしょうか??

最後はみんなでTASKのT~!!わぁぁぁい!

 

新しい画像 (1)

 

次回は宇陀市でのボランティア活動についてレポートします!

理学療法学科3回生 古川 水月

 

【関連記事】

宇陀市連携「子ども元気体操づくり・子ども体力測定」プロジェクトがスタートしました!