畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

TASK(健康支援学生チーム)活動レポート

2014年5月29日(木)

TASK〔健康支援学生チーム〕代表、理学療法学科3回生の仲村渠(なかんだかり)からTASKのメイン活動である「ボランティア」に関して報告します!!

※TASK(Think, Action, Support for Health by Kio University)は、学科の枠をこえて地域住民の方々や畿央生の健康支援を行っています。

 

大学での勉強会で学んだことを実践するべく、2014年5月24日(土)に宇陀市連携「子ども元気体操づくり・子ども体力測定」に協力するため、宇陀市の幼児園(幼稚園・保育所)に行ってきました!

理学療法学科の松本先生を筆頭に参加メンバー10名全員で前日から宇陀市に乗り込み、TASK初の学外活動に向けて親睦を深めた上で、不安と期待を持ちながら臨みました。

 

宇陀市は非常に自然豊かで、活動先である幼児園の周りは遠くまで見渡せるほど草原が広がっており、TASKメンバーから歓声があがるほどでした!

 

DSC_0028-horz

 

人工芝のある大きなドームで3歳~5歳児の体力測定を行いました。

約140名の園児達が親御さんに連れられて元気良く集まってきている姿は非常にかわいかったです。

 

園長先生のご挨拶の後に、各組毎に測定種目別に移動し測定が始まりました。

測定した種目は25メートル走、ボール投げ、足指握力でした。

 

新しい画像 (2)

 

僕はボール投げを担当したのですが、普段関わっている大学生たちとは違い、どのように行うのかの指示を伝えることが非常に難しく、しっかり測定できているのか自信が持てない場面が多かったです。

楽しそうにしてくれる子、母親から離れられない子、なかなかボールを離さない子…といろいろな園児達の様子を見ながら、測定者であることを忘れて楽しんでいました(笑)

 

新しい画像 (3)

 

今回のボランティアを通して普段の学生生活では経験できない子供との接し方や測定者としての難しさを学ぶことができました!!

 

DSC_0147-horz

 

地域や大学でのボランティアに他学科と協力しながら活動し学ぶチームとして去年発足したこのTASK。最初の学外活動は非常に有意義なものでした。

新メンバーを迎えて、さらに大きくなったTASKがもっと広く、深く活動していけるように、皆で力を合わせていきたいです!!

 

最後はやっぱりTASKのT~!!このポーズはお決まりになりつつあります!(笑)

 

新しい画像 (4)

 

理学療法学科3回生 仲村渠 亮

【関連記事】

TASK(健康支援学生チーム)活動レポート vol.1 ~第1回勉強会を開催!

2014年5月27日(火)

こんにちは!!!!

TASK(健康支援学生チーム)広報担当の理学療法学科3回生の古川です(^0^)/

(※TASKはThink, Action, Support for Health by Kio Universityの略称です)

TASKでは地域住民の方々や畿央生の健康支援を行っています。普段の授業では学びきれない健康に関する知識を学科の枠を越えて協力し合いながらボランティア活動等を通して学んでおり、そのための勉強会を毎月1回開催しています。

 

今回は2014年5月22日(木)に行った活動についての報告をお送りします!

5月24日(土)に行われる宇陀市内の幼稚園でのボランティアの準備として、長座体前屈、握力測定、足指握力測定、反復横とびの測定の方法を学びました^^

 

まずは、勉強会の担当から学習内容についての説明があり、1~2回生を4つのグループに分け、 説明不足になったところは理学療法学科の松本先生にフォローしていただきながら、 各測定について上回生が実演を交えて測定の意義など詳しく説明するという形で行いました。

 

新しい画像

 

全回生のそろった活動は初めてなので、皆少しドキドキ。

上回生の説明はきちんと伝わったでしょうか・・・?

今回学んだことを次はボランティアの場で実践できるようになってもらえると嬉しいです!

今回は理学療法学科中心の勉強会でしたが、今後は教育や栄養中心の活動も行っていく予定です~!

皆が楽しみながら学べる機会を作っていくのが目標です!!(個人的にですが 笑)

 

今回はほぼ全員参加ということで次回につながる有意義な勉強会になったのではないでしょうか??

最後はみんなでTASKのT~!!わぁぁぁい!

 

新しい画像 (1)

 

次回は宇陀市でのボランティア活動についてレポートします!

理学療法学科3回生 古川 水月

 

【関連記事】

宇陀市連携「子ども元気体操づくり・子ども体力測定」プロジェクトがスタートしました!

2013年12月13日(金)

こんにちは、健康支援学生チーム『TASK』メンバー、理学療法学科2回生の古川と仲村渠です。

 

12月8日(日)畿央大学で行われました地域連携フェアにおきまして、私たちTASK(健康支援学生チーム)の初めての活動が行われました。今回はその活動報告を行います。
しかしその活動報告をする前に、健康支援学生チーム『TASK』とは、何かを説明させて頂きます。
畿央大学では健康科学部だけでなく教育学部でも健康の問題に取り組んでおり、さまざまな健康支援事業を行っています。そういった中、「地域住民の方や学生への健康支援事業をサポートする学生チームを作ろう!」ということで今年10月にできたのが健康支援学生チーム『TASK』(タスク)です。
今では学部学科問わず23名の学生が、先生方の指導のもとに、お互いの得意分野を活かし、健康のプロフェッショナルをめざして活動しています。
主な活動としては、オープンキャンパスや大学祭での健康支援プロジェクトや地域ボランティアにおける健康サポート、それらの活動に必要な知識の研修会などです。
いろんなボランティアに参加し成長したい!健康に関する知識やコミュニケーション能力を身につけたい!といった気持ちがある学生はぜひ『TASK』へ!

 

TASKポロシャツ

 

では、地域連携フェアでの活動報告を行います。
今回私たちTASKは「冒険遊び場(小学生の体力測定)」と「バランスチェック・健康長寿体操体験会」の2つを任せて頂きました。

 

「冒険遊び場」におきましては多くの子どもたちに参加して頂きました。本当にありがとうございました!
身長、体重の測定から始まり、握力測定、足趾筋力測定からシャトルランまで各種体力測定をしました。参加してくれた子ども達全員が最後まで一生懸命取り組んでくれました。
ご家族で来られていた方々は親子一緒になって取り組み、楽しんで頂けたのではないでしょうか。
測定するスタッフとしては、小さな子どもに伝えるためにはどのような言葉遣いをすれば良いか、どのようにすれば楽しんでくれるだろうか等、取り組むうちに問題意識が湧き、それぞれ工夫しながら取り組みました。そして何よりも皆さんの笑顔に癒しを頂けた1日でした。

 

TASK1

 

「バランスチェック・健康長寿体操体験会」におきましては、最初に参加頂いた方に重心動揺測定で目を開けた状態と閉じた状態でのバランスがどれだけあるのかを測定させて頂きました。

それらのデータからフィードバックを行い、各々が考えてしっかりとコミュニケーションをとっていました。学生であり、まだまだ知識は足りません。その持っている知識を全て使っても、参加して頂いた方に満足してもらえる説明や会話をすることはとても難しかったですが、非常にためになる体験だったと思います。

健康長寿体操は理学療法学科の高取先生や松本先生が考案された嚥下機能の向上に向けた体操です。TASKメンバーが一緒に体操しながら覚えて頂きました。

 

TASK5

 

 

1つの体操指導においても考えさせられることが沢山あり、上手くいったメンバーもいれば上手くいかず反省しているメンバーもいましたが、メンバー全員が今回の活動を通して何か得るものがあり成長できたと思います。

 

参加された方が笑顔で帰っていかれたことは本当に嬉しかったです。
今後もこういった活動を積極的に行い、全員で成長していけたらと願っています。