畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

TASK(健康支援学生チーム)活動レポート

2018年11月5日(月)

こんにちは!健康支援学生チームTASK理学療法学科2回生の谷口慧樹です。

2018年10月24日(水)に「肩こり・腰痛に対するストレッチ」をテーマに10月度勉強会を行いました。

 

TASKThink,Action,Support for Health by Kio Universityの略称です。学科の枠を超えて協力し合いながら、地域住民の方々や畿央生の健康支援を目的として活動しています。

 

肩こりや腰痛は日本人に代表される慢性的な症状の一つで、老若男女問わず悩まれている方がとても多いです。そこで、今回はいつでもどこでもひとりでできるストレッチを、理学療法学科が実際に授業や元気塾で使用している理学療法実習室のベッドを使って実施しました。

 

▼実際にストレッチを体験してもらっています

TASK10月勉強会1-1

 

理学療法学科の松本先生にもお手伝いいただき、ストレッチの補足説明やアドバイスをしていただきました!

今回取り上げたストレッチは普段その筋肉を使っていない方だとなかなか苦しいものもありましたが、これを機に肩や骨盤周りの筋肉をいかにほぐしてあげることが大事かということが学べた会でもありました。

 

そして勉強会の後には、ハロウィン一週間前ということもあってハロウィンパーティーを行いました。たくさんのお菓子やジュースを囲んでみんなで楽しい時間を過ごしました。

 

▼ハロウィンパーティーの様子

TASK10月勉強会2-1

 

今回の勉強会でストレッチが自分の体にとっていかに大事なものか、それがこれからの自分の健康にどれだけ影響するのかということを学べました。

 

▼最後にTASKのTで記念撮影( *´艸`)

TASK10月勉強会3-1

 

理学療法学科2回生 谷口慧樹

 

●TASK関連の情報はTASK(健康支援学生チーム)活動レポートで、詳しくご覧になれます。

2018年10月26日(金)

こんにちは。TASK(健康支援学生チーム)、健康栄養学科2回生の伊藤宗一郎です。

平成30年10月21日(日)に行われた第16回畿央祭(学園祭)にて、65歳以上の方を対象とした体力・骨密度測定会をTASKが担当しました。今年度は、広陵町×畿央大学KAGUYAプロジェクトシニアキャンパスを兼ねて行われました。

 

TASKThink,Action,Support for Health by Kio Universityの略称です。学科の枠を超えて協力し合いながら、地域住民の方々や畿央生の健康支援を目的として活動しています。

 

測定内容は、握力、足趾握力、ファンクショナルリーチテスト、30秒立ち上がりテスト、骨密度、体組成の6項目です。

 

▼握力の測定

畿央祭・TASK1-1

 

▼足趾握力の測定

畿央祭・TASK2-1

 

▼体組成の測定

畿央祭・TASK3-1

 

▼骨密度の測定

畿央祭・TASK4-1

 

今年は天候にも恵まれ、多くの参加者に測定に来ていただきました。昨年に比べると定員数を少なくして、その分来ていただいた方ひとりひとりへの丁寧な対応を心がけ、またTASKスタッフ同士で連携能力をおおいに発揮してスムーズに測定・アドバイスができたという印象です。

 

毎年の畿央祭での測定を楽しみにしていると言ってくださる方もいて、やりがいも感じることができました。また来年も参加したいです。

 

 

▼最後は恒例TASKの「T」で記念撮影

畿央祭・TASK5-1

 

健康栄養学科2回生 伊藤宗一郎

 

●TASK関連の情報はTASK(健康支援学生チーム)活動レポートで、詳しくご覧になれます。

2018年10月2日(火)

こんにちは。健康支援学生チームTASK、現代教育学科2回生の前畑真菜です。2018年9月28日(金)に「AED」をテーマに勉強会を行いました。

 

TASKはThink,Action,Support for Health by Kio Universityの略称です。学科の枠を越えて協力しながら、地域住民の方々や畿央生の健康支援を目的として活動しています。

 

AEDとは心肺蘇生法において使用される医療機器のことであり、学校や駅、デパートなどの公共施設や商業施設に置かれています。AEDを使用することによって、どのくらいの人の命を救うことができるのか、またAEDの使用方法について学びました。

 

▼AEDの使用方法の動画を見ています

TASK1-1

 

また、実際にAEDと人間の模型を使って心肺蘇生を体験しました。倒れている人がいると想定して、周りの応援を呼び、119番通報とAEDの手配をして、胸骨圧迫(心臓マッサージ)と人工呼吸を行い、AEDを使います。最初は戸惑いながら心肺蘇生を行っていましたが、何度も繰り返すうちに迅速かつ的確に行うことができるようになりました。

 

 

▼AEDを使って心肺蘇生を体験

TASK2-1

 

AEDは音声ガイドがあるため、誰でも扱うことができますが、本当に使うとなると、勇気が必要です。今回の勉強会を通して、改めて命の大切さを学び、一歩踏み出す勇気を持つことが大事なのだと感じました。

 

▼最後はみんなでTASKのT!

TASK3-1

 

現代教育学科2回生 前畑真菜

 

●TASK関連の情報はTASK(健康支援学生チーム)活動レポートで、詳しくご覧になれます。

2018年9月12日(水)

こんにちは。健康支援チームTASK、理学療法学科2回生の楠山千智です。2018年9月9日(日)に畿央大学オープンキャンパスにて「健康チェックをしてみよう」というコーナーをTASKが担当させて頂きました。

 

TASKThink,Action,Support for Health by Kio Universityの略称です。学科の枠を越えて協力し合いながら、地域住民の方々や畿央生の健康支援を目的として活動しています。

 

測定内容は、握力、足趾握力、体組成、ヘモグロビン値、骨密度、垂直飛びです。

 

オープンキャンパスということで、大学に見学に来てくださった高校生やそのご家族を対象に測定させて頂きました。皆さんとても楽しんで測定して頂けました。お話していて、TASKの活動について興味を持ってくださる方が多かったので嬉しかったです。初めての1・2回生だけでの測定で準備に時間がかかってしまいましたが、今まで以上に測定機器の扱いや準備方法を詳しく学ぶことができました!

 

TASKvol.60オープンキャンパス1-1

▲ヘモグロビン値測定の様子

 

TASKvol.60オープンキャンパス2-1

▲握力測定の様子

 

TASKvol.60オープンキャンパス3-1

▲骨密度測定の様子

 

                           理学療法学科2回生楠山千智

 

●TASK関連の情報はTASK(健康支援学生チーム)活動レポートで、詳しくご覧になれます。

2018年7月17日(火)

平成30年7月8日(日)、TASKが広陵町さわやかホールで行われた、「いのちを守るイベント」にボランティアとしてお邪魔させていただきました!

内容は、親子体力測定です。

 

TASKThink,Action,Support for Health by Kio Universityの略称です。学科の枠を越えて協力し合いながら、地域住民の方々や畿央生の健康支援を目的として活動しています。

 

測定内容は、握力、足趾握力、片足立ちテスト、立ち幅跳び(子供のみ)、ロコモ度テストとして立ち上がりテストと2ステップテスト(大人のみ)です。

 

今回は対象年齢を4歳以上とし、小さなお子さんから高齢者の方々まで約300人の方々にお越しいただきました。スタッフの人数に対し、お越しいただいた方が多くすごく大変でしたが、年齢に合わせた言葉遣い、目線の高さなど勉強になることも沢山でした!

 

TASK 広陵町いのちを守るイベント1-1

▲片足立ちテストの様子

 

TASK 広陵町いのちを守るイベント2-1-tile

▲左:足趾握力の様子 右:お子さん用にマットで高さを調節しています。

 

TASK 広陵町いのちを守るイベント4-1

▲立ち幅跳びの様子

 

子どもたちは測定終わると、親のところに行ってとても楽しそうに、自分の結果を報告していました。親子参加ならではの盛り上がりが見られました。

子どもたちがとても楽しそうにしてくれたので、うれしかったです!

 

 

▼最後にTASKのTで記念撮影!(^^)/

TASK 広陵町いのちを守るイベント5-1

 

理学療法学科2回生 若原野乃茄・松本彩果

 

●TASK関連の情報はTASK(健康支援学生チーム)活動レポートで、詳しくご覧になれます。