畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

TASK(健康支援学生チーム)活動レポート

2018年10月2日(火)

こんにちは。健康支援学生チームTASK、現代教育学科2回生の前畑真菜です。2018年9月28日(金)に「AED」をテーマに勉強会を行いました。

 

TASKはThink,Action,Support for Health by Kio Universityの略称です。学科の枠を越えて協力しながら、地域住民の方々や畿央生の健康支援を目的として活動しています。

 

AEDとは心肺蘇生法において使用される医療機器のことであり、学校や駅、デパートなどの公共施設や商業施設に置かれています。AEDを使用することによって、どのくらいの人の命を救うことができるのか、またAEDの使用方法について学びました。

 

▼AEDの使用方法の動画を見ています

TASK1-1

 

また、実際にAEDと人間の模型を使って心肺蘇生を体験しました。倒れている人がいると想定して、周りの応援を呼び、119番通報とAEDの手配をして、胸骨圧迫(心臓マッサージ)と人工呼吸を行い、AEDを使います。最初は戸惑いながら心肺蘇生を行っていましたが、何度も繰り返すうちに迅速かつ的確に行うことができるようになりました。

 

 

▼AEDを使って心肺蘇生を体験

TASK2-1

 

AEDは音声ガイドがあるため、誰でも扱うことができますが、本当に使うとなると、勇気が必要です。今回の勉強会を通して、改めて命の大切さを学び、一歩踏み出す勇気を持つことが大事なのだと感じました。

 

▼最後はみんなでTASKのT!

TASK3-1

 

現代教育学科2回生 前畑真菜

 

●TASK関連の情報はTASK(健康支援学生チーム)活動レポートで、詳しくご覧になれます。

2018年9月12日(水)

こんにちは。健康支援チームTASK、理学療法学科2回生の楠山千智です。2018年9月9日(日)に畿央大学オープンキャンパスにて「健康チェックをしてみよう」というコーナーをTASKが担当させて頂きました。

 

TASKThink,Action,Support for Health by Kio Universityの略称です。学科の枠を越えて協力し合いながら、地域住民の方々や畿央生の健康支援を目的として活動しています。

 

測定内容は、握力、足趾握力、体組成、ヘモグロビン値、骨密度、垂直飛びです。

 

オープンキャンパスということで、大学に見学に来てくださった高校生やそのご家族を対象に測定させて頂きました。皆さんとても楽しんで測定して頂けました。お話していて、TASKの活動について興味を持ってくださる方が多かったので嬉しかったです。初めての1・2回生だけでの測定で準備に時間がかかってしまいましたが、今まで以上に測定機器の扱いや準備方法を詳しく学ぶことができました!

 

TASKvol.60オープンキャンパス1-1

▲ヘモグロビン値測定の様子

 

TASKvol.60オープンキャンパス2-1

▲握力測定の様子

 

TASKvol.60オープンキャンパス3-1

▲骨密度測定の様子

 

                           理学療法学科2回生楠山千智

 

●TASK関連の情報はTASK(健康支援学生チーム)活動レポートで、詳しくご覧になれます。

2018年7月17日(火)

平成30年7月8日(日)、TASKが広陵町さわやかホールで行われた、「いのちを守るイベント」にボランティアとしてお邪魔させていただきました!

内容は、親子体力測定です。

 

TASKThink,Action,Support for Health by Kio Universityの略称です。学科の枠を越えて協力し合いながら、地域住民の方々や畿央生の健康支援を目的として活動しています。

 

測定内容は、握力、足趾握力、片足立ちテスト、立ち幅跳び(子供のみ)、ロコモ度テストとして立ち上がりテストと2ステップテスト(大人のみ)です。

 

今回は対象年齢を4歳以上とし、小さなお子さんから高齢者の方々まで約300人の方々にお越しいただきました。スタッフの人数に対し、お越しいただいた方が多くすごく大変でしたが、年齢に合わせた言葉遣い、目線の高さなど勉強になることも沢山でした!

 

TASK 広陵町いのちを守るイベント1-1

▲片足立ちテストの様子

 

TASK 広陵町いのちを守るイベント2-1-tile

▲左:足趾握力の様子 右:お子さん用にマットで高さを調節しています。

 

TASK 広陵町いのちを守るイベント4-1

▲立ち幅跳びの様子

 

子どもたちは測定終わると、親のところに行ってとても楽しそうに、自分の結果を報告していました。親子参加ならではの盛り上がりが見られました。

子どもたちがとても楽しそうにしてくれたので、うれしかったです!

 

 

▼最後にTASKのTで記念撮影!(^^)/

TASK 広陵町いのちを守るイベント5-1

 

理学療法学科2回生 若原野乃茄・松本彩果

 

●TASK関連の情報はTASK(健康支援学生チーム)活動レポートで、詳しくご覧になれます。

2018年7月13日(金)

こんにちは! 健康支援学生チームTASKの人間環境デザイン学科3回生藤原朋香です。2018年7月10日(火)に「人間工学から考える椅子」テーマでTASK勉強会を開催しました。

 

TASKThink,Action,Support for Health by Kio Universityの略称です。学科の枠を超えて協力し合いながら、地域住民の方々や畿央生の健康支援を目的として活動しています。

 

まずはじめに、座りやすく疲れにくい椅子ってどんなのだろう?ということを、みんなで考えて発表してもらいました。

 

▼真剣に考えています

TASK7月勉強会1-1

 

椅子に座っているときに人体が受けている負担と、その負担を軽減するためにはどうすればよいか、また椅子のプロトタイプ(食事、作業などの目的に応じた基本形)について紹介し、背もたれの高さや大きさの変化によってどのように作業性や休息性が変化するか、などを学んでもらいました。

 

最後に、機能性の話だけでは面白くない!ということで、学校のエントランスホールに置かれている有名デザイナーの椅子をいくつか借りて、実際に座ってみました。学んだことから考えたことや、面白い座り心地の感想などが口々に出てきて、和気あいあいとしながら勉強会を終了しました。

 

▼見た目のインパクトに最初はびっくり

TASK7月勉強会2-1

 

▼椅子に座ってTポーズ(*^^)t

TASK7月勉強会3-1

 

人間環境デザイン学科3回生 藤原朋香

 

 

●TASK関連の情報はTASK(健康支援学生チーム)活動レポートで、詳しくご覧になれます。

2018年6月28日(木)

こんにちは!健康支援学生チームTASK現代教育学科2回生の兒嶋紗佳です。2018年6月25日(月)に勉強会を行いました。

 

 TASKThink, Action, Support for Health by Kio Universityの略称で、学科の枠を越えて協力し合いながら、地域住民の方々や畿央生の健康支援を目的として活動しています。

 

前回に引き続き、機器を使って測定する方法を新入生に向けて説明しました。今回は、握力、足指握力、体組成の3種類です。ペアになって実際にポイントをおさえながら測定し合ったのですが、みなさん積極的に取り組んでくれたのでとても頼もしかったです!

 

TASK6月勉強会1-1

 

次回からは機器の説明ではなく健康に関する勉強会になるので、普段の授業では学べないことをもっと一緒に学んでいければいいなと思います。

 

TASK6月勉強会2-1

▲最後はみんなでTASKの「T」(^^)/

現代教育学科2回生 兒嶋紗佳

 

●TASK関連の情報はTASK(健康支援学生チーム)活動レポートで、詳しくご覧になれます。