畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
インターンシップ情報

海外インターンシップ体験レポート№9

2013年3月21日(木)

帰国も迫るまでになりました。先週よりもとても早く時間が過ぎているように感じます。私はアシスタントティーチャープログラムでHickory Elementery Schoolの4年生のクラスをずっと見ているのですが、担任の先生が今週の間ずっと休みで、代わりの先生が来ています。前にも担任の先生が休んだことがありますが、その時とはまた違う先生です。担任の先生が休むことが多くて不安や戸惑いもありましたが、私は3人の先生の教え方を見ることができてよかったと思うことにしました。日本でもそうですが、同じHickoryに来ていて違うクラスに入っている吉田彩華さんの話を聞いても、先生によって教え方や進め方、クラスのルールが全然違うと感じます。 今来ている代理の先生はよく話をしてくださるしゆっくり話してくださり凄く親しみやすい方です。

 

担任の先生や先週来ていた代理の先生方もよい先生です。しかし、3人の先生を見た中で私は今の先生の授業にとても引き込まれています。そう思える先生に出会えて良かったと思っています。残り少ないですがたくさんのことを聞きたいと考えています。
Hickory に来て最初に一番驚いたことは休み時間にお菓子を食べていることでした。この学校だけかと思っていたら、アメリカの全ての学校は休み時間にスナック(お菓子や軽食)を食べても良いそうです。お腹を満たすことで集中力が上がったり、健康にも良かったりするそうです。
その次に、一回の授業の区切りが長く、休み時間はお昼休みをいれて3回しかありません。授業時間は50分~110分と幅広く、水曜日以外は終わりにつれて短くなります。初めの授業が110分、次が85分、55分、45分という感じで3時12分に全ての授業が終わります。水曜日は先生の会議があるので2時30分に終わるので昼食後の休み時間がなくなります。大きな枠組みのなかで時間をくぎってさまざまな活動をしています。
4年は主に算数と理科しかしていません。他の科目は言葉と音楽、体育くらいです。それは4年生からアメリカの理科のテストがあるからだからだそうです。4年生から理科をたくさん勉強するそうです。明日でラストですが吸収できることは吸収して帰りたいと考えています。
ホストマザーとも前より話せるようになりました。また、私が2週間しか滞在せず、戻る予定は全然分からないし、もう来ることが出来ないかもしれないと言うと、息子さんも巻き込んでロサンゼルスやサン・ペドロやゲティーセンターへ連れて行って下さいました。どこもとても楽しく、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
アシスタントティーチャーなのに先生のお手伝いを少ししか出来ず、英語で教えたり注意したりなどどう言えばいいのか分からないことが多くて悔しいと思うこともありますが、海外の教育現場を見ることができ、実際に働く人の話を聞くことができ、子どもたちとふれあうことができて、ここにきて良かったと思っています。
ホームステイもしたことがなくて、初めは知らない人だし、言葉がなかなか通じないし緊張もするしで戸惑ってばかりでしたが、今では前よりたくさん話せるし落ち着いて生活できるようになりました。「あなたが嬉しいと言うと私も嬉しくなるし、もし、悲しいと言えば私も悲しくなるの。」と言われたことがあります。本当に、 私が楽しいと思った話や嬉しく思った話をしたときはとっても喜んでくれます。私もそんな人になりたいと思いました。
アメリカは危ないとか恐いというイメージがありましたが、道に迷ったりすれば親切に教えてくれたり、ホストマザーや学校の先生方は親切にしてくれ、たくさんの優しさに触れることができています。アメリカの陽気さと優しさを知ることができたこともまた、ここにきて良かったと思えるひとつです。

現代教育学科2回生 橘あかり

2E橘あかりさん⑨.JPG

橘あかりさん⑨.JPG

【所属カテゴリ】インターンシップ情報

ブログトップへ