畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

インターンシップ情報

2015年3月18日(水)

3月2日関西空港を出発し、長時間のフライトを経て、念願のアメリカに到着しました。天気は快晴で、日本とは違い夏のようでしたがとてもスッキリした気持ちでした。

まずはサンタモニカへ行き海へ!は入りませんでしたが、初めての観光でわくわくしていました。次はハリウッドに行き、the Americaを味わいました。

 

写真 5-horz

 

 

ライトハウスの方と会って、セミナーを受け、いざホストファミリーと対面。車の中では練習していた自己紹介をし、ドキドキしながらお家に向かいました。ファミリーは温かく迎え入れてくださいました。

 

次の日はオフだったので、マザーと散歩がてら、次の日から通う小学校への道のりを確認しました。自分がアメリカを歩いていることが未だに信じられませんでした。

 

小学校では1年生を見せてもらうことになりました。私は日本でも1年生の教室に入っているので、違いがよくわかりました。先生方も優しく親切でたくさんのことを教えてくださったり、仕事を与えてくださいます。私もいつもより積極的に、自ら挑戦しています。そして今度折り紙の授業をさせていただくことになりました!

 

仕事内容としては、英語が書けない子どもへの支援やプリントの配布、片付けなどなど。そして一番驚いたことは、スナックタイムといってお菓子を食べる時間があることです。そのほかにも義務教育でなかったり、自分の考えを発言したり、書き出していく時間がたくさんあったり、自由の中にきっちりと規律があるように思えます。

 

また、日に日に少しずつですが、リスニング力もトーキング力も付いてきているように感じます。というより、自分から関わろうとする気持ちが大きくなったように思います。

 

休日はショッピングモールに行き、みんなでショッピングをしたり、家の周りを散歩したり、ファミリーとトマトを植えたりしました。

毎日毎日がとても充実していて楽しいです。夜は少し寂しくなったりもしますが、ファミリーもいるし、友達もいるし、先生もいます。特に猫のグレイディーはいつも一緒に寝てくれます。

 

写真 3

 

 

 

残りの実習もたくさんのことを吸収しいろんなことに挑戦していきたいとおもいます!

現代教育学科2回生 藤井花純

2015年3月18日(水)

看護医療学科2回生の丹羽緑です。アシスタントティーチャープログラムに参加して、6日が経過しました。

 

私はロサンゼルスのある町にホームステイしています。アメリカに来たのは、初めてで参加する前はこちらの生活に慣れることができるのかとても心配でした。食べ物の量から、バスの乗り方まで日本と全く違いました。しかし、4日経った今、こちらの生活にもやっと慣れてきました。

 

DSC_1698-2

 

 

私はWalteria elementary schoolの4年生のクラスに入っています。学校にまだ3回しかいっていないので、先生の お手伝いはできていないのですが、授業中子どもたちの様子をみたり、休み時間には子ども達と少しですが会話できるようになりました。

 

DSC_1684

 

 

 

アメリカのクラスを見て、最初に受けた印象は、多様な人種がいるということ、そしてみんなとても積極的であるということです。みんな授業中はきちんと座っていて、先生が質問すると積極的に手を上げて答えていて日本の生徒との違いを感じました。また、休み時間にはお菓子を食べることができ驚きました。

 

ホストファミリーはみんなとても優しくいい人で、毎日たくさん会話をします。しかしやはり英語を聞き取るのが難しく、何度も聞き返してしまいます。また、とっさの一言や、自分が疑問に思ったことをうまく表現ができなかった時にとても悔しい思いをします。改めてリスニング、スピーキングの難しさを痛感しました。

 

あと2週間、たくさんの人と会話をし、積極的に何でも取り組んでいきたいです。

 

看護医療学科2回生 丹羽緑

2015年3月18日(水)

教育学部三回生の村上璃歩です。今私は、海外インターンシップのためにオーストラリアのブリスベンに来ています。ブリスベンは自然豊かで綺麗な街です。また、とても暑く、40度を超える日もあります。

 

写真

 

 

初めて一人だけで海外に来て、最初は不安も戸惑うこともたくさんありました。しかし、ホームステイ先のファミリーがすごく優しく接してくれるので、初日から不安もなくなって、楽しく過ごすことができました。英語が分からない私に、ゆっくりと理解できるまで話しかけてくれます。そして、私の拙い英語を一生懸命聞いてくれて、理解しようとしてくれます。親切で素敵なホストファミリーのおかげで、毎日がとても楽しいです。

 

インターンシップは、チャイルドケアセンターという日本で言う保育園や託児所のようなところで行なっています。子どもたちはいつも裸足で走り回り、元気いっぱいに遊んでいます。このチャイルドケアセンターには幼い子どもたちが多く、ご飯をあげたり、服を着せたり、また製作の準備を手伝ったりしています。日本とは違った保育を知ることができて、とても勉強になります。

 

今ではブリスベンに来てから約一週間が経ち、生活にも慣れて、充実した楽しい毎日を送っています。限られた三週間という時間の中で、たくさんのことを学び、多くの人と関わって、成長して日本に帰りたいと思います。

 

現代教育学科3回生 村上璃歩

2015年3月17日(火)

現代教育学科2回生の石黒真衣です。私は今、ロサンゼルスでアシスタントティーチャーを行っています。アメリカに来るのは初めてですごく楽しみでしたが、ホームステイや実習先などで英語を話すことに関してはすごく不安でいっぱいでした。

 

到着したその日はサンタモニカとハリウッドを観光しました。街を歩くと聞こえてくるのは英語ばかりでアメリカに来たんだと実感した時間でした。そして現地スタッフの方にバスの乗り方などを教えていただき、その後、ホームステイ先まで送ってもらいました。映画で見るような家で生活することにすごく感銘を受けました。生活する上で必要なことなどを自分の分かる範囲の簡単な英語ですが、ファザーやマザーに聞いたりすることが最初はすごく緊張しました。しかし、ご飯もおいしくお話も少しずつできるようになったりで、なんとかこっちの暮らしにも慣れることができました。

 

DSC_0014_1

 

 

実習で、私はYukonElementarySchoolのキンダーガーデンのクラスを担当しています。ダンスや歌をする機会が多く、子どもたちと一緒に踊ったり歌ったりしています。また、先生の話を聞いていない子に声をかけたり、活動のお手伝いをしたり、自由時間にも子どもたちと一緒に活動しています。先生もすごく楽しい方で、子どもたちも元気いっぱいの明るいクラスで私も毎日楽しいです。先生は分かりやすく話してくれますが、子どもたちは特に早口でなかなか聞き取れなくて苦戦しています。しかし、私は小学校に行くようになってから、少し積極的になれたように感じました。たくさんの人と挨拶をするだけでも気分はだいぶ変わります。なので、先生にも折り紙をみんなに渡す時間が欲しいとすぐに言えたと思います。そして、折り紙はすごく喜んでもらえます。鶴をあげた次の休み時間はみんなが鶴で遊んでくれたのですごく嬉しかったし、コミュニケーションを取るきっかけにもなったのでおすすめです。

 

DSC_0019_1-horz

 

 

 

タイムアウト(先生の言うことを聞かなかった罰として自由時間がなくなること)やお菓子タイムなどの日本と違うところを肌で感じられるのもすごく良い経験です。

 

土日は友達と大きなショッピングモールで買い物をして楽しみました!この1週間すごく充実していましたが、まだまだ新しいことを吸収していきたいので、あと2週間ほども悔いのないように過ごしたいです!

 

現代教育学科2回生 石黒真衣

2015年3月17日(火)

畿央大学2回生の森内南帆です。私は海外インターンシップでロサンゼルスに来ています。研修先はロサンゼルスのトーランスにあるYukon elementry school で、そのなかのkindergardenでアシスタントティーチャーをしています。

 

kindergardenは日本でいう幼稚園にあたります。ロサンゼルスでは5,6歳がkindergarden、その後小学校1~5年生、middle school 1~3年、high school 1~4年という仕組みになっています。

 

kinder gardenの授業では作文、数字の読み書き、たし算をしています。生徒たちはプライベートボックスという仕切り板を用い、人に頼らず自力で勉強することをモットーとして授業が進められています。日本ではこのようなことは行われておらず、わからなければ先生がすぐ教えてくれたり、つきっきりになっている日本の幼稚園とは違う点だと関心を持ちました。一方で幼稚園の時点で自立が求められるのかと少し驚きました。

 

image

 

 

もう一つ私が関心を持ったのが、生徒が作文を書き、難しくわからない単語があればその単語を教えるのではなく、先生がその単語を発音し、発音で聞き取れたアルファベットで単語を書くということです。例えば ‘because ‘であれば ‘bcuz’ などのようになり、これが書ければ丸と見なされます。これにはなるほどと思いました。日本の学校では、アルファベットひとつひとつが持つ音についてあまり勉強しないので、新しい単語に出会ったとき読み書きが出来ないことが多いと思います。このような場合、アルファベット自体が持つ音がわかっていれば、正しくなくともだいたいで書けたり読めたりするはずです。日本の学校でも単語を単に覚えるのではなく、アルファベットの書き方を覚えると同時にアルファベット自体が持つ音も覚えることができるような工夫が必要だと感じました。

 

学校での生活はとてもたのしく有意義で毎日あっという間に時間がすぎていきます。子どもたちはとてもかわいいです。学校研修初日は全然私の名前を覚えてくれなくて、what’s your name? と何度も何度も言われ少し寂しい気分になりましたが、次の日学校に行くと、私の名前を呼んで挨拶しハグしてくれ、すごくうれしかったです。毎日朝登校したときと帰りの見送りのときには、クラスの子どもたちがハグしてくれます。子どもたちはとてもかわいく、私はさらに子どもが好きになりました。

 

Yukon elementry schoolにはさまざまな人種の子がいます。国が違ってもどの子も誰とでも仲良くしています。この小学校だけでなく、街を歩いているとサリーを着ている人、ターバンを巻いた人、黒人、白人、アジア系の人などさまざまな国のひとに出会います。日本では外国人を珍しく思うことが多いと思いますが、ロサンゼルスはこのようにさまざまな国の人が暮らしているため、どの国の人も差別や珍しく思われることなく仲良く暮らしています。髪型、髪色、服装、目の色など本当に十人十色でよい街だと感じました。

 

まだロサンゼルスに来て1週間ですが、ロサンゼルスでの生活は新鮮でたのしく、日本ではできない貴重な体験ができていると思います。私は旅行が好きで海外には何度も行ったことがありますが、旅行とは違って住んでみてはじめてわかったこと、感じたことがたくさんあります。残りの2週間も有意義に過ごすことができるよう体調管理に気をつけて、毎日たのしく過ごしたいと思います。

 

看護医療学科2回生 森内南帆