畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2008年7月30日(水)

健康栄養1期生(07年卒業)の西尾博志さんよりメッセージをいただきました。

現在、大手食品商社の伊藤忠食品株式会社で営業として活躍しています。

取引先からの信頼も厚く、日々頑張っているようです。

 

20080730-1.JPG

 

 

【1】会社の概要と、仕事の内容

酒類・食品の卸売及びそれに伴う商品の保管、運送ならびに各種商品の情報提供、商品流通に関するマーチャンダイジング等を主とした事業活動を展開しています(弊社会社概要一部抜粋 笑)。

私の得意先は主にスーパーの惣菜部門です。

あんなところやこんなところで売られている惣菜、もしかしたら皆様が口にしているかもしれない惣菜。それが私の商売道具です。

 

 

 

【2】就職活動を振り返って(頑張ったこと、苦労したことなど)

就活は早くに苦労をしたもの勝ちだと思います。

苦労は自分の経験となり、最終的には就職活動の時の武器にすることもできると思います。

例えば、私の場合ですと初めての面接で緊張し過ぎて、しかもあまりにも何も考えずにとびこんで行ったので、何もできずに得る物もなく面接を終えてしまいました。

帰っている途中で「これではダメだ!!」と思い、帰り道の途中で引き返し、もう一度面接に挑みにいきました。

結果はどうあれ、この経験は自分の強みやアピールポイントとして、後の面接でもかなり使えました。詳しい話はまた直接聞いていただければお教えします。

 

【3】キャリアセンターと就職サポートについて

私にとって主にキャリアセンターは就職先を探しに行くところではなく、自己PRや面接シートの採点や相談に行く場所でした。行きたい先は自分の足で探して見つけにいきました。

なんだか勝手に色々行ったりして、結構就職活動を楽しんでいました。

 

【4】将来の夢や目標

色々な職種の人達と知り合いになり、業界の垣根のない商売をしていきたいと思っています。また、社会に出た畿央大学生と一緒に商売ができたらいいなと思っています。

三年目までの目標は、仕事を完璧にすることと基礎を作ること。

最終目標は秘密です。

段階を踏んで最終目標に辿りつきますので、まずは三ヵ年計画といったところです。

 

【5】後輩へのメッセージ

社会に出てから勉強時間は取れません。仕事に自分の時間を取られます。

これからは生きている時間の大半が仕事になります。

今できることは後に回してはいけません。今しないといけないと思います。

社会に出てから思ったように勉強できないので国家試験は今のうちに勉強し、卒業と同時に取得するのが吉です。

残りの時間はしっかり交友しましょう。

外での交友、内での交友のどれもが将来の自分への投資です。

 

【6】畿央大学の印象、など

先生方やキャリアセンター、事務の皆様がとてもアットホームな感じで、どんな時も親身になって相談に乗っていただき、家族のような存在でした。

これからもフラッと遊びに行きますので、見かけましたらお声をかけていただきたいと思います。

2008年7月10日(木)

人間環境デザイン1期生の南口晃平さんより熱いメッセージが届きました。

現在、IT企業で教育担当として新入社員の研修も担当し、上司の方からの信頼も厚く、大変活躍しています。

 

 

P61100191.jpg

【勤務先】

大阪ソフトハウス株式会社 教育部

 

【業務内容】

教育部に所属しておりまして、主に新入社員研修に携わっています。指導するだけでなく、教育業務で使用するアプリケーションを開発することもあります。

また当社には既存社員の学習制度があり、そちらの担当も行っています。

 

 

 

【仕事のやりがい、仕事上で嬉しかったこと】

やりがいはなんと言っても担当した新入社員が活躍している話を聞いたときの嬉しさです。

またプログラムを組むだけの仕事ではなく、人と接することが多い部署ですので、

良い人間関係を築けたなと実感できる瞬間はとても嬉しく思います。

また教育業務関連で必要なアプリケーションを作成し、思い通りの動作をしたときはとても嬉しいです。

  

【失敗したこと、つらかったこと】

性格上、楽しく過ごそうというのがモットーなのですが、配属当初は「楽しい」と「ただ騒がしい」とのメリハリを上手くつけることができずにダラダラした雰囲気になってしまうこともありました。上司の方や先輩の振る舞いなどを盗み、最近ではメリハリをつけて業務に取り組むことができています。

 

南口.jpg 

【学生時代との一番の違い】

やはり自由な時間でしょうか。もちろん、仕事帰りにお酒を飲みにいったり、

花見などの会社でのイベントなど社会人ならではの楽しさもあります。

学生時代の友人との思い出話も楽しみのひとつです。(笑)

あとは責任感の違いですね。自分に任された仕事は何が何でも仕上げないといけないですし、やっぱりできませんでした。では自分のためにもならないので。

 

自由な時間は減りますが、やりがいは何十倍という規模で感じることができます。

 

 

 

  

 

【この企業・職場を選んだポイント】

説明会に参加した時に直感で決めました。「ここならできる!!」と思いました。

社内の雰囲気や先輩社員方の振る舞いなど何一つ不満はありませんでした。

簡単に言えば「一目惚れ」というやつです。

直感でこのように感じたあとは、アツく入社したい気持ちを伝えました。

入社して後悔もしていませんし、本当に良い会社に入社できたと思っています。

 

 【後輩へのメッセージ】

P61100172.jpg

あまり気負い過ぎずに就職活動に取り組んだほうが良い結果が出ると思います。よく就職活動は恋愛と同じだと言われますが、本当に似ていると思いますよ。

 あまり必死に追いかけすぎても相手にされないこともありますし、逆に必死にならなさすぎても相手にされない。ここは相手との駆け引きだと思っています。言葉は悪いかもしれませんが、「就職活動を楽しむ」ことを忘れないように。

それと一番大切なのは「飾らないこと」だと思います。

企業も学生もどちらも飾らずにお互いの理解を深めていくのが「就職活動」というものだと考えています。

 素の自分を受け入れてくれる企業が自分にとって最良の企業だと思いますよ。

ぜひ生涯のパートナー選びを存分に楽しんでください!

2008年7月3日(木)

社会福祉法人和光会 黎明保育園(JR王寺駅から徒歩3分)では、畿央大学短期大学部児童教育学科卒業生5名が、2年目、3年目の保育士として元気に頑張っています。園長先生より「畿央の卒業生は皆、とても保育に対して真面目で良く頑張っている。今後も良い人材が保育の現場に出てくれることを期待します。」との言葉をいただきました。

5人ともすっかり保育士らしい顔になっていました(西)

 

~先輩からのメッセージ~

稲葉明子さん(05年卒 0歳児担当)

子どもから反応を感じられた時が一番うれしいです。本当のお母さんではないけれど、

おかあさんの代わりとなって子どもたちに接していきたいと思います。

 

20080703-1.JPG

今江有紀子さん(05年卒 0~2歳児担当)

仕事は忙しく、大変なことはたくさんありますが、子どもたちの笑顔を見るとすべて吹き飛んでしまい頑張れます。保育士として働くことで人としても成長できたと思います。後輩の皆さんには、学校での勉強だけでなく、出来るだけ多くの子どもたちと触れ合って実践力をつけておくことをお勧めします。

 

熊木聖明くん(05年卒 0~2歳児担当) 

 男性であることは個性の一つだと考え、特に意識はしていません。保育士としてレベルアップ出来れば、男女は関係ないと思っています。子どもが大好きで、この仕事ができて本当に良かったです。他の仕事は考えられません!!

 

20080703-2.JPG

 

市村慶子さん(06年卒 3歳児担当)

 子どもは毎日変化して、成長していきます。それに関わることができて仕事がとても楽しいです。一番大切なのは、「子どもが好き」なことです。

  

20080703-3.JPG

★市村さん作製の壁面写真のコメント

 彼女が作製した壁面です。とても可愛いですね!梅雨バージョンです。

20080703-5.JPG

打越希実さん(06年卒 5歳児担当)

 人の前に立って自分を表現したり、積極的に自分がリーダーとなる経験をしておくと、子どもたちを指導し、クラス運営をしていくのにとても役立つと思います。

 あと、ピアノも良く練習しておいておく方がいいと思います。

 

20080703-4.JPG

 

2008年5月29日(木)

就職活動を終了したばかりの学生のリアルな声を紹介する「就活レポート」第6弾!

  20080529-1.JPG    

人間環境デザイン学科3期生(09年卒)

福田亮太さん

南海辰村建設株式会社 勤務

 

【就職先について】
業界:建設

職種:施工管理
工場現場に出て、いろいろな事を管理して現場をまとめていく、建物作りの最前線に関わる仕事です!

 

【その会社に決めた理由】

やりたい仕事があり、雰囲気も良く、施工例も魅力的で、グループ会社ということで安定感があったから!

 

 

【就職活動を振り返って】

3回生になると就職ガイダンスが始まります。そして、就職ナビが10月に一斉にオープンエントリー年内80社目標!!届かず。。しかし、冬休みなどを利用してなんとか挽回↑

2月になるとぼちぼち説明会。4月前半までは、説明会と面接の繰り返し。4月後半に内定を頂いたので、それからは行きたい企業を中心に活動し、就職先には5月前半に内定を頂きました初めは、なかなか選考がうまくいきませんでしたが、活動していくうちに自己分析が深まり、マナーも身につき、そういったことが面接で自信を持って話す要因になって、結果が出るようになりました!

 

【就活でPRしたポイント】

失敗を恐れず挑戦する「チャレンジ精神」と、野球や引っ越しのアルバイトをしているので、「体力に自信アリ」ということをアピールしました

 

【畿央大学キャリアセンターについて】

キャリアセンターでは、履歴書がタダで貰えます♪また学科毎に、その業界についてなら何でも聞いてくれという先生がスタンバイして下さっています人間環境デザインは伊藤先生が担当なのですが、学生と年も近いとあって、とても話しやすい先生でとても頼りになりますなので、困ったことがあったらキャリアセンターへ!暇になったらキャリアセンターへ!?(笑)本当に何でも聞いて下さいますよ♪

  20080529-②.JPG

【将来の夢・目標】

家族や友達などと街を歩いている時に、「この建物自分が建ててん!」と言えるようになりたい。将来的には名前を言うだけでわかるような有名な建物に携わりたいですね

 

【後輩へのアドバイス】

何に関してもそうかもしれませんが、就職活動では特に「先のことを知っている人」の言うことを聞きましょう!最初は何もわからないのが当たり前なので、素直に言われた事をやる事をオススメします!!そして、説明会など活動は積極的に!!!序盤は友達と行くのもアリだけど、最終的には個人の戦いになるので、なるべく1人で行きましょう!活動をスムーズにするためには、大学に入ったらいろいろな経験をして、何か学んだ事、成長した事をつくり、その中で自分の「強み」や「特徴」をつかんでおきましょう

あと社会人に勝てることは若さです!就職活動をする際には、明るく元気良く、をモットーに♪♪

 

 

 

2008年5月22日(木)

就職活動を終了したばかりの学生のリアルな声を紹介する「就活レポート」。

縁あって、学科の勉強内容とは直接関係ない業界に内定する人もいます…

今回はそんな方をご紹介!

 

人間環境デザイン学科3期生(09年卒)

池田 由佳さん

大和信用金庫 勤務

20080520.JPG 

【就職先について】

業界:金融
職種:預金・融資(3年目以降コース選択)

 

【その会社に決めた理由】

支店見学した際、職員の方の受け入れてくれる雰囲気がとても好印象でした。また人事担当者の方の連絡の早さと丁寧さ、私を必要として下さる思いがヒシヒシと伝わってきました。最大の決め手は、女性の育児休業率100パーセント、過去5年間の離職率がほぼ0に近いという素晴らしい環境です!

 

 

【就職活動を振り返って】

私は早いうちから履歴書を書きはじめ、何度も何度も添削してもらい下準備をしていたのであまり焦ることはありませんでした。しかし就活が思うようにいかなくなる時もあり1週間何もしないことも…そういう時こそ、友達と喋ったり飲んだりスポーツしたり、とリフレッシュしていました。説明会や面接の空き時間には隣の子と喋ってお互いの情報交換をして就活を楽しむようにしていました!

 

【就活でPRしたポイント】

居酒屋でのアルバイトです。3年間のホールリーダーとしての経験を語りました。あとは駅伝で優勝し、区間賞を獲得したことや、高校時のスポーツテスト学年1位だったことなど体育会系をアピールしました(笑)

 

【畿央大学キャリアセンターについて】

主に伊藤先生にお世話になりました。伊藤先生は頭のキレが良く、感心しっぱなしでした(笑)めちゃめちゃ親身になって一緒に考えて下さり何でも話せます。利用するが勝ちです!!

 

20080520-②.JPG  

【将来の夢・目標】

夢は、セレブになること!(笑)仕事面では結婚しても子供が産まれても、長く働きたいです。そしてお客様や会社からも頼りにされるような人間になりたいです。お局様になってみせます!

 

【後輩へのアドバイス】

とにかく学生のうちに「人に語れるような経験」をしておくべきです。どんな小さなことでも人に負けない「何か」があれば自信にもなります。就活では、合同説明会に参加し、たくさんの企業を見て下さい。業界・業種によって雰囲気も選考の仕方も全く違います。その中で自分と合う企業を見つけ出して下さい。