畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

就職レポート【現代教育学科】

2022年1月13日(木)

就職活動を終了したばかりの学生のリアルな声を紹介する「就職レポート」、第665弾!

現代教育学科4回生 茨木 あすか さん

大阪市・小学校教諭 合格

 

茨木あすか_掲載用

※撮影時のみマスクを外しています。

 

【教師を目指そうと思ったきっかけ】

中学生の頃から、教師が向いていると周りから言われていたこともあり、なんとなく教師を目指していました。そして、高校生の頃に、私が自信を持つきっかけを与えてくださった先生に出会いました。いつも私のことを第一に考え、寄り添い、私の考えがプラスになるような声掛けをしてくださいました。私もこの恩師のような先生になりたいと思うようになり、教師になりたいという夢を明確に持つことができました。

 

 

【学校インターンシップ・ボランティア・教育実習を経験して】

大学2回生から現在も母校で教育支援のサポーターや大阪市が行っている「児童放課後いきいき事業」に参加しています。その中で、たくさんの子どもたちや先生方、保護者と出会いました。サポーターでは、先生によって子どもとの関わり方や授業の工夫は様々なので、気になったことや教師になった時にやってみたいことは必ずメモを取り、質問しに行くようにしていました。また、児童放課後いきいき事業では子どもだけでなく、保護者にも自分から積極的にコミュニケーションを図ることを大切にし、普段の子どもたちの様子を知ることも心がけました。この経験があるからこそ、教師になりたい思いが強くなったと思います。辛いこともあると思いますが、その分学ぶことや喜びがあります。経験は自信にもなるので、ぜひやって欲しいと思います。

 

 

【畿央大学での大学生活について】

今思えば、畿央大学の学生であったから教員採用試験を乗り越えることができたと思います。同じ志を持つ友人がたくさんいるということ、担任の先生だけでなく、教育学部の先生方や教採・公務員対策室の先生方も親身になってくださることの2点は畿央大学の強みだと思います。私は、畿央大学で部活動やサークル活動はしていませんが、畿央大学での4年間はとても楽しくてよい経験ができたと思っています。畿央大学で勉強してきたからこそ、より教員になりたい気持ちも高まりました。

 

 

【畿央大学の教員採用試験対策について】

畿央大学では3回生から教採・公務員対策室の先生方が対策講座を開いてくださいます。各教科の講座では、自治体ごとの対策の問題を用意してくださったり、細かく解説してくださったりと、手厚い支援があります。また、分からない問題について質問をしに行くと、分かるまで丁寧に教えてくださいます。自分の苦手なことも明確になるので、とても役に立ちました。また、面接練習では、教採・公務員対策室の先生方だけでなく教育学部の先生方も見てくださり、様々な視点から意見をいただけるので、積極的に参加してほしいです。友達もたくさんできます!

 

 

【理想の教師像】

子どもに教育的愛情をもって指導できる先生です。恩師がそうであったように、私も子どもに愛情をもって日々かかわり、時には毅然とした態度で指導をすることを大切にしたいと考えています。そうすることで、子どもたちにとって先生は信頼できる存在だと思って欲しいです。そのような存在がいることは、子どもが安心して学校生活を送る上で大切なことだと考えています。

 

 

【後輩へのメッセージ】

大切にしてほしいことは3つあります。

①本命の自治体だけでなく、他の自治体も受けて経験を積んでおくこと。

そうすることで、自分に足りないことが明確になったり、自信につながったりします。この経験があったからこそ、私は本命の自治体の試験もやり切ることができたと思います。

 

②一緒に頑張る仲間を見つけること。

私は、ひとりで勉強するタイプでしたが、それがだんだんしんどくなっていきました。友人と一緒に勉強や面接対策をしていく中で、心が軽くなりました。そして、いつも一緒にいるからこそ、お互いの癖に気づくことができると思います。特に面接練習はおすすめです。

しんどくなったら、仲間に相談してください。そして、休んでください。

 

③感謝の気持ちを忘れないこと。

私は9月末まで試験がありました。試験が残っている人たちのために教採・公務員対策室や教育学部の先生方が忙しい中、面接練習の時間をつくったり、試験の情報を連絡したりしてくださいました。たくさんの人たちが支えてくださっていること、応援してくださっているということを忘れずに頑張ってほしいです。

2022年1月6日(木)

就職活動を終了したばかりの学生のリアルな声を紹介する「就職レポート」、第661弾!

現代教育学科4回生 後藤 琉星 さん

京都市・小学校教諭 合格

 

後藤流星_掲載用

※撮影時のみマスクを外しています。

 

【教師を目指そうと思ったきっかけ】

小学校5・6年生のときの担任の先生との出会いがきっかけです。とても情熱のある先生で、毎日の学校生活が本当に楽しかったことを今でも鮮明に覚えています。少しずつ学校の先生になりたいという思いは強くなっていたのですが、絶対に先生になろうと誓ったのは、卒業式の日でした。担任の先生が涙を流している姿を見て、気づいたときには自分も泣いていました。こんなに感動できる職業は先生だけなのではないかと思ったし、自分も先生になって子どもたちの成長を身近で実感し、共に成長してきたいと感じました。

 

 

【学校インターンシップ・ボランティア・教育実習を経験して】

私は大学2回生の頃から小学校ボランティアに行っています。まず1つ言えることは、絶対にボランティアには行くべきだと思います。実際に現場で先生や子どもたちとの関わりを持つことで見えてくるものもあるし、何よりも学べることが多いです。私は4回生になった今でもボランティアに行っているのですが、この2年間で子どもたちの成長を見守ることができてとても嬉しかったし、もっと一緒にたくさんのことを学んでいきたいという気持ちにもなりました。

教育実習は大変なこともありましたが、それ以上に得られるものがあります。達成感もあります。ひとりで抱え込まずに周りと助け合いながら乗り越えていくことが大切だなと感じました。最終日、学級の子どもたちが涙を流してくれた瞬間は本当に嬉しかったし、絶対に先生になってやると改めて思うことができました。

 

 

【畿央大学での大学生活について】

私は本当に周りの人たちの温かさに救われたなと思います。畿央大学の人たちはみんないい人すぎます。畿央大学に来てよかったなと本当に思うし、素晴らしい4年間を過ごすことができたなと思います。また、大学生活の中で、いろんなことに挑戦してほしいなと思います。部活動やサークル、畿央祭の実行委員など挑戦できる場はたくさんあると思うので、自分に合うものを見つけて全力で取り組んでほしいなと思います。

 

 

【畿央大学の教員採用試験対策について】

とにかく、教採・公務員対策室の先生方を頼ってください。私は本当につらくなったときや投げ出したくなったとき、教採・公務員対策室の先生に話したり相談したりすることでなんとか頑張ろうと思えることができました。本当に感謝しています。また、対策講座や面接・模擬授業練習などはできる限り参加してほしいと思います。回数を重ねて、積み上げていくことが一番自分の成長につながりました。教員採用試験本番も、先生方と練習してきたことを思い出しながら全力を出し切ることができました。

 

 

【理想の教師像】

子どもたちが安心して寄り添える温かみのある先生になりたいです。学級全体が優しさと笑顔であふれ、みんなが毎日を楽しいと思える雰囲気をつくり上げていきたいです。授業は全力で学ぶ、休み時間は全力で遊ぶということを心がけてやっていきたいです。

 

 

【後輩へのメッセージ】

とにかく友達や先生を頼ってください。ひとりで抱え込まないでください。「受験は団体戦」という言葉は本当です。勉強中しんどくなったら友達と一緒に休んでください。笑える話をしていっぱい笑ってください。でも、集中するべきときはしっかりと取り組んでください。自分も不安はありましたが、とにかく毎日少しずつ友達や先生と一緒に頑張ることで教員採用試験を乗り切ることができました。みなさんも決してあきらめることなく、最後の最後まで挑み続けてほしいと思います。とにかく前を向いて頑張ってください!

2021年12月28日(火)

就職活動を終了したばかりの学生のリアルな声を紹介する「就職レポート」、第659弾!

現代教育学科4回生 坂上 茉優 さん

和歌山県・小学校教諭 合格

 

坂上茉優_掲載用

※撮影時のみマスクを外しています。

 

【教師を目指そうと思ったきっかけ】

教師を目指そうと思ったきっかけは、小学校の先生が大好きだったからです。小学生のとき、私が話したいことをたくさん聞き、頑張ってできたことを一緒に喜び、私の存在を認めてくださった先生が大好きで、毎日楽しく学校に通うことができました。楽しかった小学校に関わる仕事をしたいと思い教育学部を選びました。また、ボランティアや教育実習などで子どもと関わることを通して、教師は子どもの成長を間近で見守ることができる素敵な職業だと思い、教師になりたいと強く思うようになりました。

 

 

【学校インターンシップ・ボランティア・教育実習を経験して】

私は大学4年間で、学習支援ボランティア、あいす・おおさかの野外活動センターのボランティア、学校インターンシップ、放課後等デイサービスを経験させていただきました。学校現場では、たくさんの子どもと関わったり、先生方からお話をうかがったり、授業や教室などの様子を見せていただいたりすることができました。たくさんの人と関わる中で、私は声のかけ方で子どもの動きや表情、意欲が変わることに気付き、言葉かけの重要性を実感しました。また放課後等デイサービスや野外活動センターのボランティアなど学校外で子どもと関わることで、放課後や休日の様子も知ることができました。子どもの前で話す経験をたくさんさせていただき、複数の子どもに話をするときの注目の集め方やルールの作り方・伝え方、メリハリをつけることの大切さ、隙間時間に楽しめるレクリエーションなどを学ぶことができました。

 

 

【畿央大学での大学生活について】

大学生活では、やってみたいと思うことは何でも挑戦したいと思い、サークル、畿友会、実行委員、ボランティア活動、アルバイトとたくさんのことに挑戦しました。人の前に立って話をしたり、話し合って企画を考えたり、など貴重な経験をたくさんすることができました。また学年や学部を超えてたくさんの繋がりができ、とても充実した学生生活を送ることができました。

 

 

【畿央大学の教員採用試験対策について】

教員採用試験に向けてとても丁寧に対策していただきました。教採・公務員対策室の先生方が行ってくださる面談では、今の勉強法はどうか、他にどのようなことをするとよいかなど、的確にアドバイスしてくださり、とても勉強への意欲が高まりました。対策講座は、広い範囲を丁寧に教えてくださるので、自分の得意な分野や苦手な分野に気付くことができました。また対策講座で使用する、試験によくでる問題やそれを解くための基礎知識、類似の問題などをまとめてくださったプリントがとても役に立ちました。面接練習は、初めは自分のできなさ加減に挫け、講座に出るのがしんどかった時期もありました。しかし回数を重ねるごとに、友だちの良い言い回しなどを吸収したり、先生方のアドバイスを受けて実践してみたりすることで、自分の思いや考えを伝えることができるようになり、本番の面接試験ではあまり緊張せずに落ち着いて臨むことができました。

 

 

【理想の教師像】

子どもの良さを引き出し、伸ばすことができる教師になりたいです。そのために子どもひとりひとりに寄り添い、子どもの良さや個性を生かした楽しい学級経営や授業づくりを行っていきたいです。また子ども同士も良さを認め合える、思いやりにあふれた温かい学級を作りたいです。

 

 

【後輩へのメッセージ】

まずはボランティアや部活サークル、アルバイトなどたくさんのことに挑戦することが大切だと思います。どんな経験もきっとどこかで役に立ちます。少しでも興味を持ったものがあればどんどん挑戦してみてください。

採用試験については、モチベーションを維持することが大切だと思います。私は1か月・1週間ごとに問題集1周など明確な目標を立て、達成できたら勉強しない時間を作る、などメリハリをつけて勉強に取り組んでいました。また苦手な範囲は漫画やYouTubeの動画で学んだり、やる気が出ないときは友達と一緒に勉強したりし、モチベーションが下がらないように心掛けました。様々な方法を試し、無理なく継続できる方法を見つけ、自分のペースで進めるといいと思います!応援しています!

2021年12月27日(月)

就職活動を終了したばかりの学生のリアルな声を紹介する「就職レポート」、第658弾!

現代教育学科4回生  山本 樹 さん

人材サービス(総合職)  内定

 

★掲載写真(山本樹さん)

※撮影時のみマスクを外しています。

 

 

【その企業に決めた理由】

「人が良かったから」と、「就職活動の軸に一番当てはまったから」です。就職先にはインターンシップも行ったことがなかったのですが、面接を進める中でどの面接官の方も自分に似た価値観の方が多くおられました。またどの面接官の方も「本当にうちの会社は人が良い。良い風に言っているのではなくここまで会社が大きくなったのは人が良いから。これだけは入社しても裏切らない。」とおっしゃっていたことが一つ大きな理由です。もう1つは、「日本の子育てをするお父さんとお母さんが過ごしやすい社会を作る。」という就職活動の軸が、就職先の会社理念や事業と当てはまったからです。

 

 

【就職活動を振り返って】

もっと早く動けば良かったということと、決まるまでは本当に大変だったけど決まってみればすべてご縁だったな、という感想です。本格的に就職活動を始めたのは3回生の3月ごろからで、インターンシップは9月と11月ごろに同じ会社の1日インターンシップに行ったきりです。3回生の夏からインターンシップにたくさん行ったり、自己分析を早くからしたりしていれば、余裕をもって就職活動に取り組めたのではないかなと思います。

ご縁については、面接が受からない状況が続いたときは「自分が悪いのでは」と思うことも多くありました。しかし、しっかりと準備したうえで受からなかったのなら、その会社と自分が合わなかっただけ、他のご縁があるはずと思うようにしました。そうすることで悲観的になりすぎず自分の思いや考えを面接で伝えることができ、自分の考えに共感してくれる会社から内定をいただき今の就職先に決めることができました。

 

 

【就職活動でPRしたポイント】

「誰かのためにと思い行動できる行動力の高さ」を自己PRで使いました。大学の休学費を抑えられるよう大学と掛け合ったこと、アルバイト先でトレーナーになったことの2つを具体例として出すことで、面接官の方に納得してもらえるようにしました。この自己PRは友達に「行動力があるね。」と言われていたことを思い出し、そこから具体例があるか自己分析をした結果です。ぜひ、友だちや周りの人に「私ってどういういいところがある?逆に直した方がいいところは?」など、聞いてみると良いと思います。

 

 

【キャリアセンターと就職サポートについて】

もし就職活動を何から始めればいいのかわからない、切羽詰まったということがあればぜひ利用することをお勧めします。サポートとしては、面接練習や履歴書の添削をしていただきました。

私は4回生の4月まではキャリアセンターに行ったことがなかったのですが、切羽詰まったときに履歴書の添削をお願いしました。そこからは履歴書で落とされることはほぼなく、面接練習もしていただけたので本番でも緊張することが少なくなり面接の合格率もとても上がりました。就職活動中は自分の中でぐるぐる悩んでしまうことも多いので、一度就職活動について不安を話したり、人からどう見えるかの意見をもらったりすることで、楽になることもあるのでぜひ行ってみてください。

 

 

【後輩へのアドバイス・メッセージ】

楽しむこと、羨まないこと、ご縁だと思うことがアドバイスです。

就職活動は、いろんな職種・業界の社会人と出会って話せる人生でそう多くない機会だと思います。行きたい企業に行けなかった、面接がうまくいかなかったなど良いことばかりではないと思いますが、人生で一回きりだと思ってたくさんの人と出会って価値観を聞いたり仕事について話すことを楽しんでほしいなと思います。

また、SNSでいっぱい内定をもらった友達を見ても不安になったり羨ましいと思ったりしなくていいと思います。うまくいっていない時はそう思ってしまうこともありますが、就職する会社は1つです。行きたいかわからない企業5社から内定をもらうより、納得していきたいと思う企業1社から内定をもらう方が価値があると思います。

最後は、就職活動はご縁です。どれだけ行きたい企業に思い入れがあっても、そうでもない隣の人が受かって自分が落ちることもありました。面接官とあまりにも相性が悪かったという友達もいました。できる準備をしてそれでもだめならご縁がなかったと思うようにすると、気持ちの切り替えがうまくできたのでよかったら試してみてください。

 

2021年12月23日(木)

就職活動を終了したばかりの学生のリアルな声を紹介する「就職レポート」、第656弾!

現代教育学科4回生 若林 咲莉 さん

奈良県・養護教諭 合格

 

若林咲莉_掲載用

※撮影時のみマスクを外しています。

 

【教師を目指そうと思ったきっかけ】

私が教師を目指したきっかけは、高校までの学校生活で、人間の体のしくみに興味を持ったことです。単に保健体育の教科書で学ぶだけでなく、部活動でけがをしてしまったことから、私たちが普段見ることができない体の中はどのようになっているのかに興味を持ち、学びたいと思うようになりました。それと同時に、私の中にその知識を留めてしまうのではなく、様々な方向に発信することで周りの人の健康な生活を支えたいと思いました。その時に、高校の先生に養護教諭を勧められ、養護教諭を目指すようになりました。

 

 

【学校インターンシップ・ボランティア・教育実習を経験して】

私は教育実習や保健室ボランティアを通して、現場での動き方や児童一人ひとりに合った指導の仕方などを学ぶことができました。2年間同じ学校で教育実習と保健室ボランティアをさせていただき、二人の養護教諭の保健室経営を見させていただくことができました。先生によって保健室のカラーが異なることや、様々な指導の仕方があることが分かり、自分がつくりたい保健室像をより具体化することができました。

 

 

【畿央大学での大学生活について】

私は畿央大学で、ボランティア活動に力を入れました。特に力を入れたのが、マミポコ・キッズという、地域の小学生を大学に招いて遊びを企画する活動です。コロナ禍以前は実際に子どもたちと活動を行っていたので、実際の子どもの反応を見ることができ、とても勉強になりました。また、大学の先生に、遊びの内容や安全面などの指導をしていただきながら活動をつくったので、楽しいだけでなく、安全であることの大切さや安全確保の重要性を学びました。

 

 

【畿央大学の教員採用試験対策について】

とても充実していると思います。教採・公務員対策室の先生方が、採用試験を分析したうえで対策講座を組み立ててくださるので、身につきやすかったです。各都道府県の試験の特徴も教えてくださるので、受験する自治体を相談したり、勉強の仕方を相談したりと、とてもお世話になりました。また、大学の先生方全員が採用試験合格に向けて指導をしてくださるので、とても勉強になりました。

 

 

【理想の教師像】

私の理想の教師像はスーパー養護教諭です。子どもの世界、抱える課題の背景を理解して、その子どもの発達に応じた関わりをしたり、子ども自身が自分の命を守れるよう、知識や技術を伝えたりしたいです。それに加えて、周りの先生方の健康にも配慮できる養護教諭になりたいと考えています。子どもも大人も元気で明るい学校をつくる一助になれるように頑張りたいです。

 

 

【後輩へのメッセージ】

畿央大学には本当にたくさんの先生方がいらっしゃいます。先生方を最大限活用して学びを深め、楽しい大学生活にしてください。4年間という時間の中で、先生方の知識と技術を学び、自分らしく、笑顔で、胸を張って卒業できるように頑張ってください。