畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
就職レポート【現代教育学科】

就活レポート~就職活動の現場から~No.512(信用金庫)

2018年11月29日(木)

就職活動を終了したばかりの学生のリアルな声を紹介する「就活レポート」、第512弾!

現代教育学科10期生(19卒) 西田 成美 さん

大和信用金庫 勤務

 

【その企業に決めた理由】

金融業界はなんとなく堅いイメージがあって、初めは全く考えていませんでした。エントリーしようと決めたのは、合同説明会で友達についていって説明を聞いたときに、職員の方が温かい方だったこと、信用金庫は地域活性化に力を注いでいることに魅力を感じたからです。

 

【就職活動を振り返って】

3回生の後期から一般就職に変更し、初めは分からないことだらけで就職活動に対してとてもネガティブに考えていました。しかし、キャリアセンターの先生や同じ一般就職希望の友達と話をする中で、不安も少なくなり、自分の将来や自分自身のことについて深く考えることができ、前向きに就職活動をすることができました。

 

【就職活動でPRしたポイント】

アルバイトと施設実習で自分がどういう思いでどんなことをしたのか、その結果何を学んだのかを話しました。できるだけ面接官の方に内面を知ってもらえるように、素直にありのまま、わかりやすく話すこと意識しました。「インパクトのあるすごいことを話さないと…」と思ってしまいがちですが、そんなに難しく考えず普段自分が大切にしていること、心掛けていることを考えてみれば、十分なエピソードはあると思います。自分の気持ちや今までの経験を振り返って、どう思ってどう行動したのかを整理し、自分の中で軸を持って面接に臨むとやりやすかったです。

 

【キャリアセンターと就職サポートについて】

履歴書やエントリーシートの添削などでキャリアセンターに通っていました。私は教育学部なので西畑さんにいつも見てもらっていました。小さいことでも親身になって相談に乗ってくださり、内定をもらった時も一緒になって喜んでくださって、就職活動をする中で本当に心の支えになりました。

 

連結写真

 

 

【後輩へのアドバイス・メッセージ】

教育学部で先生になる友達が多い中、一般就職を希望するのは不安でいっぱいだと思います。しかし、教育学部でも全く不利ではなくて、むしろ実習などの経験がある分良いイメージを持っていただくことが多かった気がします。自分がしていること、考えていることは正解なのか心配になることもあると思いますが、一人で抱え込まず、些細なことでもキャリアセンターの方や友達など周りの人に相談してみてください。就職活動は、今まで気づかなかった自分自身のことを知り、周りの人に感謝できるいい機会です。また、就職することが目的ではないので、素直に将来どんな人になりたいとか、どんな生活を送りたいとか、将来のことを考えて気負いすぎずに頑張ってください!

 

 

 

【所属カテゴリ】就職レポート【現代教育学科】

ブログトップへ