畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
就職レポート【現代教育学科】

就活レポート~就職活動の現場から~No.547(公立幼保)

2019年12月3日(火)

就職活動を終了したばかりの学生のリアルな声を紹介する「就活レポート」、第547弾!

現代教育学科11期生(20卒) 石田 穂乃華 さん

名張市・公立幼保 勤務

 

ブログ写真

 

 

【目指そうと思ったきっかけ】

小学生の頃から小さい子どもが好きだったこと、中学生の職場体験で幼稚園に行ったことがきっかけで、教育の道に進むことを決めました。そして私が強く目指そうと思ったきっかけは、大学での1か月間の幼稚園実習でした。毎日たくさんの子どもたちと関わる中で、子どもたちの成長、キラキラと輝く笑顔をいちばん近くで見ることができる「保育士・幼稚園教諭」という職業に魅力と楽しさを感じ、目指そうと思いました。

 

【学校インターンシップ・ボランティア・教育実習を経験して】

私は3種類の免許(保育士・幼稚園教諭・小学校教諭)を取得するため、大学での講義がたくさんあり、ボランティアをする時間も限られていました。そこで、大学の講義が午後だけの日には午前中を利用し、公立幼稚園、小学校でのボランティアを行っていました。週に数回ではありますが、たくさんの子どもたちと出会い、一人ひとりに応じた関わりを学ぶことができました。また、自分の就職したい自治体でボランティアをすることで、その自治体の雰囲気や園の特色を把握できる機会にもなりました。みなさんも大学の空き時間や、週末を利用して、ぜひボランティアに参加してみてください。

 

【畿央大学での大学生活について】

畿央大学はとても温かく親しみがあり、特に教育学部では先輩、後輩のつながりが深いと感じます。大学生活で困ったことや、実習や公立幼保の試験で聞きたいことがあった時には、気軽に相談に乗ってくれたり、話を聞かせてくれたりする先輩がたくさんいました。そのおかげで私は4年間の大学生活を乗り越えることができました。また、同じ夢を持つ仲間がいる、そして学部の先生方、教採・公務員対策室の先生方など、自分の夢をサポートしてくださる先生方がいらっしゃる畿央大学の環境、雰囲気は私にとってとても居心地がよく、充実した4年間を送ることができました。今4年間を振り返り「畿央大学に入学してよかった!」と心から思います。

 

【畿央大学の教員採用試験対策について】

3回生から対策講座がはじまり、筆記試験、面接試験、実技試験等、自分の受験する自治体に応じた指導をしてくださいます。また、教採・公務員対策室には、実際の小学校や幼稚園で勤務されていた先生方がたくさんいらっしゃいます。実技試験の対策では、その先生方からお話を聞いたり、実際に現場で行っていた遊びや製作、絵本の読み聞かせなどを教えていただいたりと、試験対策としてだけでなく、保育についての知識をたくさん得ることができました。公立幼保の試験対策を通して、合格という結果だけでなく、保育士として必要な実践力も身に付けることができる畿央大学の採用試験対策は本当にすばらしいと感じました。

 

 

【理想の教師像】

どんなことにも子どもたちと一緒に全力で取り組み、子どもたちの「できた」を一緒に喜ぶことができる保育者になりたいです。私は幼少期から12年間新体操を続け、大学4年間は新体操クラブでコーチをしていました。そこでは、子どもたちと共に新体操の楽しさやできたときの達成感を味わい、子どもたちの輝く笑顔をたくさん見てきました。この経験と持ち前の笑顔と明るさで、保育士になった際にも、どんなことにも子どもたちと一緒に全力で取り組み、子どもたちのキラキラと輝く笑顔があふれるクラスを作っていきたいです。

 

 

【後輩へのメッセージ】

公立幼保の試験は難しいというイメージがあり、はじめはとても不安でした。しかし今、諦めずに最後まで頑張ってよかった!と心の底から思います。私は3回生の頃から、教採・公立幼保の自習室を利用していました。そこでは、同じ夢を持つ仲間と共に勉強に励んだり、面接や実技練習をしたり、時には一緒にご飯を食べながら話をしたり、仲間と共にこの試験を乗り越えることができました。一人で勉強をしていると、しんどくなり、苦しくなることもあると思います。そんな時は、自習室を利用したり、教採・公務員対策室の先生方と話をしたりしながら、試験を乗り越えてほしいと思います。みなさん頑張ってください。応援しています。

 

 

 

【所属カテゴリ】就職レポート【現代教育学科】

ブログトップへ